ポワロのクリスマス

Hercule Poirot's Christmas
  • 放送履歴

    1997年12月29日 17時05分〜 (NHK総合)

    2016年08月13日 15時00分〜 (NHK BSプレミアム)
    2017年01月18日 16時00分〜 (NHK BSプレミアム)

    1995年01月01日 (英・ITV)

  • 原作邦訳

    『ポアロのクリスマス』 クリスティー文庫 村上啓夫訳
    『ポアロのクリスマス』 ハヤカワミステリ文庫 村上啓夫訳
  • OPクレジット

    DAVID SUCHET // DAVID SUCHET / PHILIP JACKSON / ポワロのクリスマス, HERCULE POIROT'S CHRISTMAS / Based on the novel by AGATHA CHRISTIE / Dramatized by CLIVE EXTON
  • EDクレジット

    原作 アガサ・クリスティー 脚本 クライブ・エクストン 監督 エドワード・ベネット 制作 LWT(イギリス) / 声の出演 ポワロ(デビッド・スーシェ) 熊倉一雄 ジャップ警部(フィリップ・ジャクソン) 坂口芳貞  シメオン・リー 大塚周夫 アルフレッド 安原義人 リディア 田島令子 ハリー 大塚明夫 ジョージ 堀勝之祐  宗形智子 島本須美 江原正士 井上瑤 今西正男 辻つとむ 寺島幹夫 高宮俊介 秋元羊介 石井直子 小野寺啓子 / 日本語版スタッフ 宇津木道子  兼子芳博 南部満治 浅見盛康  山田悦司
    “辻”のしんにょうは点2つ
  • ハイビジョンリマスター版EDクレジット

    原作 アガサ・クリスティー 脚本 クライブ・エクストン 演出 エドワード・ベネット 制作 LWT (イギリス)  出演 ポワロ(デビッド・スーシェ) 熊倉 一雄 ジャップ警部(フィリップ・ジャクソン) 坂口 芳貞  シメオン・リー 大塚 周夫 アルフレッド 安原 義人 リディア 田島 令子/要田 禎子 ハリー 大塚 明夫 ジョージ 堀 勝之祐  宗形 智子 島本 須美 江原 正士 井上 瑤 今西 正男 辻 つとむ 寺島 幹夫 高宮 俊介 秋元 羊介 石井 直子 小野寺 啓子 石田 圭祐 野中 秀哲 伊藤 亜矢子 船木 まひと 鈴木 圭悟  日本語版スタッフ 翻訳 宇津木 道子 演出 山田 悦司 音声 兼子 芳博 プロデューサー 里口 千
  • オリジナルEDクレジット

