スマートフォンGPS(Geographicaアプリ)の使い方

                                      

1.Giographicaの使い方
 スマートフォンにGeographicaアプリをインストールする

  Geographicaを起動し山に行く前に登山道に沿った地図を一度画面に表示させておく

  電波の入る登山口近くでGeographicaを起動し現在地に矢印が表示されると
 右上から3番目のマークを押すと早く現在地が表示されます
  スマートフォンを機内モードにする。 (電池の消耗を少なくする為)

  登山口でトラックマーク(足跡マーク )を押すとトラック軌跡の記録が開始されま
  す
  下山したらトラックマーク(足跡マーク )を押し記録を停止します
  無料で保存できるトラック数は10件で不要なトラックは削除する
  10件以上保存する場合は有料です(960円当初一度のみ)
  ジオグラフィカ(Geographicaのホームページ

便利な使い方
⒉.カシミール3Dソフトでコースを作りGiographicaで表示する

 カシミール3Dを起動しルート作成(登山路)で出来るだけ細かくルートを作り保存
 (ペンタプレットを使用すると楽に細かく出来る)
 ウェイポイントはshiftを押しながらクリック
 
 作成したルートをトラックに変換する
 (トラックにするとGiographicaでコースが詳細に描かれる)
 ルートホルダーを開き保存したルートを選び右クリック→変換→トラックへ変換で
 トラックに変更する
 トラックホルダーを開き作成したトラックを選び右クリックしファイルへの書き出し
 でGPX保存する。(山名をつけたフォルダー等に保存する)
 名前は「trak-大文字山」等trak-の後ろに山名等をつけてください。
 
 保存したルートをスマートフォンへ送る
 パソコンのメールソフトを起動し保存したGPXデーターをメールに添付して
 スマートフォンに送る
 
 スマートフォンでメールを開き添付のGPXデーターをタップし保存する
 「開く」アプリでGeographicaを選ぶとGeographicaが起動し地形図にコースが
 表示される。
 

 カシミール3Dで作成したウェィポイントをスマートフォンに送る
 ウエイポイント フォルダーを開き各ウエイポイント名を地名等任意の文字にする
 予定コ―スの全ウェイポイントを選び右クリックしファイルへの書き出しで
 GPXデーターとして保存する(GDBデーターではなく)
 名前はtrak-コース名等にする
 メールにGPXデーターを添付してスマートフォンに送る
 スマートフォンでメールを開き添付のGPXデーターをタップし保存する
 「開く」アプリでGeographicaを選ぶとGeographicaが起動しマーカーとして表示
 されます

 登山中Geographicaで記録したトラックをパソコンのカシミール3Dで表示する
 Geographicaの左上のメニュを押し、ファイル→トラック→歩いたトラックの前を
 押す→左下のチェックを押す→GPXメール送信をクリックしてパソコンのメール
 アドレスに送信する
 パソコンのメールを開き添付されたGPXデーターを保存する
 カシミール3Dソフトを起動し保存したトラックを開く(ファイル→開く→
 GPXデーター)カシミールデーターとして保存、分割・カット・追記等編集が出来
 ます

⒊ヤマレコの登山記録のルートをGuiographicaで表示する
 スマーフォンでヤマレコmapを起動し目的の山を表示しコース図右下の
  GPSログ(GPX)を押しスマートフォンに保存する。

  保存したGPXデーターをタップし、開くアプリでGeographicaを選ぶと
 Geographicaが起動し地形図にコースが表示される。

 パソコンで開いたヤマレコの場合はコース図右上のマップ機能を押しGPX
 保存しスマートフォンにメール添付で送る。

 森井さんの180903_0917_地図表示ソフト利用方法勉強会レジメ.pdf

 

      スマホGPSと読図の基礎pdf