ナムコ

テイルズはトライエースのほうにいれてあります。

ファイナルラップ2〜G・S・Mナムコ3

作曲・細江慎治、NAUN他 タイプ・レース、
哀愁バトル・宇宙
印象度・★★ 物量度・★★★
雰囲気・★★★ 展開力・★★
特殊性・★★ 総合力・★★
販売・廃盤 容量・1枚
90年作品。「フォートラックス」はゴール後とか細かい曲しかないし、「ファイナルラップ2」は1のようなレース中の曲
(結構良かった)が消えているし、ウイニングラン鈴鹿GP、ギャラクシアン3も凡庸。「デンジャラスシード」がタイトルと
裏腹にメインを張っているが、東亜プランSTGのように軽快なリズムに哀愁を乗せているタイプで、音質は貧弱だが
最も「聴かせる」要素がある。面ごとにボス曲が違うのもこの時期では傑出。
0曲

ナムコゲームサウンドエクスプレスVol・1 ワルキューレの伝説

作曲・川田宏行 タイプ・爽快な冒険譚
印象度・★★★★ 物量度・★★
雰囲気・★★★★ 展開力・★★
特殊性・★★★ 総合力・★★★
市場・廃盤 容量・1枚
89年作品。AC・ACT。ナムコエクスプレスシリーズの記念すべき第1弾。実はその中でも屈指の出来?ノリ
が大変良く、ファルコムものにくらべるとコミカル色が強く出て曲として総合的なタイプになっている。この時期
にして音質の良さが抜群で特筆すべき。また、構成上でもこの時期で1曲ごときちっと切れているのが良い。
まあ、もともと収録時間が25分しかないのだから、当たり前か。定価はその分1400円。多様性を星1つにしな
かったのはそのため。内容と値段の釣り合いだ。
マイベスト・1曲(15曲中)
2・メインテーマ(ワルキューレのテーマ)

ナムコゲームサウンドエクスプレスVol・2 バーニングフォース

作曲・Yoshinori Kawamoto タイプ・スペースチックサウンド
印象度・★★★ 物量度・★★
雰囲気・★★★★ 展開力・
特殊性・★★ 総合力・★★
市場・廃盤 容量・1枚
89年作品。STG。いきなり最高の評価を得たワルキューレの伝説(89年GM1位)の次に出たナムコサウン
ドシリーズ第2弾。やはり他を寄せ付けない驚愕(当時)の音質が特筆モノ。曲自体は流れるようなスペース
チックサウンドを用い雰囲気は出ている。また、流れながらも音を点で留めて目立たせる策も使っている。
マイベスト・0曲

ナムコゲームサウンドエクスプレスVOL・3 ファイネストアワー

作曲・田島勝郎 タイプ・サイバーチック
印象度・★★★ 物量度・
雰囲気・★★★ 展開力・★★
特殊性・★★★ 総合力・★★
市場・廃盤 容量・1枚
89年作品。圧倒的な豪華音質でアクションゲームを彩る!…って、「演奏・ナムコオーケストラ」ってある
あたり、アレンジバージョンなのか?しかしどのみち、曲の求心力はナムコGSEの中ではゲーマデリック
やコナミ矩形波倶楽部に匹敵する数少ないものだ。エンディングには特に力が入っている。
マイベスト・0曲(12曲中)

ナムコゲームサウンドエクスプレスVol・4 ドラゴンセイバー&ドラゴンスピリットU

作曲・細江慎治 タイプ・電脳ファンタジー
印象度・★★★★ 物量度・★★★
雰囲気・★★★★ 展開力・★★★
特殊性・★★★★ 総合力・★★★★
市場・廃盤 容量・2枚組
91年作品。ACなど共にSTG。音質が抜群で、このエクスプレスシリーズでも特に印象深い輝きを放つ作品。
「音楽」という名の通り、人を楽しませるにはやはり多少、意図的な刺激は必要なんだよ仲○君…じゃなくって
(もうやめい)、特にアクションにおいては。細江氏は、これにサイバーチックな味付けをしている。
マイベスト・7曲(31曲中)
DISC1 4・水没都市(1面) 8・化石(3面) 
10・地じん(塵?)(4面) 14・氷穴(6面)
DISC2 3・ROUND1 4・ROUND2 6・ROUND4 
 

