2006年5月22日(月)
加越国境 取立山(1307m)の水芭蕉

天候に恵まれたいい休日になった。
仕事半分、水芭蕉の状況調査も兼ねて取立山へ・・・
今年は例年に比べ雪が多い・・・ということで水芭蕉の見頃も2週間くらい遅れているらしい。
午前中にこの取立山をやっつけて、午後は自転車トレーニングを行う予定で自宅8時過ぎ出発。
私の愛車はまだディーラーから帰ってきていないので、借りっ放しの代車の軽乗用車で向かう。
最近の軽乗用車は結構POWERもあり、そんなにいらいらしない・・・と思っていた。
ところが谷峠の登りにかかるとガクッと力不足を感じる。
前のトラックが登坂車線へ移動してくれたのだが、アクセルベタ踏みでもなかなか追い越せない!
体は前へ行くのだが、いかんせん車は進んでくれない・・・
登り口駐車場

しかし9時15分には取立山登山口に到着。
駐車場の管理人のおじさんに金500円を支払う・・・
9時20分歩き出し 駐車場には10台ほどの車がすでに止まっていた。
この時期もう少し登山者は多いのではないかと思っていたが、平日でもありこんなものか?
今年
のある時期に登った地形を確かめながら高度を稼ぐ。
石がゴロゴロした登山道

途中10人ほど追い抜き、取立山山頂には10時10分到着。
山頂から見た白山水芭蕉群生地は左の雪のあるあたり
谷に雪の残る鳥岳
この時期は花がたくさん咲いていて色鮮やかで美しい。


山頂から水芭蕉群生地までは例年のごとく雪渓が残っているが、ここ1週間ほどでかなり姿を消すだろう。
下の写真はいずれも避難小屋の手前、右側が取立山山頂方向になる。
雪渓 雪渓2

さてこの時期の最大の注目すべきことは水芭蕉である。
ところが!何としたことか!デジカメの電池切れ・・・情けない。
しかしだましだまし何とか撮ったのが下の写真。
 

水芭蕉群生地はまだ雪に半分くらい覆われている。
手前の方はそれなりに見頃?ではあるが、本格的な水芭蕉シーズンは今週末から来週にかけてであろう。

デジカメの電池が無くなり写真を撮る楽しみもなくなってしまったため、早々に下山。
下りは大滝コースをとり登り口11時25分到着。
一周2時間5分の取立山登山であった。
自宅からDoor to Doorでは4時間かからないで行けるなかなか素晴らしい山である。

登り口の駐車場には車の数がグッと増えおよそ30台。
確かにすれ違う人の数も多かった。週末は相当な賑わいであろう・・・

前のページに戻る
Homeに戻る