三幕の殺人

Three Act Tragedy
  • 放送履歴

    2012年02月06日 22時00分〜 (NHK BSプレミアム)
    2014年01月09日 16時00分〜 (NHK BSプレミアム)
    2017年01月07日 16時00分〜 (NHK BSプレミアム)
    2017年06月14日 16時00分〜 (NHK BSプレミアム)

    2010年01月01日 21時50分〜 (諾・NRK1)
    2010年01月03日 21時00分〜 (英・ITV1)
    2010年05月12日 20時00分〜 (典・TV4)
    2011年06月19日 21時00分〜 (米・PBS)

  • 原作邦訳

    『三幕の殺人』 クリスティー文庫 長野きよみ訳
    『三幕の殺人』 ハヤカワミステリ文庫 田村隆一訳
    『三幕の悲劇』 創元推理文庫 西脇順三郎訳
    『三幕殺人事件』 新潮文庫 中村妙子訳
  • OPクレジット

    三幕の殺人 // DAVID SUCHET / Agatha Christie POIROT / THREE ACT TRAGEDY based on the novel by Agatha Christie / Screenplay NICK DEAR / JANE ASHER, KATE ASHFIELD / SUZANNE BERTISH, ANNA CARTERET / ANASTASIA HILLE, ART MALIK / TONY MAUDSLEY, KIMBERLEY NIXON / RONAN VIBERT, TOM WISDOM / and MARTIN SHAW / Producer KAREN THRUSSELL / Director ASHLEY PEARCE
  • EDクレジット

    原作 アガサ・クリスティー  脚本 ニック・ディア 演出 アシュレイ・ピアース 制作 ITVスタジオズ/WGBHボストン アガサ・クリスティー・リミテッド (イギリス・アメリカ2009年)  声の出演 ポワロ(デビッド・スーシェ) 熊倉一雄  チャールズ・カートライト(マーティン・ショー) 佐々木勝彦  エッグ・リットン・ゴア(キンバリー・ニクソン) 坂本真綾 メアリー・リットン・ゴア(ジェーン・アッシャー) 相沢恵子  シンシア・デイカーズ 唐沢潤 デリク・デイカーズ 水内清光  ミュリエル・ウィルズ 山像かおり クロスフィールド 石田圭祐  押切英季 浜田賢二 坂本大地  曳地伸之 羽鳥靖子 まさきせい  安芸けい子 古川玲 菊本平 塩谷綾子  <日本語版制作スタッフ> 翻訳 日笠千晶 演出 佐藤敏夫 音声 田中直也
  • DVD版EDクレジット

    原作 アガサ・クリスティー  脚本 ニック・ディア 演出 アシュレイ・ピアース 制作 ITVスタジオズ/WGBHボストン アガサ・クリスティー・リミテッド (イギリス・アメリカ2009年)  声の出演 ポワロ(デビッド・スーシェ) 熊倉一雄  チャールズ・カートライト(マーティン・ショー) 佐々木勝彦  エッグ・リットン・ゴア(キンバリー・ニクソン) 坂本真綾 メアリー・リットン・ゴア(ジェーン・アッシャー) 相沢恵子  シンシア・デイカーズ 唐沢潤 デリク・デイカーズ 水内清光  ミュリエル・ウィルズ 山像かおり クロスフィールド 石田圭祐  押切英季 浜田賢二 坂本大地  曳地伸之 羽鳥靖子 まさきせい  安芸けい子 古川玲 菊本平 塩谷綾子  <日本語版制作スタッフ> 翻訳・台本 日笠千晶 演出 佐藤敏夫 調整 田中直也 録音 岡部直樹 プロデューサー 武士俣公佑 間瀬博美  制作統括 小坂聖 山本玄一
  • オリジナルEDクレジット

