アクロイド殺人事件

The Murder of Roger Ackroyd
  • 放送履歴

    2000年12月30日 15時40分〜 (NHK総合)
    2002年07月28日 13時00分〜 (NHK総合)
    2003年08月17日 15時05分〜 (NHK総合)

    2016年09月10日 15時00分〜 (NHK BSプレミアム)
    2017年02月15日 16時00分〜 (NHK BSプレミアム)

    2000年01月02日 (英・ITV)

  • 原作邦訳

    『アクロイド殺し』 クリスティー文庫 羽田詩津子訳
    『アクロイド殺し』 ハヤカワミステリ文庫 田村隆一訳
    『アクロイド殺害事件』 創元推理文庫 大久保康雄訳
    『アクロイド殺人事件』 新潮文庫 中村能三訳
  • OPクレジット

    アクロイド殺人事件 // DAVID SUCHET / PHILIP JACKSON / THE MURDER OF ROGER ACKROYD / Based on the novel by AGATHA CHRISTIE / Dramatized by CLIVE EXTON
  • EDクレジット

    原作 アガサ・クリスティー 脚本 クライブ・エクストン 演出 アンドリュー・グリーブ 制作 カーニバル・フィルム(イギリス 1999年) / 出演 ポワロ(デビッド・スーシェ) 熊倉一雄 ジャップ警部(フィリップ・ジャクソン) 坂口芳貞  ドクター・シェパード 中村正 ロジャー・アクロイド 稲垣隆史 キャロライン 谷育子 ヴェラ 吉野佳子 フローラ 名越志保 ラルフ 大滝寛 アーシュラ 渡辺美佐 レイモンド 納谷六朗 パーカー 斎藤志郎 デイビス 森田順平  麻志奈純子 姉崎公美 楠見尚己 安井邦彦 くわはら利晃 清水敏孝 小林沙苗 / 日本語版スタッフ 宇津木道子  金谷和美 南部満治 浅見盛康  佐藤敏夫
  • ハイビジョンリマスター版EDクレジット

    原作 アガサ・クリスティー 脚本 クライブ・エクストン 演出 アンドリュー・グリーブ 制作 カーニバル・フィルム (イギリス) / 出演 ポワロ(デビッド・スーシェ) 熊倉 一雄 ジャップ警部(フィリップ・ジャクソン) 坂口 芳貞  ドクター・シェパード 中村 正 ロジャー・アクロイド 稲垣 隆史 キャロライン 谷 育子 ヴェラ 吉野 由志子 フローラ 名越 志保 ラルフ 大滝 寛 アーシュラ 渡辺 美佐 レイモンド 納谷 六朗 パーカー 斎藤 志郎 デイビス 森田 順平  松村 彦次郎 麻志那 恂子 姉崎 公美 楠見 尚己 安井 邦彦 くわはら 利晃 清水 敏孝 小林 沙苗  日本語版スタッフ 翻訳 宇津木 道子 演出 佐藤 敏夫 音声 金谷 和美 プロデューサー 里口 千
  • オリジナルEDクレジット

    Director: ANDREW GRIEVE // Producer: BRIAN EASTMAN // For A&E Television Networks / Exective Producer: DELIA FINE / Supervising Producer: KRIS SLAVA // Director of Photography CHRIS O'DELL / Production Designer: ROB HARRIS / Costume Designer: CHARLOTTE HOLDICH / Make-up: PAM MEAGER // Music: CHRISTOPHER GUNNING / Editor: FRANK WEBB / Sound Recordist: SANDY MACRAE / Associate Priducer: PETER HIDER // Poirot: DAVID SUCHET / Chief Inspector Japp: PHILIP JACKSON / Dr. Sheppard: OLIVER FORD DAVIES / Roger Ackroyd: MALCOLM TERRIS / Caroline Sheppard: SELINA CADELL / Ursula Bourne: DAISY BEAUMONT // Flora Ackroyd: FLORA MONTGOMERY / Geoffrey Raymond: NIGEL COOKE / Ralph Paton: JAMIE BAMBER / Parker: ROGER FROST / Mrs. Ackroyd: VIVIEN HEILBRON / Inspector Davis: GREGOR TRUTER // Mrs. Ferrars: ROSALIND BAILEY / Mrs. Folliott: LIZ KETTLE / Hammond: CHRLES SIMON / Constable Jones: CHARLES EARLY / Landlord: GRAHAM CHINN / Naval Officer: CLIVE BRUNT / Mary: ALICE HART / Postman: PHILIP WRIGLEY / Ted: PHIL ATKINSON // (中略)Casting: ANNE HENDERSON / 1st Assistant: DAVID MACDONALD / 2nd Assistant: DAN TOLOND / 3rd Assistant: CHRIS HIDER / Script Supervisor: SUZANNE CLEGG / Locations: JOEL HOLMES / Unit Manager: NICK GIRVAN / Co-ordinator: DAWN MORTIMER / Accounts: JEFFREY BROOM, JEFFREY BRUCE / Scretary: TRACEY NICHOLLS // Camera Operator: JAMIE HARCOURT / Focus Puller: DAVE HEDGES / Loader: LORRAINE LUKE / Grip: RICKY HALL / Boom Operator: MIKE REARDON / Gaffer: VINCE GODDARD / Art Director: KATIE BUCKLEY / Set Dresser: TINA JONES / Buyer: KATIE LEE / Property Master: MICKY LENNON / Make-up Artists: SARAH GRUNDY, KATE HODGSON / Wardrobe: LEZLI EVERITT, STEVEN KIRKBY / Construction: DAVE CHANNON / Stunts: RICHARD HAMMATT / Post Production: BRUCE EVERETT / Assistant Editor: TONY TROMP / Sound Editing: SARAH MORTON, OLIVER TARNEY / Dubbing Mixer: IAN TAPP // CARNIVAL FILMS in association with A&E TELEVISION NETWORKS and AGATHA CHRISTIE LTD
  • あらすじ

