三幕の殺人
Three Act Tragedy

放送履歴

日本

オリジナル版

  • 2012年02月06日 22時00分〜 (NHK BSプレミアム)
  • 2014年01月09日 16時00分〜 (NHK BSプレミアム)
  • 2017年01月07日 16時00分〜 (NHK BSプレミアム)
  • 2017年06月14日 16時00分〜 (NHK BSプレミアム)

海外

  • 2010年01月01日 21時50分〜 (諾・NRK1)
  • 2010年01月03日 21時00分〜 (英・ITV1)
  • 2010年05月12日 20時00分〜 (典・TV4)
  • 2011年06月19日 21時00分〜 (米・PBS)

原作

邦訳

  • 『三幕の殺人』 クリスティー文庫 長野きよみ訳
  • 『三幕の殺人』 ハヤカワミステリ文庫 田村隆一訳
  • 『三幕の悲劇』 創元推理文庫 西脇順三郎訳
  • 『三幕殺人事件』 新潮文庫 中村妙子訳

オープニングクレジット

日本

オリジナル版

三幕の殺人 // DAVID SUCHET / Agatha Christie POIROT / THREE ACT TRAGEDY based on the novel by Agatha Christie / Screenplay NICK DEAR / JANE ASHER, KATE ASHFIELD / SUZANNE BERTISH, ANNA CARTERET / ANASTASIA HILLE, ART MALIK / TONY MAUDSLEY, KIMBERLEY NIXON / RONAN VIBERT, TOM WISDOM / and MARTIN SHAW / Producer KAREN THRUSSELL / Director ASHLEY PEARCE

エンディングクレジット

日本

オリジナル版

原作 アガサ・クリスティー  脚本 ニック・ディア 演出 アシュレイ・ピアース 制作 ITVスタジオズ/WGBHボストン アガサ・クリスティー・リミテッド (イギリス・アメリカ2009年)  声の出演 ポワロ(デビッド・スーシェ) 熊倉一雄  チャールズ・カートライト(マーティン・ショー) 佐々木勝彦  エッグ・リットン・ゴア(キンバリー・ニクソン) 坂本真綾 メアリー・リットン・ゴア(ジェーン・アッシャー) 相沢恵子  シンシア・デイカーズ 唐沢潤 デリク・デイカーズ 水内清光  ミュリエル・ウィルズ 山像かおり クロスフィールド 石田圭祐  押切英季 浜田賢二 坂本大地  曳地伸之 羽鳥靖子 まさきせい  安芸けい子 古川玲 菊本平 塩谷綾子  <日本語版制作スタッフ> 翻訳 日笠千晶 演出 佐藤敏夫 音声 田中直也

DVD版

原作 アガサ・クリスティー  脚本 ニック・ディア 演出 アシュレイ・ピアース 制作 ITVスタジオズ/WGBHボストン アガサ・クリスティー・リミテッド (イギリス・アメリカ2009年)  声の出演 ポワロ(デビッド・スーシェ) 熊倉一雄  チャールズ・カートライト(マーティン・ショー) 佐々木勝彦  エッグ・リットン・ゴア(キンバリー・ニクソン) 坂本真綾 メアリー・リットン・ゴア(ジェーン・アッシャー) 相沢恵子  シンシア・デイカーズ 唐沢潤 デリク・デイカーズ 水内清光  ミュリエル・ウィルズ 山像かおり クロスフィールド 石田圭祐  押切英季 浜田賢二 坂本大地  曳地伸之 羽鳥靖子 まさきせい  安芸けい子 古川玲 菊本平 塩谷綾子  <日本語版制作スタッフ> 翻訳・台本 日笠千晶 演出 佐藤敏夫 調整 田中直也 録音 岡部直樹 プロデューサー 武士俣公佑 間瀬博美  制作統括 小坂聖 山本玄一

