こ こが知りたい遺言・相続手続き


3-4
秘密証書遺言


■秘密証書遺言

秘密証書遺言は あまり利用されていないようです。

作成方法は、自筆でなくてもワープロでも 代筆でも構いません。日付も不要ですが、署名・押印は必ず必要です。完成したら、封筒に入れて、証書に用いたのと同じ印鑑で封印します。封入・封印は必ず 遺言者が行わなければなりません。

次に、本人と二人の証人が公証役場に出向き、公証人に提出して自分の遺言書である旨を述べます。公証人が証書の提出された日付と遺言者の申述を封 書に記載してくれますので、遺言者、証人、公証人全員が封書に署名・押印して、完成です。

遺言の内容を公証人にも証人にも秘密にできますの で、とにかく秘密にしたいというに人は利用価値があると思います。ただし自筆証書遺言と同じく、遺言者の死後すぐには開封できず、家庭裁判所に検認の申立 をしなければなりません。


Web Legal Help Desk
行 政書士  くぼあきら