なぞの遺言書
The Case of the Missing Will

放送履歴

日本

オリジナル版

  • 1993年07月31日 21時45分〜 (NHK総合)
  • 1994年03月07日 17時05分〜 (NHK総合)
  • 1995年08月23日 17時15分〜 (NHK総合)
  • 1999年01月04日 15時10分〜 (NHK総合)
  • 2003年07月25日 18時00分〜 (NHK衛星第2)

ハイビジョンリマスター版

  • 2016年07月09日 16時00分〜 (NHK BSプレミアム)
  • 2016年12月14日 17時00分〜 (NHK BSプレミアム)

海外

  • 1993年02月07日 (英・ITV)

原作

邦訳

  • 「謎の遺言書」 - 『ポアロ登場』 クリスティー文庫 真崎義博訳
  • 「謎の遺言書」 - 『ポアロ登場』 ハヤカワミステリ文庫 小倉多加志訳
  • 「遺言書の謎」 - 『ポワロの事件簿1』 創元推理文庫 厚木淳訳
  • 「遺言書紛失事件」 - 『クリスティ短編集1』 新潮文庫 井上宗次・石田英二訳

原書

雑誌等掲載

  • The Case of the Missing Will, The Sketch, 31 October 1923 (UK)
  • The Missing Will, The Blue Book Magazine, January 1925 (USA)

短篇集

  • The Case of the Missing Will, Poirot Investigates, The Bodley Head, September 1924 (UK)
  • The Case of the Missing Will, Poirot Investigates, Dodd Mead, 1925 (USA)

オープニングクレジット

日本

オリジナル版

名探偵ポワロ / DAVID SUCHET // HUGH FRASER / PHILIP JACKSON / PAULINE MORAN / なぞの遺言書, THE CASE OF THE MISSING WILL / Dramatized by DOUGLAS WATKINSON

ハイビジョンリマスター版

名探偵ポワロ / DAVID SUCHET / AGATHA CHRISTIE'S POIROT / なぞの遺言書 // HUGH FRASER / PHILIP JACKSON / PAULINE MORAN / THE CASE OF THE MISSING WILL / Dramatized by DOUGLAS WATKINSON

エンディングクレジット

日本

オリジナル版

原作 アガサ・クリスティー 脚本 ダグラス・ワトキンソン 監督 ジョン・ブルース 制作 LWT(イギリス) / 出演 ポワロ(デビッド・スーシェ) 熊倉一雄 ヘイスティングス(ヒュー・フレイザー) 富山敬 ジャップ警部(フィリップ・ジャクソン) 坂口芳貞 ミス・レモン 翠準子  バイオレット 島本須美 カンピオン 藤波京子 セーラ 麻生美代子  大木民夫 宮川洋一 山野史人 増岡弘 藤夏子 辻谷耕史 中村秀利 梁田清之 田原アルノ / 日本語版 宇津木道子 山田悦司  福岡浩美 南部満治 金谷和美

ハイビジョンリマスター版

原作 アガサ・クリスティー 脚本 ダグラス・ワトキンソン 演出 ジョン・ブルース 制作 LWT (イギリス)  出演 ポワロ(デビッド・スーシェ) 熊倉 一雄 ヘイスティングス(ヒュー・フレイザー) 富山 敬/安原 義人 ジャップ警部(フィリップ・ジャクソン) 坂口 芳貞 ミス・レモン(ポーリン・モラン) 翠 準子  バイオレット 島本 須美 カンピオン 藤波 京子 セーラ 麻生 美代子  大木 民夫 宮川 洋一 山野 史人 増岡 弘 藤 夏子 辻谷 耕史 中村 秀利 梁田 清之 田原 アルノ 塚田 正昭 倉持 良子 水谷 ケイコ 原田 晃 後藤 淳一 坂本 圭 関 幸司  日本語版スタッフ 翻訳 宇津木 道子 演出 山田 悦司 音声 金谷 和美 プロデューサー 里口 千

海外

オリジナル版

Hercule Poirot: DAVID SUCHET; Captain Hastings: HUGH FRASER; Chief Inspector Japp: PHILIP JACKSON; Miss Lemon: PAULINE MORAN; Violet Wilson: BETH GODDARD; Sarah Siddaway: ROWENA COOPER; Dr. Pritchard: RICHARD DURDEN; Andrew Marsh: MARK KINGSTON; Phyllida Campion: SUSAN TRACY; Margaret Baker: GILLIAN HANNA; John Siddaway: TERENCE HARDIMAN; Walter Baker: JON LAURIMORE; Robert Siddaway: EDWARD ATTERTON; Peter Baker: NEIL STUKE; Doctor: STEPHEN OXLEY; President: SCOTT CLEVERDON; Undergraduate: GEORGE BEACH; Children: SIMON OWEN, GLEN MEAD, STEPHANIE THWAITES; Stunts: SY HOLLAND / Developed for Television by Carnival Films; (中略) Production Designer: ROB HARRIS; Director of Photography: CHRIS O'DELL; Music: CHRISTOPHER GUNNING; Executive Producer: NICK ELLIOTT / Producer: BRIAN EASTMAN; Director: JOHN BRUCE

