あなたの庭はどんな庭?
How Does Your Garden Grow?

放送履歴

日本

オリジナル版

  • 1991年09月14日 22時00分〜 (NHK総合)
  • 1992年05月06日 17時05分〜 (NHK総合)
  • 1994年03月08日 17時05分〜 (NHK総合)
  • 1998年11月25日 15時10分〜 (NHK総合)
  • 2003年06月25日 18時00分〜 (NHK衛星第2)

ハイビジョンリマスター版

  • 2016年03月19日 16時00分〜 (NHK BSプレミアム)
  • 2016年08月24日 17時00分〜 (NHK BSプレミアム)

海外

  • 1991年01月06日 (英・ITV)

原作

邦訳

  • 「あなたの庭はどんな庭?」 - 『黄色いアイリス』 クリスティー文庫 中村妙子訳
  • 「あなたの庭はどんな庭?」 - 『黄色いアイリス』 ハヤカワミステリ文庫 中村妙子訳
  • 「あなたのお庭をどうする気?」 - 『砂に書かれた三角形』 創元推理文庫 宇野利泰訳

原書

雑誌等掲載

  • How Does Your Garden Grow?, Ladies' Home Journal, June 1935 (USA)
  • How Does Your Garden Grow?, The Strand, August 1935 (UK)

短篇集

  • How Does Your Garden Grow?, The Regatta Mystery, Dodd Mead, 1939 (USA)
  • How Does Your Garden Grow?, Poirot's Early Cases, Collins, September 1974 (UK)

オープニングクレジット

日本

オリジナル版

名探偵ポワロ / AGATHA CHRISTIE'S POIROT / DAVID SUCHET // HUGH FRASER / PHILIP JACKSON / PAULINE MORAN / あなたの庭はどんな庭?, HOW DOES YOUR GARDEN GROW? / Dramatized by ANDREW MARSHALL / Script Consultant CLIVE EXTON

ハイビジョンリマスター版

名探偵ポワロ / DAVID SUCHET / AGATHA CHRISTIE'S POIROT / あなたの庭はどんな庭? // HUGH FRASER / PHILIP JACKSON / PAULINE MORAN / HOW DOES YOUR GARDEN GROW? / Dramatized by ANDREW MARSHALL / Script Consultant CLIVE EXTON

エンディングクレジット

日本

オリジナル版

原作 アガサ・クリスティー 脚本 アンドリュー・マーシャル 監督 ブライアン・ファーナム 制作 LWT(イギリス) / 出演 ポワロ(デビッド・スーシェ) 熊倉一雄 ヘイスティングス(ヒュー・フレイザー) 富山敬 ジャップ警部(フィリップ・ジャクソン) 坂口芳貞 ミス・レモン 翠準子  メアリ 新橋耐子 カトリーナ 池田昌子  藤田啓而 沼波輝枝 金内喜久夫 辻谷耕史 吉水慶 安永沙都子 伊井篤史 / 日本語版 宇津木道子 山田悦司 福岡浩美 南部満治 金谷和美

ハイビジョンリマスター版

原作 アガサ・クリスティー 脚本 アンドリュー・マーシャル クライブ・エクストン 演出 ブライアン・ファーナム 制作 LWT (イギリス) / 出演 ポワロ(デビッド・スーシェ) 熊倉 一雄 ヘイスティングス(ヒュー・フレイザー) 富山 敬/安原 義人 ジャップ警部(フィリップ・ジャクソン) 坂口 芳貞 ミス・レモン(ポーリン・モラン) 翠 準子  メアリ 新橋 耐子 カトリーナ 池田 昌子  藤田 啓而 沼波 輝枝 金内 喜久夫 辻谷 耕史 吉水 慶 安永 沙都子 伊井 篤史 小谷野 啓 野中 秀哲  日本語版スタッフ 翻訳 宇津木 道子 演出 山田 悦司 音声 金谷 和美 プロデューサー 里口 千

海外

オリジナル版

Hercule Poirot: DAVID SUCHET; Captain Hastings: HUGH FRASER; Chief Inspector Japp: PHILIP JACKSON; Miss Lemon: PAULINE MORAN; Mary Delafontaine: ANNE STALLYBRASS; Henry Delafontaine: TIM WYLTON; Amelia Barrowby: MARGERY MASON; Katrina Reiger: CATHERINE RUSSELL; Nicholai: PETER BIRCH; Dr Sims: RALPH NOSSEK; Mr Harrison: JOHN BURGESS; Lucy: DORCAS MORGAN; Mr Trumper: TREVOR DANBY; Pathologist: JOHN ROGAN; Photographer: STEPHEN PETCHER; Police Constable: PHILIP PRAEGER / Developed for Television by Carnival Films / (中略) / Production Designer: MIKE OXLEY / Director of Photography: JASON LEHEL / Music: CHRISTOPHER GUNNING / Executive Producer: NICK ELLIOTT / Producer: BRIAN EASTMAN / Director: BRIAN FARNHAM

