負け犬

The Underdog
  • 放送履歴

    1994年05月21日 21時30分〜 (NHK総合)
    1995年09月06日 17時15分〜 (NHK総合)
    1996年03月08日 17時15分〜 (NHK総合)
    1999年01月06日 15時10分〜 (NHK総合)
    2003年09月09日 18時00分〜 (NHK衛星第2)

    2016年06月25日 16時00分〜 (NHK BSプレミアム)
    2016年11月30日 17時00分〜 (NHK BSプレミアム)

    1993年01月24日 (英・ITV)

  • 原作邦訳

    「負け犬」 - 『クリスマス・プディングの冒険』 クリスティー文庫 小笠原豊樹訳
    「負け犬」 - 『クリスマス・プディングの冒険』 ハヤカワミステリ文庫 小笠原豊樹訳
  • OPクレジット

    DAVID SUCHET // HUGH FRASER / PAULINE MORAN / 負け犬, THE UNDERDOG / Dramatized by BILL CRAIG
  • EDクレジット

    原作 アガサ・クリスティー 脚本 ビル・クレイグ 監督 ジョン・ブルース 制作 LWT(イギリス) / 出演 ポワロ(デビッド・スーシェ) 熊倉一雄 ヘイスティングス(ヒュー・フレイザー) 富山敬 ミス・レモン 翠準子  アストウェル夫人 小沢寿美恵 リリー 土井美加 ルーベン 川久保潔  平田広明 田中秀幸 麦人 有本欽隆 村松康雄 塚田正昭 秋間登 星野充昭 西村未来 / 日本語版 宇津木道子  山田悦司  福岡浩美 南部満治 金谷和美
  • ハイビジョンリマスター版EDクレジット

    原作 アガサ・クリスティー 脚本 ビル・クレイグ 演出 ジョン・ブルース 制作 LWT (イギリス)  出演 ポワロ(デビッド・スーシェ) 熊倉 一雄 ヘイスティングス(ヒュー・フレイザー) 富山 敬/安原 義人 ミス・レモン(ポーリン・モラン) 翠 準子  アストウェル夫人 小沢 寿美恵 リリー 土井 美加 ルーベン 川久保 潔  平田 広明 田中 秀幸 麦人 有本 欽隆 村松 康雄 塚田 正昭 秋間 登 星野 充昭 西村 未来 深水 由美 大鐘 則子 板倉 光隆  日本語版スタッフ 翻訳 宇津木 道子 演出 山田 悦司 音声 金谷 和美 プロデューサー 里口 千
  • オリジナルEDクレジット

    Hercule Poirot: DAVID SUCHET / Captain Hastings: HUGH FRASER / Miss Lemon: PAULINE MORAN / Lady Astwell: ANN BELL / Lily: ADIE ALLEN / Sir Reuben: DENIS LILL / Charles: JONATHAN PHILLIPS / Horace Trefusis: BILL WALLIS / Victor Astwell: IAN GELDER / Humphrey Naylor: ANDREW SEEAR / Gladys: LUCY DAVIDSON / Parsons: JOHN EVITTS / Sergeant: MICHAEL VAUGHAN / Receptionist: CHARLES ARMSTRONG / Stunts: SIMON CRANE // Developed for Television by Carnival Films / (中略)Made at Twickenham Studios, London, England // Assistant Directors: TERRY MADDEN, GERRY TOOMEY, DOMINIC FYSH / Production Manager: GUY TANNAHILL / Production Co-ordinator: LEILA KIRKPATRICK / Accounts: JOHN BEHARRELL, PENELOPE FORRESTER / Locations: NIGEL GOSTELOW, JEREMY JOHNS / Script Supervisor: MAGGIE LEWTY / Camera Operator: STEVEN ALCORN / Focus Puller: DANNY SHELMERDINE / Clapper/Loader: RAY COOPER / Grip: JOHN ETHERINGTON / Boom Operator: PAUL BOTHAM / Sound Assistant: MATTHEW DESORGHER / Gaffer: VINCE GODDARD / Art Director: PETER WENHAM / Set Decorator: CARLOTTA BARROW / Production Buyer: JUDY DUCKER / Property Master: MICKY LENNON / Construction Manager: ALAN BOOTH / Wardrobe: LISA JOHNSON, NEIL SWEETMORE, JILL AVERY, VERNON WHITE / Make Up Artists: KATE BOWER, PATRICIA KIRKMAN / Assistant Editor: ANDREW McCLELLAND / Dubbing: JOHN DOWNER, SARAH MORTON, RUPERT SCRIVENER / Costume Designer: BARBARA KRONIG / Make Up Supervisor: HIRARY MARTIN / Sound Recordist: SANDY MacRAE / Titles: PAT GAVIN / Casting: REBECCA HOWARD, KATE DAY / Associate Producer: DOMINIC FULFORD / Editor: DEREK BAIN / Production Designer: ROB HARRIS / Director of Photography: CHRIS O'DELL / Music: CHRISTOPHER GUNNING / Executive Producer: NICK ELLIOTT // Producer: BRIAN EASTMAN / Director: JOHN BRUCE
  • あらすじ