ナムコゲームサウンドエクスプレスVOL・5 ローリングサンダー2

作曲・佐宗綾子 タイプ・一部SNK風
印象度・★★ 物量度・★★★
雰囲気・★★★★ 展開力・★★
特殊性・★★★ 総合力・★★
市場・廃盤 容量・1枚
91年作品。ACT。アメリカの西部劇をホーフツとさせる雰囲気のメロディ。心なしか、SNKに
タイプが似ている曲がある。他のGSEシリーズと同じく、ゲームをやっている分にはさして
違和感のない、毒にも薬にもならないタイプ。よってこうやって聴くだけだとやはりツラい。
マイベスト・0曲(22曲中)

ナムコゲームサウンドエクスプレスVOL・6 スターブレード&ギャラクシアン

作曲・細江慎治・相原隆行
    佐宗綾子
タイプ・スペースオーケストラ
印象度・ 物量度・★★
雰囲気・★★★ 展開力・★★
特殊性・★★ 総合力・★★
市場・廃盤 容量・1枚
92年作品。ナムコの3人組が贈る3DSTGの音楽。微妙な軽快さというナムコ節を保ちながら宇宙空間を
オーケストラ中心に綴る。映画色を意識しているせいか、曲単体として映えにくい曲が多いのが、いかにも
サウンドトラック然だなというところだ。もっとも、ゲームオリジナルの曲ではないが…。
マイベスト・0曲

ナムコゲームサウンドエクスプレスVol・7 F/A

作曲・細江慎治・相原隆行 タイプ・テクノ
印象度・★★★ 物量度・★★
雰囲気・★★★ 展開力・
特殊性・★★★★★ 総合力・★★★
市場・廃盤 容量・1枚
92年作品。これぞゲームミュージックの新機軸(今では当たり前、っていうかうざったいほどだが)。ノンストッ
プで展開されるテクノ音楽が型を打ち破った。
「バカゲー専科」でこれとダライアスを隣に置いて、BGMを相殺してしまうようなゲーセンは死んだ方がいい
と言わしめたほどの印象度。もっとも、これがいい意味か、悪い意味で使われたかは不明。リスナーを襲うこ
の攻撃は、快楽の麻薬か、不快の爆弾か?
マイベスト・0曲

ナムコゲームサウンドエクスプレスVol・8 コスモギャング・ザ・&ザ・パズル

作曲・荒川美恵 タイプ・コミカル
印象度・★★★ 物量度・
雰囲気・★★★ 展開力・★★
特殊性・★★ 総合力・★★
市場・廃盤 容量・1枚
93年作品。ACなどのPZG。コミカルな雰囲気のパズルゲームの音楽を収録したサウンドトラック。パロディウスのように、有名曲を引用して
それを編曲した曲もある。特に邪念なしで聴けば問題はないが、ZUNTATAのKaru嬢ほどオリジナリティはないか?また、総収録時間19分
はあまりに少ない。
マイベスト・0曲(15トラック中)

ナムコゲームサウンドエクスプレスVol・9 ナックルヘッズ

作曲・相原隆行 タイプ・強烈バトル
印象度・★★★ 物量度・
雰囲気・★★★★ 展開力・★★
特殊性・★★★ 総合力・★★★
市場・廃盤 容量・1枚
93年作品。格ゲー。キャラ数が6人と格ゲー界でも非常に少ない部類だが、その分キャラ別テーマは秀逸。インパクト
の強い音質と出身別ごとに変える曲ジャンルの色も濃く出している。各キャラの試合前インタビューのような光景のトラ
ックを作ったのは好みの分かれるところだが、音楽とボイスを一緒にするのは絶対にやめてくれえ!
マイベスト・2曲(14曲中)
5・HARD TOO DIEHARD(ビンセント)  7・Hong−Kong etoile(ミャオ)

