こ こが知りたい遺言・相続手続き


3-7
法定相続人に相続させたくない?

親不孝な子 がいて、どうしても相続させたくない場合など、法定相続人の相続分を減らしたり、相続させないように遺言することができま す。ただ遺留分の制限はありますが・・・・。遺留分は→こちら

さらに本当にど うしても相続させたくない場合、遺言で相続人を廃除してしまうこともできま す。 廃除は→こちら

廃除は家 庭裁判所に申立てをして、認められなければ効力を生じませんので、遺言による廃除については、遺言者 の死後、遺言執行者が廃除の申立てをすることになります。

もちろん廃除の申立てが認められな い場合もありますが、その場合の処置も遺言書に記載しておけば完璧です。ただし、廃除の場合、その人の子が代襲相続することになります。

また逆に、既にした廃除の取消を遺言ですることもできます。




Web Legal Help Desk
行 政書士  くぼあきら