gaminGPSの使い方(登山ルート作成)

HOME 関西の山(登山記録) 地形図とコンパス・高度計の使い方 季節の山野草 
パソコンで描く山と花のイラスト 野鳥を庭に呼ぶ  ビーオトープ池の作り方


 1. 私の使用機種  GARMIN 20英語版+日本高精密地形図(全国版)    \50,000程度
 @特徴
  英語版でも日本高精度地形図付は日本語でメニューが表示できた。
  カシミールで作成した地形図も持参する方が便利(2.参照)
 AGAMIN20、30はアメリカ・ロシア・日本のみちびき各衛星を捉え従来より感度が良くなっています
 B電池 単3充電電池  ニッケル水素電池2200mAh程度(従来のものより長時間使用出来るようになりました)
   


2.  カシミール3Dで10秒毎に緯度経度が入った地形図を作製する
@地形図のダウンロード
  登山用はカシミール3Dより国土地理院の9000分の1をダウンロード
  ファル→地図を開く→オンライン地図→ウオッちず→12,500とクリックして下さい
 注)オンライン地図が開かない場合はカシミール3Dホームページの最新情報欄のアップデート情報から
   電子国土のプラグインをダウンロードしてください(無料)

A緯度経度と磁北線を表示する
 →緯度経度→表示する→間隔→1分→緯度経度(補助線)→表示する→間隔→10秒磁北線→入れる
B地形図の色を川・湖・海以外を消す  地形図の色を消した方が見やすい
 →石膏の色分け→編集→m毎の色をクリックして海以外を白に
C私の場合はGPSは記録用で歩くときは山容を見て地形図とコンパスと高度計でルートと現在地を判断しています
D登山中はポイント等をメモすること
 登山中は分岐等のポイント通過時間をメモし後刻カシミール3Dでルート上のポイント位置を判断します
 参考 地形図とコンパス・高度計の使い方 


3. 国土地理院地形図に高度を重ねる(ダウロードした地形図には標高がありません)
  カシミールで電子国土9000を表示したものにカシミールの50mメッシュ高度を重ねる
   編集→標高データーを重ねる→次へ
 

  一覧から選択→「解説本」50mメッシュ標高(地図に標高が重ねられます)
 

4. ポイントとルートを作成し保存 
  地図の上で右クリック→新規作成→ウエイポイント作成→新規作成→登山道作成
  ルート作成より登山道作成の方がGPSにアップロードしたとき見やすい

5. GPSへアップロードの準備
  作成したルートをトラックに変換(トラックの方がルートに沿って表示されます)
   ルートホルダーを開き作成したルートを選ぶ→右クリック→変換→トラックへ変換
 
6. 作成したトラックをGPSへアップロード
  トラックホルダーを開き作成したトラックを選ぶ→右クリック→GPSへアップロード
 
    アップロートをクリック  ウェイポイントとトラックをそれぞれアップロードする
    GAMINとの通信   マイストレージ接続、ドライブ名はE(GAMIN)
  始をクリックするとGPSにデーターが送られる
 
7. 現在位置の表示
  メニュー画面でサテライト→実行
 @衛星を捉え現在位置の緯度経度を表示します
 Aカシミールソフトで10秒毎に緯度経度を入れた地形図を持参し現在位置を正確に把握します
  左のGPSの現在地は北緯34度59分41秒4、東経135度47分55秒0
  地形図上の現在地は10秒毎に緯度経度を入れた地形図を見て地形図の北緯34度59分41秒の線から4/10上
  東経135度47分55秒の線の位置
8. ナビゲート
  ナビゲート(1)
   メニュー画面で検索→トラック→作成したトラックを選ぶ.→GO(MAP上にルートと現在地が表示されます)


