ゴルフ場殺人事件
Murder on the Links

放送履歴

日本

オリジナル版

  • 1996年12月31日 17時05分〜 (NHK総合)
  • 1997年07月27日 16時15分〜 (NHK総合)
  • 1997年11月14日 25時05分〜 (NHK総合)

ハイビジョンリマスター版

  • 2016年08月27日 15時00分〜 (NHK BSプレミアム)
  • 2017年02月01日 16時00分〜 (NHK BSプレミアム)

海外

  • 1996年02月11日 (英・ITV)

原作

邦訳

  • 『ゴルフ場殺人事件』 クリスティー文庫 田村義進訳
  • 『ゴルフ場殺人事件』 クリスティー文庫 田村隆一訳
  • 『ゴルフ場殺人事件』 ハヤカワミステリ文庫 田村隆一訳
  • 『ゴルフ場の殺人』 創元推理文庫 中村能三訳
  • 『ゴルフ場殺人事件』 新潮文庫 蕗沢忠枝訳

原書

  • Murder on the Links, The Bodley Head, May 1923 (UK)
  • Murder on the Links, Dodd Mead, 1923 (USA)

オープニングクレジット

日本

オリジナル版

海外ドラマ // 名探偵ポワロ / AGATHA CHRISTIE'S POIROT / DAVID SUCHET // DAVID SUCHET / HUGH FRASER / ゴルフ場殺人事件, MURDER ON THE LINKS / Based on the novel by AGATHA CHRISTIE / Dramatized by ANTHONY HOROWITZ

ハイビジョンリマスター版

名探偵ポワロ / DAVID SUCHET / AGATHA CHRISTIE'S POIROT / ゴルフ場殺人事件 // DAVID SUCHET / HUGH FRASER / MURDER ON THE LINKS / Based on the novel by AGATHA CHRISTIE / Dramatized by ANTHONY HOROWITZ

エンディングクレジット

日本

オリジナル版

原作 アガサ・クリスティー 脚本 アンソニー・ホロウィッツ 監督 アンドリュー・グリーブ 制作 LWT(イギリス) / 声の出演 ポワロ(デビッド・スーシェ) 熊倉一雄 ヘイスティングス(ヒュー・フレイザー) 富山敬  ジロー 大平透 エロイーズ 寺田路恵 ベラ 小山茉美 ジャック 宮本充  日野由利加 矢田稔 麦人 達依久子 佐々木智恵 梅津秀行 松岡文雄 村松康雄 巴菁子 石井隆夫 石黒久也 / 日本語版スタッフ 宇津木道子  兼子芳博 南部満治 原田裕文  山田悦司

ハイビジョンリマスター版

原作 アガサ・クリスティー 脚本 アンソニー・ホロヴィッツ 演出 アンドリュー・グリーブ 制作 LWT (イギリス) / 出演 ポワロ(デビッド・スーシェ) 熊倉 一雄 ヘイスティングス(ヒュー・フレイザー) 富山 敬/安原 義人  ジロー 大平 透 エロイーズ 寺田 路恵 ベラ 小山 茉美 ジャック 宮本 充  日野 由利加 矢田 稔 麦人 達 依久子 佐々木 智恵 梅津 秀行 松岡 文雄 村松 康雄 巴 菁子 石井 隆夫 石黒 久也 嶋崎 伸夫  日本語版スタッフ 翻訳 宇津木 道子 演出 山田 悦司 音声 兼子 芳博 プロデューサー 里口 千

海外

オリジナル版

Directed by: ANDREW GRIEVE / Produced by: BRIAN EASTMAN / Exective Producer: SARAH WILSON / Assosicate Producer: CHRISTOPHER HALL; Music: CHRISTOPHER GUNNING / Director of Photography: CHRIS O'DELL; Editor: DEREK BAIN; Sound Recordist: KEN WESTON / Production Designer: ROB HARRIS; Costume Designer: ANDREA GALER; Make up: SUZAN BROAD / Hercule Poirot: DAVID SUCHET; Hastings: HUGH FRASER; Eloise Renauld: DIANE FLETCHER; Paul Renauld: DAMIEN THOMAS; Jack Recauld: BENJAMIN PULLEN; Bernadette Daubreuil: KATE FAHY; Marthe Daubreuil: SOPHIE LINFIELD; Bella Deveen: JACINTA MULCAHY; Stonor: TERENCE BEESLEY; Giraud: BILL MOODY; Bex: BERNARD LATHAM; Dr Hautet: ANDREW MELVILLE; Leonie: HENRIETTA VOIGTS; Adam Letts: JAMES VAUGHAN; News Commentator: RICHARD BEBB; Dubbing Secretary: BELINDA STEWART WILSON; Projectioninst: SIMON HOLMES; Station Master: RAY GATENBY; Judge: RANDAL HERLEY; Lawyer: PETER YAPP; Tramp: TERRY RAVEN; Concierge: MARGARET CLIFTON; Golfers: TIM BERRINGTON, HOWARD LEE; Policemen: CHRISTOPHER HAMMOND, JOSEPH MORTON / (中略) / A CARNIVAL FILMS PRODUCTION in assosiation with LWTP

