札幌道場

札幌道場は、1998年6月1日に日本国際テコンドー協会より正式に認可を受けスタートした道場です。スタートした当初は、まだ指導員のいない中で、通信スクール生徒達が集まり、テキストやビデオを観ながら週に一度、市内の体育館に集まり練習をしていたという状況でした。そして年に数回本部道場より派遣された、師範、指導員の指導を受け、修練に励んできました。今では、師範2名、副師範1名、指導員3名が在籍し、また、世界チャンピオンや全日本大会メダリストを輩出するなど、成長を遂げることができました。幅広い年齢層で、日々楽しく、時には厳しく、心身共に自分を磨き、人間として成長できる「テコンドー」を私たちと一緒に始めませんか?

 

テコンドーとは?

 

               創始者 崔泓煕先生直筆のテコンドー精神