西洋の星の盗難事件
The Adventure of the Western Star

放送履歴

日本

オリジナル版(44分30秒)

  • 1991年06月29日 21時45分〜 (NHK総合)
  • 1992年05月01日 17時05分〜 (NHK総合)
  • 1998年11月24日 15時10分〜 (NHK総合)
  • 2003年06月20日 18時00分〜 (NHK衛星第2)

ハイビジョンリマスター版(49分30秒)

  • 2016年03月05日 16時00分〜 (NHK BSプレミアム)
  • 2016年08月10日 17時00分〜 (NHK BSプレミアム)

海外

  • 1990年03月04日 (英・ITV)

原作

邦訳

  • 「〈西洋の星〉盗難事件」 - 『ポアロ登場』 クリスティー文庫 真崎義博訳
  • 「〈西部の星〉盗難事件」 - 『ポアロ登場』 ハヤカワミステリ文庫 小倉多加志訳
  • 「西洋の星の事件」 - 『ポワロの事件簿1』 創元推理文庫 厚木淳訳

原書

雑誌等掲載

  • The Adventure of the Western Star, The Sketch, 11 April 1923 (UK)
  • The Western Star, The Blue Book Magazine, February 1924 (USA)

短篇集

  • The Adventure of the Western Star, Poirot Investigates, The Bodley Head, September 1924 (UK)
  • The Adventure of the Western Star, Poirot Investigates, Dodd Mead, 1925 (USA)

オープニングクレジット

日本

オリジナル版

名探偵ポワロ / AGATHA CHRISTIE'S POIROT / DAVID SUCHET // HUGH FRASER / PHILIP JACKSON / PAULINE MORAN / 西洋の星の盗難事件, THE ADVENTURE OF THE WESTERN STAR / Dramatized by CLIVE EXTON

ハイビジョンリマスター版

名探偵ポワロ / DAVID SUCHET / AGATHA CHRISTIE'S POIROT / 西洋の星の盗難事件 // HUGH FRASER / PHILIP JACKSON / PAULINE MORAN / THE ADVENTURE OF THE WESTERN STAR / Dramatized by CLIVE EXTON

エンディングクレジット

日本

オリジナル版

原作 アガサ・クリスティー 脚本 クライブ・エクストン 監督 リチャード・スペンス 制作 LWT(イギリス) / 出演 ポワロ(デビッド・スーシェ) 熊倉一雄 ヘイスティングス(ヒュー・フレイザー) 富山敬 ジャップ警部(フィリップ・ジャクソン) 坂口芳貞 ミス・レモン 翠準子  グレゴリー・ロルフ 瑳川哲朗 マリー・マーベル 榊原良子 レディー・ヤードリー 池田昌子  二瓶秀雄 中村秀生 岡部政明 加藤正之 佐藤正治 北村弘一 森田育代 松岡洋子 高山みなみ 小野健一 村國守平 茶風林 / 日本語版 宇津木道子  山田悦司 福岡浩美 南部満治 金谷和美

ハイビジョンリマスター版

原作 アガサ・クリスティー 脚本 クライブ・エクストン 演出 リチャード・スペンス 制作 LWT (イギリス) / 出演 ポワロ(デビッド・スーシェ) 熊倉 一雄 ヘイスティングス(ヒュー・フレイザー) 富山 敬/安原 義人 ジャップ警部(フィリップ・ジャクソン) 坂口 芳貞 ミス・レモン(ポーリン・モラン) 翠 準子  グレゴリー・ロルフ 瑳川 哲朗 マリー・マーベル 榊原 良子/大坂 史子 レディー・ヤードリー 池田 昌子  二瓶 秀雄 中村 秀生 岡部 政明 加藤 正之 佐藤 正治 北村 弘一 森田 育代 松岡 洋子 高山 みなみ 小野 健一 村國 守平 茶風林 宋矢 樹頼 松岡 大介 うすい たかやす 高階 俊嗣  日本語版スタッフ 翻訳 宇津木 道子 演出 山田 悦司 音声 金谷 和美 プロデューサー 里口 千