     アストウェル化学の社長ルーベン卿が書斎で撲殺された。警察は甥のチャールズを逮捕したが、その不愉快な性格から卿を疎む人間は多かった。チャールズは無実だというレディー・アストウェルの“直感”に、ポワロは捜査に乗り出す……
  • 事件発生時期

    1936年6月下旬
  • 主要登場人物

    エルキュール・ポワロ私立探偵
    アーサー・ヘイスティングスポワロのパートナー、大尉
    フェリシティ・レモンポワロの秘書
    サー・ルーベン・アストウェルアストウェル化学社長
    レディー・ナンシー・アストウェルサー・ルーベンの妻
    チャールズ・レバソンサー・ルーベンの甥、ヘイスティングスの友人
    ビクター・アストウェルサー・ルーベンの弟
    ホレース・トレフューシスアストウェル化学主席研究員
    リリー・マーグレイブレディー・アストウェルの話し相手
    パーソンズ執事
    グラディスメイド
    ハンフリー・ネイラーホテル滞在客
  • 解説、みたいなもの

     今回は大小さまざまな変更が加えられているが、登場人物に関するものではビクターとトレフューシスの変更が大きい。ビクターは荒っぽい短気な性格から、ルーベン卿と対照的な大人しく思慮深い性格に変更され、想いを寄せる相手も変更されて、“負け犬”の一人になっている。また、トレフューシスはルーベン卿の秘書からアストウェル化学の主席研究員に置き換えられた。そのほかの重要な変更では、ハンフリーがルーベン卿を恨む理由が金鉱から新しいゴムの合成法に変更され、犯人の動機に関係づけられている。
     ゴルフをやるかと訊かれたポワロが「たまにです」と答える場面があるが、原語では 'Rarely' と答えており、これは“まずやらない”くらいのニュアンス。当初の台本では日本語程度のニュアンスの台詞だったようだが、スーシェの、ポワロは絶対にゴルフなどしないという意見により、現在の台詞に変更になったようだ[1]。もっとも、「ミューズ街の殺人」では、ポワロが実際にゴルフクラブを握って、コースに立ったこともあるのだけれど。一方、のちの「ゴルフ場殺人事件」では、ヘイスティングスにゴルフをやってみるよう勧められて、「小さなボールをたたいて芝生の小さな穴に入れる。遠慮します、ポワロの趣味には合いません」と言っている。
     ルーベン卿の書斎にかけられている絵は、レンピッカの「ドクトゥール・ブカールの肖像」の顔の部分をルーベン卿の顔に置き換え、背景にアストウェル化学の建物を配したもの。
     逃げたチャールズを追跡する場面で、森の中の道を走り抜けるパトカーが映る部分(2箇所)は、ほかの場面より映像の色合いが淡くなっているが、ここは「なぞの盗難事件」でポワロとヘイスティングスがバンダリン夫人を追跡している場面の使いまわし。また、リリーがロンドンへ向かう際の汽車の映像は、大半が「プリマス行き急行列車」からの使いまわしで、パディントン駅に到着する場面だけ機関車正面の番号が異なるのも、「プリマス行き急行列車」では別の汽車だった映像をつないでいるため。
     背景の説明やアドリブなどのために原語では台詞のない箇所に日本語音声で台詞が入っていることはよくあるが、ロンドンへ向かう車の中でのポワロの台詞はすべて日本語音声のみ。
