ABC殺人事件
The ABC Murders

放送履歴

日本

字幕版

  • 1992年10月02日 19時30分〜 (NHK衛星第2)

オリジナル版(99分00秒)

  • 1993年01月01日 16時05分〜 (NHK総合)

ハイビジョンリマスター版(101分00秒)

  • 2016年05月28日 15時00分〜 (NHK BSプレミアム)
  • 2016年11月02日 16時00分〜 (NHK BSプレミアム)

海外

  • 1992年01月05日 (英・ITV)

原作

邦訳

  • 『ABC殺人事件』 クリスティー文庫 堀内静子訳
  • 『ABC殺人事件』 ハヤカワミステリ文庫 田村隆一訳
  • 『ABC殺人事件』 創元推理文庫 深町眞理子訳
  • 『ABC殺人事件』 新潮文庫 中村能三訳

原書

  • The ABC Murders, Collins, 6 January 1936 (UK)
  • The A.B.C. Murders, Dodd Mead, 14 February 1936 (USA)

オープニングクレジット

日本

オリジナル版

名探偵ポワロ ♦︎ スペシャル / AGATHA CHRISTIE'S POIROT / DAVID SUCHET // HUGH FRASER / PHILIP JACKSON / ABC殺人事件, THE ABC MURDERS / Dramatized by CLIVE EXTON

ハイビジョンリマスター版

名探偵ポワロ / DAVID SUCHET / AGATHA CHRISTIE'S POIROT / ABC殺人事件 // HUGH FRASER / PHILIP JACKSON / THE ABC MURDERS / Dramatized by CLIVE EXTON

エンディングクレジット

日本

オリジナル版

原作 アガサ・クリスティー 脚本 クライブ・エクストン 監督 アンドリュー・グリーブ 制作 LWT(イギリス) / 出演 ポワロ(デビッド・スーシェ) 熊倉一雄 ヘイスティングス(ヒュー・フレイザー) 富山敬 ジャップ警部(フィリップ・ジャクソン) 坂口芳貞  クラーク 内田稔 ドン 玄田哲章 メアリ 吉田理保子 ソーラ 弥永和子 ミーガン 榊原良子 カスト 矢田稔  江原正士 村松康雄 斉藤昌 藤夏子 藤本譲 さとうあい 大滝進矢 仲木隆司 峰恵研 星野充昭 安永沙都子 / 日本語版 宇津木道子  山田悦司 福岡浩美 南部満治 金谷和美

ハイビジョンリマスター版

原作 アガサ・クリスティー 脚本 クライブ・エクストン 演出 アンドリュー・グリーブ 制作 LWT (イギリス)  出演 ポワロ(デビッド・スーシェ) 熊倉 一雄 ヘイスティングス(ヒュー・フレイザー) 富山 敬/安原 義人 ジャップ警部(フィリップ・ジャクソン) 坂口 芳貞  クラーク 内田 稔 ドン 玄田 哲章 メアリ 吉田 理保子 ソーラ 弥永 和子 ミーガン 榊原 良子 カスト 矢田 稔  江原 正士 村松 康雄 斉藤 昌 藤 夏子 藤本 譲 さとう あい 大滝 進矢 仲木 隆司 峰 恵研 星野 充昭 安永 沙都子 西本 理一  日本語版スタッフ 翻訳 宇津木 道子 演出 山田 悦司 音声 金谷 和美 プロデューサー 里口 千

海外

オリジナル版

Hercule Poirot: DAVID SUCHET; Captain Hastings: HUGH FRASER; Chief Inspector Japp: PHILIP JACKSON; Cust: DONALD SUMPTER; Franklin Clarke: DONALD DOUGLAS; Donald Fraser: NICHOLAS FARRELL; Megan Barnard: PIPPA GUARD; Mary Drower: CATHRYN BRADSHAW; Thora Grey: NINA MARC; Inspector Glen: DAVID McALISTER; Lady Clarke: VIVIENNE BURGESS; Miss Merrion: ANN WINDSOR; Franz Ascher: MICHAEL MELLINGER; Mrs Turton: MIRANDA FORBES; Superintendent Carter: PETER PENRY-JONES; Mrs Marbury: LUCINDA CURTIS; Deveril: JEREMY HAWK; Dr Kerr: ALLAN MITCHELL; Doctor: PHILIP ANTHONY; Man in Library: ANDREW WILLIAMSON; Mr Barnard: JOHN BRESLIN; Constable: CLIFFORD MILNER; Doncaster Sergeant: CLAUDE CLOSE; Andover Sergeant: ALEX KNIGHT; Scotland Yard Sergeant: DAVID RICHARD-FOX; Mr Downes: CAMPBELL GRAHAM; Commissionaire: GORDON SALKILLD; Mr Strange: NORMAN McDONALD; Nurse: JANE BIRDSALL; Stunts: BILL WESTON, PAUL WESTON, EDDIE POWELL, DAVID CRONNELLY / Developed for Television by Carnival Films; (中略) Production Designer: ROB HARRIS; Director of Photography: CHRIS O'DELL; Music: CHRISTOPHER GUNNING; Executive Producer: NICK ELLIOTT / Producer: BRIAN EASTMAN; Director: ANDREW GRIEVE

