上 へ
交通事故の慰謝料、後遺障害、休業損害の保険請求と異 議申し立ての相談

交 通事故保険請求コンサルタント
事故 原因調査で知っておきたいこと
警察の 実況見分調査 事 故現場の独自調査 加 害者 からの事情聴取
証 人と 目撃者 刑 事事 件記録
Top Page へ戻る
警察の実況見分調査
警察がす る実況見分調書を閲覧させてもらえないので、見分を行った担当者から直接に内容を聴取するしかない。実際問題として詳細な回答を得られることはなかなかな いが、事件が検察庁へ送られたかどうかと目撃者の有無は是非確認しておきたい。刑事事件記録の調査や目撃者調査を独自にする場合に必要だからである。

事故現場の独自調査
警察の事故報告書にしろ、加害運転手の供述にしろ、各々の主観が強く出てしまうことはよくある ことであるが、それらに頼らず必ず自分の眼で確かめることが事実の探求に
は必要である。

加害者 からの事情聴取
警察が作 成する加害者への被疑者供述調書は、加害者が起訴されないと閲覧でき
ないことや、また自己防衛本能からくる加害者の供述は信憑性に疑問もあるので、
加害者からの事情聴取は難しいものがあるが、誰が責任主体かということと、事故原因と過失の関係についての加害者の考え方を把握しておきたい。
  1. 損害賠償義務を負うものの特定

    業務上か否か、運行目的は何かにより、自動車所有者や雇用者に運行共有者としての損害賠償義務が生じてくる。これにより、損害賠償の支払能力が大いに異 なってくる場合がある。

  2. 加害者の過失の有無(被害者の過失に対する考え方)
    過失割合の問題については加害者と被害者の利害関係が相反するので、反証    をあげるための加害者証言の矛盾の発見に努める視点が必要であ る。

証人と 目撃者
加害者車 両の同乗者から、真実を得ることは難しい場合もあるが、運行共有者としての責任が問われる場合には、運転者と利害が相反する場合もあるので、被害者に
有利な供述が得られる場合もある。

その他、現場に行き合わせた歩行者や他車運転者などの発見に努めることが、真実
の探求には欠かせない。

刑事事 件記録
刑事事件 記録の閲覧やコピーができるのは、事件が確定している場合である。所管の警察所で検察庁へ送致した日付を確認し、その日付をもって検察庁で記録の保存
番号や事件番号を問い合わせることができる。それらをもって、閲覧請求ができる。


交通事故の慰謝料、後遺障害、休業損害の 保険請求と異議申し立ての相談

 あ なたの家庭の法律相談員    あなたの会社の法律部門
 

AK 行政法務事務所     行政書士 久 保 明
●住所  千葉県浦安市弁天 4丁目 10−3  ●電 話  047-316-9720    FAX   047-316-9722      
メー ル  ak- akirakubo@mwd.biglobe.ne.jp      ●URL     http://www5f.biglobe.ne.jp/~helpdesk/