遺言書の書式例

戸籍とりよせ便

伊佐行政書士事務所
千葉県野田市 TEL:04-7129-0803

自筆証書遺言には形式がある

1 遺言者本人の自筆で書くこと。ワープロやビデオ映像による遺言は、法的には無効です。
2 遺言書は1人の名義で。ひとつの遺言を共同名義で書くと無効になります。
3 押印を忘れずに。署名だけでは無効です。
4 日付を書く。年月日を特定できるように。

自筆証書遺言の長所

1 公正証書に比べると、いつでも手軽に書ける。書き直しも自由。
2 費用をかけずに済む。必要なのは、紙とペンと印鑑だけ。
3 保証人が不要。遺言の内容を誰にも知られずに書くことができます。

自筆証書遺言の短所

1 書き方を誤ると、無効になる可能性がある。法律に定められた方式で書かなければなりません。
2 明確さに欠けると、無効とされる場合もある。財産の特定は明確に。
3 遺言が実行されない可能性がある。一部の相続人の影響によって、遺言が無視される可能性も。
4 相続開始後の手続きが多い。検認や名義変更で、相続人が苦労することも。

どんな内容を書くことができるのでしょうか?

どのようなことを書いても良いのですが、法的に効力があることは次のように決まっています。 また、内容が明確でなかったり、後に争いを招くような内容の遺言は避けた方が良いでしょう。

【遺言事項】

○推定相続人の廃除と、取り消し

○嫡出でない子の認知

○未成年者の後見人と後見監督人の指定

○相続分の指定、指定の委託

○遺贈

○遺産分割方法の指定、指定の委託、分割の禁止

○信託の設定

○祭祀主宰者の指定

○特別受益者に対する持ち戻しの免除

○遺言執行者の指定、指定の委託

○遺贈の減殺方法の指定

○相続人の担保責任の指定

○生命保険金の受取人の指定、変更

次の場合は、専門家への依頼をお勧めします

◎相続人が、遺言とおりに財産の分配をするのを嫌がりそうなとき。

◎遺言により認知や後見人の指定をしたいとき。

◎相続人に行方不明者がいるとき。

◎相続人に、知的障害や痴呆等で、意思表示することができない人がいるとき。

自筆証書遺言の作成例

不動産と預金の分配

1.次の不動産は、妻行政花子に相続させる。

千葉県●●市●●の宅地 地番●●板 地目 宅地 地積178.34平方メートル

千葉県●●市●●の建物
家屋番号 1番
木造瓦葺二階建居宅
床面積 1階 77.12平方メートル
2階 56.55平方メートル

2.●●銀行●●支店の遺言者名義の口座番号1234567の普通預金は、行政一郎に相続させる。

3.●●銀行●●支店の遺言者名義の口座番号7654321の定期預金は、行政一子に相続させる。

日付+署名+捺印

相続人以外の者への遺贈

1.長男の妻、行政美子は、遺言者と同居し、献身的な介護をしてくれた。それに報いるため、遺言者名義の ●●銀行●●支店口座番号1234567の定期預金全額を行政花子に遺贈する。

2.右以外の財産は、長女行政一子に全て相続させる。

日付+署名+捺印

相続人の廃除

1.全財産を長南行政一郎と長女行政一子に、二分の一ずつ相続させる。

2.妻行政花子を相続人から廃除する。花子は日頃より遺言者を侮辱し、暴力をふるい、全治二週間のけがを負わせたこともある。 近所や親類にも遺言者を侮辱する言動を重ねていた。

3.この遺言の執行者として次の者を指定する。
住所 ●●県●●市●●●●番●号
氏名 ●●●●

日付+署名+捺印

公正証書遺言の特徴

自筆証書遺言は遺言者が私的に作成するため、たとえ全文が自筆で書かれていたとしても、本当に遺言者自身が書いた ものなのか、あるいは遺言者の自由な意思のもとに書かれたものなのか証明することは容易ではありません。公正証書遺言は、 公証人が遺言者の意思に基づく遺言であることを、公的な立場から保証するものです。

公正証書の長所

  • 書式の不備で無効になる心配がない・・・公証人が関与して書式を整えるため安心です。
  • 遺言書が公証役場に保管される・・・紛失や改ざんの防止に役立ちます。書き換えも可能です。
  • 口述での作成も可能・・・手が動かなくても、入院中でも作成が可能です。

公正証書の短所

  • 手続きに手間がかかる・・・戸籍などの書類の取得が必要です。
  • 費用がかかる・・・財産の価額と相続人の人数によって、手数料が変わります。
  • 証人二名が必要です。証人には遺言の内容が知られてしまいます。推定相続人やその身内は証人になれませんので、行政書士などに頼む以外は、 友人・知人などに頼むことになります。
 
(C)戸籍とりよせ便 2015 伊佐行政書士事務所 All Rights Reserved. 当ホームページの無断転載、転用を禁じます。サイト内の情報の利用は自己責任でお願い致します。