チャネリングも超能力も目的ではありません  


チャネリングをしている人は、少し忘れてしまっています。

チャネリングが目的ではないということを。

宇宙人と意思疎通する事が目的ではないのです。

改めてお話しますが、私たちの目的は、皆さんを戻すことです。

となると『能力開発?』となりそうですね。

これも少し意味が異なります。

一つ一つの能力が開いていくことは大切です。

しかし、それも目的ではありません。

皆さんは、目的と手段を間違えています。

チャネリングや他の能力の開花、それは、手段です。

『思い出す』という行為は、目的でも手段でもありません。

手段となりそうですが、答えはノーです。

記憶はあって、当然のものだからです。

記憶が無かったら、また同じ体験をしてしまいますね?

楽しい記憶が無かったら、それを作るために、また楽しい体験をします。

飽きるまで同じ行為を繰り返します。

思い出しの行為(記憶の回復)は、それらを一回で止めるために行われます。

悲しいことも一回で終わらせたいですね?

人生をスムーズに無駄なく行かせるために、それは行われます。



次へ:忘れることを忘れずに