こ こが知りたい成年後見制度


3-1 任意後見制度とは?
戻 る

任意後見制度とは、自分の判断能力が確かな間に、自分の判断能力がなくなったとき の後見人を選び、契約するものです。後見人となる代理人と、将来自分の判断能力が低下してきたときに、自 分の財産の管理や介護、医療に関する手続きについて、どうしてもらいたいかを公正証書にして契約をしておきます。

痴呆が始まったら、後見人を監督する任意後見監督人を家庭裁判所が選任し、後見が始まります。このように、後見人 として契約した者が、後見監督人の監督の下で、契約した職務を代理人として行うことになりますので、本人も安心して財産管理などを任せることができ るというわけです。任意後見人には、子供、配偶者だけでなく法律専門 家など、信頼に足る人を自分で選ぶことができます。尚、任意後見契約の内容は、自動的に登記もされることになっています。

この制度の主な特徴は、
  1. 判断能力が確かな間に、将来サポートしてくれる人を選んでおける。
  2. 判断能力が少し減退した状態からでも、法的なサポートが受けられる。
  3. 財産管理だけでなく、介護などのサポートにも適用できる。

Web Legal Help Desk
行 政書士  くぼあきら