象は忘れない

Elephants Can Remember
  • 放送履歴

    2014年09月08日 21時00分〜 (NHK BSプレミアム)
    2015年03月01日 16時00分〜 (NHK BSプレミアム)
    2016年01月05日 23時45分〜 (NHK BSプレミアム)
    2017年02月04日 16時00分〜 (NHK BSプレミアム)
    2017年07月12日 16時00分〜 (NHK BSプレミアム)

    2013年06月09日 20時00分〜 (英・ITV1)
    2013年09月06日 20時10分〜 (波・Ale Kino+)

  • 原作邦訳

    『象は忘れない』 クリスティー文庫 中村能三訳
    『象は忘れない』 ハヤカワミステリ文庫 中村能三訳
  • OPクレジット

    象は忘れない // DAVID SUCHET / Agatha Christie POIROT / ELEPHANTS CAN REMEMBER based on the novel by AGATHA CHRISTIE / Screenplay NICK DEAR / ALEXANDRA DOWLING, IAIN GLEN / FERDINAND KINGSLEY, VANESSA KIRBY / GRETA SCACCHI, VINCENT REGAN, DANNY WEBB / and ZOË WANAMAKER as Ariadne Oliver / Producer DAVID BOULTER / Director JOHN STRICKLAND
  • EDクレジット

    原作 アガサ・クリスティー Agatha Christie  脚本 ニック・ディア 演出 ジョン・ストリックランド 制作 ITVスタジオズ/エーコン・プロダクションズ マスターピース/アガサ・クリスティー・リミテッド (イギリス 2013年)  声の出演 ポワロ(デビッド・スーシェ) 熊倉一雄  アリアドニ・オリヴァ(ゾーイ・ワナメイカー) 山本陽子  シリア・レーブンズクロフト(バネッサ・カービー) 甲斐田裕子 マリー・マクダーモット(アレキサンドラ・ダウリング) 小林さやか  ウィロビー博士 押切英希 バートンコックス夫人 一城みゆ希 ゼリー 那須佐代子  ビール警部 石田圭祐 ギャロウェイ警視 小島敏彦 デスモンド 野沢総  マッチャム夫人 菅原チネ子 カーステアズ 藤夏子 ローズンテル夫人 礒辺万沙子  井上裕子 有川知江 こねり翔 荻沢俊彦 タナカサキコ 星野健一  <日本語版制作スタッフ> 翻訳 澤口浩介 演出 佐藤敏夫 音声 小出善司
  • DVD版EDクレジット

    原作 アガサ・クリスティー Agatha Christie  脚本 ニック・ディア 演出 ジョン・ストリックランド 制作 ITVスタジオズ/エーコン・プロダクションズ マスターピース/アガサ・クリスティー・リミテッド (イギリス 2013年)  声の出演 ポワロ(デビッド・スーシェ) 熊倉一雄  アリアドニ・オリヴァ(ゾーイ・ワナメイカー) 山本陽子  シリア・レーブンズクロフト(バネッサ・カービー) 甲斐田裕子 マリー・マクダーモット(アレキサンドラ・ダウリング) 小林さやか  ウィロビー博士 押切英希 バートンコックス夫人 一城みゆ希 ゼリー 那須佐代子  ビール警部 石田圭祐 ギャロウェイ警視 小島敏彦 デスモンド 野沢総  マッチャム夫人 菅原チネ子 カーステアズ 藤夏子 ローズンテル夫人 礒辺万沙子  井上裕子 有川知江 こねり翔 荻沢俊彦 タナカサキコ 星野健一  <日本語版制作スタッフ> 翻訳・台本 澤口浩介 演出 佐藤敏夫 調整 小出善司 録音 黒田賢吾 プロデューサー 武士俣公佑  制作統括 小坂聖
  • オリジナルEDクレジット