ナムコゲームサウンドエクスプレスVOL・10 サイバースレッド

作曲・細江慎治 タイプ・サイバーチック
印象度・ 物量度・★★
雰囲気・★★ 展開力・
特殊性・★★ 総合力・
市場・廃盤 容量・1枚
94年作品。3DACT。個性の違う戦車を駆使して進んでいくやりこみ甲斐の
ありそうなゲームだ。さて音楽に関しては、雰囲気そのままのサイバーチック
な音楽で構成されている。曲のメリハリがどうも効いていないと思うのだが。
マイベスト・0曲

ナムコゲームサウンドエクスプレスVol・11 リッジレーサー

作曲・細江慎治・佐宗綾子 タイプ・テクノ
印象度・★★★ 物量度・★
雰囲気・★★★★ 展開力・★★★
特殊性・★★★★★ 総合力・★★★
市場・廃盤 容量・1枚
93年作品。かつてのレースゲームの常識を覆すテクノタイプのBGM。メロディはないが、新機軸BGMとして
は評価出来る。F/Aに比べると、曲ごとの個性は浮き出ている…ような気がする。
ただ、やっぱりクセがある分、好みの分かれはあるだろう。疾走感はゲームには合っている。こういう曲のシ
リーズが1つくらいあってもいいと思うし。でも俺は、客観評価として、一応高い評価を与えているけど、「ファ
イナルラップ」とかメロディにこだわりがあるほうが好きなんだよね。
マイベスト・0曲

ナムコゲームサウンドエクスプレスVol・12 GALAXIAN3 THEATER6 

作曲・細江慎治・佐宗綾子 タイプ・スペースサウンド
印象度・★★ 物量度★★
雰囲気・★★★★ 展開力・★★★
特殊性・★★★ 総合力・★★★
市場・廃盤 容量・1枚
94年作品。ゲーム登場後、少し時を置いて発売されたCD。4チャンネルで創られていた曲のため、2チャン
ネルに再編集するのに苦労しCD化が遅れたそうだ。
バーニングフォースをドラマチックにして、より世界観を広げたような楽曲のタイプだ。またストーリーに沿った
音声バージョンや、LD「スターブレード」用の作品群も収録されている。
マイベスト・1曲(13曲中)
6・Return to BASE(作戦成功エンディング)

ナムコゲームサウンドエクスプレスVOL・13 ネビュラスレイ

作曲・石川隆之 タイプ・オーケストラ&宇宙
印象度・★★★ 物量度★★
雰囲気・★★★★ 展開力・★★
特殊性・★★ 総合力・★★★
市場・廃盤 容量・1枚
94年作品。超ド級難度STGネビュラスレイのサウンドトラック。どうやらナムコのスペース系
STGはこのオーケストラタイプの多いもので固めているようである。といっても今回は最初と
最後くらいなもんだが…ノリの良さも保たすため、一般スペースサウンドも用いてバランスを
とっているようだ。それでもコナミに比べると求心力に欠けるが…
マイベスト・0曲(14曲中)

ナムコゲームサウンドエクスプレスVol・14 リッジレーサー2

作曲・細江慎治・佐宗綾子ら タイプ・テクノ&フュージョン?
印象度・★★★ 物量度★★
雰囲気・★★★★★ 展開力・★★★
特殊性・★★★★ 総合力・★★★
市場・廃盤 容量・1枚
私、曲を沢山聴いているわりにはジャンルに疎くて‥テクノだよな‥フュージョンかな?って思って。
ま、テクノってのは間違いないだろーが‥。
とにかくレースゲームらしいハイな音楽の連続でプレイヤーをトリップさせる効果は確実に出ている。
マイベスト・1曲(13曲中)
3・Grip

ナムコゲームサウンドエクスプレスVol・15 X−DAY

作曲・佐宗綾子 タイプ・テクノか
印象度・★★ 物量度・
雰囲気・★★★★ 展開力・
特殊性・ 総合力・★★
販売・廃盤 容量・1枚
94年作品。余命判定という稀有なゲーム形態をとっている。サウンドトラック第1弾は全11曲。正直このテのタイプには
もううんざりなのだが、ゲームの特性を考えると、このタイプくらいしか合わないだろう。雰囲気に左右されているゲーム
と音楽の因果関係が如実にあらわれている。最後のリミックスはなかなか。
マイベスト・0曲(11曲中)

