厳選名作傑作絵本1


厳選名作傑作絵本では選りすぐりの名作絵本や

傑作絵本をご紹介しています。

どれもみな、僕の大好きな絵本たちです。


ねずみのちょびちょび サーカスのスターになる

ねずみの

ちょびちょび

サー カスの

スターになる

アンジェロ



アンジェロ

はじめてのなつやすみ ほか4話

は じめての

なつやすみ

ほか4話

すいようびくんのげんきだま

すいようびくんの

げんきだま

こうさぎファーンはじめてのふゆ

こうさぎファーン

は じめてのふゆ

おおきくなったらなにになる?

おおきくなったら

なにになる?

とおいとおいおか



とおいとおいおか

スヌー ピーの絵本と世界の絵本     ムー ミンの絵本と北欧の絵本  

 

かわかみたかこ

 

たまちゃんが そとに あそびに いこうとしていると、

ねこの ちびが かおを なでながら いいました。


「きょうは あめが ふりそうだから、かさを もっていくと

 いいよ」そこで たまちゃんは、ちびに いわれたとおり、

かさを もって でかけることにしました。ちびも 

ついてきました・・・。



ポツン、ポツン、ポツン。ちびの、いったとおり雨が

降ってきました。「ぼくの いったとおり でしょ。」

ちびが、得意そうにいいました。でも、たまちゃんが傘を

開いてみると・・・。


なんと、傘にはまあるい穴がいくつもあいていました・・・。

 

たまちゃんのすてきなかさ
    
 たまちゃんの

    すてきなかさ

 

からすたろ う 

やしまたろう 文・絵


ぼくたちが、むらの がっこうに あがった はじめての日のこと、

男の子が ひとり いなくなって いました。


その子は、きょうしつの ゆかしたの くらい ところにかくれていました。

だれも、この子を しりませんでした。


その子は、とても ちいさかったので、ちびと よばれるようになりました。

この おかしな 男の子は、先生を 

こわがっ て、なにひとつ おぼえる ことが できません。

クラスの 子どもたちも  ちっとも ともだちに なりません でした。


八島太郎は戦前の反戦・民主主義運動の弾圧を逃れて

アメリカへ渡り戦時情報局で日本人向けの

反戦ビラを制作した人である。

 

それゆえ八島太郎のことを裏切り者と考えた人たちもいるよ うだ。
 
しかし、八島太郎の絵本のページを繰るたびに、

作家、八島太郎の声が聞えて来る。

静かに、そして時には叫びのように、

作家、八島太郎の心の声は聞えて来る・・・。

 

その声は、遠く離れた故郷を想い、遠く離れた同胞を想い、

八島太郎の心の声は広い太平洋を風のように渡りやって来る。


 
八島太郎と丸木俊・位里の絵の中の人物はみな

何か寂しそうで哀しそうな顔をしているのはなぜだろう。

 

それは、戦っているからではなかろうか。

その戦いとは日本軍でもなくアメリカ軍とでもなく

戦争そのものと戦っているからではなかろうかと思う・・・。



もし、あなたが絵本を手にする機会があったなら。

いちどは八島太郎の絵本を手に取ってみたらどうだろう。


きっと、あなたの心にも、作家、八島太郎の

心の声が聞えて来るはずだから・・・。

 

