「悟りを開いた人」 20070107旧マッケンジー邸


旧マッケンジー邸で、写真を撮ってきまし た。
(参照:http://d.hatena.ne.jp/hal_dynast/20070107#1168160358


  • この素晴らしい邸宅の設計をした、ウィリアム・メレル・ヴォーリズ氏(近江八幡市名誉市民)
  • 邸宅を公共財として寄贈してくださった、エミリー・マーガレッタ・マッケンジー夫人(静岡市の名誉市民第1号)
お二方に敬意を表して...

(写真をクリックすると、大きな写真を表示できます。戻る時はブラウザの「戻る」ボタンを使用してください)

DSCN8474_entrance_s.jpg

・玄関ホールの、旧マッケンジー邸紹介。


DSCN8477_dining_s.jpg

・ダイニングルーム、主人の席より。


DSCN8479_kitchen_s.jpg

・現代住宅デザイナーも感嘆させたキッチン。


DSCN8480_maidroom_s.jpg

・富豪の邸宅ならではの「お手伝い室」。(メイドの私室)


DSCN8485_sewing_s.jpg

・裁縫室。(メイドの仕事場)


DSCN8493_stairs_s.jpg

・素晴らしい趣のある階段。


  • おことわり
ここに掲載した写真は、2007年1月7日に、旧マッケンジー邸見学の一 環として撮影させていただいたものです。
見学は開館時間中は自由となっていますが、撮影会等のイベントで使用する場合は「事前申請」が必要です。
詳しくは、上記旧マッケンジー邸紹介ページの「施設利用のご案内」を参照してください。


ここから先は、例によって「精神的ブラクラ」の可能性があります。
下記の「次のページ」を見たいかなる結果にも責任を負えません。


*「悟り」の小道に戻る*

*次のページへ*