ナムコゲームサウンドエクスプレスVol・16 ギャラクシアン3 アタック オブ ゾルギア

作曲・細江慎治他 タイプ・スペースサウンド
印象度・ 物量度★★
雰囲気・★★★ 展開力・★★
特殊性・★★ 総合力・★★
市場・廃盤 容量・1枚
94年作品。ギャラクシアンシリーズ3作目。スペース3Dシューティングサウンドを、まさに高品質の音で表現している。一般的
スペースサウンドの感がありノリとしてはコナミのそれより弱いが、ゲームプレイ中の分には特に違和感はないんだろうね。
マイベスト・0曲(16曲中)

ナムコゲームサウンドエクスプレスVOL・17 鉄拳

作曲・高柳義恵 タイプ・もっさり感
印象度・ 物量度★★
雰囲気・★★ 展開力・★★
特殊性・★★ 総合力・
市場・廃盤 容量・1枚
95年作品。ナムコ発の名作格ゲーのサウンドトラック。多くの格ゲー同様国際色を打ち出し、国別のステー
ジごと曲を創っている。ただ、SNK同様、こだわりすぎているのか、バトルの重量感を出すためか、全般的
に地味なタイプに落ち着いている。カンボジアやフィリピンの曲があるのは個人的に好きなのだが。
マイベスト・0曲(18曲中)

ナムコゲームサウンドエクスプレスVol・18 Air Combat 22

作曲・川田宏行・中村和宏ら タイプ・さわやかなロック(?)
印象度・★★ 物量度
雰囲気・★★★ 展開力・
特殊性・ 総合力・
市場・廃盤 容量・1枚
今回は「エアーコンバット22」の楽曲。作曲は3人いるが、それほどの差は感じない。
まあ、ファルコムもそうだが。曲調は飛行系ゲームだけあって、ロックではあるが、
比較的さわやか。しかしこのゲームだけじゃボリュームが‥20分って何だよ。
マイベスト・0曲

ナムコゲームサウンドエクスプレスVol・19 マッハブレイカーズ

作曲・細江慎治、
佐宗綾子
タイプ・御機嫌
アクション・テクノ
印象度・ 物量度・★★★
雰囲気・★★ 展開力・
特殊性・ 総合力・
販売・廃盤 容量・1枚
95年作品。「超人オリンピック(キン肉マンとは全く関係ありません)」という稀有なタイプのSPGのサウンドを収録。
曲はひたすら機嫌のいいタイプだが、競技中の曲は音楽というより効果音…はいいすぎか、「単なるBGM」という
ヤツ。キャラクターテーマも含め相変わらずの「ナムコ・テクノ」入りだが、今回はさほど目立たない。
マイベスト・0曲

ナムコゲームサウンドエクスプレスVol・20 アウトフォクシーズ

作曲・福澤正洋 タイプ・ハードボイルド
印象度・★★ 物量度・★★
雰囲気・★★★ 展開力・
特殊性・★★ 総合力・★★
販売・廃盤 容量・1枚
95年作品。8人(うち2人は2人で1セット)の中から1人を選び、他の6人(7人)を暗殺していくというハードボイルドな雰
囲気を持つゲームサウンドトラック。その雰囲気を大切にしつつ、やや上機嫌な感じのBGMに仕上げている。ただ、長く
聴いていると、同系の曲ばかりな上に地味なタイプのため、耳がダレてくるかも。
マイベスト・0曲(16曲中)

ナムコゲームサウンドエクスプレスVol・21 グレイトスラッガーズ(93&94)

