Ginnan
Ryo
リストマーク
リストマーク
リストマーク
PRODUCTS





  ふうせんバレーボール ルールと進行


【基本的なルール】

ふうせんバレーボールは、バドミントンコートを使用し、ネットで分けられたコートにそれぞれ1チーム6人ずつ入り、ネット越しに両チームが、ボール(ふうせん)を打ち合うスポーツです。一番の特徴は、障がいのある人と障がいのない人とがチームを組み、チーム全員がボールに触れたあと6回以上10回以内で相手コートにボールを返すことです。

【コート・ネット・ボール】

@コートは、バドミントンコート(6.1m×13.4m)ネットの高さ
 (1.55m)を使用し、ネットから2.5mのラインを引き、サー
 ビスライン(アタックライン)とします。


Aボールは直径40cmに膨らませ、ふうせんに鈴2個を入
 れ、結び口にテープを貼ったものを使用します。


B 試合球は、ピンク色を基本とします。




【試合方法】

@ 試合は1セットマッチで、チェンジコートはしません。
A 試合時間は、原則として20分間です。
B 得点はラリーポイント制で、サーブ権の有無に関係なく加算され、15点先取で勝ちとします。
 ただし、時間との併用ルールですので、試合時間終了時点でも勝敗を決めます。

 【チーム】

@ チームの編成に人数の制限はありません。
A コート内に入る選手は、
  □障がいのあるプレーヤー(ハンディプレーヤー=HP)3〜4名
  □
障がいのないプレーヤー(アドバンテージプレーヤー=AP)2〜3名
   で構成された6名です。(ハンディレベル=HLについては、後述)
B ハンディレベル(HL)の基本の組み合わせは(1・2・3・4・4・4)ですが、チームの事情によりHLの枠を広げています。
(1・1・1・4・4・4)  (1・1・2・4・4・4)  (1・1・3・4・4・4)  (1・2・2・4・4・4)  (1・2・3・3・4・4)
(1・3・3・3・4・4)
  (2・2・2・2・4・4)  (2・2・3・3・4・4)  (2・2・2・3・4・4)
等があります。(組み合わせの持ち点は、18点以内とします)HL1がいない場合は、HL4は2名とします。
(試合中、持ち点が18点以内であれば、HLの低い選手がHLの高い選手に代わることは可) 

例1[122444→123444]  例2[113344→123444]等
        (17点 ⇒ 18点)         (16点 ⇒ 18点)

状      態 レベル
 メンバーの指示が通らず、ルールなども理解できない人
 メンバーの指示やアシストがあればプレーできる人
 自分でプレーできるが判断能力が遅れている人
 プレーに支障がない人


 ボールを確認できる距離 レベル
1m以内の人
3m以上の人
5m以内の人
5m以上の人





【進 行】

@ 試合前、キャプテンは主審にオーダー表を提出します。
A 主審の指示により、サービスラインに沿って並びます。
  主審に近い方からゼッケン順に整列し、サーブ権を決めたあと挨拶をして試合開始を待ちます。
B 本部から試合開始の指示後、主審の合図(呼笛シグナル)でサーブを行います。
  (主審が笛を吹いた時からインプレー)
Cボールが自コートに入ってから競技者6名全員がボールを打ち、規定打数10回以内で相手コートに返します。
D 規定打数の間に、1人が2回までボールを打つことができます。(連続は不可)
E 競技者のポジションは自由とし、交代は何度でも行えます。
F試合終了後は、主審の指示により開始時同様に整列し、両チームのキャプテンが得点を確認したうえで勝敗をコールし、挨拶をします。
G 試合の裁定は、コートの主審が権限を持ちます。

H 作戦タイムは、キャプテンの申し出で1回(30秒以内)限り取ることができます。
(ただし、試合の残り時間が5分以内は原則として、作戦タイム及びメンバーチェンジはできません。)


【勝 敗】

@ リーグ戦の順位の決め方
(1)勝ち点の多いチーム(勝…3点、  引き分け…1点、 負…0点)
(2)得失点差
(3)得点の多いチーム
   以上すべて同点の場合、代表者1名のジャンケンとします。

A 試合時間終了時点で同点の場合
・リーグ戦は引き分け
・トーナメント戦は、試合を止めずに1点差がつくまで続けます。
(ただし、時間内であれば、両方とも14対14でジュースとなり、2点差がつくまで試合を続けます。)
 B 試合を棄権した場合は、0対15の負けとなります。


【サービス(サーブ)】


[C、D、EはHP(HL1・2)に対して配慮します]

@ サーブは1本目を失敗しても、2本目を打つことができます。
(1本目失敗後の選手交代は、原則としてできません。)
A サーブは得点に関係なく1回で交代します。
Bサーブはゼッケン順に行い、1番はHPです。(APが2人続けてサーブはできません。)
C サーブは、ボールを手より上にトスアップし行います。
D サーブの空振りは1打とします。
E サーブは、サーブ体制の後ボールが手から離れたのち中止しても、1打とします。
F APはサービスラインの後方から、HPは任意の場所から行います。
ただし、HPで打ち込みのできるプレーヤーは、サービスラインの後方からサーブを行います。
(車いす使用者は、任意の場所から認めます。) 
G HPは、同チームの選手からトスのアシストとサーブ後に1打のアシストを受けることができます。
  また、ボールを投げ入れても構いません。
H ネットインはアウトになりますが、ネットを越えて相手コート側のネットにボールが触れた場合はセーフとします。
   (ただし、ネット上方の白い部分に触れた場合はアウト)
I サービスオーダーミス
(1)サーブの前であれば、正規のサーバーに交代します。
(2)サーブ後であれば、抜かされたサーバーが次にサーブを行います。その次からは、正規のサーブ順に戻ります。 
   (例 3→4→6・・・3→4→6→5→1→2)  ただし、サービスオーダーミスの反則はとりません。 