    Hercule Poirot: DAVID SUCHET / Sir Charles Cartwright: MARTIN SHAW / Egg: KIMBERLEY NIXON / Sir Bartholomew Strange: ART MALIK / Miss Milray: SUZANNE BERTISH / Cynthia Dacres: ANASTASIA HILLE // Captain Dacres: RONAN VIBERT / Miss Wills: KATE ASHFIELD / Lady Mary: JANE ASHER / Mrs Babbington: ANNA CARTERET / Reverend Babbington: NIGEL PEGRAM / Oliver Manders: TOM WISDOM // Coroner: MICHAEL HOBBS / Annie: JODIE McNEE / French Boy: JAMES HURRAN / Supt Crossfield: TONY MAUDSLEY / Marton: PRUE CLARKE / George: DAVID YELLAND // (中略)1st Assistant Directors: MICK PANTALEO, LYDIA CURRIE / 2nd Assistant Director: SEAN CLAYTON / 3rd Assistant Director: TUSSY FACCHIN / Location Manager: CHRIS WHITE / Assistant Location Manager: MARK WALLEDGE / Script Supervisor: SIMON SHARROD // Script Edior: JANNIE SCANLON / Production Accountant: CAROLINE RUSSELL / Asst Production Accountant: JOANNA SANDERS / Production Co-ordinator: SAM BAKER / Production Secretary: SIMON BLAKEY / Press Officer: NATASHA BAYFORD // Camera Operator: STEVE MURRAY / Focus Pullers: DERMOT HICKEY, BEN GIBB / Clapper Loader: DEAN MURRAY / Camera Grip: JIM PHILPOTT / Gaffer: GAVIN WALTERS / Best Boy: JIMMY HARRIS // Supervising Art Director: PAUL GILPIN / Art Director: MIRANDA CULL / Standby Art Director: ANDREW LAVIN / Production Buyer: TIM BONSTOW / Construction Manager: DAVE CHANNON / Standby Construction: FRED FOSTER, BOB MUSKETT // Sound Recordist: ANDREW SISSONS / Sound Maintenance: ASHLEY REYNOLDS / Property Master: JIM GRINDLEY / Dressing Props: MIKE SYSON, JAY PALES, MIKE RAWLINGS / Standby Props: RICHARD MACMILLIAN, RON DOWLING // Assistant Costume Designer: PHIL O'CONNOR / Costume Supervisor: GABRIELLE SPANSWICK / Make-up Artists: BEE ARCHER, TONY LILLEY, HANNAH PROVERBS / Mr Suchet's Dresser: ANNE-MARIE BIGBY / Mr Suchet's Make-up Artist: EVA MARIEGES MOORE / Picture Publicist: PATRICK SMITH // Assistant Editor: VICKY TOOMS / Supervising Sound Editor: JOHN DOWNER / Dialogue Editor: SARAH MORTON / Re-recording Mixer: NIGEL SQUIBBS / Colourist: KEVIN HORSEWOOD / Online Editor: SIMON GIBLIN / Visual Effects Supervisor: DOLORES McGINLEY // Associate Producer: DAVID SUCHET / Post Production Supervisor: KATE STANNARD / Hair and Make-up Designer: PAMELA HADDOCK / Costume Designer: SHEENA NAPIER / Casting: SUSIE PARRISS / Production Executive: JULIE BURNELL // Composer: CHRISTIAN HENSON / Poirot Theme: CHRISTOPHER GUNNING / Editor: DAVID BLACKMORE / Production Designer: JEFF TESSLER / Director of Photography: PETER GREENHALGH BSC / Line Producer: MATTHEW HAMILTON // Executive Producer for WGBH Boston: REBECCA EATON // Executive Producers for Chorion: MATHEW PRICHARD, MARY DURKAN // Executive Producer: MICHELE BUCK / Executive Producer: DAMIEN TIMMER / © Agatha Christie Ltd. (a Chorion company) 2009 // A Co-Production of itv STUDIOS and WGBH BOSTON in association with Agatha Christie Ltd (a Chorion Company)
  • あらすじ

     有名な俳優サー・チャールズ・カートライトが開いたパーティーの席上で牧師が変死した。牧師は殺害の動機など考えられない人物だったため、ポワロは他殺説を支持しなかったが、やがて同様の状況でサー・チャールズの友人のサー・バーソロミューが急死する……
  • 事件発生時期