あらすじ

 ABC と名乗る人物からポワロのもとに送られてきた殺人を予告する手紙。そこに書かれた言葉通り、アルファベット順の場所でアルファベット順の名前を持った人物が殺されていく。はたして犯人は異常な殺人狂なのか、それとも……

事件発生時期

1936年8月下旬 〜 9月下旬

主要登場人物

エルキュール・ポワロ私立探偵
アーサー・ヘイスティングスポワロのパートナー、大尉
ジェームス・ジャップスコットランド・ヤード主任警部
アリス・アッシャー第1の犠牲者、商店経営
フランツ・アッシャーアリスの夫、ドイツ人
メアリ・ドローワーアッシャー夫人の姪、小間使い
エリザベス・バーナード第2の犠牲者、ウェイトレス、愛称ベティ
ミーガン・バーナードエリザベスの姉、タイピスト
ドナルド・フレイザーエリザベスの恋人、愛称ドン
メリオンエリザベスの勤務先の女主人
サー・カーマイケル・クラーク第3の犠牲者、富豪
フランクリン・クラークサー・カーマイケルの弟
レディー・シャーロット・クラークサー・カーマイケルの病身の妻
ソーラ・グレイサー・カーマイケルの秘書
デベリルクラーク家執事
アレキサンダー・ボナパルト・カストストッキングの訪問セールスマン
マーベリー夫人カストの家主
デニス・グレンアンドーバー警察警部
カーターベクスヒル警察署長