【反 則】

[C、Dについては、HP(HL1・2)のやむを得ないプレーに対し配慮します]

@ ダブルフォルト     サーブを2本とも失敗した場合
A ナットオール      全員がボールを打つ前に相手コートに返球した場合
B オーバータイムス   (1)10回以内に相手コートに返球できなかった場合
                (2)同一プレーヤーが3回ボールに触れた場合
C ドリブル        同一プレーヤーが連続2回ボールに触れた場合
D ホールディング     ボールを持ったり、運ぶようなパスをした場合
E ジャンプアタック    ジャンプしてサーブやアタックをした場合
Fオーバーライン     アタック(サービス)ラインを踏んだり、越えてアタックやサーブした場合
               上肢に障がいの少ないスタンディングプレイヤーも対象になります。
G フットボール      APの膝から下にボールが触れた場合
H ナットパス       HPへ故意に当てるようなパスをした場合、及びサーブのアシスト してHPの頭上から落とす
                パスの場合

I タッチネット      ネット(ネット部分の支柱含む)に身体の一部及び補助具が触れた場合
J オーバーネット     身体の一部がネットを越えてボールに触れた場合
K ファウルタッチ     補助具で故意にボールを打った場合
L インターフェアー    相手選手のプレーを妨害又は、威嚇・示威・人身攻撃した場合
               (審判に対しての暴言なども含む)
M テクニカルファール   (1)主審の許可を受けないで監督やコーチ・交代選手がコート内に入った場合
                (2)不当なタイムアウトを要求した場合(第1と第2サーブの間、2回目のタイムアウトなど)
                (3)明らかに遅延行為と思われる場合

 L、M・・・1回目注意、2回目反則
       (反則の回数は、チーム全体としてカウントされ、2回目以降は相手に得点が入ります。)

       ※補助具(車いす、杖等)にボールが当たっても1打とはなりません。
















【その他】

 《アウトオブバウンズ》
@ ライン上のボールのイン・アウトの判定は、真上から見て、ボールの一部がラインにかかって いればイン、完全に離れた場合のみアウトとします。
A コート外の床、人、物にボールが触れた場合
B 隣接コートやネットの延長線上に、ボール及びプレーヤーが触れた場合
C ネットより下のポールにボールが当たると、アウトとなります。ネットとポールに同時にボールが触れた場合は、アウトとはなりません。

《マーカー外アウト》
   ボールを相手コートに返す場合、ポールの延長線上の内側(マーカー内)を通過しなければなりません。
   イン・アウトの判定は、ボールの一部がポールの延長線上にかかっていればイン、かかっていなければアウトとなります。

《アタックの判定》
ボールを打った位置からボールが下に向かって進んだ場合、HPかAPかに関わらず、すべてアタックと判定します。
また、ボールに回転を与えて、一度上がって落ちるようなドライブのかかった打ち方もアタックと判定します。
ただし、明らかにチョコンと当てるような弱い打ち方は、フェイントと判定し、ボールが下方向に向かっても、アタックとは判定しません。
アタックは、2.5mライン後方から打たなければなりません。
ただし、HPの場合のみ、ドライブアタックは、打点がネットより下の場合に限り、アタック
ラインの前から打ってもよしとします。


《ノーカウント》 ボールが割れた場合。(ただし、ボールが床あるいはコート外の人・物に当たって割れた場合は、通常の判定を行う)
@ ボールが空中で割れた場合や、判定不能の場合

A その他やむを得ない理由で競技が中断した場合
B ノーカウント後のサーブ
(1)1本目のサーブでノーカウントになった場合のサーブは2本
(2)2本目のサーブでノーカウントになった場合のサーブは1本

《Bアタック (ブラインドアタック) 》
全員がボールに触れた後、視覚障がいのHL1のプレーヤーがボールを捕球した時点で一時中断し、アタックラインの後方に移動しアタックをすることができます。
主審は、捕球した時点で「Bアタック」とコールします。

《2人のプレーヤーによるプレー》
味方の2人が同時にボールに触れた場合、それぞれが一打ずつ触れたとみなし、合計2打とカウントします。その後、どちらかのプレーヤーがボールに触れてもドリブルとはなりません。



       ☆このルールは、2008年2月10日に合意された統一ルールです。


 






 

基本的には、障がいのある、なしに関わらず、子供から高齢者まで、一緒にプレーできる6人制のバレーボールです。
チームは障がいのある選手3〜4名と障がいのない選手2〜3名の合計6名で構成し、ボールが自コートに入ってからチーム全員がボールにタッチした後で10回以内に相手コートにボールを返します。15点先取するか、規定時間内に多く得点した方のチームの勝ちとなります。