    Hercule Poirot: DAVID SUCHET / General Ravenscroft: ADRIAN LUKIS / Lady Ravenscroft: ANNABEL MULLION / Ariadne Oliver: ZOË WANAMAKER / Mrs Burton-Cox: GRETA SCACCHI // Doctor Willoughby: IAIN GLEN / Detective Inspector Beale: VINCENT REGAN / Marie: ALEXANDRA DOWLING / Celia Ravenscroft: VANESSA KIRBY / Julia Carstairs: CAROLINE BLAKISTON / Zelie Rouxelle: ELSA MOLLIEN / Mrs Buckle: MAXINE EVANS // Mrs Matcham: HAZEL DOUGLAS / Mrs Willoughby: JO-ANNE STOCKHAM / Desmond Burton-Cox: FERDINAND KINGSLEY / Superintendent Garroway: DANNY WEBB / Dorothea Jarrow: CLAIRE COX / Madame Rosentelle: RUTH SHEEN / Stunt Co-ordinator: TOM LUCY // (中略)1st Assistant Director: MARCUS CATLIN / 2nd Assistant Director: SEAN CLAYTON / 3rd Assistant Director: JAMES McGEOWN / Location Manager: CHRIS WHITE / Assistant Location Manager: MARK WALLEDGE / Script Supervisor: JAYNE SPOONER / Script Editor: KAREN STEELE // Production Accountant: VINCENT O'TOOLE / Asst Production Accountant: DAVID RUDDOCK / Production Co-ordinator: PAT BRYAN / Asst Production Co-ordinator: HELEN SWANWICK-THORPE / Press Officer: NATASHA BAYFORD // Camera Operator: PAUL DONACHIE / Focus Pullers: RICHARD BRIERLEY, BEN GIBB / Clapper Loaders: ELIOT STONE, CLARE CONNOR / Data Wrangler: PATRICK KING / Camera Grip: PAUL HATCHMAN / Gaffer: GARY CHAISTY / Best Boy: MARK DAY // Supervising Art Director: PAUL GILPIN / Art Director: MIRANDA CULL / Standby Art Director: JOANNE RIDLER / Production Buyer: TIM BONSTOW / Construction Manager: DAVE CHANNON / Standby Construction: FRED FOSTER, BOB MUSKETT // Sound Recordist: ANDREW SISSONS / Sound Maintenance: ASHLEY REYNOLDS / Property Master: JIM GRINDLEY / Dressing Props: JAMES BAYLAN, MIKE RAWLINGS, SIMON BURET, JACK CAIRNS / Standby Props: BARRY HOWARD-CLARKE, BEN THATCHER // Assistant Costume Designer: PHILIP O'CONNOR / Costume Supervisor: JENNA McGRANAGHAN / Costume Assistants: LOUISE CASSETTARI, LIZZIE MOUL / Make-up Artists: BEE ARCHER, GAIL BROWNRIGG, LOUISE FISHER / Mr Suchet's Dresser: ANNE-MARIE BIGBY / Mr Suchet's Make-up Artist: SIAN TURNER MILLER // Picture Publicist: PATRICK SMITH / Assistant Editors: DAN McINTOSH, HARRISON WALL / Supervising Sound Editor: JOHN DOWNER / Dialogue Editor: SARAH MORTON / Re-recording Mixer: GARETH BULL / Colourist: DAN COLES / Online Editor: SIMON GIBLIN // Associate Producer: DAVID SUCHET / Post Production Supervisor: BEVERLEY HORNE / Hair and Make-up Designer: PAMELA HADDOCK / Costume Designer: SHEENA NAPIER / Casting: SUSIE PARRISS / Production Executive: JULIE BURNELL // Composer: CHRISTIAN HENSON / Poirot Theme: CHRISTOPHER GUNNING / Editor: MICHAEL HARROWES / Production Designer: JEFF TESSLER / Director of Photography: GAVIN FINNEY BSC / Line Producer: MATTHEW HAMILTON // Executive Producer for Acorn Productions Limited: HILARY STRONG / Executive Producer for Agatha Christie Limited: MATHEW PRICHARD // Executive Producers: MICHELE BUCK, KAREN THRUSSELL, DAMIEN TIMMER / © Agatha Christie Ltd 2013 // A Co-Production of itv STUDIOS, Agatha Christie, Acorn Productions
  • あらすじ

     オリヴァ夫人は推理作家大賞の授賞式会場で奇妙な依頼を受ける。13年前の名付け子の両親の事件で、父親が母親を殺したのか、母親が父親を殺したのかを調べてほしいという。一方、ポワロは友人ウィロビー博士の父親の殺害事件の調査に赴くが……
  • 事件発生時期

    1938年
  • 主要登場人物

    エルキュール・ポワロ私立探偵
    アリアドニ・オリヴァ推理作家
    シリア・レーブンズクロフトオリヴァ夫人の名付け子
    アリステア・レーブンズクロフトシリアの父、退役した将軍、13年前に死亡
    マーガレット・レーブンズクロフトシリアの母、13年前に死亡
    ドロシア・ジャローマーガレットの姉、13年前に死亡
    デスモンド・バートンコックスシリアの婚約者、音楽院生
    バートンコックス夫人デスモンドの養母
    デビッド・ウィロビーポワロの友人、精神科医、博士
    T・ウィロビーウィロビー博士の父、精神科医、教授
    マリー・マクダーモットウィロビー博士のアシスタント
    ジュリア・カーステアズオリヴァ夫人の友人
    マッチャム夫人オリヴァ夫人のばあや
    ゼリー・ルーセルレーブンズクロフト将軍の元秘書
    ビール警部、ウィロビー事件担当
    ビル・ギャロウェイ元警視、レーブンズクロフト事件担当
  • 解説、みたいなもの