解説、みたいなもの

 1936年に発表された、クリスティーの〈黄金期〉を代表する長篇小説の映像化。原作のポワロの表現を借りれば「クリム・アンティーム(内輪の犯罪)」ではない「外側からの殺人」を扱っているのが特徴で、その次々と舞台を変える展開は、代表作ながらクリスティー作品には珍しい。そんな本作は、主演のデビッド・スーシェやヒュー・フレイザーがお気に入りの一作に挙げるだけでなく、ポワロの吹替を担当した熊倉一雄さんもおもしろかった作品として語っていた[1][2][3][4][5][6]。撮影時期は1991年5月頃[7]
 前半は多少駆け足の感があるが、劇中の場面や台詞のほとんどが原作に対応する部分を見つけることができ、たとえばバーナード家でポワロが目の前でドアを閉められてしまうようなちょっとした場面まで、ちゃんと原作にその根拠となる記述がある。変更点の中で大きなものは、クローム警部のカットや、原作では2か月半以上に渡って行われた4つの殺人が1か月に満たない期間に集約している点、ドンカスター競馬場でポワロが連続殺人に隠された意図に気づく筋書きになっている点など。また、ベティの勤務先も(おそらく)架空のカフェ〈ジンジャー・キャット〉から、ベクスヒルに実在するデ・ラ・ウォー・パビリオンへ変更され、最後のポワロの説明もここで行われる。加えて日本語音声では、犯人の精神状態について直接的に表現した部分など、全篇にわたって一部の台詞が遠まわしな表現や別の内容に置き換えられている。
 クロコダイル……じゃなくてカイマンの〈セドリック〉の存在もドラマオリジナル。カイマンとは、ヘイスティングスが日本語で「クロコダイルと違って南米にいるワニで……」「中南米にしかいないワニの種類で……」と説明するように、中南米に生息する比較的小柄なワニの種類。一方、クロコダイルはヘイスティングスの言葉と違って中南米を含む世界各地に生息しており、ヘイスティングスが〈セドリック〉を仕留めたというオリノコ川流域に生息するオリノコワニもクロコダイル科。なお、これらの台詞は原語だと 'I shot him when we were still up in Venezuela...' 'I bagged him while we were still up in Venezuela...' とヘイスティングスの体験談になっていて、カイマンについて説明しているのは日本語のみ。
 ホワイトヘイブン・マンションの玄関ホールやエレベーターが第1シリーズ以来久しぶりに登場するが、以前とは別物。また、ポワロの部屋のキッチンでも、オーブンや食器棚の配置が変更されている。
 被害者の傍らに置かれた『ABC鉄道案内』は1839年創刊の歴史を持つ鉄道案内で、原作のヘイスティングスの記述によれば、「すべての鉄道の駅をアルファベット順に一覧にしていたので、ABCの略称で親しまれていた」。駅の情報としては、所在地とその人口、ロンドンからの距離と運賃、発着時間、そして大きな町の場合はホテル名などがまとめられており、ロンドンと英国各地を往復するのに特化した時刻表だったという。[8]
 「名探偵ポワロ」オリジナル版では、第3の手紙の宛先に関するやりとりが、物語にとって重要な要素でありながら大半をカットされている。会話中に出てくるホワイトホース・ウィスキーが現在も実在する商品名で、日本の放送事情に配慮したのだろうか。ハイビジョンリマスター版では商品名もカットされずに放送されたが、書き間違いの原因をジャップ警部が「きっとウィスキーのホワイトホースだ」と言ったのに対して、ポワロと警部が「何をばかな! タイプライターの前にボトルを置いていたと言うんですか!」「心理状況的にありうることだと思いますがね」とやりとりするところは、原語だと 'Ah, c'est ingeniuex, ça! He types the address, and the bottle, it is in front of him! (ああ、それは鋭い! 犯人は住所をタイプし、その前にはボトル!)' 'We've heard of psychology at Scotland Yard, too, you know. (我々だって警視庁で心理学の講義を受けているんですよ)' という会話で、警部の見解に対するポワロの評価が逆転している。なお、警部の別の台詞にあったエドワーズの粉末スープも実在した商品だが、現在はすでに販売されていない。
 冒頭のビクトリア駅の場面などで流れる本作のテーマ曲 The A-B-C Murders は、その題名にかけて A-B-C (ラシド) の旋律を主題に構成されているほか、各事件の幕開けにアルファベットがアップになる場面では、それぞれの文字に対応した音が使われている。
 南米から帰国したヘイスティングスの荷物に書かれた 'A.J.M.H.' や 'CAPTAIN A.J.M. HASTINGS' という文字から、ヘイスティングスのミドルネームの頭文字が J. M. であると推察される。なお、これはドラマオリジナルの設定で、ここ以外で触れられることもない。
 タクシーのなかでポワロが言う「趣向をこらした、凝った」事件は、原作ではその具体的なイメージが語られており、その内容は「ひらいたトランプ」の事件だった。なお、原作発表順でも本作が「ひらいたトランプ」に先行しており、本作執筆時の着想を後日、「ひらいたトランプ」として結実させたと見られる。
 「切り裂きジャックはずいぶん犯行を重ねましたよ」というポワロの台詞で言及される〈切り裂きジャック〉とは、すくなくとも1888年に5人の女性を殺害した連続猟奇殺人犯。その犯行とされる事件の範囲は諸説あるが、最短でも約2か月半のあいだに5件、最長では約3年間に十数件の犯行を重ねたとされる。
 ベクスヒル事件の晩にデ・ラ・ウォー・パビリオンで上映されていた映画「いちごブロンド」は、劇中の時代設定より5年後の1941年に公開の映画。主演は、「安いマンションの事件」冒頭でポワロたちが観ていた「Gメン」と同じ、ジェームス・キャグニー。また、ベクスヒル事件のあとでカストが見ていた映画は Footsteps in the Sand という映画で、これも公開は劇中より3年後の1939年。ドンカスター事件の現場の映画館で上映されていたのはヒッチコックの「第十七番」で、これの公開は1932年。
 ドンがイーストボーンでベティを探したという「波止場 (pier)」は海に突き出した桟橋のことだが、日本語で想起されるような船の停泊施設ではなく、その上に遊園地などのあるレジャー施設のことで、だから逢引で行きそうな場所として疑われたのである。このドラマシリーズでは、「グランド・メトロポリタンの宝石盗難事件」でそのイーストボーン・ピアの桟橋上の様子を見ることができるほか、「24羽の黒つぐみ」「二重の罪」「カーテン ~ポワロ最後の事件~」でも背景にピアが映っている。
 ヘイスティングスが待っていたカタログの送付元は、原語だと Lilywhites (リリーホワイツ) と具体名を挙げられており、これは現在も実在するイギリスの大手スポーツ用品店。
 ヘイスティングスがチャーストンへ行く汽車を調べるためにめくった『ABC鉄道案内』は、すべてのページが同じ内容で、見開きの両側まで同じである。ポワロのマンションに関係者が集まった日の晩に何者かがめくっていたものも同様。
