こ こが知りたい遺言・相続手続き


1-6
内縁の 相手に財産を残したい?
内縁関係の相手に財産を与えたいという場合は、内縁の相手が財産の形成に少なからず 寄与しているということがあります。しかし、法定相続は法律上の婚姻関係にある配偶者を対象にしていますから、如何に財産の形成に寄与したからといって、 内縁関係の相手は相続人にはなれません。

こうした場合には、内縁相手に財産の一部を遺贈する旨を遺言に書き残すこと で、相続させることができるのです。ただ、法律上の配偶者や子などからすると、財産を横取りされたという気持ちになりますから、法律で定める「遺留分」を 侵害しない範囲で、具体的な財産の 名称を掲げて遺贈する配慮が必要です。

また、遺言にはなぜ内縁の相手に遺贈するのかの自分の思いを綴ることもよいでしょう。被相続人の意志が明確であれば、遺留分減殺請求権を相続人が行使しないようにする心理的効果となりま す。また、他の法定相続人とのトラブルが予想されますから、遺言執行人を 遺言で指名しておいたほうが良いでしょう。


このほかに、死因贈与といった方法があります。
遺贈は民法上の単独契約ですが、死因贈与は、民法上の無名契約であり、贈与するもの と贈与を 受けるものとの間の停止条件つきの双務契約です。

停止条件付きとは、贈与者が死んだら、その契約 が 成立するというもので、条件が整わない間は成立しない契約のことを言います。相続人にはこれを被相続人の債務として、履行する義務があります。

Web Legal Help Desk
行 政書士  くぼあきら