行政書士の仕事
AK
戻 る
行政書士とは?  行政書士の仕事は?

行政書士は、依頼者の権利・義務に関することや行政手続に関することについて、
依頼者に代理して、書類の作成や相談及び提出手続きを行うことを業としています。

行政書士の仕事の範囲は、
  1. 官公署に提出する書類その他権利義務又は事実証明に関する書 類の作成
  2. 官公署に提出する書類の提出手続きの代理
  3. 契約その他に関する書類を代理人として作成
  4. 上記書類の作成に関する相談
行政書士の英語訳として、Solicitor (事務弁護士、法廷外弁護士)という言葉をあて、
頼れる街の法律家として、様々な場面でお役に立っております。つまり、行政書士に
できない法律事務は「争訟性のある法律事務」だけです。

代書屋ではない? いまや総合コンサルタント!

行政書士の業務範囲に「相談業務」 「提出代行権」「代理権」が付与されていますので、依頼者の利便性にかなったサービスを提供することが可能です。例えば、経営で重要な契約 に関しても、相談から締結まで代理人として、コンサルができるのです。

また、行政書士は「他の法律に制限されない限り」のすべての分野にわたって仕事が
できますので、弁護士、公認会計士、税理士、司法書士、社会保険労務士など他の士業をコーディネートするワンストップサービスの窓口として、全てをお任せいただくのに最適なゼ ネラリストです。


Web Legal Help Desk
行 政書士  くぼあきら