こ こが知りたい制限能力者制度

1-4 被補助人
戻 る



補助開始の審判
要件 〈対象者〉
(判断能力)
精神上の障害(痴呆・知的障害・精神障害等)により
事理を弁識する能力が不十分な者
開始の手続 申立権者 本人、配偶者、四親等内の親族、検察官等
任意後見受任者、任意後見人、任意後見監督人、
(市町村長)
本人の同意 必  要
機関の名称 本人 被補助人
保護者 補 助 人
監督人 補助監督人
同意権取消権 付与の対象 申立ての範囲内で家庭裁判所が定める「特定の
法律行為」
付与の手続 補助開始の審判
+同意権付与の審判
+本人の同意
取消権者 本人・補助人
代理権 付与の対象 申立ての範囲内で家庭裁判所が定める「特定の
法律行為」
付与の手続 補助開始の審判
+代理権付与の審判
+本人の同意
本人の同意 必  要
責務 身上配慮義務 本人の心身の状態及び生活の状況に配慮する義務



Web Legal Help Desk
行 政書士  くぼあきら