    不詳
  • 主要登場人物

    エルキュール・ポワロ私立探偵
    サー・チャールズ・カートライト俳優
    サー・バーソロミュー・ストレンジ精神科医、愛称トリー
    エッグ・リットン・ゴアサー・チャールズの友人
    レディー・メアリー・リットン・ゴアエッグの母
    スティーブン・バビントン牧師
    バビントン夫人バビントン牧師の妻
    ミルレーサー・チャールズの秘書
    デリク・デイカーズ大尉
    シンシア・デイカーズデリクの妻、ドレスメーカー
    ミュリエル・ウィルズ劇作家、筆名アンソニー・アスター
    オリバー・マンダーズエッグの友人
    マーガレット・ド・ラッシュブリッジャーサー・バーソロミューの患者
    クロスフィールド警視
    ジョージポワロの執事
  • 解説、みたいなもの

     原作は1935年発表。原題の Three Act Tragedy は“三幕で構成された悲劇”という意味で、単に登場人物が演劇関係者というだけでなく、原作では実際に、第一の死にまつわる第一幕、第二の死から始まり殺人の確信を得る第二幕、そして真相に至る第三幕という構成を取っているほか、冒頭に「演出 サー・チャールズ・カートライト」や「照明 エルキュール・ポワロ」といった芝居仕立ての配役が紹介されていた。こうした演出は、1930年に初の自作の芝居『ブラックコーヒー』を上演し、1933年には「エッジウェア卿の死」で女優を物語の中心に据えたクリスティーの、演劇への興味の高まりを反映したものだろうか。
     原作では、『謎のクィン氏』などでハーリ・クィン氏のワトソン役を務めるサタスウェイト氏がサー・チャールズやエッグとともに素人探偵を演じていたが、「死人の鏡」同様に氏の出番はなく、3人の調査を見守る立場だったポワロが積極的に捜査に参加する。この変更によって、中期の謎解き主体の原作を持ちながら、「アクロイド殺人事件」のようにポワロとサー・チャールズの友情をクローズアップしたドラマになっている。ポワロの吹替を担当した熊倉一雄さんも、二人の友情や、引退した俳優が物語の中心にいることなどから、この作品をお気に入りの一作として挙げていた[1][2]
     撮影時期は2009年6月頃、主なロケ地はロンドン及び周辺諸州。冒頭および解決篇の舞台となる劇場は、2012年からミュージカル「マンマ・ミーア」の上演先となったロンドンのノヴェロ劇場。カラスの館の外観は「プリマス行き急行列車」のハリデイ親子のフラットや「マギンティ夫人は死んだ」のカーペンター夫妻の家として使われたセント・アンズ・コートだが、実際のセント・アンズ・コートは内陸にあり、海から望む場面は合成と思われる。この館を望む海沿いの場面はコールトン・フィッシュエーカー敷地内およびその近海で撮影されており、海に浮かぶ小島はミュー・ストーン。邸内のパーティーが開かれたホールは「ナイルに死す」でリネットとサイモンが出逢ったエルサム・パレスのエントランス・ホールで、館周辺を歩くサー・チャールズが渡る橋もエルサム・パレスの敷地内にある。また、メルフォート療養所の邸宅部分はジェラルディン・マクイーワン主演の「ミス・マープル」の「パディントン発4時50分」でラザフォード・ホールとして使われていたネブワース・ハウスだが、病院部分はエルサム・パレスで撮影された。英国内および南仏を走る汽車の映像は同じ「パディントン発4時50分」やジュリア・マッケンジー主演「ミス・マープル4」の「なぜ、エヴァンズに頼まなかったのか?」、および「青列車の秘密」のものを一部加工、もしくは加工を排して使いまわしており(そのために発車場面のみ季節が冬である)、モンテカルロのマジェスティック・ホテルを外側から写した映像も、「青列車の秘密」のヴィラ・マルゲリータのもの。しかし、ホテル内部はロンドンのワンズワース・タウン・ホールで撮影されており、同じ場所が「夢」ではファーリーズ・パイのホールとして使われていた。また、バローデイル署内外や、雨のなかエッグとミス・ミルレーが出会った新聞売りの前、ポワロがミス・ミルレーを待ち伏せていたボロディン・マンション入り口なども同所。エッグがシンシア・デイカーズに会いに行ったのはロンドンのクラリッジ・ホテル。このホテルは「鳩のなかの猫」で大公がシャイスタ王女を招いた先として名前だけ登場していた。バビントン牧師の遺体発掘がおこなわれたルーマスの教会はリトル・マーローのセント・ジョン・バプテスト教会で、ミス・ミルレーの母親を訪ねたギリングの川沿いの教会はビシャムのオール・セインツ教会だが、ギリングの教会前の広場はセント・ジョン・バプテスト教会前のチャーチ・レーンで撮影されている。
     ポワロに届いた電報の宛名書きから、「ひらいたトランプ」以降に使用されているポワロの新居の住所がわかる。それによれば、所番地は以前のロンドン西一区サンドハースト・スクエアから変わりなく、ホワイトヘイブン・マンション内の部屋番号のみが56B号室から203号室(「複数の時計」の原作の設定と同じ)に変更になっている。
     その白い見た目にも関わらず「カラスの館」と名前をつけられたサー・チャールズの邸宅は、原語での名前は Crow's Nest という。直訳すれば「カラスの巣」だが、これは船のマストに設けられた見張り台のことで、海を見渡すその立地と、ヨットを趣味とするサー・チャールズの好みを示している。
     パーティーの参加者が紹介される中でエッグが読んでいる『アラビア旅行記 (Travels in Arabia)』の著者として書かれているのは、「死との約束」に登場したセリア・ウェストホルム卿夫人。