海外

オリジナル版

Hercule Poirot: DAVID SUCHET; Captain Hastings: HUGH FRASER; Chief Inspector Japp: PHILIP JACKSON; Miss Lemon: PAULINE MORAN; Inspector Dougall: BARRY WOOLGAR; Henrik Van Braks: STRUAN RODGER; Marie Marvelle: ROSALIND BENNETT; Gregorie Rolf: OLIVER COTTON; Lord Yardly: ALISTER CAMERON; Lady Yardly: CAROLINE GOODALL; Mullings: STEPHEN HANCOCK; Sergeant: IAN COLLIER; Hoffberg: BRUCE MONTAGUE; Hotel Receptionist: JULIAN GARTSIDE; Steward: BILL THOMAS / Developed for Television by Picture Partnership Productions / (中略) / Production Designer: MIKE OXLEY / Director of Photography: IVAN STRASBURG / Theme Music: CHRISTOPHER GUNNING; Incidental Music: RICHARD HEWSON; Conductor: DAVID SNELL / Executive Producer: NICK ELLIOTT / Producer: BRIAN EASTMAN / Director: RICHARD SPENCE

あらすじ

 ベルギー出身の国際的映画スター、マリー・マーベルのもとに、満月の晩にダイヤ〈西洋の星〉を盗むという脅迫状が届いた。西洋の星には対になる宝石があり、それはレディー・ヤードリーの持つ〈東洋の星〉と呼ばれるダイヤだという……

事件発生時期

不詳

主要登場人物

エルキュール・ポワロ私立探偵
アーサー・ヘイスティングスポワロのパートナー、大尉
ジェームス・ジャップスコットランド・ヤード主任警部
フェリシティ・レモンポワロの秘書
マリー・マーベルベルギー人映画スター、西洋の星の持ち主
グレゴリー・ロルフベルギー人映画スター、マリーの夫
モード東洋の星の持ち主、レディー・ヤードリー
ジョージモードの夫、ヤードリー子爵
マリングスヤードリー子爵家の執事
ホフバーグ宝石商
ヘンリク・バン・ブラックス宝石コレクター、オランダ人