あらすじ

 休暇でドービルを訪れたポワロは、富豪のルノー氏から詐欺にあっていると相談を受けるが、氏はゴルフ場で死体となって発見された。この事件の解決を、ポワロは警視庁のジロー警部と競うことに。一方、ヘイスティングスはホテルで一人の女性と知りあって……

事件発生時期

1936年5月中旬? 〜

主要登場人物

エルキュール・ポワロ私立探偵
アーサー・ヘイスティングスポワロのパートナー、大尉
ポール・ルノーゴルフ場近くに住む富豪
エロイーズ・ルノーポールの妻
ジャック・ルノーエロイーズと前夫の息子
ベルナデット・ドブレールノー家の隣人
マルト・ドブレーベルナデットの娘
イザベル・デュビーヌヘイスティングスがホテルで知りあった女性
ゲイブリエル・ストーナールノーの秘書
レオニールノー家のメイド
ローレンスルノー家の運転手
ルシアン・ベクスドービル警察署長
オート警察医
ジロー警視庁警部

解説、みたいなもの

 ヘイスティングスにとって、人生の大きな転機となった事件を描いた作品。クリスティーの作品群の中ではごく初期の作品だった原作に対し、ドラマではこれまでのエピソードの積み重ねが効いて、ハッピーエンドへの感慨も大きい。
 ポワロ物の作品の中でも特に込み入った筋を持つ原作を100分ほどの枠に収めるためか、ダルシーとベラの姉妹はベラ一人にまとめられている。その結果、ジャック・ルノーの扱いは原作よりも手厳しいものになった。ポワロのライバルとして登場するジロー警部は、カリカチュアライズしたシャーロック・ホームズを思わせた原作とは性格や風采も変更され、パイプというトレードマークが用意されて、ポワロの口髭と対照させる演出が加えられた。また、原作の舞台であるメルランビルは架空の土地で、ドラマではフランスのノルマンディー地方に実在する有名な行楽地のドービルに舞台を置き換えている。このドービルには、実際にゴルフ・ホテル(フランス語では、オテル・デュ・ゴルフ)という名のホテルが存在するが、ポワロたちが泊まったゴルフ・ホテルとして撮影に使われたのは同系列のホテル・ノルマンディー。このホテルは1966年公開のフランス映画「男と女」の舞台にもなっている。なお、撮影は川を挟んだ対岸のトルービル・スール・メールやエヌクビルでもおこなわれており、トルービル・スール・メールでは、印象的なラストシーンなどが撮影されたレオン・エ・ロベール・モラーヌ通りのほか、カルノー通り、シャレ・コルディエ通り、フォルムビル通り、ティエール通り、ロシニ通り、オルレアン通りが、エヌクビルでは、ジュヌビエーブ荘としてヴィラ・ル・プレ・ラ・ブリュイエール、マルグリット荘としてル・プティ・マノワールが撮影に使われている。冒頭のニュース映像(「夢」冒頭と同様にパテ・ガゼットを模していると思われる)でベロルディ事件の裁判が開かれたのは、「スタイルズ荘の怪事件」にも登場の、ロンドンの中央刑事裁判所。
 ジロー警部との初対面時、彼に名乗られたポワロが日本語では「ジロー……いえ、存じませんが」と言うが、ポール・ルノーの遺体発見現場を立ち去る際にはヘイスティングスに「ジローについてはいろいろ聞いてますよ」と逆のことを言う。原語だと前者は 'Giraud... it is a name that is known to me. (ジロー……その名前は聞き覚えが)' となっていた。また、後者の台詞につづく「彼(ジロー)は自分がフランスいちの刑事だと思っているんですよ」「そうなんでしょう?」「ノンノン、ヘイスティングス、ポワロがフランスに来てますよ」という会話は、ポワロが刑事でないために不自然に聞こえるかもしれない。ここでの「刑事」に相当する原語 detective は捜査者を広く表す言葉で私立探偵を含む。ポワロのように警察官でない探偵を、わざわざ私立探偵 (private detective) と呼んで公的な捜査官と区別するのもそのため。マダム・ドブレーの「それで警部さんと探偵さんと二人いるんですの?」という台詞も、原語では 'Is that why it requires the services of two detectives?' となっている。