     都会の邪悪さに嫌気を覚えたポワロはキングズ・アボットという田舎の村に引退し、庭仕事に精を出す日々。ところがそんなポワロの思いとは裏腹に、そこでも殺人事件は起こった。懐かしいジャップ警部とも再会し、ポワロの心はかつての仕事を思って揺れる……
  • 事件発生時期

    不詳
  • 主要登場人物

    エルキュール・ポワロ私立探偵
    ジェームス・ジャップスコットランド・ヤード主任警部
    ジェームス・シェパード医師、ポワロの隣人
    キャロライン・シェパードドクター・シェパードの妹
    ロジャー・アクロイドアクロイド化学社長、ポワロの友人
    ヴェラ・アクロイドロジャーの義妹
    フローラ・アクロイドヴェラの娘
    ラルフ・ペイトンロジャーの亡妻と前夫の息子
    ジェフリー・レイモンドアクロイドの秘書
    パーカーアクロイド家の執事
    アーシュラ・ボーンアクロイド家のメイド
    ハモンドアクロイド家の弁護士
    ドロシー・ファラーズアクロイドの友人、未亡人
    デイビス警部補
  • 解説、みたいなもの

     前シリーズから5年のブランクをおき、制作局を英 LWT から米 A&E に移して制作が再開された新シリーズの1作目。このブランクのあいだ、ポワロは現役を退いて田舎暮らしをしていたことになっており、今回の話では、その引退先の村で起こった殺人事件をきっかけに、ポワロが現役復帰を決意するまでを描く。日本では、これまでの作品でずっと演出を手がけてきた山田悦司さんがこのあいだに亡くなり、佐藤敏夫さんに引き継がれている。
     原作は、1926年に発表され、その大胆な仕掛けによってクリスティーの名を一躍有名ならしめたと言われる代表作。この仕掛けをいかに映像化したかが見所の一つでもあるので、できればドラマを見るより前に原作を読んでおきたい。原作の登場人物のうち、アクロイド家の家政婦のミス・ラッセルと、同客人のブラント少佐がカットされたが、後者は一部ジェフリー・レイモンドがその代わりを務めている。クリスティーのお気に入りで、ミス・マープルの原型にもなったとされるキャロラインは[1]、なぜかドクター・シェパードの8歳年上の姉から妹(と明確に言っているのは日本語だけだけど)に設定が変更されたほか、ドクターが語り手という立場でなくなったこともあって、あくまで登場人物の一人という扱いになった。執事のパーカーが殺害されるのはドラマオリジナル。
     キングズ・アボット村の撮影が行われたのは“イングランド一美しい村”と評されたこともあるウィルトシャーのカースル・クームで、ドラマ化にあたってスリー・ボアーズから変更されたラルフの宿泊先ホワイト・ハートもこの村に実在のパブ。ただし、アクロイド邸ファーンリー・パークとして撮影に使われたキッツ・クロースIIハウスはオックスフォードシャーのヘンリー・オン・テムズ近郊にあり、ジェラルディン・マクイーワン主演「ミス・マープル」シリーズでも「スリーピング・マーダー」のドクター・ケネディの家として使われた。アクロイドの化学工場として使われたのはミドルセックスのケンプトン・パーク近くにある元浄水場で、現在はケンプトン・スチーム・ミュージアムとして一般に公開されている。フォリオット夫人の家の前の通りはロンドンのゴードン・スクエアで、「雲をつかむ死」でノーマンの家からジェーンの家に行く途中にも同じ場所を通過していた。フリート街にある設定のニューズ・クロニクル社(当時のフリート街は新聞社や通信社が密集していたことで知られる)のエントランスが撮影されたのはブルームズベリ・スクエアのヴィクトリア・ハウス。ここは、ジュリア・マッケンジー主演「ミス・マープル4」の「ポケットにライ麦を」ではレックス・フォーテスキューの投資信託会社の社屋として使われている。
     引退したポワロが栽培している“冬瓜”こと vegitable marrow は、辞書では通例「ペポカボチャ」という訳語が載っており、市販の原作邦訳の多くでも「カボチャ」と訳されているが、実際には映像に見られるような「ウリ」に近い野菜を指すのが一般的で、果肉も白い。ただ日本の冬瓜と違う点として、多くのものが縞模様のある表皮を持つ。