     ナビゲート(2)
   メニー画面でコンパス→実行(ポイントまでの方向・距離・所要時間・到着時間を表示します)
9.  GPSからカシミール3Dにデーターの転送
  登山後GPSで記録したトラックをパソコンに保存する
  @GPSの電源を入れGPSオフ「衛星受信をオフ」にする(新しくログ記録をしない為)
  A通信→GPSからダウンロード→トラックデーターとクリックする
10. トラック等の補正
 電波の悪い場所などにより分断されたトラック等を補正します
 @飛び出したログを削除します
  トラックをダブルクリックしログを表示するログを選ぶと上の断面図と地形図に人型が表示される。
 上の断面図の人型をドラッグし(地形図の人型も移動する)該当場所のログを選択(複数のログはCtrlを押しながら選択)→
 右クリック→削除→上書き保存
 Ctrlを押しながら連続するログを二つ選び断面図の人形をドラッグすると複数のログを選ぶことが出来便利です
    Aルートの欠けた部分の補充 地形図は高度を重ねる(3.参照)
   カシミールのルート作成でトラックの欠けた部分をルート作成で作り→新規名で保存
   (地形図を拡大表示したほうがやりやすい)
   作った新規ルートをトラックに変換する
   ルートフォルダーに保存された新規を選び→右クリック →変換→トラックへ変換
    分散したトラックを一つにまとめる
    トラックフォルダーを開き→作成した新規名トラックをドラックする→歩いた順番の位置に移動します
     (トラックを選択すると地形図の該当ラインが点滅します)
    分かれたトラックを全て選ぶ→右クリック→トラックの接続で一つのトラックにする
    一つになったトラックを選び→右クリック→プロパティでトラック名を山名等に修正する
11. トラックの高度を地図に合わせる
  GPSに記録されたトラックの高度は誤差があるので地図の高度に修正する
   トラックホルダーを開きアップロードしたトラックを選ぶ→右クリック→標高値の書き換え→
 
    地図から標高を求めて書き換える→OK(一括して書き換えられます)
 
12.  歩いたルートの表示
 カシミールの地形図に歩いたルートを正確に表示します
  編集→GPSデーター編集→トラック→歩いたトラックを選ぶ


   歩いた距離・時間の表示
  カシミールソフトのグラフ表示で歩いた距離と時間を表示します
   編集→GPSデーターの編集→トラック→今回のトラックを選択し右クリック→グラフ表示

   トラック上の特定場所の確定  分岐や花の咲いていた場所等の確認
  メモした通過時刻やデジタルカメラの撮影時刻とトラックのログの時刻を照合しルート上の場所を確定する
    登山中の分岐やポイントの通過時間等のメモが必要です
  トラックをダブルクリックしログを表示→ログを選ぶと上の断面図に人型が表示される
 上の断面図の人型をドラッグすると、地形図上の人型も同時に移動するので山行中にメモした通過時刻と同じ時刻の
 場所がその場所となる


13. GPSデーターの保存
 私はGPSデーターの保存先をデジカメ画像と同じフォルダーに保存。半年に1回デジカメ画像とDVDに保存しています。
 カシミールが煩雑になるので、パソコンのGPSデーターは一旦削除
 (必要によりカシミールからDVDのGPSデターを開くことができます)
14. 画像の保存
 ホームページ掲載用等にルート図や鳥瞰図をパソコンのフォルダーに保存する
 編集→選択範囲の選択→ファイル→表示画像を保存→選択範囲を保存
15.  地形図への地名・ルート等の追加書き込み
 ルート図や鳥瞰図をホームページにアップする場合ルート状況等追記する。
 私はホームページソフト(ホームページビルダー)の付属ソフト「ウエブデザイナー」で記入、画像ソフト「デジカメの達人」
 でトリミングを行っています。


 
14.ホームページへの掲載
 地形図をホームページ等に掲載する場合は国土地理院の許可が必要
 国土地理院ホームページで許可手続きは掲載されています

 ホームページ掲載はカシミールの50,000分の1地形図又は購入した地形図CDを使用
(国土地理院からダウンロードした地形図の掲載は許可されません)

        ルート図掲載申請書見本      鳥瞰図掲載申請書見本
    送付先 国土地理院 総務部総務課審査係 〒305-0811  茨城県つくば市北郷1番 TEL029-864-4150(直) FAX029-864-1807
 
カシミール3Dのホームページ

詳細は 実業之日本社 カシミール3D GPS応用編(\2,415)を御覧下さい。
ご購入の場合は下記を参考に願います

      山名や駅名等で検索が出来る  任意の場所で立体展望図が作成できる 


 カシミール3D基本操作方法

  HOME
 
 GPSやカシミール3Dの使用方法及び国土地理院への掲載申請等のご質問はメールでお尋ねください。