    Derected by: EDWARD BENNETT // Produced by: BRIAN EASTMAN // Exective Producer: SARAH WILSON // Assosicate Producer: CHRISTOPHER HALL / Music: CHRISTOPHER GUNNING // Director of Photography: SIMON KOSSOOFF B.S.C. / Editor: ANDREW McCLELLAND / Sound Recordist: RUDI BUCKLE // Production Designer: ROB HARRIS / Costume Designer: ANDREA GALER / Make up: SUZAN BROAD // Hercule Poirot: DAVID SUCHET / Japp: PHILIP JACKSON / Simeon Lee: VERNON DOBTCHEFF / Alfred: SIMON ROBERTS / Lydia: CATHERINE RABETT / George: ERIC CARTE / Magdalene: ANDREE BERNARD / Harry: BRIAN GWASPARI / Pilar: SASHA BEHAR / Sugden: MARK TANDY / Stella: OLGA LOWE / Horbury: AYUB KHAN DIN / Tressillian: JOHN HORSLEY / Young Simeon: SCOTT HANDY / Young Stella: LIESE BENJAMIN / Gerril: OSCAR PEARCE / Sgt. Coombes: STEVE DELANEY / Shopkeeper: COLIN MEREDITH / Mr Chariton: PETER HUGHES / Cook: JOANNA DICKENS / Constable: MICHAEL KEATS / Train Steward: CHRISTOPHER WEBBER // (中略)1st Asst. Director: BILL KIRK / 2nd Asst. Director TREVOR PUCKLE / 3rd Asst. Director: JOHN DUTHIE / Script Supervisor: MAGGIE LEWTY / Locations: NIGEL GOSTELOW / Co-ordinator: PATSY de LORD / Unit Manager: JEREMY JOHNS / Camera Operator: JEREMY GEE / Focus Puller: RAY COOPER / Clapper/Loader: DEAN THOMPSON / Grip: PETER BUTLER / Sound Assistant: TONY BELL / Boom Operator: COLIN CODNER / Gaffer: WARREN EWEN / Art Director: PETER WENHAM / Set Dresser: CARLOTTA BARROW / Production Buyer: JUDY DUCKER / Property Master: MICKY LENNON / Standby Construction: BOB EAMES, TOM LOWEN / Standby Props: BARRY ARNOLD / Make-up Artists: PATRICIA KIRKMAN, LUCY HUTCHINSON / Assistant Costume: SARAH TOUAIBI / Wardrobe: DIANE MURPHY, CHRISSIE WRENCH, TIM GUTHRIE / Accounts: JOHN BEHARRELL, PENELOPE BEHARRELL / Assistant Editor: JOANNA GARRARD / Sound Editing: SNAPTRAX / Dubbing Mixer: RUPERT SCRIVENER / Casting: ANNE HENDERSON, JULIA DUFF // A CARNIVAL FILMS PRODUCTION in assosiation with LWTP
  • あらすじ

     静かなクリスマスを予定していたポワロだったが、シメオン・リーと名乗る老人から自邸に呼びつけられる。しかし、呼び集めた家族に不和の種をまいて楽しんでいたシメオンは、ポワロが到着したその日、喉を切られて死ぬ。犯人は家族か、それとも外部の人間か……
  • 事件発生時期

    1936年12月下旬
  • 主要登場人物

    エルキュール・ポワロ私立探偵
    ジェームス・ジャップスコットランド・ヤード主任警部
    シメオン・リーゴーストン・ホールの主
    アルフレッド・リーシメオンの息子
    リディア・リーアルフレッドの妻
    ジョージ・リーシメオンの息子、下院議員
    マグダレーナ・リージョージの妻
    ハリー・リーシメオンの息子
    ピラー・エストラバドスシメオンの孫娘
    トレッシリアンゴーストン・ホールの執事
    ホーブリーシメオンの従僕
    ハロルド・サグデンシュロップシャー警察警視
    ステラ・ド・ザイフデルシメオンが南米で出会った女
  • 解説、みたいなもの