あらすじ

 クラブツリーの主アンドルー・マーシュは女性の社会的地位については昔ながらの考えの持ち主だった。しかし、養女バイオレットの才能を認め、彼女に全財産を遺すことに決める。ところが、遺言書を書きかえる前に彼は死に、前の遺言書も消えた……

事件発生時期

1936年6月中旬 〜

主要登場人物

エルキュール・ポワロ私立探偵
アーサー・ヘイスティングスポワロのパートナー、大尉
ジェームス・ジャップスコットランド・ヤード主任警部
フェリシティ・レモンポワロの秘書
アンドルー・マーシュポワロの友人、クラブツリーの主
バイオレット・ウィルソンアンドルーの養女、ケンブリッジ大学学生
フィリダ・カンピオンバイオレットの通うカレッジの学長
マーチン・アーサー・プリチャード医師、エリンフォート医療財団会長
ジョン・H・C・シダウェイ弁護士
セーラ・シダウェイジョンの妻、看護婦
ロバート・シダウェイシダウェイ夫妻の息子、キングズ・カレッジ学生
ウォルター・ベーカー巡査部長
マーガレット・ベーカーウォルターの妻、クラブツリーの家政婦
ピーター・ベーカーベーカー夫妻の息子

解説、みたいなもの

 イギリスでオックスフォードと双璧をなす大学都市、ケンブリッジを舞台とする一篇。しかし、本作品でドラマ化にあたって加えられた脚色は、原作の原形をとどめているのが一部の固有名詞と設定のみというシリーズ中もっとも大胆なもので、ケンブリッジについても、原作ではバイオレットがその卒業生と触れられる程度にすぎなかった。原作のあらすじはというと、アンドルー・マーシュが死ぬ前に隠した遺言書を、姪のバイオレット・マーシュ(ウィルソンではなく)の依頼でポワロが探すというもの。ドラマでは、その背景となっていた〈新しい女性〉バイオレットとその伯父アンドルーの価値観の対立を、当時のケンブリッジ大学での女子学生の待遇格差に絡めて発展させ、遺産相続に絡む殺人事件に仕立て直している。原作のベーカー夫妻はクラブツリーの住み込みの使用人で、ミス・カンピオン、ドクター・プリチャード、シダウェイ親子、ピーター・ベーカーなどはそもそも登場しない。そして、展開の変更によってアンドルーの遺言書自体になぞめいた部分がなくなったため、原作の邦題に拠った「なぞの遺言書」というタイトルが話の内容と食い違う結果になった(原題を直訳すれば、「消えた遺言書の事件」)。
 ケンブリッジの大学都市としての歴史は、オックスフォードで住民と対立した学者が1209年にこの地へ逃れてきたことを端緒とする。現存する最古のカレッジは1284年に設立されたピーターハウス・カレッジで、現在は大小31のカレッジによって構成されている。ケンブリッジ最初の女子カレッジであるガートン・カレッジ(現在は共学)の設立は1869年だが、劇中に見られるように、当時の女子学生の権利はまだ男子学生のそれよりも限定的だった。女子学生に初めて正式に学位が授与されたのは、劇中より12年後の1948年のこと。なお、原作のバイオレットはそのガートン・カレッジの卒業生という設定だったが、ご当地ミステリとしての風情を重視したのか、撮影は主に、ケンブリッジ市街にあるセント・ジョンズ・カレッジとその周辺でおこなわれた(ガートン・カレッジは設立当時、男子学生の風紀の乱れを懸念して、ほかのカレッジから離れた場所に設けられたと言われる)。ミス・カンピオンが「個人で」学位授与式をおこなった講堂はケンブリッジにはなく、「マースドン荘の惨劇」で民間防衛訓練がおこなわれたラングドン・ダウン・センターのノーマンズフィールド・シアター。ここは「二重の罪」ではウィットコム女子大ホールとして撮影に使われており、ウィットコム女子大からケンブリッジ大学へ講堂が移設されたことになる。アンドルーの屋敷クラブツリーはウェスト・サセックス州ストリントン近郊テイクハムにあるリトル・テイクハムだが、アンドルーの遺体が発見された離れはウェスト・ウィカム・エステイトの風の神殿で、クラブツリーへ向かうヘイスティングスの車もその横を通過している。このウェスト・ウィカム・エステイトはピーター・ユスチノフ主演の「死者のあやまち」でナス屋敷として撮影に使われたほか、ジュリア・マッケンジー主演の「ミス・マープル」シリーズでも、そのイタリア式の邸宅で、「ポケットにライ麦を」のマッケンジー夫人が入居している介護施設や、「終わりなき夜に生まれつく」のローマの場面が撮影された。地下鉄リバプール・ストリート駅の地上部分として撮影に使われたのは現地ではなく、ホワイトヘイブン・マンションことフローリン・コートのすぐ近くにあるスミスフィールド・マーケット。
