2005年10月21日・25日
秋の夜叉ヶ池撮影山行

またしても夜叉ヶ池に訪れる時期がやってきた。
時期的には紅葉が最盛期で申し分ないはず・・・だったが予想は大きくはずれていた。
今年の紅葉はどこかおかしい・・・葉が枯れている。
一部には黄色や赤色の葉っぱも見られるが、ほとんどが茶色く枯れて山も茶色っぽい。
のぼり2時間 色が変わりかけている葉だが何か変?

所々にあるナナカマドも実は赤いが葉っぱは枯れているものが多い。
撮影では尾根道をいろいろなところで歩いて紅葉を探したがなかなか厳しい現実であった。

しかし午前中天気は最高!雲ひとつ無い快晴で気持ちがよかった。
ムラサキシキブ ナナカマド
紅葉を求めて岩場で撮影 紅葉探し
25日は水中撮影をメインにすべくHDVの水中ブリンプを担ぎ上げた。
天気予報は快晴・・・のはずだったが夜叉ヶ池付近は小雨、ガスの中のやや寒い撮影となった。
しかし10時を過ぎる頃から天気は回復しだし、お昼頃には晴れて暖かくなってきた。
水中ブリンプを担いで上がる 霧の夜叉ヶ池 朝8時
この日は周囲のブナの木などから落ちた落ち葉が、風で池の周囲にたまっていて
なかなか日頃は見られない美しい秋の風景。
池の周りの落ち葉 落ち葉
HDV水中ブリンプ寒くていつものアミノバリューも減らなかった・・・パーツの交換
この日は林野庁福井森林管理署の係官の視察もあったが、登山者も50人近くあり池付近はそこそこの賑わいであった。
SONY HDVにSuperWideFishEyeConverterを取り付ける 今回の取材メンバー
今回は機材重量があり5人で登った。
最近は段取りよく登るので2時間はかからなくなったが、1シーズンに何回も登るのはさすがに飽きてくる。
この年間取材もあと冬のシーズンを残すのみとなったが
次回、雪の積もった夜叉ヶ池はどんな表情を見せてくれるのか楽しみでもある。

いつもの位置から見る夜叉ヶ池
前のページに戻る
Homeに戻る