からすたろう

からすたろう


えんとつか らおちたふくろうのこ

坂本朗子 画  坂本朗子 坂本尚也 文


ポルトガルのいなかの村のお話しです。

村のはずれの野原には、たくさんの動物たちが棲んでいます。

うさぎやリス や小鳥たちが、木の実

や、きのこを食べて暮らしています。動物たちは、みんな仲良しです。


森の中の大きな木に、ふくろうのお母さんと二羽の

赤ちゃんふくろうがすん でいました。

十一月に入ったある寒い夜のことです。

寒がるふくろうの子供たちをお母さんふくろうは、

 温かい煙突の上に連れて行きました。ところが・・・

えんとつからおちたふくろうのこ

えんとつからおちた

ふくろうのこ


ぼくの子そだて

笹山久三・作 鈴木まもる・絵


さくらの花がさいて、木のめも花のようだ。

山がおけしょうをしたみたいだ。

山にむかうみちで、こいぬのケンタをはなして

やると、うれしそうにはらっぱをかけまわった。


ぼくには、ふゆにみつけてから、たのしみにしているものがあった・・・

山に中にある、ミカンのにおいのする木にさなぎがいるのを

見つけていた男の子は、家のミカンの木でも同じさなぎを

見つけていた。


ある日、庭のミカンの木に花が咲いて、甘い

香りがただよい木の上を大きな黒い蝶が飛んでいるのを見つけた。

男の子がさなぎを見てみるとさなぎは抜け殻になっていた。

男の子は山のさなぎも見てみたくなった・・・



ぼくの子そだて

ぼくの子そだて


ピカピカ

たばたせいいち

これが じてんしゃの ピカピカです。

きこきことへんなおとを たてた  ピカピカは、こんなところに

すてられてしまったのです。「ひどいや!ぼくは ごみじゃないぞ、

ちゃん とていれしてくれれば、まだまだ げんきにはしれるんだ!」


自転車のピカピカは、ゴミみたいに捨てられて

悲しくって泣いていました。

すると・・・。


真夜中に猫たちが集まってきてピカピカを助ける相談をしました。

次の日、猫のタマは、ゆきちゃんをピカピカの所へ案内しました。

ピカピカ を見たゆきちゃんはある決心をしました・・・

ゆきちゃんのやさしが素晴らしい!傑作絵本です。

ピカピカ

ピカピカ

 

芥川龍之介、あさくらせつ、アストリッド・リンドグレーン、

荒井良二、あまんきみこ、アネット= チゾンとタラス=テイラー、

アニタ・ローベル、安野光雅、

有賀忍、アルブレヒト・リスラー

 

ページヘ

移動

 

アントゥー ン クリングス、アンネ・エルボー、

飯野和好、井上ひさし、山本護久、いもとようこ、

池田あきこ、いわさきちひろ、いわむらかずお、

今江祥智、イブ・スパング・オルセン

 

ページヘ

移動

 

さっちゃん の まほうのて


さっちゃんは きょう、とっても おかあさんに なりたかったのです。

おかあさんに なって、みんなに  おやつを あげたり、

あかちゃんにミルクを  のませたり したかったのです。

 

ほんとうは、ようちえんのままごとあそびの 

おかあさんですけどね・・・。

 


さっちゃんのお母さんのお腹には赤ちゃんがいました。

さっちゃんはお母さんのお腹をなでながら

「さちゃんもお母さんになろっと!」

そう、ひとりできめました。

 

さっちゃんたちのスミレ組みでは、

いま、ままごと遊びがとてもさかんです。

でも、背の低いさっちゃんはたいてい、

ちびの妹か赤ちゃんです。だけど、さっちゃんだって、

長いスカートはいてエプロンつけて

お母さんに なってみたいのです。

 

けさ、幼稚園で「今日のお母さんはだれですか?」と いったとき、

さっちゃんは、ままごと箱からエプロンをとりだして

「あたしよ、お母さんは!」といいました。

 

でも、背の高いまりちゃんがあわてて いました。

「あたしよ、お母さんは!」

まりちゃんは怒って、まっかな顔で いいました。

「さっちゃんは お母さんにはなれないよ!

だって、手のないお母さんなんて変だもん。」

まわりにいた、ゆきちゃんや、なおこちゃんも

「そうよ!」「へんだよ!」といいました・・・。

 

 

さっちゃんの まほうのて

さっちゃんの まほうのて

 