 原語音声によれば、釘がヘイスティングスの車のタイヤをパンクさせた場所はバルドックの町。ここは現在、ロンドンからケンブリッジに車へ向かう際に A1 号線から A505 号線へ入るあたりだが、劇中当時に A505 号線はまだ存在せず、ヘイスティングスの車はバルドックで A1 号線を降りて一般道に入ったところ、釘を踏んでしまったのだろう。
 ポワロたちを出迎えたカンピオン学長の台詞が、原語では 'The debate's under way, and Andrew's already speaking. (もう始まってアンドルーが話してるわ)' なのに、日本語だと「アンドルーの話が終わって、まもなくお開きよ」となっているのは、「名探偵ポワロ」オリジナル版ではその前後のアンドルーとロバートのスピーチの場面がまるまるカットされて、そのまま「お開き」の場面につながっているため。カットした場面が補われたハイビジョンリマスター版や映像ソフトの日本語音声でもこの部分の吹替はそのまま使われており、そのために話の展開と台詞が食い違ってしまっている。ハイビジョンリマスター版などではその後もこのスピーチに端を発するアンドルーとロバートの対立が描かれ、ロバートがアンドルー殺害に動機を持っていることがより強調される。
 クラブツリーでの昼食会のあとにドクター・プリチャードがセーラ・シダウェイに聴診器を「図書室の下のほうに」持ってくるよう頼む場面があるが、図書室に上下があるのだろうか。原語では through to the library (図書室まで) という表現で、特に「下のほう」というニュアンスはない。
 バイオレットの台詞に出てくるクイーン・メリー号は、「100万ドル債券盗難事件」でポワロたちが乗った実在の豪華客船。「エジプト墳墓のなぞ」にもちょっとだけ登場している。
 ミス・レモンが病院のカルテを調べてまわる場面では、最初に赤い服を着ていたのが、途中で青い服に変わり、また赤い服に戻る。このとき、手袋も服の色にあわせて変わる。いずれの服も直前の病院で彼女が着ていた服とは異なるので、ポワロの依頼を受けてから数日にわたる調査だったということだろうか。また、ミス・レモンがクラブツリーへ到着した際には、調査先から直行したようにも見えるが、彼女が着ているのは、最後の調査の場面と異なる青いほうの服である。
 ドクター・プリチャード役のリチャード・ダーデンは、ジェラルディン・マクイーワン主演の「ミス・マープル」の一篇、「書斎の死体」ではプレスコット氏役を、ピーター・ベーカー役のニール・ステュークは、ジュリア・マッケンジー主演の「ミス・マープル」の一篇、「鏡は横にひび割れて」でヘイドック医師役を演じている。また、セーラ・シダウェイ役のロウェナ・クーパーは、ジョン・ネトルズ主演の「バーナビー警部」の一篇、「流浪の馬車がやって来る」のティリー・ディンズデール役でも見ることができる。

ロケ地写真

カットされた場面

日本

オリジナル版

[03:30/0:27]アンドルーのスピーチ
[03:59/0:21]アンドルーのスピーチ
[04:09/0:24]アンドルーのスピーチ
[04:13/2:22]ロバートがスピーチをし、野次にバイオレットが抗議する場面 〜 討論会後のアンドルー、バイオレット、ロバートの会話
[06:31/0:47]クラブツリーのパーティの場面の後半、大学での討論に関係した部分
[06:53/0:12]アンドルーとシダウェイの会話
[12:28/1:47]アンドルーの遺体発見後のポワロたちのやりとり

映像ソフト

  • [VHS] 「名探偵エルキュール・ポアロ 第32巻 黄色いアイリス」(字幕) 日本クラウン
  • [DVD] 「名探偵ポワロ 21 黄色いアイリス, なぞの遺言書」(字幕・吹替) ビームエンタテインメント(現ハピネット・ピクチャーズ
  • [DVD] 「名探偵ポワロ [完全版] 21 黄色いアイリス, なぞの遺言書」(字幕・吹替) ハピネット・ピクチャーズ
  • [BD] 「名探偵ポワロ Blu-ray BOX Disc 11 黄色いアイリス, なぞの遺言書, イタリア貴族殺害事件, チョコレートの箱」(字幕/吹替) ハピネット・ピクチャーズ
2018年4月18日更新