作曲・石川隆之 タイプ・ロック、
ポップ&フュージョン
印象度・★★★★★ 物量度★★★
雰囲気・★★★★★ 展開力・★★★
特殊性・★★★★ 総合力・★★★★
市場・廃盤 容量・2枚組
95年作品。ACSPG。野球ゲームのサントラというレアなCD。ナムコというと「ファミスタ」などだが、それらのコミカルな音楽と比べ、キャラも
リアルなためか、アツいロックやフュージョンだ。総合的な色の強いパワプロよりもシブい、力強い感じ。また各球団応援歌の編曲(基本的に
は同じ)もあり、隠れた秀作。このシリーズで最もアツい作品?
マイベスト・(5)8曲(〈15〉28曲中)(括弧内はプロ野球応援歌を除いた数)
5・Full Base 9・Ninety Four(94タイトル) 10・Speed and Charge 11・Intension 12・Parfect Game 19・広島カープ応援歌「それ
行けカープ」 20・ヤクルト応援歌「東京音頭」 21・阪神タイガース応援歌「六甲おろし」 27・千葉ロッテマリーンズ応援歌「ウイ ラヴ マリーンズ」

ナムコゲームサウンドエクスプレスVol・23 サイバーサイクル

作曲・三角由里・佐宗綾子他 タイプ・豪快かつ爽快
印象度・★★★ 物量度★★
雰囲気・★★★ 展開力・★★
特殊性・★★★ 総合力・★★★
市場・廃盤 容量・1枚
バイクゲーム。95年作品。激しくも爽やかなハイテンションサウンドの連続で盛り上げていく。ナムコだがロック系を基調としたタイプが多い。
バイクではヘルメットが邪魔かも知れんが、車を走らせる時にでもこのCDを流せばハイになれること間違いなし…ってほどでもないかな。
マイベスト・1曲(14曲中)
4・Mighty Sight

ナムコゲームサウンドエクスプレスVol・24 レイブレーサー

作曲・細江慎治他 タイプ・テクノ
印象度・ 物量度★★
雰囲気・★★★ 展開力・★★
特殊性・★★ 総合力・★★
市場・廃盤 容量・1枚
95年作品。RCG。リッジレーサーで味をしめたテクノを今回も「利用」。ほかのナムコGSE作品もそうだが、正直テクノば
かり出されると、特殊という感じも出ず、しつこくも感じる。尤もリッジレーサーのころと比べると表現がやや多彩になった
気もするが…まあ、リッジレーサーの前でもナックルヘイズにテクノポップがあったがね。
マイベスト・1曲(17曲中)
6・ROTTEN7(細江慎治)

ナムコゲームサウンドエクスプレスVol・25 アルペンレーサー

作曲・石川隆之 タイプ・爽快
印象度・★★ 物量度・★★
雰囲気・★★★ 展開力・★★
特殊性・★★ 総合力・★★
販売・廃盤 容量・1枚
95年作品。スキーゲームのサウンドトラックというレアもの(?)。さわやかな曲調で初〜上級レースモードの曲など
を形作っている。微妙だが、ランクが上がるたびに、曲もシリアスになっている気がする。個人的にはさわやか重視
の初級レースモードのほうが好みだけど。あと、爽快なのはいいが、ちょっと単調すぎるきらいがある。
マイベスト・1曲(15曲中)
4・Endless season(初級レースモード)

ナムコゲームサウンドエクスプレスVol・26 鉄拳2

作曲・高柳義恵
荒川美恵
タイプ・アジアンテクノ
印象度・★★★ 物量度★★
雰囲気・★★★ 展開力・★★
特殊性・★★★ 総合力・★★
市場・廃盤 容量・1枚
95年作品。ナムコの代表的格闘ゲームの2作目。前作の主人公とラスボスが入れ替わっていたり、地域別テーマ曲
からキャラクターごとのテーマに変更されたりなど変わった点が多い。また曲自体も地味さが薄れており、出身がア
ジア系以外のキャラもひっくるめてアジアンテイストの濃いBGMになっている感がある。(ミシェール・チェンだけはち
ょっと違うが)テクノベースなのは変わらず。
マイベスト・1曲(16曲中)
3・MICHELLE CHANG〜放浪の女拳士