あらすじ

 フラワー・ショーで老婦人アメリア・バロビーと出会い、中身のない種袋を託されたポワロ。その意味をはかりかねつつマンションに戻ると、そこには彼女からの手紙が届いていた。しかし、ポワロが依頼に従ってその家に出向いたとき、すでに彼女は死んでいた……

事件発生時期

1935年5月下旬

主要登場人物

エルキュール・ポワロ私立探偵
アーサー・ヘイスティングスポワロのパートナー、大尉
ジェームス・ジャップスコットランド・ヤード主任警部
フェリシティ・レモンポワロの秘書
アメリア・バロビー依頼人、富裕な老婦人
メアリ・デラフォンテンミス・バロビーの姪
ヘンリー・デラフォンテンメアリの夫
カトリーナ・レイガーミス・バロビーの話し相手
ルーシーローズバンク荘のメイド
シムズ医師
ニコライソ連大使館員

解説、みたいなもの

 原作ではミス・レモンがポワロの秘書として初登場するエピソードで、原作にも彼女が登場する数すくない作品の一つ。そこで今回は主にヘイスティングスがマンションで留守番をし、ミス・レモンがポワロの調査に同行して、事件解決にも重要なきっかけを提供する。冒頭のフラワー・ショーの場面や種袋の謎はドラマオリジナル。原作でポワロが真相をつかむ端緒になったのは、中途で終わった花壇の縁取りだった。なお、本作品の設定や展開は「もの言えぬ証人」(の特に原作)と複数の類似が見られる。原作短篇の前には「もの言えぬ証人」の原型となった未発表短篇「犬のボール事件」が書かれていたとされ[1]、その次に書くことになった本原作に、未発表となった設定や展開の一部を流用したのだろう。
 フラワー・ショーでポワロが「引退後は庭いじりをと考えていますが」と言う台詞は、原語ではもうすこし具体的に 'One day I hope to retire to grow the vegetable marrows (いつか引退して冬瓜を育てたいと思っていますが)' と言っており、のちに映像化された「アクロイド殺人事件」では実際に、引退先の村で冬瓜栽培に勤しむポワロを見ることができる。なお、ポワロがこの将来の夢を語るのは本作品の原作にない場面だが、「ビッグ・フォー」「ヘラクレスの難業」の原作でポワロが同様の意向を口にしている。また、そのあとにジャップ警部が園芸に詳しいところを披露するのもドラマオリジナルだが、原作では「ミューズ街の殺人」の元になった短篇「マーケット・ベイジングの怪事件」の中に、「仕事から離れたジャップは熱心な植物学者で、信じられないほど長ったらしいラテン語名を持った小さな花々について、事件に当たるとき以上の熱心さで熱弁を振るうのだった」という記述がある。なお、このチェルシー・フラワー・ショーは、1913年以来、現在まで毎年5月下旬にロンドンのチェルシー王立病院の中庭で開かれている王立園芸協会主催のフラワー・ショーで、ドラマのロケ地も現地。会場の場面では、画面奥に日本の浮世絵や和傘も見える。
 チャーマンズ・グリーンの場所についてミス・レモンが「南の、サリー州に近い、緑の豊かなところですわ」と答えるが、その直前に映るミス・バロビーからの手紙の住所には Charman's Green, Surrey (サリー州チャーマンズ・グリーン) と書かれている。「サリー州に近い」の原語は 'borders of Surrey (サリー州の境)' なので、実際には州境のサリー州側に位置すると見られる。
 劇中でポワロが言及する「イギリスの有名な童謡」ことマザーグースは原作に書かれているものとは別バージョン。原作のマザーグースでは、1節目が Mistress Mary, quite contrary, 3節目が With cockle-shells, and silver bells. となっている。
 シムズ医師に相当するローズバンク荘の主治医は原作にも(伝聞で)登場するが、原作のシムズは地元警察の事件担当警部の名前。ドラマではこの警部の役どころはジャップ警部に置き換えられ、名前が主治医にまわされた。
 ミス・バロビーの服薬についてシムズ医師が「ただ食間に、消化剤の粉末を一服ずつ」と言うが、原語では 'Just a cachet before meals to aid the digestion.' という表現で、服薬のタイミングは食前。消化剤という性質からしても、ミス・バロビー殺害の手段として適合すると見られたことからしても、食間(食事と食事のあいだ)では矛盾を来すように思われる。
 デラフォンテン氏がカトリーナをコミュニストの活動家だと言ったのに対して、ジャップ警部が「そりゃすこし考えすぎじゃないですか」と言った台詞の原語は 'That's Boy's Own Paper stuff.' という表現で、 Boy's Own Paper とはかつて発行されていた青少年向けのイラスト入り小説紙。つまりは「それじゃまるでジュブナイル小説(1930年代にこんな言い方はしないだろうけれど)ですよ」ということ。
 ポワロが言及する、マルクスが宗教を「大衆のアヘン」と喩えたという逸話は、彼の論文である『ヘーゲル法哲学批判序説』の記述によるもので[2]、宗教は現実の悩みを和らげ安らぎを与えるが、あくまで一種の逃避に過ぎないという趣旨の比喩である。ただ、その趣旨は作中のやりとりの文脈にあまり関係はなく、ニコライが、カトリーナの隠れ場所を連想させる回答を避けるかどうかを窺う手段だったと思われる。
 ポワロが謎解きの中で「私が受け取った種の袋もストック!」と言った際、ポワロの正面、画面手前にアップで映っているのがストック(アラセイトウ)の花。
 例によって日本語音声ではわからないが、冒頭のカトリーナたちの会話はロシア語。また、ジャップ警部に「まるでシバの女王といった感じですな」と言わしめたカトリーナの最後の台詞は日本語では何と言うこともない台詞だが、英語では 'Take us to—the Ritz. (そうね――リッツへ)' と言っている。リッツは実在のホテルの名前で、高級ホテルの代名詞。シバの女王とは旧約聖書に登場する人物で、その英知を謳われたソロモン王を試そうと、多くの従者と贈り物を引き連れて訪問したことで知られ、ジャップ警部がカトリーナをそう喩えたのは、そのきわめて貴族的な態度から連想したものか。
 ソ連大使館の建物は、「西洋の星の盗難事件」でホテル・マグニフィセントに使われたフリーメイソンズ・ホール。ただし、ホテル・マグニフィセントとは違ってグレート・クイーン・ストリート側の入り口が使われている。また、ポワロがコロンを買い入れたトランパー化粧品店はロンドンのメイフェアに実在する1875年創業の老舗男性用化粧品店。そのショーウィンドウには HAIRDRESSER とも書かれているように理髪店を兼ねており、ハイビジョンリマスター版でヘイスティングスが、トランパー氏からの請求を一年分の散髪代と誤解したのはそのため。カトリーナが身を寄せていたロシア正教会があるのはロンドンのエニスモア・ガーデンズ。ただし内部はモスクワ・ロードにある聖ソフィア大聖堂で撮影された。ラストの警察署前の場面では、地面をよく見ると駐車スペースの標示を隠した跡が見える。
 メアリ・デラフォンテン役のアン・ストーリーブラスは、ジョン・ネトルズ主演の「バーナビー警部」の一篇、「カラスの森が死を招く」にもエミリー・ミーカム役で出演。また、カトリーナ・レイガー役のキャサリン・ラッセルは、ジェレミー・ブレット主演の「シャーロック・ホームズの冒険」の一篇、「ソア橋のなぞ」のグレース・ダンバー役でも見ることができる。
 チャーマンズ・グリーンにおもむくミス・レモンが着ているグリーンのスーツは、1990年にクリスティーの生まれ故郷トーキーでクリスティー生誕100周年のイベントがひらかれた際にも、モランがミス・レモンとして同じ服を着用していた。
 「名探偵ポワロ」オリジナル版ではヘイスティングスの「花粉症」の原因は明らかにならずじまいだが、実はポワロの……
 » 結末や真相に触れる内容を表示
  1. [1] アガサ・クリスティー, 『アガサ・クリスティーの秘密ノート 〔下〕』, pp. 330-335, 早川書房(クリスティー文庫), 2010
  2. [2] カール・マルクス, 「ヘーゲル法哲学批判序説」, 『ユダヤ人問題によせて ヘーゲル法哲学批判序説』, pp. 72, 岩波書店, 1974