 ジャックの逮捕について「(ジロー)警部が言ってましたね」「ゴールラインで逮捕するって」というやりとりがあるが、「名探偵ポワロ」オリジナル版では、「警部が言って」いた場面はカットされている。
 ポワロがゴルフの「ハンディ (handicap)」を「不都合 (disadvantage)」と言いまちがえたのは、原語がいずれも障害や不利な条件といった意味を持つことによる。
 劇中の時期については、ナイフの証拠品ラベルに Mardi 17 Mai 1936 (1936年5月17日火曜日)、ポワロがロンドンから戻った日のカレンダーに Mercredi/18/MAI (5月18日水曜日)、自転車レースのポスターなどに1936年とあるが、1936年の5月17日と18日は日曜日と月曜日。1994年であれば日付と曜日の関係が一致するのだが、撮影時の日付にあわせたのだろうか。一方、イザベルが歌う「待ちましょう (J'attendrai)」は1937年に書かれた曲だとか。
 本作と「もの言えぬ証人」は1995年9月の富山敬さんの逝去後に放送されたが、吹替の収録は同年の3月におこなわれており、ヘイスティングスの吹替はどちらもまだ富山さんが担当。ルノー夫妻の吹替の麦人さんと寺田路恵さんは実の姉弟。原作では判事だったオート氏がなぜか警察医に変更されて、ドラマでは別の判事が登場するが、吹替はドクター・オートも判事もともに松岡文雄さんが担当している。
 ポール・ルノー役のデイミアン・トマスは、ジェレミー・ブレット主演の「シャーロック・ホームズの冒険」の一篇、「悪魔の足」のモーティマー・トレゲニス役でも見ることができる。また、エロイーズ・ルノー役のダイアン・フレッチャーは、ジョン・ネトルズ主演の「バーナビー警部」の一篇、「狩りの角笛が死を誘う」のマーシャ・トランター役や、イアン・リチャードソン主演の「野望の階段」シリーズでのエリザベス・アーカート夫人役(II、IIIでの吹替は本作品と同じく寺田路恵さんが担当)でも見ることができる。
 冒頭のフランスを駆ける汽車の映像は、場面によって機関車の前に書かれた番号が変化する。また、ハイビジョンリマスター版において、ポワロがイギリスから戻ってくるときのバンク映像と思しき汽車の映像の解像度が低いのは、イギリスでの HD 化時にカットされた部分を、日本で SD 素材からアップコンバートして補ったためと思われる。
 ハイビジョンリマスター版でのみ見られる、ポワロが初めてジュヌビエーブ荘を訪ねた場面では、雨上がりのように地面や車の表面が濡れているが、そのあとの遺体発見現場のバンカーなどは、雨に降られた様子はない。ほかの場面でも、ところどころ撮影中に雨に見舞われたと思われる箇所があり、なかでもヘイスティングスとイザベルがレストランから警察署に向かう場面では、実際に雨が降っている。
 ポワロたちがマルグリット荘をあとにする場面では、車のボンネットにマイクのアームが映ってしまっている。また、最後に「まわり道」をしたポワロがドアをノックしたあと、下がって上を見あげるところで、画面右上の家のあいだを現代風の自動車が通りすぎる。
 原語音声において、ジロー警部が駅長に写真を見せたりヘイスティングスに激昂する場面では警部の声と口がわずかにあっておらず、アフレコであることが窺える。
 » 結末や真相に触れる内容を表示

ロケ地写真

カットされた場面

日本

オリジナル版

[0:11:25/1:06]歌が始まる前のバーでのポワロとヘイスティングスの会話
[0:18:22/0:12]ジュヌビエーブ荘前に到着するポワロ
[0:56:39/0:43]死体置き場を出たあとのジャック逮捕に関する会話
[0:57:51/0:39]告げられた訪問者に関するポワロとヘイスティングスの会話 〜 ラウンジでのマルトとのやりとりの前半
[1:00:12/0:43]マルトが去ったあとのポワロとヘイスティングスの会話後半 〜 自転車レース会場の様子

映像ソフト

同原作の映像化作品

  • [TV] 「名探偵赤富士鷹 愛しのサンドリヨン」 2005年 演出:渡辺一貴 脚本:藤本有紀 出演:伊東四朗、塚本高史、益岡徹
2018年6月9日更新