解説、みたいなもの

 事件の展開はほぼ原作どおりだが、ドラマではバン・ブラックスという「出所にこだわらない」宝石コレクターを登場させ、結末に一ひねり加えている。また、原作ではアメリカ人だった映画スターの夫妻をベルギー人に変更したため、2人の名前も Mary Marvell (メアリ・マーベル) が Marie Marvelle (マリー・マーベル)、 Gregory Rolf (グレゴリー・ロルフ) が Gregorie Rolf (グレゴリー・ロルフ) と、ベルギー風(フランス語風)にアレンジされた。日本語音声ではわからないが、最後のポワロとマリー・マーベルの会話は2人の母国語であるフランス語で交わされている。
 本作品では宝石を狙う謎の存在として中国人の影がちらつくが、原作執筆当時、中国人は創作物のなかでしばしば神秘的な存在として扱われていた。原作発表の5年後の1928年、ロナルド・ノックスが探偵小説の公正さを期すためのルールとして挙げた〈十戒〉に「中国人を登場させてはならない」という項目があるのも、そうした状況を反映してのこと。
 「クラブのキング」では「映画はどうも退屈ですが、でも俳優の演技というのは、これは興味がありますね」と言っていたはずのポワロだが、ベルギー人映画スターの出演作となると映画自体にも詳しいようだ。また、「コックを捜せ」ではおぼつかなかった「もみあげ」という言葉も、いつの間にかちゃんと使えるようになったらしい。
 ヤードリー・チェイスの撮影がおこなわれたのは、「スタイルズ荘の怪事件」でポワロたちベルギー人亡命者の住まい内部として撮影に使われた、バッキンガムシャーのドーニー・コート(ただし、撮影は本作のほうが先)。15世紀に建てられたこのチューダー朝建築の邸宅はこのドラマシリーズ以外にも様々な映画やドラマの撮影に使われる場所で、劇中ではマリー・マーベルがヤードリー・チェイスでエリザベス一世とエセックス伯の映画を撮りたいと口にするが、実際にケイト・ブランシェット主演の「エリザベス」やその続篇の「エリザベス ゴールデン・エイジ」の撮影にも使われている。その他、ジェラルディン・マクイーワンやジュリア・マッケンジー主演の「ミス・マープル」シリーズでも、「書斎の死体」のゴシントン館、「動く指」の牧師館、「シタフォードの謎」のシタフォード荘内部、「蒼ざめた馬」の〈蒼ざめた馬〉などとして度々使われているほか、「主任警部モース」や「バーナビー警部」などにも登場する。
 ポワロがホフバーグに差し出す名刺のデザインは、「夢」でミス・レモンがタイプしていた便箋の上部に印刷された差出人の情報と同じデザイン。オリジナル版では「夢」の映像は不鮮明だったが、こちらははっきりと読むことができる。また、この名刺のデザインから、「エンドハウスの怪事件」でポワロがお見舞いの花に添えたカードが、彼の名刺だったことが確認できる。
 冒頭、ポワロが花束にマリー・マーベルへのカードを置いているが、その後、ホテルへ出かける前にもう一度花束がアップになった場面では、そのカードがなくなっている。しかし、カメラが引いてポワロがその花束を手にする際には、ヘイスティングスの体に隠れているものの、カードをはずして横に置いているように見える。
 ホテル・マグニフィセントとして撮影に使われた建物は、フリーメイソンリーのイギリス支部(ユナイテッド・グランド・ロッジ・オブ・イングランド)のフリーメイソンズ・ホール。また、宝石商ホフバーグの店があるのはサンディーズ・ロウ。ヤードリー・チェイスへ向かう汽車の撮影がおこなわれたのは、「ジョニー・ウェイバリー誘拐事件」「スタイルズ荘の怪事件」でも使われたブルーベル鉄道で、ヤードリー・ホールトの駅は元ケッチズ・ホールト駅。クロイドン空港は実在の空港だが、撮影場所はサセックスにあるショアハム空港(現ブライトン・シティ空港)。空港へ向かうバン・ブラックスとジャップ警部が通りがかった工事現場は、イートンのコモン・レーン。この道の両側に並ぶのはイギリスの名門イートン校の寮で、「もの言えぬ証人」「ナイルに死す」の原作によれば、イートン校はヘイスティングスの出身校である。

ロケ地写真

カットされた場面

日本

オリジナル版

[01:45/1:26]連行されるバン・ブラックス 〜 マリー・マーベルを迎える準備をするポワロとミス・レモン 〜 取調室でのジャップ警部とバン・ブラックスのやりとり
[20:23/2:03]ヤードリー邸を引きあげようとしたポワロとヘイスティングスが、玄関前でジャップ警部に会って話をする場面
[36:06/0:52]停止する飛行機 〜 ロルフの出国手続き 〜 ポワロとマリーの会話の前半
[36:52/0:11]道路の工事現場の様子
[37:22/0:11]ポワロをレディー・ヤードリーと待ちつつ、部屋をうろうろするヘイスティングス

映像ソフト

  • [VHS, LD] 「名探偵ポアロシリーズ Vol.5 総理大臣の失踪, 〈西部の星〉盗難事件」(字幕) ハミングバード
  • [VHS] 「名探偵エルキュール・ポアロ 第17巻 『西部の星』盗難事件」(字幕) 日本クラウン
  • [DVD] 「名探偵ポワロ 10 誘拐された総理大臣, 西洋の星の盗難事件」(字幕・吹替) ビームエンタテインメント(現ハピネット・ピクチャーズ
  • [DVD] 「名探偵ポワロ [完全版] 10 誘拐された総理大臣, 西洋の星の盗難事件」(字幕・吹替) ハピネット・ピクチャーズ
  • [BD] 「名探偵ポワロ Blu-ray BOX Disc 5 二重の罪, 安いマンションの事件, 誘拐された総理大臣, 西洋の星の盗難事件」(字幕/吹替) ハピネット・ピクチャーズ
2019年7月24日更新