2006年8月20日(日)
真夏の別山チブリ尾根→南竜ヶ馬場

今年も暑い夏が続いている・・・
この暑さでは1000m以下の低い山はとてもじゃないが歩けない。
ということで高2の息子、淳とともに白山(2702m)のお隣の別山(2399m)へ登ることにした。
今回の登山ルートはこちらを参照のこと。

自宅を朝5時半に出発。
途中のコンビニでおやつと弁当を購入し白山市白峰へ向かう。
いつもの市ノ瀬についたらビックリ!ものすごい車の量!数百台?
夏の白山は今まであまり登ったことはなかったが、これほどまでとは・・・
何とか一番奥のわずかなスペースに駐車することができた。
7時 市ノ瀬からの林道を歩き出す。
途中のチブリ尾根への取り付き登山道に入るところで朝食とした。
と、そこへストックを持ってシャカシャカ歩くナゾの団体の群れが・・・
しかも昨今の中高年登山隊と違いメンバーが若い!どうもどこかの学校の部活の合宿か?
市ノ瀬駐車場 チブリ尾根取り付き付近
団体さんをやり過ごして7時35分 登山道に入った。
ここの登山道はブナの緑がすごく多くて気持ちがいい。
ブナ林の中を歩く 朝の林はキモチがいい
途中で、またしてもストックを持った団体に追い抜かれた。
こちらも負けじとピッタリついてチブリ尾根避難小屋近くまで登ったが気迫が違う!
あとで聞いたら、石川県SKI連盟の合宿だそうで中学・高校生で構成されたメンバーらしい。
しかも選りすぐりのメンバーばかりだから早いのは当然か・・・
合宿は毎年行っているそうだが、釈迦岳→白山のコースと別山→南竜の日帰り登山を
交互に繰り返して実施しているとのこと。
帰りに気がついたのだが、市ノ瀬の永井旅館前にSKIやらストックやらが多数置いてあった。
どうもこの永井旅館をベースに合宿を行っているようだ。
途中で見えた白山
尾根を登り続けると樹林帯を抜け直射日光が容赦なく降り注いでくる。
しかし、時々吹いてくる風が実に心地よい。
ここで問題発生!
しまってあったはずのデジカメが見当たらない。
周囲を見回したが見当たらないため、前に休憩した地点まで300m下る。
何年も使用しているデジカメでやや古くなりつつはあるが、新品は高くとても買い替える訳にはいかない。
さらに今日ももうすでに何十枚か撮ってある。
気は焦るが道中には見つからない・・・やっとさっきの休憩地点まで戻り見つけた!
いやぁ〜ホント、ホッとしました・・・
ここで往復600mのロス。
後ろ加越国境 9時43分写す 荒島岳(1523m)
昨年11月にも同じコースを登っているが,景色的にはやはり11月の方がスカッとしている。
9時55分 チブリ尾根避難小屋到着
ここのところ不規則勤務状態が続いていたこともあって眠く体がだるい。
水は淳と二人で4g持って上がったが、私の持っていた3gのうち2gを淳のザックに移す。
情けないが体調がよくないため仕方がない・・・たまには親孝行してもらおう。
チブリ尾根避難小屋
小屋で大休止・・・10時15分出発 まだ頂上は遠い。
ここからは白山が目の前に大きく見える。
観光新道や砂防新道の登山ルート、白山釈迦岳もよく見え展望は最高!
小屋の前から見える白山
たまたま同じ日にこのルートを2時間ほど前に登った福井山岳会のS氏は
避難小屋前でオコジョに遭遇したとのことである。
下の写真はS氏提供のもの。
避難小屋近くにいたオコジョ 福井山岳会S氏撮影
長くつらい御舎利山への登りを休みつつ歩く。
前方に10人くらいの中高年らしき団体さんが登っているが11時40分御舎利の頂上で追いついた。
つらい御舎利への登り 御舎利山頂上
別山の頂上へは11時50分到着。
高度感があって風が実に気持ちイイ。
山頂には10人くらいの人がいたが、そのうちの1人に頼んでシャッターを押してもらった。
別山頂上 向こうに見える山は三方崩(2059m) 山頂記念写真
山頂で弁当を広げ昼寝にした。
のんびりしているところへ先ほどの団体さんが到着。
どうも福井から来た団体さんのようだ。(福井弁でしゃべっているのですぐわかる)
話してる内容はどうも今朝4時半?頃市ノ瀬を出たようだ・・・
4時半に出て12時到着・・・ということはゲッ!7時間半もかかって登った・・・
これはちょっと時間かかりすぎではないかと思ったが仕方がない。
リーダーらしき人が30分休憩して下山・・・と言っているのもうなづける。
下りもそれ相応の時間がかかるであろう。
別山神社
下界では今年最高の暑さを記録したらしいが、半袖で昼寝ではちょっと寒いくらいだった。
13時 白山南竜ヶ馬場へ向け歩き始める。
ここからの南縦走コースは花がたくさんあってよかった。
お花畑のむこうは三方崩
緑の絨毯 南縦走路
稜線を歩いて谷を覗き込むと、まだ雪渓が残っているところもある。

  

  

南縦走路上のお花畑はずっと続いており素晴らしい。
時間的余裕があれば見た花すべてをカメラに収めたいと思ったがそんな余裕はない。
14時 天池到着 池の畔で一休み。
2200mほどの高度にある天池
ここまでくれば南竜ヶ馬場までは目と鼻の先。
一気に坂を駆け下り、沢の水でのどを潤した。
やっと南竜の小屋が見える
14時50分 南竜山荘到着
途中、写真を撮るのに時間をとられロスしてしまったが、こんなにいい景色はそう見られるものではない。
山荘には自然解説員の方が外におられ、チブリ尾根から別山経由で来た・・・
というとちょっと驚いていたようだった。
しかし、我々も縦走中南竜から別山→チブリ尾根を降りる人と数人出会ったので
結構多くの人がこのルートを日帰りで利用しているだろう。
南竜山荘
ところで、自然解説員の人曰く、別当出合の最終バスは17時。
今から行くとちょっとギリギリかな〜と。
お〜これではいかん!ということで休憩もそこそこに15時歩き出した。
今度はやや早足である。
道は水平に近く、分岐からは下りであるから早い。

15時25分 甚ノ助避難小屋到着。
5分ほどの休憩後また歩き出す。
この時間になってもまだ登ってくる人がかなりいる。
日中の暑い時間帯を避けてこの時間なのか?ただ中高年が多いのは気にかかる。
別当出合の吊り橋到着
ちょっと飛ばしてたくさんの人を追い抜いた。
16時20分 別当出合の休憩舎に到着、さあバスに乗ろう・・・
と思ったら目の前でそのバスが出て行ってしまった。ガビーン!
結局20分待って次の16時40分発のバスになってしまった。

市ノ瀬には17時着。
温泉につかり福井の自宅に着いたのは19時だった。

参考までに
2005年9月19日 白山大汝峰〜釈迦岳縦走
2005年11月20日 初冬の別山チブリ尾根

白山観光協会のHPも参考にどうぞ。

前のページに戻る
Homeに戻る