Ikkoh Inoue
井上一光 プロフィール
2021年(令和3年)10月

■1947年(昭和22年)…福岡市 生まれ
  1970年(昭和45年)…立命館大学卒業

 
■福岡市 在住
  本名:井上良一


古代文字アーティスト

■1992年(平成4年)より一墨会主宰
  2009年(平成21年)より21世紀書画作家国際交流協会会長
  字統文字研究所所長、福岡文化連盟会員
 
現代書芸家として甲骨文・金文を主なモチーフとし、中国古代文字が内包する壮大な世界観・宇宙観を白川静文字学に学びながら、書芸術のセセッション「書の古典からTHE ART OF CREATION」をテーマに国内外で個展・会派展や講演を中心に活動。 現代空間にも調和する書と表装のコラボレーションにも取り組み、その可能性を探求し続けている。

☆作品 
    1994年より「心象アルバム」と題する作品シリーズを随時発表
    紀行シリーズ:大阿蘇、チベット、シルクロード、中国雲南、ニューヨーク
     古典シリーズ:三国志、論語、枕草子、万葉集
    文明シリーズ:メソポタミア、エジプト、インダス、中国
    音楽シリーズ:バッハ、モーツァルト、ベートーヴェン、チャイコフスキー、バロックからロマン派まで、ロマン派から近代まで
    哲学シリーズ:般若心経、無常
    ミュージカルシリーズ:サウンド・オブ・ミュージック、ウエスト・サイド・ストーリ、マイ・フェア・レディ
  ポップスシリーズ:ビートルズ、サイモン&ガーファンクル(予)
   
☆個展 
    国内:福岡アジア美術館・東京芸術劇場・京都府立文化芸術会館など、福岡・東京・京都にて計32回開催
     国外:台北國立歴史博物館・ソウル耕仁美術館・在オーストリア日本国大使館など、台北・桂林・青島・ソウル・ニューヨーク・ウィーン・モナコにて計15回開催
    
☆作品の主な所蔵先 
    福岡 聖福寺収蔵庫            :「千光蔵」
    台北國立歴史博物館           :「西・東」
    中国桂林美術館             :「竝・石鼓文」
    モナコ公国文化庁             :「水魚」
    ニューヨーク メリルリンチコレクション :「雨」
   
☆講演 
   福岡西ライオンズクラブ、福岡鶴城ライオンズクラブ、福岡北ライオンズクラブ、佐世保北ロータリークラブ、福岡中央ワイズメンズクラブ、福岡笹丘小学校、和流ルネッサンス倶楽部、中国国立河南大学美術学院、他
   
 
☆著作集 
    1998年(平成10年):「中国古代文字創作講座、基礎編」
    2002年(平成14年):「書のときめき、甲骨文・金文の世界」
    2005年(平成17年):「中国古代文字創作講座、応用編」
    2008年(平成20年):「書のときめきU、白川文字学による甲骨文・金文の世界」
    2008年(平成20年):「骨文金貌」
  2015年(平成27年):「中国古代文字創作講座、総集編」
    2017年(平成29年):「書のときめき展V、音楽シリーズによる甲骨文・金文の世界」
  


トップへ戻る