海外

オリジナル版

Hercule Poirot: DAVID SUCHET; Sir Charles Cartwright: MARTIN SHAW; Egg: KIMBERLEY NIXON; Sir Bartholomew Strange: ART MALIK; Miss Milray: SUZANNE BERTISH; Cynthia Dacres: ANASTASIA HILLE / Captain Dacres: RONAN VIBERT; Miss Wills: KATE ASHFIELD; Lady Mary: JANE ASHER; Mrs Babbington: ANNA CARTERET; Reverend Babbington: NIGEL PEGRAM; Oliver Manders: TOM WISDOM / Coroner: MICHAEL HOBBS; Annie: JODIE McNEE; French Boy: JAMES HURRAN; Supt Crossfield: TONY MAUDSLEY; Marton: PRUE CLARKE; George: DAVID YELLAND / (中略) / Composer: CHRISTIAN HENSON; Poirot Theme: CHRISTOPHER GUNNING; Editor: DAVID BLACKMORE; Production Designer: JEFF TESSLER; Director of Photography: PETER GREENHALGH BSC; Line Producer: MATTHEW HAMILTON / Executive Producer for WGBH Boston: REBECCA EATON / Executive Producers for Chorion: MATHEW PRICHARD, MARY DURKAN / Executive Producer: MICHELE BUCK; Executive Producer: DAMIEN TIMMER; © Agatha Christie Ltd. (a Chorion company) 2009 / A Co-Production of itv STUDIOS and WGBH BOSTON in association with Agatha Christie Ltd (a Chorion Company)

あらすじ

 有名な俳優サー・チャールズ・カートライトが開いたパーティーの席上で牧師が変死した。牧師は殺害の動機など考えられない人物だったため、ポワロは他殺説を支持しなかったが、やがて同様の状況でサー・チャールズの友人のサー・バーソロミューが急死する……

事件発生時期

某年8月〜9月

主要登場人物

エルキュール・ポワロ私立探偵
サー・チャールズ・カートライト俳優
サー・バーソロミュー・ストレンジ精神科医、愛称トリー
エッグ・リットン・ゴアサー・チャールズの友人
レディー・メアリー・リットン・ゴアエッグの母
スティーブン・バビントン牧師
バビントン夫人バビントン牧師の妻
ミルレーサー・チャールズの秘書
デリク・デイカーズ大尉
シンシア・デイカーズデリクの妻、ドレスメーカー
ミュリエル・ウィルズ劇作家、筆名アンソニー・アスター
オリバー・マンダーズエッグの友人
マーガレット・ド・ラッシュブリッジャーサー・バーソロミューの患者
クロスフィールド警視
ジョージポワロの執事