     ポワロたちがバローデイル署を訪ねる直前、 BARROWDALE という看板に「バローデイル署」という字幕が出るが、この看板は鉄道駅を思わせるもので、バローデイル署への到着というより、バローデイルの駅ないしは町への到着を表していると思われる。
     シンシア・デイカーズがミス・ウィルズのことを「トゥーティングに住んでいるらしいけど、さもありなんだわ」という台詞に出てくるトゥーティングとは、かつて夏目漱石が下宿していたことでも(日本人に)知られる南ロンドンの町。テムズ川の南岸には概して一等地はないというイメージがあり、これはそれを踏まえての発言である。
     ポワロがカードの家を建てるのに使う“ハッピー・ファミリー”とは、同じ家族のカードを集めるゲーム。日本語ではエッグが「ミスター・グリッツは八百屋さん」と説明するが、画面に映るカードに書かれたとおりミスター・グリッツは grocer であり、野菜や果物以外の食料雑貨も扱う。
     サー・チャールズが「この帽子はロンドン警視庁の幹部を演じたときのだ」と言う台詞があるが、サー・チャールズを演じるマーティン・ショー自身は、日本でも放送された「特捜班CI-5」のドイル役以外に、P・D・ジェイムズ原作のドラマ「アダム・ダルグリッシュ警視」シリーズや、「第三の女」の脚本を手がけたピーター・フラナリーがドラマ脚本を担当した「孤高の警部 ジョージ・ジェントリー」シリーズなど、複数の刑事ドラマシリーズで主演を務めたことで知られる。スーシェとの共演は「特捜班CI-5」以来とのこと[3]
     エッグ役のキンバリー・ニクソンは子供の頃からポワロのファンだったそうで、撮影終了後、スーシェはポワロの蝶ネクタイを巻いたカラーをプレゼントしたという[3]
     当初、ロッド・スチュアートの娘であるキンバリー・スチュアートが、原作には存在しないドリスという役で出演すると発表されたが、「(キンバリーの)スケジュール上の都合」によりキャンセルされた[4][5]
     エッグ役のキンバリー・ニクソンは、ジュリア・マッケンジー主演の「ミス・マープル6」の一篇「グリーンショウ氏の阿房宮」のルイザ・オクスリー役、レディー・メアリー・リットン・ゴア役のジェーン・アッシャーは、ジェラルディン・マクイーワン主演の「ミス・マープル」の一篇「牧師館の殺人」でレスター夫人役で見ることができる。また、オテル・マジェスティクでポワロに風船をぶつけた男の子役のジェームス・ハランも、同「ミス・マープル3」の「無実はさいなむ」でシリル・プライス少年を演じていた。ミス・ミルレー役のスザンヌ・バーティッシュは、ジョン・ソウ主演の「主任警部モース」の「消えた装身具」でのシェリル・ベインズ役でも見ることができる。
     劇作家ミス・ウィルズの吹替を担当した山像かおりさんは、秋之桜子の名前で自身も劇作・脚本を手がけ、2015年にはアニメ「映画Go!プリンセスプリキュア」などの脚本も担当している。また、クロスフィールド警部の吹替を担当した石田圭祐さんとは夫婦共演でもある。
     ポワロたちの乗った汽車の窓の向こうが暗いとき、窓ガラスに映っている姿の向きが……
     » 結末や真相に触れる内容を表示本作の原作は犯人の動機やそれにまつわる展開が英版と米版で異なっており、エッグとの結婚のために、自分がすでに結婚していることを知っている旧友を殺したというドラマでのメインの動機は英版原作に基づく。一方、米版の動機は、精神科医である友人に自分の精神が異常を来していることを見抜かれ、その拘束から逃れようとしたというもの。ドラマでの謎解きの場面に存在する、ポワロがサー・チャールズに「あなたは正気ではない。異常だ」と告げる台詞は英版原作にはなく、全体としては英版原作をベースとしながら、米版の要素も取り込む意図があったと思われる。なお、クリスティーは一つの作品をものすとき、最初に核となるトリックや犯人設定を軸にして物語を作るのではなく、まず舞台や状況、登場人物たちを用意し、その中に動機やトリックを当てはめていくという作り方をしていたらしく[6]、本作の英版と米版の差異は、最終的に出版された作品でもその一端が垣間見える珍しい例となっている。ちなみに邦訳では、アメリカでの旧題 Murder in Three Acts に邦題が近い早川・新潮が英版、逆に英題に近い創元が米版を底本としている。
     謎解きの途中、クロスフィールド警視が「これはあなたの、パスポートです――フランスに行った記録がある」とサー・チャールズのパスポートを見せる場面があるが、サー・チャールズはフランスでポワロとも会っており、別にフランス行きを隠してはいないので、違和感を覚えるかもしれない。原語では 'We know exactly when you went to France.' となっていることから、日本語で言いたいのは「フランスに行った(正確な時期がわかる)記録がある」ということで、つまりはサー・チャールズの出国が、実際にはサー・バーソロミュー・ストレンジの殺害よりあとなのが証拠づけられているのである。
     「私が毒入りのカクテルを飲む可能性はあったわ」と言ったミス・ウィルズに答えた最後のポワロの台詞は、英語ではほぼ原作通りに "There is a possibility even more terrible, mademoiselle. It could have been me. (もっと怖ろしい可能性がありますよ。私だったかもしれないのです)" と言っている。しかし、原作では単に「偉大なポワロが殺されていたらどれほどの損失か」というポワロの滑稽な自尊心を表したものであったのに対し、ドラマでは「長年の友に裏切られただけでなく、殺されていたかもしれないなんて」という含みがあり、そこに込められたポワロの心情は大きく異なっている。

