スタイルズ荘の怪事件
The Mysterious Affair at Styles

放送履歴

日本

オリジナル版

  • 1990年11月24日 20時14分〜 (NHK衛星第2)
  • 1993年07月17日 21時15分〜 (NHK総合)
  • 1993年12月18日 15時05分〜 (NHK総合)

ハイビジョンリマスター版

  • 2016年03月12日 15時00分〜 (NHK BSプレミアム)
  • 2016年08月17日 16時00分〜 (NHK BSプレミアム)

海外

  • 1990年09月16日 (英・ITV)

原作

邦訳

  • 『スタイルズ荘の怪事件』 クリスティー文庫 矢沢聖子訳
  • 『スタイルズ荘の怪事件』 ハヤカワミステリ文庫 田村隆一訳
  • 『スタイルズの怪事件』 創元推理文庫 田中西二郎訳
  • 『スタイルズ荘の怪事件』 新潮文庫 真野明裕訳

原書

  • The Mysterious Affair at Styles, John Lane, October 1920 (USA)
  • The Mysterious Affair at Styles, The Bodley Head, January 1921 (UK)

オープニングクレジット

日本

オリジナル版

名探偵ポワロ ♦ スペシャル / AGATHA CHRISTIE'S POIROT // アガサ・クリスティー, スタイルズ荘の怪事件 / DAVID SUCHET / HUGH FRASER / PHILIP JACKSON / The Mysterious Affair at Styles / by AGATHA CHRISTIE / Dramatized by CLIVE EXTON

ハイビジョンリマスター版

名探偵ポワロ / DAVID SUCHET / AGATHA CHRISTIE'S POIROT / スタイルズ荘の怪事件 // DAVID SUCHET / HUGH FRASER / PHILIP JACKSON / The Mysterious Affair at Styles / by AGATHA CHRISTIE / Dramatized by CLIVE EXTON

エンディングクレジット

日本

オリジナル版

原作 アガサ・クリスティー 脚本 クライブ・エクストン 製作総指揮 ニック・エリオット 撮影 バーノン・レイトン 監督 ロス・デベニッシュ 制作 LWT(イギリス) / 出演 ポワロ(デビッド・スーシェ) 熊倉一雄 ヘイスティングス(ヒュー・フレイザー) 富山敬 ジャップ警部(フィリップ・ジャクソン) 坂口芳貞  ジョン(デビッド・リントゥール) 樋浦勉 イングルソープ(マイケル・クロウニン) 銀河万丈 エミリー(ジリアン・バーグ) 阿部寿美子 イビー(ジョアンナ・マカラム) 野沢雅子 ローレンス(アンソニー・カルフ) 田中正彦 メアリ(ビーティ・エドニー) 幸田直子 シンシア(アリ・バーンズ) 安達忍 山内雅人 沼波輝枝 辻村真人 田浦環 糸博 池水通洋 仲木隆司 森田育代 中村秀利 丸山詠二 篠原恵美 / 日本語版 宇津木道子  福岡浩美 南部満治 金谷和美 山田悦司

ハイビジョンリマスター版

原作 アガサ・クリスティー 脚本 クライブ・エクストン 演出 ロス・デベニッシュ 制作 LWT (イギリス) / 出演 ポワロ(デビッド・スーシェ) 熊倉 一雄 ヘイスティングス(ヒュー・フレイザー) 富山 敬 ジャップ警部(フィリップ・ジャクソン) 坂口 芳貞  ジョン(デビッド・リントゥール) 樋浦 勉 イングルソープ(マイケル・クローニン) 銀河 万丈 エミリー(ジリアン・バージ) 阿部 寿美子 イビー(ジョアンナ・マッカラム) 野沢 雅子 ローレンス(アンソニー・カーフ) 田中 正彦 メアリ(ビーティ・エドニー) 幸田 直子 シンシア(アリ・バーン) 安達 忍  山内 雅人 沼波 輝枝 辻村 真人 田浦 環 糸 博 池水 通洋 仲木 隆司 森田 育代 中村 秀利 丸山 詠二 篠原 恵美  日本語版スタッフ 翻訳 宇津木 道子 演出 山田 悦司 音声 金谷 和美 プロデューサー 里口 千