     アストウェル化学の工場として撮影に使われたのは、ノッティンガムシャーのビーストンにある英国大手製薬会社ブーツの工場。吹き抜けが印象的な内部は D10 、外観として映るのは D6 ビルディング。キャプテンズ・プレートの開かれた、アジサイの美しいゴルフ場は、サリー州にあるセント・ジョージズ・ヒル・ゴルフ・クラブ。ルーベン卿の自宅は、スタッフォードシャーのブライス・ブリッジにあるアップランズという邸宅。エキシビション・ロードにさしかかったポワロたちやリリーの奥に見える円形の建物はロイヤル・アルバート・ホールで、彼らが乗りつけたのはインペリアル・カレッジ・ロンドンの敷地北側に位置するアストン・ウェッブ・ビルディング。パディントン駅で降りたリリーがタクシーに乗ったのは、実はインペリアル・カレッジ構内のオブザヴァトリー・ロード。
     ルーベン卿役のデニス・リルは、フランセスカ・アニス主演の「二人で探偵を」シリーズの一篇、「サニングデールの怪事件」でホラビー・ジュニアを演じているほか、ジェレミー・ブレット主演の「シャーロック・ホームズの冒険」では、「もう一つの顔」、「ブルース・パーティントン設計書」、「マザランの宝石」の3作品でブラッドストリート警部を演じている。また、トレフューシス役のビル・ウォーリスは、ジョン・ネトルズ主演の「バーナビー警部」の一篇、「森の蘭は死の香り」のドクター・レシター役でも見ることができる。
    [1] David Suchet and Geoffrey Wansell, Poirot and Me, pp. 139, headline, 2013
  • ロケ地写真


  • カットされた場面

    [01:33/0:46] 夜のアストウェル化学、侵入するハンフリーと研究室のトレフューシスの様子の一部
    [02:40/0:45] ポワロがミス・レモンの催眠術を受けている場面の前半、ヘイスティングスが現れるまで
    [06:20/1:03] ご満悦のポワロの最後 〜 モン・ルポ荘でのルーベン卿夫妻の会話
    [15:24/1:15] 警察がモン・ルポ荘に到着する場面 〜 書斎でのポワロたちと警察の捜査の様子 〜 部屋で血の付いたシャツを洗うチャールズ
    [20:20/2:04] 食堂でのポワロ、パーソンズ、グラディスのやりとり
    [22:25/0:22] 研究室でのポワロとトレフューシスの会話の後半
    直前の、ルーベン卿の死体がアップになっている時間はオリジナルより長い
  • 映像ソフト

    【VHS】 「名探偵エルキュール・ポアロ 第31巻 負け犬」(字幕) 日本クラウン
    【DVD】 「名探偵ポワロ 20 エジプト墳墓のなぞ, 負け犬」(字幕・吹替) ビームエンタテインメント(現ハピネット・ピクチャーズ
    【DVD】 「名探偵ポワロ [完全版] 20 エジプト墳墓のなぞ, 負け犬」(字幕・吹替) ハピネット・ピクチャーズ
    【BD】 「名探偵ポワロ Blu-ray BOX Disc 10 愛国殺人, エジプト墳墓のなぞ, 負け犬」(字幕/吹替) ハピネット・ピクチャーズ
2017年9月15日更新


 ・ トップ ・ リスト(日本放送順 / 英国放送順 / 邦題50音順 / 原題ABC順) ・