    [1] BSプレミアム 黄金の扉「名探偵ポワロ〜三幕の殺人・オリエント急行の殺人ほか」, NHK, 2012
    [2] 「熊倉一雄インタヴュー」, 『ハヤカワミステリマガジン』 No. 705 2014年11月号, pp. 42, 早川書房, 2014
    [3] David Suchet and Geoffrey Wansell, Poirot and Me, pp. 255, headline, 2013
    [4] Rod Stewart's girl Kimberley moves from reality TV shows to Poirot | Daily Mail Online
    [5] Kimberly Stewart's new acting 'career' suffers a setback as Poirot role falls through | Daily Mail Online
    [6] アガサ・クリスティー, 『アガサ・クリスティーの秘密ノート 〔上〕』, pp. 145-148, 早川書房(クリスティー文庫), 2010
  • ロケ地写真


  • カットされた場面

    なし
  • 映像ソフト

    【DVD】 「名探偵ポワロ 45 三幕の殺人」(字幕・吹替) ハピネット・ピクチャーズ
    「名探偵ポワロ NEW SEASON DVD-BOX 4」に収録
  • 同原作の映像化作品

    【TV】 「三幕の殺人」 1986年 監督:ゲイリー・ネルソン 出演:ピーター・ユスチノフ(福田豊土)、ジョナサン・セシル(羽佐間道夫)
2017年10月20日更新


 ・ トップ ・ リスト(日本放送順 / 英国放送順 / 邦題50音順 / 原題ABC順) ・