2005年6月15日〜17日
またしても夜叉ヶ池 撮影山行


今回の夜叉ヶ池の撮影メインはモリアオガエルの産卵と花(高山植物)である。
モリアオガエルの産卵は通常深夜〜早朝にかけて行われる。
本来ならば池の隅にテントでも張って夜を明かすのだが、あいにくこのあたり一体は幕営禁止である。
そのため、16日深夜0時からヘッドライトを点けて夜行登山を行い撮影に挑んだ。
足元が暗いことと照明などの撮影機材が重く、2時間半かかって池までたどり着いた。

夜叉ヶ池モリアオガエルの卵
昼間はあまり見られないモリアオガエル大きいのがメスで背中の上に乗っているのがオス
しかしこの日は夜明けとともに天候が悪化。
雨と強風で悲惨な状況となり撮影続行が不可能!8時頃下山開始と相成った。

翌17日は朝5時に登山開始。
この日も天候は心配されたが、上へ着く頃には晴れ上がり日差しが射してくると暑いくらいだった。
昨日撮影できなかった池周辺の高山植物や、ヤシャゲンゴロウなどを無事撮影することができた。

ガスが出ると幽玄な感じになる
尾根を登ると岐阜県側の急斜面は大お花畑となっており
いたるところでニッコウキスゲの黄色い花が咲き乱れている・・・
ニッコウキスゲ 岐阜県側の急斜面
イブキトラノオアカモノ 花は小さく見つけにくい
他にはリュウキンカ・コバイケイソウなどの高山植物が見られる。
ところで今回は水中撮影用に内視鏡レンズを担ぎ上げ素晴らしい映像を撮ることができた。
放送は11月の予定なのでお楽しみに。


旧坂内村の設置したWEB用のライブカメラも修理が終わり稼動しています。
Web用のカメラ 旧坂内村のカメラも修理が済んでいました
今回は水中撮影用に内視鏡レンズを担ぎ上げた
平日にもかかわらずこの夜叉ヶ池周辺は登山者の人気が高く、
福井県・岐阜県側を問わず数多くのグループが登ってきている。
12時頃に下山開始したが、途中24人組の観光バスで来た団体さんなどもいて結構な賑わいだった。


夜叉ヶ池の撮影は夏→秋とまだまだ続きます・・・

前のページに戻る