こ こが知りたい自動車リサイクル法
5-4 解体業者

■許可制

  • 使用済自動車のリサイクルや解体処理を適正に行う業者のことで す。
  • 事業所が千葉県内にある場合、千葉県知事の許可を受けることが必 要です。
  •  許可に際しては、少なくとも次の要件が必要です。

@事 業の用に供 する施設が整備されている。

A廃 油等の流出防止措置のため、コンクリー ト床面・油水分離装置・屋根等を有している。

B 囲いがある使用済自動車の保管場所があ る。

C申 請者に業を行なう能力がある。

D解 体手順等を記載した標準作業書を常備し ている。

E事 業計画書や 収支見積書から解体業を継続できないことが明らかで
ない。

F 許可制度開始時に解体業を行なっており、 かつ廃棄物処理法の業   の許可を有している事業者は、許可制度開始から3か月以内に届     出を行なうことで解体業の許可に移行可能です。ただし、許可基準     に適合 しているかの確認があります。

■行為義務
  • 引取業者又はフロン類回収業者から使用済自動車の引取りを求められた場合は、正当な理由がある場合を除き、引取らなければならな い。 引取り をおこなったときは、エアーバッグ類を回収し、自動車製造業者等に引き渡す。自動車製造業者等に回収費用を請求可能。
  • 再資源化基準に従って、適切な解体を実施(詳細未定)。
  • 引き取った使用済自動車、解体自動車は、他の 解体業者、破砕業者、解体自動車全部利用者へ引き渡す。
  • 電子マニフェスト制度を利用して、情報管理セ ンターに引取・引渡報告。
  • 使用済自動車の解体・運搬にあたっては、破棄 物処理基準に従う必要がある。

Web Legal Help Desk
行 政書士  くぼあきら