ロケ地写真

カットされた場面

日本

オリジナル版

[09:43/0:11]フラワー・ショーのテーブルでのポワロたちの会話の冒頭
[17:24/0:36]ヘイスティングスとトランパー氏の電話の後半
[20:20/1:14]ローズバンク荘の庭でのポワロとデラフォンテン夫妻との会話
[24:26/2:19]シムズ医師との会見の最後 〜 馬の品評会での弁護士との会見
[43:12/1:52]事件解決後、ヘイスティングスの“花粉症”の原因が明らかになる場面

映像ソフト

  • [VHS] 「名探偵エルキュール・ポアロ 第21巻 あなたの庭はどんな庭?」(字幕) 日本クラウン
  • [DVD] 「名探偵ポワロ 12 あなたの庭はどんな庭?, 100万ドル債券盗難事件」(字幕・吹替) ビームエンタテインメント(現ハピネット・ピクチャーズ
  • [DVD] 「名探偵ポワロ [完全版] 12 あなたの庭はどんな庭?, 100万ドル債券盗難事件」(字幕・吹替) ハピネット・ピクチャーズ
  • [BD] 「名探偵ポワロ Blu-ray BOX Disc 6 スタイルズ荘の怪事件, あなたの庭はどんな庭?, 100万ドル債券盗難事件」(字幕/吹替) ハピネット・ピクチャーズ
2018年3月29日更新