こ こが知りたい遺言・相続手続き


2-1 相続証明書?

相続 証明書

相続人が だれなのかを証明するのが相続証明書ですが、戸籍謄本、遺産分割協議書等がこれにあたります。その証明書は、客観的に三つの内容を含んでいなければなりま せん。

@相続が 開始したこと
A相続人であること
B他に相続人がいないこと
Cだれが何を相続するのか

相続手続 は、最終的には不動産、預金、自動車、株式、会員権などの名義を被相続人から相続人へ変更手続をすること で終わります。その登記や登録をする時に、必ず添付しなければならないのが相続証明書です。


Web Legal Help Desk
行 政書士  くぼあきら