2006年10月14日
三ノ峰(2128m)草刈登山

福井山岳会恒例の草刈登山。
今年は大野市上小池〜六本桧〜三ノ峰(2128m)に至る登山道の草刈である。
今回も高2の息子が参加したい・・・ということで親子で草刈登山に参加した。
紅葉にはやや早い?三ノ峰 六本桧から
今年はいつもとやり方が変わった。
いつもは下から草を刈りながら上がっていくのであるが
今年は頂上方向から下へ刈っていくこととなった。
本当は頂上まで行くつもりはそんなになかったのであるが、
何となく登っていたら頂上近くまで上がってしまい、結局頂上から下に向かってやってしまった・・・
というのが実態でもあるが。
しかし、いつも草刈に参加していてピークは目標としていないこともあるとは言え
やや欲求不満なところもあった。
今回は三ノ峰の頂上を親子で登れたこともありそういう面では恵まれていた。

4時30分 福井の自宅を出発。
山岳会の他のメンバーと合流して5時に福井を出発した。
6時50分 登山口から草刈機と予備の混合油を担いで歩き出した。
登り口 草刈機を担いで上がる息子
六本桧 6時50分到着 そんなに悪いペースではない。
視界はガスが多くそんなにいい方ではない。
六本桧 三ノ峰 8時10分写す
通常であればここ六本桧から草刈り機のエンジンを始動するのであるが
今回はいちおう上から・・・ということもあり休みもそこそこに再び歩き出す。
剣ヶ岩の上部に8時40分到着。
視界は依然として良くない・・・全体に薄いベールがかかっているようだ。
ここらへんで始めようか・・・とも思っていたがもう少し上まで頑張ることとした。
気がつくとK氏はボチボチと草刈を始めている。
下の方からもエンジンの音が聞こえてきた。
9時40分 小屋への急な登りの直下から我々も草刈を開始することとした。
ふと気がつくと吐く息が白く見える。
高度もあるせいか意外と気温は低いようだ。
剣ヶ岩K氏
しかし1時間も刈りながら上っていくともう三ノ峰避難小屋へのトラバースする道。
ここまで来たら山頂へ行くしかない。
 小屋への最後の登り途中から写す 10時11分
下で草刈をしていた息子を呼んで、頂上までちょっと登ってくることとした。
三ノ峰避難小屋 小屋周辺には数人の人が休んでいた
三ノ峰避難小屋着10時55分
草刈の手をあまり休めるわけにもいかないので、ザックを降ろし一息入れて頂上へ。
11時5分頂上に着いた。
残念ながら別山はガスの中で見ることはできなかった。
三ノ峰山頂
すぐに下山開始し途中から再び草刈の続き・・・12時昼食となった。
ちょうど手頃なところに縁台がありここで景色を見ながらプシュッとやる。
ランチはBEERに限る!
この頃になってやっと晴れてきた。
しかし、福井方向は今ひとつくっきりせずいつもよく見える荒島岳もよくわからなかった。
唯一の楽しみ ランチ 三ノ峰頂上は左側
引き続き午後も草刈り・・・
しかし今日一日でかなりの草刈を終了したことに気がつき
翌日作業する人達の作業量も残しておこう・・・ということで各人1ピッチずつの作業をして本日は終えた。
(恐らく全行程の7割くらいの作業を終えたのではないか?)
機材をかたずけて下山 紅葉いまひとつ
紅葉
13時42分写す
六本桧14時50分
ここまで降りてきたらようやく山々が少しはっきり見えるようになってきた。
本日の参加者老若男女合わせて9名。
みんな満足気?に写真に収まる
少し長い休み時間をとってそれぞれ上小池へ向かい下山した。
16時5分登り口着

自宅に到着したのは19時前だった。(途中お風呂立ち寄り)
下山六本桧で オヤジは疲れているのだ
今回も新しいLEGACYで走ったが
4人乗車で往復150Km走行 山道とは言え11.4Km/リッターの燃費は優秀!
(今回はかなりECO運転に徹したが坂道やダートも含めこの燃費は満足)
我息子も高校生ながら変なおっさん?やオバサン?(失礼)達に付き合い、いい仕事をしてくれ満足。


2005年10月9日 三ノ峰〜赤兎山縦走路草刈登山

前のページに戻る
Homeに戻る