 ポワロとヘイスティングスがキッチンで事件の話をする場面で見られるように、イギリスでは食器を洗う際、ためた水に洗剤を溶かして食器をつけ、それをブラシやスポンジでこすり、そのまま、あるいはためた水にくぐらせて、布巾で拭き取るのが一般的(劇中では拭き取ってもらえていないけれど)。布巾で拭く前に流水ですすがないのは、日本人には潔癖なポワロらしからぬ行動に見えるかもしれないが、これはイギリスだけでなく、ベルギーでも一般的なやり方らしい。
 ABC からの第4の手紙をヘイスティングスが音読するとき、原語では末尾の日付を the 9th of September と読むが、手紙には September 9th と書かれている。ヘイスティングスが読んだように日を月より先にするのがイギリスの正式とされるが、手紙のほうの語順は原作同様。
 ドンカスターの映画館でカストが席を立ったあとは左へ進んでいたはずが、ポワロの謎解き中の回想では右に進もうとする。
 アンドーバーのアッシャー夫人の店周辺や、ドンカスターのリーガル・シネマの建物の撮影がおこなわれたのは、ミドルセックス州アクスブリッジ。ベクスヒルのロケ地は現地および隣町のセント・レナーズで、バーナード家があるのはベクスヒルのサード・アベニュー。チャーストンにあることになっているサー・カーマイケル・クラークの邸宅は、ハンプシャーのストックブリッジ近郊にあるマーシュコート。ドンカスターでポワロたちが滞在したグランド・ホテルの内部や、カストの公判がひらかれた警察裁判所の廊下はロンドンのフリーメイソンズ・ホール内。このフリーメイソンズ・ホールは「西洋の星の盗難事件」「あなたの庭はどんな庭?」「スズメバチの巣」「盗まれたロイヤル・ルビー」でも撮影に使われている。カストのロンドンの下宿、および彼がドンカスターで宿泊したザ・グローブ・タヴァーンの建物はともにロンドン・ブリッジ駅西側のデルタ線近くにあり、それぞれパーク・ストリートとグリーン・ドラゴン・コートから線路の高架をくぐるアングルで撮影された。警察に追われたカストが朦朧とした意識で歩いたのも、その近くのバラ・マーケット。カストの住所はサザックにあるマーケット・ストリートと設定されており(日本語音声ではヘイスティングスが「サザック・マーケット・ストリート」と一つなぎのように発音するが、原語や宿帳の記載 Market Street, Southwark に鑑みれば、台本の意図は「サザック(の)、マーケット・ストリート」であったと思われる)、マーケット・ストリートは架空の地名のようだがバラ・マーケット周辺を思い起こさせる地名で、ほぼ現地ロケと言える。オーバートンにある設定のメアリが勤める家は、画面に映る住所のとおり、リッチモンドのファイフ・ロードにある。鉄道の撮影の大半はブルーベル鉄道でおこなわれており、アンドーバー・ジャンクションやチャーストンの駅はいずれもホーステッド・ケインズ駅。冒頭のビクトリア駅や、チャーストンに出発するパディントン駅の場面も、時刻表を売るスタンドや汽車を前にした箇所はホーステッド・ケインズ駅で撮影されたと思われる。このブルーベル鉄道とホーステッド・ケインズ駅は、「ジョニー・ウェイバリー誘拐事件」「スタイルズ荘の怪事件」「西洋の星の盗難事件」「プリマス行き急行列車」でも撮影に使われた。一方、2度目にチャーストンへ向かう汽車の外観は西サマーセット鉄道のものと見られ、「コーンワルの毒殺事件」でコーンワルへ往復したのと同じ車両。「コーンワルの毒殺事件」にまったく同じ映像は見られないが、同作撮影時の未使用映像の流用だろうか。ちなみに、本当のチャーストンの駅は、「エンドハウスの怪事件」で撮影に使われたダートマス蒸気鉄道の途中駅のひとつ。冒頭のビクトリア駅に汽車が入線する映像は、「二重の手がかり」のラストシーンからの使いまわしで、チャーストンに向かう車窓から海を望む風景はバンク映像と見られる。チャーストンに向かうポワロたちとジャップ警部が待ち合わせた場所は、「100万ドル債券盗難事件」のハイビジョンリマスター版のみ見られる場面で、リッジウェイと借金の取立人が会っていたのと同じところ。冒頭のビクトリア駅の大時計や、ドンカスター駅の出入り口はロンドンのセント・パンクラス駅で撮影された。
 クラーク家の執事デベリルを演じたジェレミー・ホークはヒュー・フレイザーの妻であるベリンダ・ラングの父で、フレイザーとは義理の親子にあたる。また、ドン・フレイザー役のニコラス・ファレルは、「アガサ・クリスティ・アワー」シリーズの「エドワード・ロビンソンは男なのだ」にタイトルロールで主演しているほか、ジョン・ネトルズ主演の「バーナビー警部」の一篇、「カラスの森が死を招く」のジョン・メリル役でも見ることができる。カストがドンカスターで泊まった宿のおかみは、「二重の罪」でノートン・ケインが泊まった宿のおかみを演じたミランダ・フォーブス。
 ベクスヒルのデ・ラ・ウォー・パビリオンは、本作のようにベティの勤務先としてではないものの、同原作でジョン・マルコヴィッチ主演のドラマ「ABC殺人事件」にも現地として登場。
 オリジナル版では、ベティの遺体発見現場で話をする場面で、ポワロとヘイスティングスを写したカットに縦方向の揺れがある。また、ポワロたちがバーナード家に到着する場面でも、家の、向かって右側の窓付近にビデオテープが伸びたような映像の乱れがある。これらは Agatha Christie's Poirot の映像から存在したが、ハイビジョンリマスター版では修復された。一方、2度目にチャーストンへ向かう汽車を外から写した場面では、画面左下に毛のようなものが写り込んでいる。
 » 結末や真相に触れる内容を表示
  1. [1] デビッド・スーシェ, 「ポワロらしさの秘密」, 『ハヤカワミステリマガジン』 No. 534 2000年9月号, pp. 22, 早川書房, 2000
  2. [2] Interview: David Suchet - Strand Mag
  3. [3] 番組ピックアップ, ミステリチャンネル, 2004
  4. [4] David Suchet and Geoffrey Wansell, Poirot and Me, pp. 128, headline, 2013
  5. [5] Hugh Fraser on Twitter: "ABC Murders is my favourite and I am very much looking to the version with John Malkovich.… "
  6. [6] 「熊倉一雄インタヴュー」, 『ハヤカワミステリマガジン』 No. 705 2014年11月号, pp. 42, 早川書房, 2014
  7. [7] Bexhill Museum on Twitter: "David Suchet as Agatha Christie's Hercule Poirot on Bexhill beach filming "The ABC Murders" (Bexhill is "B") in 1991 & @BexhillObs 5.4.1991. Agatha Christie's daughter Rosalind went to Caledonia #School for Girls, Cooden, #Bexhill #Sussex in 1928. #Seaside #History #1930s @dlwp… https://t.co/hAz9XQmro1"
  8. [8] 小池滋, 「解説」, 『ABC殺人事件』, pp. 337-340, 早川書房(ハヤカワミステリ文庫), 1987

