こ こが知りたい遺言・相続手続き

 
1-3 相続で きない法定相続人?
相続欠格者:

下記に該当する場合は、特別の手続無しで相続権を失います。


@
遺言を勝手に破棄、偽造、変造、隠匿した者
 被相続人の死後、遺言書が見つかったが、自分にとって都合の 悪い内容であった
 ので、こっそり遺言書を処分した場合などです。


A被相続人を故意に殺害、あるいは殺害未遂で刑に処せられた者
 刑に処せられた者ですから、執行猶予付きの場合、期間が満了した場合には相続
 できます。
 
B自分と同順位または先順位の相続人を殺害した者
 
例えば、父親あるいは兄弟姉妹を殺害した場合には、母親が無くなった場合 にも
 相続できません。父親、兄弟は同順位の相続人だからです。


C
詐欺・強迫によって被相続人に遺言を書かせ、取り消し、変更させた者。
 無理やりあるいはだまして、遺言を書かせた場合などです。
 
相続排除

被相続人が、家庭裁判所へ申立てをして審判 によって、法定相続人の相続権を失わせることです。次のような、一定の事実 があれば当然に適用されます。相続廃除は決定した後でも、家庭裁判所へ相続 廃除の取 消しの申立てができます。

@被相続人を虐 待し、もしくは重大な侮辱を与えた加えたとき
Aその他著しい非行があったとき

ただし、相続欠 格でも相続廃除でも、本人は相続権を失いますが、その分を子が代襲相続します。 親が反社会的なことをしたとしても、子に罪はないからでしょうか・・・。因みに、相続放棄の場合は、その子に代襲相続権はありません。


Web Legal Help Desk
行 政書士  くぼあきら