     原作は1972年に刊行。「ポワロ最後の事件」と銘打たれた1975年刊行の「カーテン 〜ポワロ最後の事件〜」の原作は第二次大戦中に執筆されたと言われており、本作の原作がクリスティーが最後に執筆したポワロ譚となった。「象は忘れない」というタイトルの由来は原作でしか言及されないが、インドで鼻に縫い針を刺された象が、そのことを忘れずに何年もしてから仕返しをしたという逸話に基づいている。
     原作は「五匹の子豚」に始まる探偵役が過去の事件の謎を追う純粋な「回想の殺人」物だったが、マーガレットとドロシアの姉妹の関係を語る証人の一人に過ぎなかったウィロビー医師をドラマではポワロの友人とし、原作ではすでに故人だったウィロビー医師の父親の殺害事件を現在の事件として配置している。これは、原作がしばしば言われる、バートンコックス夫人が投げかける謎だけでは物語の興味を持続させるには弱いという批判に配慮したものだろうか。この脚色に伴って追加されたマリー・マクダーモットやビール警部はドラマオリジナルの登場人物。このビール警部の追加によってギャロウェイ警視はややムードメーカー的な存在に追いやられ、原作でギャロウェイ警視を紹介したスペンス警視も「ハロウィーン・パーティー」同様に出番を削られることになった。同じく、原作には登場していたミス・レモンの出番もない。撮影は2013年1月10日に開始し、2月上旬までおこなわれた[1][2]
     第10シリーズ以降、ホワイトヘイブン・マンションの外観が映る場面はずっと同一の映像を(場合によっては色合いを調整して)使いまわしていたが、本作では新たにマンションの外観や玄関前を映す場面が多数撮影された。なお、ポワロがマンションからタクシーで向かったはずのウィロビー研究所も、実はマンションが撮影されたチャーターハウス・スクエアのすぐ奥、ラットランド・プレースにある。ポワロがパリから帰ったあとにオリヴァ夫人が訪ねてくる場面では、マンション前からウィロビー研究所が見えないように車を置いて隠しているが、車の窓とドアの隙間から、実は一瞬だけ研究所の建物が見える。また、「アクロイド殺人事件」でも、マンション前の公園をポワロとジャップ警部が歩いている場面で、画面奥に一瞬ウィロビー研究所の建物が見えていた。一方、シリアが研究所を訪問した際には、第1シリーズで何度も映ったホワイトヘイブン・マンション前の守衛所が画面奥に見える。
     序盤、ポワロの呼びかけにジョージが答えるが姿は見せない。このときの声はいつもの坂本大地さんのものではなく、原語音声でもデビッド・イェランドのものではないようだ。デスモンドが2度目にポワロのマンションを訪ねた場面ではわずかに姿を見せるが、画面に映るのは腕から先のみ。
     ポワロの書斎に置かれたオリヴァ夫人の著作群のうち、なぜか2冊だけ(テーマカラーが橙色の The Widow's Veil と、薄紫色の To Kill a Dream)背表紙の円のなかにシンボルが描かれていない。
     マーガレット・レーブンズクロフトがカツラを使っていた理由について、ジュリア・カーステアズが「癌か何かで禿げたのかもしれないけど」と推測を口にする場面があるが、癌の際の脱毛は抗癌剤の副作用に起因するもので、まだ抗癌剤による化学治療がおこなわれていない1920〜30年代では時代にあわない。
     ホワイトヘイブン・マンション前でビール警部にオリヴァ夫人が「サセックスで連日象を追いかけてるの」という台詞の原語は 'I've spent all day driving round Sussex, chasing elephants. (象を追いかけて一日中サセックスを車で走りまわっていたの)' という表現で、ジュリア・カーステアズとマッチャム夫人への訪問は同日のことであり、ここは朝からの聞き込みが終わって夜にポワロを訪ねてきたという場面だった。
     ギャロウェイ警視が口にする「罪は古いほど影が長い (Old sins have long shadows)」は、日本語訳は異なるが「ハロウィーン・パーティー」でもポワロが言及するクリスティーが好んだテーマ。
     ユージン・アンド・ローズンテルがかつて店を構えていたというボンド通りのあるメイフェア地区はロンドンの一等地。オリヴァ夫人が住まいはメイフェアと言った途端にローズンテル夫人の態度が変わったのもそのためで、これが南ロンドンのトゥーティング・ベックに移ったということは、言外に美容院が流行の先端からはずれたことを感じさせる(ちなみに、類似の文脈でトゥーティングが言及されていた「三幕の殺人」も、やはり本作と同じニック・ディアの脚本である)。なお、ボンド通りについてローズンテル夫人が「バートのボンド通りよ、憶えてる?」と言った台詞は、原語では 'Bond Street, Bert. Remember?' という台詞で、ここの Bert は地名ではなく男性名の呼びかけ。おそらくは“ユージン”の本名(の愛称)がバートなのだろう。