     「盗まれたロイヤル・ルビー」以来のクリスマスを舞台にした作品。原作はクリスティーの姉の夫の、血にまみれた、まごう事なき暴力的な殺人を読みたいという希望に応えて書かれた作品で[1]、慈愛と寛容の季節であるクリスマスを舞台にしながら、久しぶりに集まった家族のあいだに生じる緊張と不和を描く。しかし事件解決後の『クリスマス・キャロル』を思わせる浄化と再生の余韻や、クリスマスプレゼントをめぐるポワロとジャップ警部の微笑ましいやりとり、そして適宜差し込まれるクリスマスの風俗や音楽が、クリスマスストーリーとしての印象を強く残す。原作の主要な登場人物のうち、ドラマではデビッド夫妻とスティーブン・ファーがカットされたが、前者はアルフレッド夫妻に、後者はハリーらにその要素が取り込まれた。ステラ・ド・ザイフデルの登場はドラマオリジナル。
     劇中は寒々しいホワイトクリスマスなのに、屋外の人物が吐く息はまったく白くならない。これは撮影が1994年の4月に行われたためで、雪もすべて紙による作り物だという[2]
     原作の舞台はイングランド中部という設定の架空の州ミドルシャー、ドラマの舞台はウェールズに近いシュロップシャーという設定だが、撮影が行われた土地はケント州カンタベリー近郊のチラムという町で、そこのチラム城がゴーストン・ホールに仕立てあげられた。ここはジェラルディン・マクイーワン主演の「ミス・マープル」の「動く指」の舞台、リムストックとしても撮影に使われており、そこではゴーストン・ホールはパイの家になっている。ゴーストン・ホールの最寄り駅は、「ジョニー・ウェイバリー誘拐事件」「スタイルズ荘の怪事件」「死人の鏡」で使われてきたブルーベル鉄道のホーステッド・ケインズ駅。「プリマス行き急行列車」「ABC殺人事件」でも同駅のプラットホームが撮影に使用された。21日にポワロがジャップ警部と別れたのは、ロンドンのハートフォード・ストリートとシェパード・ストリートの交差点。
     劇中は1896年の40年後なので1936年の12月のはずだが、ベッドでマグダレーナが読んでいる雑誌は1932年の9月24日号。この場面でマグダレーナは「わたし退屈で死にそうだわ」と言っており、そんな古い雑誌でも読まないではいられないほど退屈だという演出なのだろうか。
     日本語音声では、尋問の場面でホーブリーが「(ダイヤは)昨日着いたばかりです」と言うが、ダイヤの到着は21日のことなので、23日からすれば一昨日になるはず。なお、原語ではちゃんと 'They arrived the day before yesterday.' と言っている。
     シメオン・リー役のバーノン・ドブチェフは、アルバート・フィニー主演の映画「オリエント急行の殺人」にも出演しているほか、ジェレミー・ブレット主演の「シャーロック・ホームズの冒険」の一篇、「六つのナポレオン」のメンデルシュタム役でも見ることができる。また、リディア・リー役のキャサリン・ラベットも、同「シャーロック・ホームズの冒険」シリーズの「まがった男」において、若かりしナンシー・デボイ役を演じている。
     シメオンの吹替の大塚周夫さんとハリーの吹替の大塚明夫さんは実際に親子。
    [1] アガサ・クリスティー, 『ポアロのクリスマス』, pp. 4, 早川書房(クリスティー文庫), 2003
    [2] ピーター・ヘイニング, 『テレビ版 名探偵ポワロ』, pp. 52-53, 求龍堂, 1998
  • ロケ地写真


  • カットされた場面

    [0:05:10/0:27] 夜空の月 〜 シメオンとステラの楽しげな会話 〜 シメオンがつないである馬を見る場面 〜 ステラの部屋のドアの前に来るシメオン
    [0:09:01/1:22] ポワロが部屋の暖房が効いていないことに気づき、管理人に電話するも、クリスマス明けまで直らないと言われる場面
    [0:23:27/0:19] 22日夜、食堂での一同の会話冒頭
    [0:34:45/0:22] 遺体が運び出され、ポワロとジャップ警部がゴーストン・ホールに到着する場面 〜 ジョージの尋問冒頭
    [0:55:41/0:49] トレッシリアンの尋問後半、ジョージの電話とホーブリーに関する部分
    [1:10:50/0:07] 部屋の前の廊下から1階を覗き込むポワロ
  • 映像ソフト

    【VHS】 「名探偵エルキュール・ポアロ 第42巻 ポアロのクリスマス」(字幕) 日本クラウン
    【DVD】 「名探偵ポワロ 24 ポワロのクリスマス」(字幕・吹替) ビームエンタテインメント(現ハピネット・ピクチャーズ
    【DVD】 「名探偵ポワロ [完全版] 24 ポワロのクリスマス」(字幕・吹替) ハピネット・ピクチャーズ
    【BD】 「名探偵ポワロ Blu-ray BOX Disc 12 死人の鏡, グランド・メトロポリタンの宝石盗難事件, ポワロのクリスマス」(字幕/吹替) ハピネット・ピクチャーズ
2017年8月21日更新


 ・ トップ ・ リスト(日本放送順 / 英国放送順 / 邦題50音順 / 原題ABC順) ・