2005年2月13日
 厳冬期?常神半島縦走 照葉樹の森を行く

私の所属する福井山岳会で三方の常神半島縦走計画が持ち上がり参加した。
ご存知の方も多いと思うが、常神半島はソテツが有名、植生がちょっと変っていて
照葉樹が多く大変興味の持たれる地域でもある。
通常ならば厳冬期?となるこの季節であるが何と11名の参加者があり
三方町小川地区から先端の常神地区まで尾根を忠実に歩いた。

三方町小川を朝8時20分に歩き出した。
すでに車はもう一台ゴール地点の常神に回してある。
このゴール地点の常神に車を回しておく・・・というのは単純な作業のように思えるが
この日の朝は氷点下で、あのグネグネした氷結した細い道路(約10Km)、車を走らせるのは
なかなか至難の業であった。
某H氏はスリップして気がついたら反対車線を走っていた・・・というほどの難所(この時期早朝に限る)である。

登り口の小川地区 小川神社あまり雪は無い尾根に出るとちょっと雪は深くなる
冬山としてはこの地域ちょっと装備選びが難しい・・・
足元はプラブーツやら長靴、カンジキ様々である。
私はプラブーツ(これしかない)、一緒に参加した息子(淳)はスパイク長靴、といういでたちである。
スタートした小川地区にはあまり雪は無かったが、
送電線保守ルートをたどり常神半島の尾根に出ることとした。
さすがに尾根にでると雪は少し多くなったが深いところでも30cmくらい、
しかし雪で倒れ掛かった木や枝をくぐったり、またいだりして進んでいくのに手間がかかった。
尾根にはそれとなく道がついているきのこのかさにも雪が積もっていた今回の収穫 鹿の角

漢方薬?にもなるという鹿の角
低山ではあるがそれなりの楽しみもある・・・
やぶが多く基本的に眺望は良くない 小さな花をつけた馬酔木

この半島の尾根は海抜200〜300m程度とあまり高くない。
そのため木やヤブがうっそうと繁っており
周りの風景はあまり見ることができない・・・
しかし、この半島特有の照葉樹林の多さはそれなりの見どころである。

いたるところに複雑な根っこの木がある  森の中はほとんど雪が無い
照葉樹の巨木の森を歩く  好い木がいっぱいあった・・・
「照葉樹林文化論」という説を唱えた人がいたが
照葉樹の林が連なるところ、その林の下には同じような文化を持つ民族が住んでいる・・・という。
例えば漆塗り、納豆を食べる文化、紙漉き、赤米作りや歌垣など
専門家に言わせると、なるほどと思う興味深い事柄が次々とあげられる。
西端は東ネパールからブータンに始まり、中国雲南あたりを通って
日本までを結ぶ帯のような照葉樹の森の下がその一帯にあたると一般的には言われている。
また日本でも西日本地区がその西の端ではないかと言われており、この常神あたりはいいポイントであろう。(想像)
三国の雄島にもちょっと似たところがある。

数少ない海が良く見えたポイント 息子ヤブの向こうは御神島
この半島は福井県の中でもひじょうに雪が少ないところだろう・・・
積雪が全く無い、というところが何箇所かあり、先端に行くほど少なくなっていく傾向にあった。
しかし、最終ゴールである常神の先端、海抜239mの灯台にはさすがに20cmほどの積雪。
灯台には15時前到着、スタートして約7時間後だった。

やっと着いた常神岬灯台2等三角点にタッチするA氏とK女史
下は常神半島灯台から見た縦走路。中央奥から左の尾根を歩いてきた。
GPSのDATAによると8.62Kmの歩行距離と出た。
(ちなみに車道を小川から常神まで走ると約10Kmだった)

デジカメ写真をパノラマに貼り付けた
天候状況は決していいと言える状況でなかったが、それながらに楽しめた山行だった。
参加者での記念写真(NHK下境アナと私は入っていない)
灯台からは常神集落までは1Km強のいい道がついており、
最後はいかにも漁港の集落という感じの通りを通って港に出た。

最後は常神の集落の中を通って漁港に出る。常神の集落 山の頂上に灯台がある
この山行にはおまけが付いた・・・
帰りのためにあらかじめ常神に車を1台回しておいたのだが
車の持ち主であるH氏がKEYを小川に忘れてきてしまったのである。
そのため常神漁港で漁をしていた地元の人に頼んで軽トラの荷台に乗せてもらい小川まで帰った。
軽トラの荷台は寒かった・・・
今回の山行の様子はNHK-TV 2月21日(月)夕方5時10分からの「ゆうYOU福井」
熱中自然塾のコーナーでも放送されます。(福井ローカルのみ)

前のページに戻る
HOMEに戻る