     ポワロとマリーのあいだで「イギリスへ来たのは去年の夏ですね?」「ええ、半年前、フランス号で」「では、その年の3月はまだボストンに?」というやりとりがあるが、原語では「去年の夏」は last summer、「その年の3月」は March of this year なので、本来は「この前の夏」「今年の3月」と訳すべきところ。したがって、撮影時期は年明けだが、劇中では年内の設定のようだ。
     2回のウィロビー邸訪問ではどちらも、屋外の場面では降っていなかった雪が、屋内の場面では窓の向こうで激しく降っており、それぞれをまとめて撮影したことが推察される。
     ポワロと初めて対面したバートンコックス夫人が言う「フランスの方? フランス語は嫌いよ」は、原語では 'Is he a French? I can't stand the French.' という台詞で、嫌っているのはフランス語ではなくフランス人。その直前の場面で明らかになった、デスモンドとゼリーの関係が背景にある台詞であったと思われる。これが日本語で「フランス語」と訳されてしまったのは、直前のポワロの「光栄です、マダム」が、原語では 'Enchenté, madame.' とフランス語だったからだろうか。
     コンサートでデスモンドが演奏したバッハのゴールドベルグ変奏曲は、「第三の女」でもポワロがラジオで聴いていた。
     ゼリーを説得するポワロの言葉は、原語で聞くと 'Mademoiselle, neither you nor I are married. Well, we may never be married, but they should be. (マドモワゼル、あなたも私も独身で、これからも結婚しないかもしれない。でもあの二人は結婚するべきです)' という台詞で、お互いに独身を通す孤独な身であればこその逆説的な共感に訴えるものとなっている。
     エンディングクレジットで制作に名を連ねるマスターピースは、アメリカの公共放送 PBS のメンバーである WGBH が手がける、英ドラマの放送枠なのだが、第13シリーズでは「ビッグ・フォー」「死者のあやまち」「カーテン 〜ポワロ最後の事件〜」の制作にしか参加しておらず、本作と「ヘラクレスの難業」のオリジナルのエンディングクレジットでは名前を挙げられていない。 PBS で放送されたのも「ビッグ・フォー」「死者のあやまち」の2作品のみで、残る3作品のアメリカでの公開は、インターネットでの番組配信サービス Acorn TV での配信となった。
     冒頭などオーバークリフ荘(崖の上の家の意)の奥に映る美しい白堊の崖は、サセックス州イーストボーンの西に位置するセブン・シスターズと呼ばれる崖で、オーバークリフ荘やレーブンズクロフト事件の現場はそのさらに西にあるシーフォード・ヘッド。ただし、オーバークリフ荘の建物とサセックスの景色は明らかな合成である。その合成されたオーバークリフ荘には、ロングクロス・フィルム・スタジオマナーハウスが使われた。年間推理作家大賞の授賞式会場は、「青列車の秘密」にも登場したロンドンのパークレーン・ホテル。ジュリア・カーステアズの邸宅とマッチャム夫人の家はグレイズ・コートで、ジュリアの邸宅が本館、マッチャム夫人の家がダウワー・ハウス(未亡人用の家)。ウィロビー博士のケント州の自宅はネザーワイルド乗馬場。ウィロビー研究所の地下は、ジュリア・マッケンジー主演「ミス・マープル4」の「魔術の殺人」でストーニーゲイツ地下が撮影されたのと同じ場所。
     デスモンドのファイルを調べにウィロビー研究所を訪れたときにポワロが登り段をあがる映像は、ウィロビー教授殺害発覚の日にタクシーを降りて登り段をあがったときの使いまわし。また、ポワロがパリへ向かう場面の汽車の映像は「オリエント急行の殺人」からの使いまわし。ただ、汽車が線路を駆け抜ける映像は左右反転に加えて線路奥に雪がなく、映像を加工したか、もしくは「オリエント急行の殺人」で加工する前の映像を利用していると思われる。
     ギャロウェイ警視を演じるダニー・ウェブは、「コックを捜せ」のトウィッケナム駅のポーター役以来2回目の「名探偵ポワロ」出演。レーブンズクロフト将軍役のエイドリアン・ルーキスは、ジェレミー・ブレット主演の「シャーロック・ホームズの冒険」中「這う人」のジャック・ベネット役や、ジョーン・ヒクソン主演の「ミス・マープル」の「カリブ海の秘密」のティム・ケンドル役で見ることができる。一方、ジェラルディン・マクイーワン主演の「ミス・マープル」シリーズでは、バートンコックス夫人役のグレタ・スカッキを「親指のうずき」のタペンス役、ビール警部役のヴィンセント・リーガンを「バートラム・ホテルにて」のミッキー・ゴーマン役、ローズンテル夫人役のルース・シーンを「牧師館の殺人」のタラント夫人役で見ることができるほか、前述のダニー・ウェブも「バートラム・ホテルにて」にムッティ役で出演。「シャーロック・ホームズの冒険」シリーズには、ジュリア・カーステアズ役のキャロライン・ブラキストンも「三破風館」の公爵未亡人役で出演。