     原語音声において、ロンドンでの友人であるヘイスティングスやジャップ警部には苗字で呼ぶ姿勢を崩さなかったポワロだが、キングズ・アボット村の友人たち、中でも特にドクター・シェパードに対しては頻繁にファーストネームで呼んでおり、ポワロが村での隠退生活で感じていた(あるいは、感じようと努力していた)親しみを端的に表現している。またポワロの服装も、ロンドン在住時代には地方へ出かけるときにも決して着ることのなかった田舎風のスーツを当初は着用しているが、後半ロンドンに出向いてからは村でも以前どおりの都会風のスーツを身につけており、ポワロの心がロンドンへ戻っていることを窺わせる。
     キングズ・アボット村のポワロの家の壁には、ホワイトヘイブン・マンション56B号室で果物の鉢が置かれたサイドボードの上の壁にかけられていたのと同じ絵が飾られている。この絵は「チョコレートの箱」でのベルギー時代のポワロのアパートや、「スタイルズ荘の怪事件」でのスタイルズ・セント・メリー村の仮住まいにも飾られていた。また、ファーンリー・パークの玄関近くの壁に掛かっている絵は、「死人の鏡」においてミス・リンガードが美術館で写真撮影をしていたのと同じ絵。
     ドクター・シェパード役のオリバー・フォード・デイビスは、ジュリア・マッケンジー主演「ミス・マープル6」の「カリブ海の秘密」ではパルグレイブ少佐を演じている。また、キャロライン役のセリナ・カデルは、ジョーン・ヒクソン主演の「ミス・マープル」の一篇、「ポケットにライ麦を」のミス・ダブ役や、ジョン・ネトルズ主演の「バーナビー警部」の一篇、「森の蘭は死の香り」のフィリス・カデル役でも見ることができる。ハモンド弁護士役のチャールズ・サイモンも、同「バーナビー警部」の「古城の鐘は亡霊を呼ぶ」にマーカス・ラウリー役で出演。
     今作からエンディングに制作としてクレジットされているカーニバル・フィルムとは、プロデューサーのブライアン・イーストマンが1978年に設立した制作会社で、近年ではドラマ「ダウントン・アビー」のヒットで知られる。ここは、これまでの作品でもずっと制作実務を手がけていたのだが、このタイミングでクレジットされるようになった。
     ハモンド弁護士の吹替は松村彦次郎さんの声だが、なぜかエンディングのキャストにはクレジットされていない。
     » 結末や真相に触れる内容を表示パーカーが殺害される場面では、なぜか車のナンバーがカットによって異なるものに変わるが、パーカーを轢き殺すカットで映っているほうのナンバーは、アクロイド殺害を告げる(ということになっている)電話を受けてドクター・シェパードがファーンリー・パークに駆けつけたときに乗っていた車と、ちゃんと同じナンバーである。
    [1] アガサ・クリスティー, 『アガサ・クリスティー自伝 〔下〕』, pp. 288-290, 早川書房(ハヤカワミステリ文庫), 1995
  • ロケ地写真


  • カットされた場面

    [0:11:25/0:29] 睡眠薬を飲んでベッドに横たわるファラーズ夫人
    [0:59:45/0:13] レストランでのポワロとジャップ警部のメニューに関する会話
  • 映像ソフト

    【VHS】 「名探偵エルキュール・ポアロ 第46巻 アクロイド殺し」(字幕) 日本クラウン
    【DVD】 「名探偵ポワロ 28 アクロイド殺人事件」(字幕・吹替) ビームエンタテインメント(現ハピネット・ピクチャーズ
    【DVD】 「名探偵ポワロ [完全版] 28 アクロイド殺人事件」(字幕・吹替) ハピネット・ピクチャーズ
    【BD】 「名探偵ポワロ Blu-ray BOX Disc 14 もの言えぬ証人, アクロイド殺人事件」(字幕/吹替) ハピネット・ピクチャーズ
  • 同原作の映像化作品

    【映画】 「Alibi」 1931年 監督:レスリー・ヒスコット 出演:オースティン・トレバー
2017年8月22日更新


 ・ トップ ・ リスト(日本放送順 / 英国放送順 / 邦題50音順 / 原題ABC順) ・