砂に書かれた三角形
Triangle at Rhodes

放送履歴

日本

オリジナル版

  • 1990年02月24日 22時00分〜 (NHK総合)
  • 1992年04月13日 17時05分〜 (NHK総合)
  • 1998年10月15日 15時10分〜 (NHK総合)
  • 2003年05月21日 18時00分〜 (NHK衛星第2)

ハイビジョンリマスター版

  • 2015年11月18日 16時00分〜 (NHK BSプレミアム)
  • 2016年05月11日 17時00分〜 (NHK BSプレミアム)

海外

  • 1989年02月12日 (英・ITV)

原作

邦訳

  • 「砂にかかれた三角形」 - 『死人の鏡』 クリスティー文庫 小倉多加志訳
  • 「砂にかかれた三角形」 - 『死人の鏡』 ハヤカワミステリ文庫 小倉多加志訳
  • 「砂に書かれた三角形」 - 『砂に書かれた三角形』 創元推理文庫 宇野利泰訳

原書

雑誌等掲載

  • Triangle at Rhodes, This Week, 2 February 1936 (USA)
  • Poirot and the Triangle at Rhodes, The Strand, May 1936 (UK)

短篇集

  • Triangle at Rhodes, Murder in the Mews, Collins, March 1937 (UK)
  • Triangle at Rhodes, Dead Man's Mirror, Dodd Mead, June 1937 (USA)

オープニングクレジット

日本

オリジナル版

名探偵ポワロ / AGATHA CHRISTIE'S POIROT / DAVID SUCHET // 砂に書かれた三角形, TRIANGLE AT RHODES / Dramatized by STEPHEN WAKELAM, Script Consultant CLIVE EXTON

ハイビジョンリマスター版

名探偵ポワロ / DAVID SUCHET / AGATHA CHRISTIE'S POIROT / 砂に書かれた三角形 // TRIANGLE AT RHODES / Dramatized by STEPHEN WAKELAM, Script Consultant CLIVE EXTON

エンディングクレジット

日本

オリジナル版

原作 アガサ・クリスティー 脚本 スティーブン・ウェイクラム 監督 レニー・ライ 制作 LWT(イギリス) / 出演 ポワロ(デビッド・スーシェ) 熊倉一雄  パメラ 高島雅羅 バーンズ少佐 大木民夫  中尾隆聖 榊原良子 藤田淑子 千田光男 峰恵研 加藤治 矢田耕司 有本欽隆 徳丸完 荘真由美 沢木郁也 梅津秀行 / 日本語版 宇津木道子  山田悦司 福岡浩美 南部満治 金谷和美

ハイビジョンリマスター版

原作 アガサ・クリスティー 脚本 スティーブン・ウェイクラム 演出 レニー・ライ 制作 LWT (イギリス) / 出演 ポワロ(デビッド・スーシェ) 熊倉 一雄  パメラ 高島 雅羅 バーンズ少佐 大木 民夫  中尾 隆聖 榊原 良子 藤田 淑子 千田 光男 峰 恵研 加藤 治 矢田 耕司 有本 欽隆 徳丸 完 荘 真由美 沢木 郁也 梅津 秀行 松井 範雄  日本語版スタッフ 翻訳 宇津木 道子 演出 山田 悦司 音声 金谷 和美 プロデューサー 里口 千

海外

オリジナル版

Hercule Poirot: DAVID SUCHET; Pamela Lyall: FRANCES LOW; Commander Chantry: JON CARTWRIGHT; Valentine Chantry: ANNIE LAMBERT; Douglas Gold: PETER SETTELEN; Marjorie Gold: ANGELA DOWN; Major Barnes: TIMOTHY KNIGHTLEY; Police Inspector: AL FIORENTINI; Skelton: ANTHONY BENSON; Hotel Manager: PATRICK MONCKTON; Greek Cashier: DIMITRI ANDREAS; Greek Girl: GEORGIA DERVIS; Good Woman: SOPHIA OLYMPIOU; Custom's Officer: TILIMAHOS EMANUEL; Purser: YANNIS HADJIYANNIS; Italian Policeman: STEPHEN GRESSIEUX; Dicker: GEORGE LITTLE; Postman: MARTYN WHITBY / Developed for Television by Picture Partnership Productions / (中略) / Production Designer: MIKE OXLEY / Director of Photography: PETER JESSOP. BSC / Music: CHRISTOPHER GUNNING / Executive Producers: NICK ELLIOTT, LINDA AGRAN / Producer: BRIAN EASTMAN / Director: RENNY RYE

あらすじ

 休暇でロードス島を訪れていたポワロは、やはり滞在客のゴールド夫妻とチャントリー夫妻の間に漂う不穏な雰囲気が気がかりだった。一度は和解したかに見えた彼らだったが、その晩、バレンタイン・チャントリーは夫が飲むはずだった飲み物を飲んで帰らぬ人に……

事件発生時期

1935年9月中旬

主要登場人物

エルキュール・ポワロ私立探偵
パメラ・ライルホテルの滞在客
ダグラス・ゴールドホテルの滞在客
マージョリー・ゴールドホテルの滞在客、ダグラスの妻
トニー・チャントリーホテルの滞在客、大佐
バレンタイン・チャントリーホテルの滞在客、トニーの妻
バーンズホテルの滞在客、少佐