海外

オリジナル版

Hercule Poirot: DAVID SUCHET; Captain Hastings: HUGH FRASER; Inspector Japp: PHILIP JACKSON / Mary Cavendish: BEATIE EDNEY; John Cavendish: DAVID RINTOUL; Mrs Inglethorp: GILLIAN BARGE; Alfred Inglethorp: MICHAEL CRONIN; Evie Howard: JOANNA McCALLUM; Lawrence Cavendish: ANTHONY CALF; Cynthia Murdoch: ALLIE BYRNE; Dorcas: LALA LLOYD; Dr Wilkins: MICHAEL GODLEY; Mr Wells: MORRIS PERRY; Mrs Raikes: PENELOPE BEAUMONT; Summerhaye: DAVID SAVILE; Edwin Mace: TIM MUNRO; Phillips, K. C.: TIM PREECE; Mrs Dainty: MERELINA KENDALL; Vicar: BRIAN COLEMAN / Chemist: ERIC STOVELL; Judge: DONALD PELMEAR; Nurse: CAROLINE SWIFT; Army Officer: KEN ROBERTSON; Tindermans: MICHAEL ROBERTS; Clerk of the Court: GORDON DULIEU; Foreman of the Jury: JEFFREY ROBERT; Hire Car Driver: ROBERT VOWLES; Soldier: DAVID MICHAELS / DEVELOPED FOR TELEVISION BY CARNIVAL FILMS / (中略) / Editor: DEREK BAIN / Production Designer: ROB HARRIS / Director of Photography: VERNON LAYTON / Music: CHRISTOPHER GUNNING / Executive Producer: NICK ELLIOTT / Producer: BRIAN EASTMAN / Director: ROSS DEVENISH

あらすじ

 第一次世界大戦の最中、療養休暇でスタイルズ・セント・メリーを訪れたヘイスティングス中尉は、かつてベルギーで知りあったエルキュール・ポワロと嬉しい再会をはたした。しかし、ヘイスティングスの滞在先であるスタイルズ荘の女主人であり、ポワロらベルギー人亡命者の恩人でもあるイングルソープ夫人が殺され、二人は一緒に捜査を始める……

事件発生時期

1917年6月中旬 〜 7月下旬

主要登場人物

エルキュール・ポワロベルギー人亡命者、元警察官
アーサー・ヘイスティングスポワロの友人、中尉
ジェームス・ジャップスコットランド・ヤード警部
エミリー・ローズ・イングルソープスタイルズ荘の女主人
アルフレッド・イングルソープエミリーの夫
ジョン・ウェンドバー・カベンディッシュエミリーと前夫の息子、ヘイスティングスの友人
メアリ・カベンディッシュジョンの妻
ローレンス・カベンディッシュジョンの弟
シンシア・マードックエミリーの友人の娘、薬剤師
イブリン・ハワードエミリーの話し相手、愛称イビー
ドーカススタイルズ荘の老メイド
ウィルキンズ医師
ウェルズ弁護士
レイクススタイルズ荘近くに住む未亡人
サマーヘイ警視