解説、みたいなもの

 原作は1935年発表。原題の Three Act Tragedy は“三幕で構成された悲劇”という意味で、単に登場人物が演劇関係者というだけでなく、原作では実際に、第一の死にまつわる第一幕、第二の死から始まり殺人の確信を得る第二幕、そして真相に至る第三幕という構成を取っているほか、冒頭に「演出 サー・チャールズ・カートライト」や「照明 エルキュール・ポワロ」といった芝居仕立ての配役が紹介されていた。こうした演出は、1930年に初の自作の芝居『ブラックコーヒー』を上演し、1933年には「エッジウェア卿の死」で女優を物語の中心に据えたクリスティーの、演劇への興味の高まりを反映したものだろうか。
 原作では、『謎のクィン氏』などでハーリ・クィン氏のワトソン役を務めるサタスウェイト氏がサー・チャールズやエッグとともに素人探偵を演じていたが、「死人の鏡」同様に氏の出番はなく、3人の調査を見守る立場だったポワロが積極的に捜査に参加する。この変更によって、中期の謎解き主体の原作を持ちながら、「アクロイド殺人事件」のようにポワロとサー・チャールズの友情をクローズアップしたドラマになっている。ポワロの吹替を担当した熊倉一雄さんも、二人の友情や、引退した俳優が物語の中心にいることなどから、この作品をお気に入りの一作として挙げていた[1][2]
 主なロケ地はロンドン及び周辺諸州。冒頭および解決篇の舞台となる劇場は、2012年からミュージカル「マンマ・ミーア」の上演先となったロンドンのノヴェロ劇場。カラスの館の外観は「プリマス行き急行列車」のハリデイ親子のフラットや「マギンティ夫人は死んだ」のカーペンター夫妻の家として使われたセント・アンズ・コートだが、実際のセント・アンズ・コートは内陸にあり、海から望む場面は合成と見られる。この館を望む海沿いの場面はコールトン・フィッシュエーカー敷地内およびその近海で撮影されており、海に浮かぶ小島はミュー・ストーン。邸内のパーティーが開かれたホールは「ナイルに死す」でリネットとサイモンが出逢ったエルサム・パレスのエントランス・ホールで、館周辺を歩くサー・チャールズが渡る橋もエルサム・パレスの敷地内にある。また、森の中の廃墟はフォーリー・コートのもの。一方、メルフォート療養所の邸宅部分はジェラルディン・マクイーワン主演の「ミス・マープル」の「パディントン発4時50分」でラザフォード・ホールとして使われていたネブワース・ハウスだが、病院部分はエルサム・パレスで撮影された。英国内および南仏を走る汽車の映像は同じ「パディントン発4時50分」やジュリア・マッケンジー主演「ミス・マープル4」の「なぜ、エヴァンズに頼まなかったのか?」、および「青列車の秘密」のものを一部加工、もしくは加工を排して使いまわしており(そのために発車場面のみ季節が冬である)、モンテカルロのマジェスティック・ホテルを外側から写した映像も、「青列車の秘密」のヴィラ・マルゲリータのもの。しかし、ホテル内部はロンドンのワンズワース・タウン・ホールで撮影されており、同じ場所が「夢」ではファーリーズ・パイのホールとして使われていた。また、バローデイル署内外や、雨のなかエッグとミス・ミルレーが出会った新聞売りの前、ポワロがミス・ミルレーを待ち伏せていたボロディン・マンション入り口なども同所。エッグがシンシア・デイカーズに会いに行ったのはロンドンのクラリッジ・ホテル。このホテルは「鳩のなかの猫」で大公がシャイスタ王女を招いた先として名前だけ登場していた。バビントン牧師の遺体発掘がおこなわれたルーマスの教会はリトル・マーローのセント・ジョン・バプテスト教会で、ミス・ミルレーの母親を訪ねたギリングの川沿いの教会はビシャムのオール・セインツ教会だが、ギリングの教会前の広場はセント・ジョン・バプテスト教会前のチャーチ・レーンで撮影されている。
 その白い見た目にも関わらず「カラスの館」と名前をつけられたサー・チャールズの邸宅は、原語での名前は Crow's Nest という。直訳すれば「カラスの巣」だが、これは船のマストに設けられた見張り台のことで、海を見渡すその立地と、ヨットを趣味とするサー・チャールズの好みが表れている。
 パーティーの参加者が紹介される中でエッグが読んでいる『アラビア旅行記 (Travels in Arabia)』の著者として書かれているのは、「死との約束」に登場したセリア・ウェストホルム卿夫人。
 ストレンジ先生のパーティーが「セント・レジャーという馬のレースにあわせて」毎年ひらかれているというポワロの台詞から、第2の事件が9月の出来事であることがわかる。ただし、撮影時期は2009年の6月頃。なお、「ABC殺人事件」で第4の事件の日にドンカスター競馬場でおこなわれていたのが、その「セント・レジャーという馬のレース」である。
