福島演劇鑑賞会とは
1、福島演劇鑑賞会は
演劇を観たい人たちが集まってできた自主的で民主的な会です。1960年に俳優座の「巨人伝説」で第1回例会を行い、61年後の今日430回を超える例会と、1400名の会員数を擁する組織に発展しました。この会は、営利を目的とした興行団体ではありません。「良い演劇をより多くの人と定期的に観続ける」ことを目標にして、会員の会費だけで運営しています。何?
6、座席について
 座席は全指定席が原則です。全会員が公平になるよう、全サークルを四つのブロックに分け、例会毎に移動します。会費納入や希望日用紙の提出が遅れた場合、または個人会員は座席が後ろになります。
なお、目、耳の不自由な会員はお申し出ください。
7、座席指定解除について
 観劇条件を良くし、舞台との一体感を作り出すために、開演5分前に指定席を解除します。この時間までに着席してください。係の指示で行います。
8、例会日に会員手帳やシールを忘れたときは
 会場で、仮会員証の発行手続きをしますので、その仮会員証で見ることができます。
9、会員手帳を紛失したときは、事務局で再発行できます(手数料は200円)
10、シールを紛失したときは、例会日の前日までに事務局で再発行できます(手数料はかかりません)