解説、みたいなもの

 Triangle at Rhodes (ロードス島の三角形) という原題が示すように地中海のロードス島を舞台とする一篇で、撮影は実際に現地で行われた。そんな本作は異国情緒豊かな旅行ものであると同時に、港で厳しい取り調べが行われていたり、ハイビジョンリマスター版では路地裏を黒シャツ党が闊歩している場面が見られるなど、第二次大戦へと向かう時代の空気を感じさせる。なお、字幕やダグラス・ゴールドの台詞にあるように当時のロードス島はイタリア領だが、1947年のパリ条約によって現在はギリシャ領になっている。
 結末は異なるものの、状況設定や一部の展開は長篇「白昼の悪魔」によく似ており、「白昼の悪魔」の原型と見ることもできる。原作の登場人物の中では、パメラの友人のセアラがカットされたほか、バーンズ将軍が少佐に置き換えられ、ポワロの調査にとって重要な役割を与えられた。物語にこうしたスパイ風味を加えるアレンジも、このドラマシリーズで何度も見られる手法の一つ。ところで、冒頭でパメラがしつこくつきまとう少佐から逃げているのもドラマオリジナルの場面だが、そのあと、パメラも少佐もそんな素振りをまったく見せないのはどういうことなのだろう。
 ホテルでポワロが読んでいる新聞の見出しの「アビシニアにイタリアの脅威せまる」にあるアビシニアとはエチオピアのこと。エチオピアは劇中翌年の1936年にイタリアの植民地にされた。またこの場面では、ポワロが新聞を動かしたときに、中のページが白紙なのが見えてしまっている。
 本作の一部の場面では、めずらしいことにポワロがスーツの前のボタンを留めているのを見ることができる。劇中の時系列では、その白いスーツのボタンは留められたりはずされたりをくり返すが、ボタンが留められているのは旧市街の屋外の場面に集中しており、おそらくはその場面が連続して撮影されたのだろう。また、この白いスーツは三つボタンであることでもめずらしく、ポワロが三つボタンのスーツを着用するのは、初期作品の旅行先で身につけるこのスーツくらい。
 日本語音声において、イタリア人同士のイタリア語の会話は大半を英語同様に日本語に吹き替えられているが、老婆と少女の間で交わされる会話の一部は原音のまま。原語版で英語以外の台詞を、日本語版でも吹き替えずに原音のまま使用するのは当時の海外ドラマや洋画でしばしば見られたやり方で、たとえばジェレミー・ブレット主演の「シャーロック・ホームズの冒険」の一篇「ギリシャ語通訳」で見ることができる。
 バーンズ少佐役のティモシー・ナイトリーは、ジョン・ソウ主演の「主任警部モース」の一篇、「悔恨の日」において、モースの遺言書をつくる事務弁護士を演じている。
 ダグラス・ゴールドの吹替の中尾隆聖さんは、日本でも2002年1月3日〜4日にNHK教育で放送された「フェニックスと魔法のじゅうたん」で、デビッド・スーシェの吹替をしている。また、バーンズ少佐の吹替の大木民夫さんも、映画「ダイヤルM」(吹替が小川真司さん・深見梨加さん主演のもの)において、デビッド・スーシェの吹替をしている。
 ハイビジョンリマスター版で見られる発掘現場でのポワロとマージョリーの会話に、「真水と海水が化石化してるんです」という台詞があるが、水が直接化石化することはない。原語では 'They have some fresh water and sea water fossils.' という表現で、これは真水に棲む生物と海水に棲む生物の両方の化石が一つの場所に存在しているという意味。
 ラストシーンでポワロの乗った車が走り去る際、車のドアに撮影機材と見られるスタンドが映り込んでしまっている。
 » 結末や真相に触れる内容を表示

カットされた場面

日本

オリジナル版

[03:53/0:34]バーンズ少佐に追われたパメラがポワロと路地裏を歩く場面
[10:46/2:13]ダグラスとバレンタインの散歩中の会話 〜 発掘現場でのポワロとマージョリーの会話
[21:15/0:21]ホテルを発つ前のポワロとバーンズ少佐の会話の後半
[35:01/1:14]鑑識の家を出たポワロとパメラが、毒の出所を探して路地裏を歩く場面
[38:20/0:12]ホテルへ引き返すポワロとパメラ 〜 支配人がフロント係を叱責しているところへ来あわせるポワロたち

映像ソフト

  • [VHS] 「名探偵エルキュール・ポアロ 第38巻 砂にかかれた三角形」(字幕) 日本クラウン
  • [DVD] 「名探偵ポワロ 3 4階の部屋, 砂に書かれた三角形」(字幕・吹替) ビームエンタテインメント(現ハピネット・ピクチャーズ
  • [DVD] 「名探偵ポワロ [完全版] 3 4階の部屋, 砂に書かれた三角形」(字幕・吹替) ハピネット・ピクチャーズ
  • [BD] 「名探偵ポワロ Blu-ray BOX Disc 2 4階の部屋, 砂に書かれた三角形, 海上の悲劇, なぞの盗難事件」(字幕/吹替) ハピネット・ピクチャーズ
2018年9月15日更新