解説、みたいなもの

 ポワロ、ヘイスティングス、ジャップ警部の3人の、イギリスでの出会いを描いた一篇。1920年に出版された原作は、第一次大戦中の薬剤師としての勤務経験を活かして書かれた作品で[1]、ポワロのデビュー作であると同時にクリスティー自身のデビュー作でもある。クリスティーの生誕100周年を記念して初の完全な長篇枠を想定して制作され(初の長篇原作作品であった「エンドハウスの怪事件」は、短篇2話形式への分割も想定して制作されていた)、イギリスではクリスティーの誕生日の翌日である9月16日に放送された。撮影時期は1990年5月頃[2]
 時はほかの作品よりも約20年前。レギュラーの3人はさすがに20年前の姿と見るのは厳しいものの、ポワロの髪の毛が多少豊かでお腹周りがスリムになっているなど、3人ともほかの作品よりも若々しく見える。また、道ゆく車(自動車の型も古いが、まだ馬車も多く見られる)や登場人物たちの服装など、大道具小道具が20年前の様子を再現している。ほかにも、冒頭で表示されるキャストやタイトルにセリフ体のフォントを使っていたり(Agatha Christie's Poirot ではエンディングクレジットも)、全体にほかの作品よりもクラシカルな雰囲気がある。なお、ドラマでの具体的な時期は1917年6月〜7月という設定だが、原作では同年7月〜9月の設定(ただし、「カーテン 〜ポワロ最後の事件〜」では1916年のことと回想されている)。
 台詞の言葉に至るまでかなり原作に忠実にドラマ化されているが、時間の都合からか、いくつかの要素が落とされた。たとえば、毒物学の権威バウエルスタイン博士はウィルキンズ医師にまとめられて存在自体が省略されているし、何人かの人物に嫌疑が向くくだりは丸々なくなっている。また、ジョンとローレンスがイングルソープ夫人の義理の息子(夫人の前夫と、その先妻のあいだの子)であることに触れられないため、夫人の再婚によって彼らに遺産が行かなくなるという状況の現実味が乏しく感じられるかもしれない。
 物語の主な舞台のスタイルズ荘はエセックスにある設定だが、撮影が行われた建物はグロスターシャーのホースレイにあるチャベネージ・ハウス。また、内部の場面のいくつかはバッキンガムシャーのアマシャム近郊にあるチェニーズ・マナーハウスでも撮影されているという[3]。序盤に登場するスタイルズ・セント・メリーの駅は、「ジョニー・ウェイバリー誘拐事件」でも使われた、サセックスを走るブルーベル鉄道のホーステッド・ケインズ駅。スタイルズ・セント・メリーの村は、チャベネージ・ハウスに近いウィルトシャーのイーストン・グレイで撮影された。冒頭でジョンがヘイスティングスに面会に来たのは、シャーロック・ホームズとドクター・ワトソンの出会いの場所としても知られるセント・バーソロミュー病院。ジョンの裁判が行われる中央刑事裁判所は、外観は現地だが、内部はオックスフォード・タウン・ホール内で撮影されている。カベンディッシュ家のロンドンの住まいがあるのはミドルトン・スクエアで、ラストシーンでカベンディッシュ家を後にしたポワロとヘイスティングスが歩いているのは、そこから程近いロイド・スクエア。
 ポワロらベルギー人の一行が村に戻ってくるときに歌う It's a long way to Tipperary は、第一次大戦の際に英軍の行軍歌として使われ広まったというアイルランドの歌で、ティペラリーとはアイルランド南部の町の名。
 「冷たいレモネードでも飲みたいですね」と言ったヘイスティングスにメアリが「レモンなんてもう3年も見たことありませんわ」と応じる台詞があるが、舞台である1917年の3年前とはすなわち第一次大戦が勃発した1914年で、つまり戦争が始まって以来という趣旨である。原語では 'I haven't seen a lemon since 1914! (レモンなんて1914年以来見ていませんわ)' という表現で、年が直接言及される。
 村の郵便局兼雑貨屋でポワロがココアを買ったときに言われる「2ポンド3ペンスになります」は、原語だと 'That'll be two and three pence, please, sir.' で、本来の会計は2シリング3ペンス。なお、シリングとは1971年まで使われていた古い通貨単位で、12ペンスで1シリング、20シリング(240ペンス)で1ポンドだった。現在は100ペンスで1ポンド。
 イングルソープ夫人の死の晩、外がまだ明るいのにジョンが「こんな夜遅く」と言う場面があるが、イギリスは日本とくらべて緯度が高く、また当時も夏時間が実施されていたため、明るさの程度から見て、おそらく夜10時に近い時刻と思われる。
 スタイルズ・セント・メリーのポワロの部屋の壁には、ホワイトヘイブン・マンション56B号室で果物の鉢が置かれたサイドボードの上の壁にかけられているのと同じ絵が飾られている。
 カベンディッシュ家のロンドンの住まいでポワロがトランプの塔を建てているとき、カードの内側の模様と数字がカットによって複数回変わる。
 日本語音声において、序盤の駅の構内放送は Styles St. Mary を「スタイルズ・セント・メリー」と発音しているが、検死審問でのウェルズ弁護士は「スタイルズ・セント・メアリ」と発音。これはそもそも日本語版の台本がそうなっている。ちなみに、「名探偵ポワロ」の日本語台本では原則、人名の Mary は「メアリ」、地名などの Mary は「メリー」と区別されており、後の「二重の手がかり」ではポワロが「スタイルズ・セント・メリー」と発音している。
 イングルソープ夫人役のジリアン・バーグは、ジョーン・ヒクソン主演の「ミス・マープル」の一篇、「魔術の殺人」のミルドレッド・ストリート役でも見ることができる。また、イビー役のジョアンナ・マカラムはジェレミー・ブレット主演の「シャーロック・ホームズの冒険」の一篇、「未婚の貴族」のフローラ・ミラー役で、レイクス夫人役のペネロープ・ビューモントはジョン・ネトルズ主演の「バーナビー警部」の一篇、「採石場にのろいの叫び」のウィルソン夫人役でも見ることができる。
  1. [1] アガサ・クリスティー, 『アガサ・クリスティー自伝 〔上〕』, pp. 470-478, 早川書房(ハヤカワミステリ文庫), 1995
  2. [2] Mark Aldridge, Agatha Christie on Screen, pp. 254, Palgrave Macmillan, 2016
  3. [3] ピーター・ヘイニング, 『テレビ版 名探偵ポワロ』, pp. 32-33, 求龍堂, 1998

ロケ地写真

カットされた場面

なし

映像ソフト

  • [VHS, VCD] 「名探偵エルキュール・ポアロ 第1巻 スタイルズ荘の怪事件」(字幕) 日本クラウン
  • [DVD] 「名探偵ポワロ 11 スタイルズ荘の怪事件」(字幕・吹替) ビームエンタテインメント(現ハピネット・ピクチャーズ
  • [DVD] 「名探偵ポワロ [完全版] 11 スタイルズ荘の怪事件」(字幕・吹替) ハピネット・ピクチャーズ
  • [BD] 「名探偵ポワロ Blu-ray BOX Disc 6 スタイルズ荘の怪事件, あなたの庭はどんな庭?, 100万ドル債券盗難事件」(字幕/吹替) ハピネット・ピクチャーズ
2018年3月7日更新