ロケ地写真

カットされた場面

日本

オリジナル版

[0:32:09/0:23]第3の手紙到着時のポワロとヘイスティングスの会話の一部、手紙の宛先に関する部分
[0:33:00/0:32]駅でのポワロ、ヘイスティングス、ジャップ警部の会話後半
[1:06:09/0:56]ホテルで頭痛に苦しむカスト 〜 競馬場の観客席の喧噪 〜 黙想するポワロ 〜 馬券屋の周りの様子 〜 馬がパドックから出ていく場面 〜 ドンの様子 〜 馬がコースへ入っていく場面 〜 ソーラの様子

映像ソフト

同原作の映像化作品

  • [映画] 「The Alphabet Murders」 1966年 監督:フランク・タシュリン 出演:トニー・ランドール、ロバート・モーレイ、モーリス・デナム
  • [アニメ] 「アガサ・クリスティーの名探偵ポワロとマープル 第5話〜第8話 ABC殺人事件」 2004年 監督:高橋ナオヒト 出演:里見浩太朗、折笠富美子、野島裕史、屋良有作、田中敦子
  • [TV] 「名探偵赤富士鷹 ABC殺人事件」 2005年 演出:吉川邦夫 脚本:藤本有紀 出演:伊東四朗、塚本高史、益岡徹、熊倉一雄
  • [TV] 「ABC殺人事件」 2018年 監督:アレックス・ガバシ 脚本:サラ・フェルプス 出演:ジョン・マルコヴィッチ(石田圭祐)
2019年11月17日更新