 サー・チャールズが「この帽子はロンドン警視庁の幹部を演じたときのだ」と言う台詞があるが、サー・チャールズを演じるマーティン・ショー自身も、日本でも放送された「特捜班CI-5」のドイル役のみならず、P・D・ジェイムズ原作のドラマ「アダム・ダルグリッシュ警視」シリーズや、「第三の女」の脚本を手がけたピーター・フラナリーがドラマ脚本を担当した「孤高の警部 ジョージ・ジェントリー」シリーズなど、複数の刑事ドラマシリーズで主演を務めたことで知られる。スーシェとの共演は「特捜班CI-5」以来とのこと[3]
 ポワロたちがバローデイル署を訪ねる直前、 BARROWDALE という看板に「バローデイル署」という字幕が出るが、この看板は鉄道駅を思わせるもので、バローデイル署への到着というより、バローデイルの駅ないしは町への到着を表していると思われる。
 シンシア・デイカーズがミス・ウィルズのことを「トゥーティングに住んでいるらしいけど、さもありなんだわ」という台詞に出てくるトゥーティングとは、かつて夏目漱石が下宿していたことでも(日本人に)知られる南ロンドンの町。テムズ川の南岸には概して一等地はないというイメージがあり、これはそれを踏まえての発言である。
 ポワロに届いた電報の宛名書きから、「ひらいたトランプ」以降に使用されているポワロの新居の住所がわかる。それによれば、所番地は以前のロンドン西一区サンドハースト・スクエアから変わりなく、ホワイトヘイブン・マンション内の部屋番号のみが56B号室から203号室(「複数の時計」の原作の設定と同じ)に変更になっている。
 ポワロがカードの家を建てるのに使う“ハッピー・ファミリー”とは、同じ家族のカードを集めるゲーム。日本語ではエッグが「ミスター・グリッツは八百屋さん」と説明するが、画面に映るカードに書かれたとおりミスター・グリッツは grocer であり、野菜や果物以外の食料雑貨も扱う。
 エッグ役のキンバリー・ニクソンは子供の頃からポワロのファンだったそうで、撮影終了後、スーシェはポワロの蝶ネクタイを巻いたカラーをプレゼントしたという[3]
 当初、ロッド・スチュアートの娘であるキンバリー・スチュアートが、原作には存在しないドリスという役で出演すると発表されたが、「(キンバリーの)スケジュール上の都合」によりキャンセルされた[4][5]
 エッグ役のキンバリー・ニクソンは、ジュリア・マッケンジー主演の「ミス・マープル6」の一篇「グリーンショウ氏の阿房宮」のルイザ・オクスリー役、レディー・メアリー・リットン・ゴア役のジェーン・アッシャーは、ジェラルディン・マクイーワン主演の「ミス・マープル」の一篇「牧師館の殺人」でレスター夫人役で見ることができる。また、オテル・マジェスティクでポワロに風船をぶつけた男の子役のジェームス・ハランも、同「ミス・マープル3」の「無実はさいなむ」でシリル・プライス少年を演じていた。ミス・ミルレー役のスザンヌ・バーティッシュは、ジョン・ソウ主演の「主任警部モース」の「消えた装身具」でのシェリル・ベインズ役でも見ることができる。
 劇作家ミス・ウィルズの吹替を担当した山像かおりさんは、秋之桜子の名前で自身も劇作・脚本を手がけ、2015年にはアニメ「映画Go!プリンセスプリキュア」などの脚本も担当している。また、クロスフィールド警部の吹替を担当した石田圭祐さんとは夫婦共演でもある。
 ポワロたちの乗った汽車の窓の向こうが暗いとき、窓ガラスに映っている姿の向きが……
 » 結末や真相に触れる内容を表示
  1. [1] BSプレミアム 黄金の扉「名探偵ポワロ〜三幕の殺人・オリエント急行の殺人ほか」, NHK, 2012
  2. [2] 「熊倉一雄インタヴュー」, 『ハヤカワミステリマガジン』 No. 705 2014年11月号, pp. 42, 早川書房, 2014
  3. [3] David Suchet and Geoffrey Wansell, Poirot and Me, pp. 255, headline, 2013
  4. [4] Rod Stewart's girl Kimberley moves from reality TV shows to Poirot | Daily Mail Online
  5. [5] Kimberly Stewart's new acting 'career' suffers a setback as Poirot role falls through | Daily Mail Online

ロケ地写真

カットされた場面

なし

映像ソフト

  • 「名探偵ポワロ NEW SEASON DVD-BOX 4」に収録

同原作の映像化作品

  • [TV] 「三幕の殺人」 1986年 監督:ゲイリー・ネルソン 出演:ピーター・ユスチノフ(福田豊土)、ジョナサン・セシル(羽佐間道夫)
2018年4月11日更新