ナムコゲームサウンドエクスプレスVol・27 X−DAY2

作曲・石川智彦、佐宗綾子 タイプ・ま た テ ク ノ か
印象度・★★ 物量度
雰囲気・★★★★ 展開力・
特殊性・ 総合力・★★
市場・廃盤 容量・1枚
95年作品。心理ゲーム、余命判定マシン「X−DAY」の第2弾のサントラ。心理というそれ自体を音楽で表現するには
奇妙な特性を持ったテクノは格好の素材と言えるだろう。とはいえ、その選曲自体は当然だろう。このナムコGSEシリ
ーズ、てかナムコ音楽の流れを見ていると、テクノ、テクノ、テクノ…はっきりいって、 
もう飽きた。
マイベスト・0曲(15曲中)

ナムコビデオゲームグラフィティ VOL・2

作曲・細江慎治他 タイプ・ゲーム
印象度・★★★ 物量度★★
雰囲気・★★★ 展開力・★★
特殊性・★★ 総合力・★★
市場・廃盤 容量・1枚
87年作品。「ドラゴンスピリットT」「トイポップ」「ブレイザー」のオリジナル音楽と、「ワンダーモモ」「サンダーセプター」
「妖怪道中記」のアレンジを収録。アレンジバージョンは名アレンジャー、イースなどでお馴染みの米光亮氏が編曲し
ている。オリジナルはいかにも純ゲーム然としてるが、ドラスピTの曲、
Uと全く同じじゃないか…?
(そのあとご指摘がありました。Uというゲームはそもそも存在せず、単にアレンジということらしいです)
マイベスト・0トラック(6トラック)
何で1曲ごと切れてないんだよ…嗚呼80年代。

ゼノサーガ

作曲・光田康典 タイプ・映画音楽
印象度・ 物量度★★★★
雰囲気・★★★★ 展開力・★★★
特殊性・★★ 総合力・★★
市場・通常 容量・2枚組
PSRPG。完全な映画音楽のタイプなのだが、彼の特徴である「空気」が失せ、単純な音楽の面白
味という点では前作から遥かに落ちている。このゲームのスタッフの人は、ゲームとのマッチング
度が優れている面などからも評価が高いのだが、もっと自由に曲を書かせてあげても良かったの
では。バトルは更に減って2曲に‥。
マイベスト・0曲

テイルズ オブ レジェンディア

作曲・椎名豪
タイプ・シンフォニー
印象度・★★★★ 物量度・★★
雰囲気・★★★★★ 展開力・★★★★
特殊性・★★★★ 総合力・★★★★
市場・通常 容量・2枚+ドラマCD
05年作品。テイルズ7作目は「脱桜庭&田村」となり、椎名豪が作曲者に。更に曲数も大幅に削り、今までとは趣を全く異にして製作された。
が、これが大当たり。オーケストラまでは普通のRPGと同じだが、練り上げられた旋律、加えて一曲ごとの奥の深さを感じさせる展開力…。
曲の少なさと関係なくシリーズ屈指の楽曲と評してもいいだろう。ただあからさまな同モチーフ連発はやはり気になる。ドラマCDもいらない。
マイベスト・7曲(42曲中)
DISC1 3・待ち合わせは噴水広場で 4・帰らずの森 8・紡ぐ思い、繋がる手 14・敵襲 16・バトル・アーティスト
DISC2 7・Let‘s go! 11・TAO〜melfes version

トラスティベル〜ショパンの夢

作曲・桜庭統
タイプ・クラシック
印象度・★★ 物量度・★★★★
雰囲気・★★★★ 展開力・★★
特殊性・★★ 総合力・★★★
市場・通常 容量・4枚組
07年作品。桜庭統が担当する、XBOXのRPG楽曲。世界観に合わせ、完全クラシックな桜庭サ
ウンドが作曲されたが、穏やかな曲の方が印象的だ。基本「雰囲気無視」で「そこでロックかよ!」
ということの多い彼が、ショパンの世界観を壊さぬように作り上げたのだけでも事件だろう。
プーニン氏の演奏するショパン曲にも注目。
マイベスト・3曲(69曲中)※ショパン曲はベストの対象外 
DISC1
5・Leap the precipice(通常戦闘) 8・Reflect the sky. Bloom the life
DISC3
2・A buffer for quiet

戻る