     最初にポワロがウィロビー研究所を訪れた際、ウィロビー博士の部屋の窓の外にグリーンバックが……
     » 結末や真相に触れる内容を表示マリーの「どうやって突き止めたの?」という質問につづくポワロの説明は、日本語だといくつかのセンテンスが訳し落とされていたりするためわかりにくいが、マリーがボストン出身のアイルランド系アメリカ人ということになっていたことを受けてのもので(マクダーモットという偽の姓もアイルランド系を思わせる)、原語のやりとりは以下のとおり。 'The Boston Irish, mademoiselle, they venerate the 17th of March.' 'St. Patrick's Day.' 'Oui. There is always the big parade. Everyone knows what they are doing on the 17th of March. Also your accent, mademoiselle, if you are from Boston as you say that you are, in the state of Massachusetts, then you will pronounce the last letter of the alphabet "Zee." But no, you pronounce it "Zed." You are Canadian, mademoiselle. And Poirot, he has heard this immediately.' (「ボストンのアイルランド人は3月17日を大切にします」「聖パトリックの日ね」「そう、毎年大きなパレードが催されて、3月17日に何をしていたか忘れる人はいません。それにあなたの言葉も、自分で言ったようにマサチューセッツ州のボストンに住んでいたのなら、アルファベットの最後の文字を『ズィー』と発音するはず。ところがあなたは『ゼット』と発音する。あなたはカナダ人ですね。ポワロはそれをすぐに聞き分けましたよ」) なお、聖パトリックとはアイルランドにキリスト教を普及させた立役者とされる聖人で、アイルランド本国およびアイルランド系移民のあいだでとみに敬愛されていることで知られる。また Z の発音に関するくだりは、ビール警部の尋問中にマリーが、自分の仕事について「ファイリングをして……」と言った部分のことで、原語では 'I do files from A to Z...' という台詞だった。それ以外の部分では、初登場時から「警官」を cop と言うなど、マリーはいかにもなアメリカ英語を話していた。
     ポワロが上記の説明につづけて「あなたがイギリスまで乗ってきたというフランス号ですが、乗客名簿を調べました。そこにあったのはマリー・マクダーモットではなく、メリー・ジャローという名前……」と言ったところで、シリアが「あなたのお母さんね!」と激昂するが、マリーの母親はドロシア・ジャローであり、メリー・ジャローはマリーの本名のはず。シリアの台詞の原語は 'Your mother killed mine! (あなたのお母さんがわたしのお母さんを殺したのね!)' というもので、ドロシアがマーガレットを殺したこと、マリーがシリアのいとこであることはすでに明かされているので、ここにいたってシリアがこのように怒りをあらわにするのは確かにすこし不自然で、そのために何かの誤解を生じたのかもしれないが、ドロシアは13年前にイギリスで死亡したと説明されたばかりで、半年前の船で渡英するはずもなく、日本語はもっともっと不自然である。シリアの激発の理由は、ポワロの説明でマリーがドロシアの娘であることが確定的となり、すべてがつながって急に怒りが湧いてきたというところだろうか。

  • ロケ地写真

  • カットされた場面

    なし
  • 映像ソフト

    【DVD】 「名探偵ポワロ 48 象は忘れない」(字幕・吹替) ハピネット・ピクチャーズ
    「名探偵ポワロ NEW SEASON DVD-BOX 5」に収録
2017年10月13日更新


 ・ トップ ・ リスト(日本放送順 / 英国放送順 / 邦題50音順 / 原題ABC順) ・