マロンちゃ んのおたんじょうび

すながよしあき


きょうは、マロンちゃんの おたんじょうび。

マロンちゃんは、ひとりで  おるすばんです。

ママは、まちまで おかいものに いっています。

どすーん! そのとき、 いえの そとで

おおきな おとが しました。


マロンちゃんが、1人でお留守番をしていると

お家の外に郵便やさんが大き な箱を落として

いきました。マロンちゃんが不思議そうにその箱を見ていると、

なんと、箱の中から声がしました・・・


登場人物たちのキャラクターがとってもかわいい絵本です。

マロンちゃんのおたんじょうび

マロンちゃんの
おたんじょうび


きつねのよめいり

松谷みよ子 さく 瀬川康雄 え

むかし、やまのおくの すいしゃごやに、ひとりのおじいさんが すんでい ました。

ある あめの ふるひのこと、おじいさんは あめにうたれて、いまにも 

 しにそうに なつている、いっぴきの こぎつねを みつけました。


子狐を水車小屋に連れ帰ったおじいさんは、囲炉裏に火をたいてやり、

温か いおかゆを食べさせました。

そして、夜には子狐を抱いて寝てやりました。そのおかげて、

子狐は元気を とりもどし、おじいさんの

所でどんどんと大きくなって美しい娘狐になりました。


ところが、ある日の ことです・・・。


おじいさんと狐の愛情物語。傑作絵本です


きつねのよめいり

がたごと  ごーごー


戸田和代 文  三井小夜子 絵


あのね、くまのこには ないしょの ひみつが あるんだよ。

それは、でんしゃのえ。あるひ、くまのこが みちを

あるいていたら、「とーせんぼ」って いつもの いじわる

きつねが あらわれたんだ。くまのこが こわくて なきそうに

なったら、「やーい、よわむし」きつねは くるりと むこうを

むいた。そしたら、おちたんだ。あおい あおい クレヨン・・・


青いクレヨンを家にもって帰ったクマの子は、

電車の絵を描いてみました。

すると、とってもいい絵が描けたんだ。


ところが、次の日の朝。

クマの子がとってもおどろくことがおきたんだ・・・

がたごと ごーごー
がたごと ごーごー


ビロードの うさぎ

マージェリィ・W・ビアンコ/原作

酒井駒子/絵  抄訳


さいしょ、この ビロードでできた おもちゃのうさぎは

たいへん りっぱ でした。

ふっくらしたからだに ピンクサテンの耳。 

ヒイラギのえだといっしょに クリスマスのくつ下に 

はいっているところは それは すてきにみえました・・・


坊やとおもちゃのうさぎのお話しです。

似たようなお話しの絵本はたくさんありますが、

その中でもとてもよく出来ている絵本だと思います。

傑作絵本です。おすすめします。

ビロードのうさぎ
ビロードのうさぎ

 

ウラジーミル オルロフ、内田莉莎子、

内田麟太郎、A・Aミルンエロール・ル・カイン、

エリック= カール、エルズビエタ

 

ぺーじへ

移動

 

おはなし名画シリーズ、大島妙子、おのきがく、

オスカーワイルド、おおただいはち、小沢昭巳、

小川未明、[聞き手]小野明絵本の作家たち (2)、ガブリエル・バンサン 

 

ページヘ

移動

リキテック ス大全―Acrylic Color 100% Guide Book

アクリル絵具入門者から、

スキルアッ プしたい人まで



絵本作家の荒井良二さんの制作風景が掲載されています。

絵の具をチューブ から出しながら

そのままク レヨンのように使ったり、指先や紙の端を

筆のかわりに使用したりしていま す。


絵を描くという事の固定観念をくつがえしてくれます。

リキテックス大全―Acrylic Color 100%
                                      Guide Book アクリル絵具入門者から、
                                      スキルアップしたい人まで

リキテックス大全―

Acrylic Color

100% Guide Book

アクリル絵具入門者

から、

スキルアップしたい

人まで



ゆうひの しずく

あまんきみこ・ぶん しのとおすみこ・え


ある なつの日。

ひとりぼっちの きりんが、なだらおかをかけあがって、

とおくの うみを みていた。

すると、どこからか、小さなこえが きこえてきた。

「きりんくん、きりん くん」きりんは、くさはらを みまわした。


ちっちゃなアリとおっきなキリンのお話です。

ちっちゃなアリは、おっきな キリンに登って

遠い世界を見ることが出来ました。

おっきなキリンは、ちっちゃなアリに気付いたことで

キレイな花を見つけました。

詩的な絵がすてきな絵本です


ゆうひのしずく

ゆうひのしずく


源平絵巻物語 第一巻 牛若丸

赤羽末吉 絵  今西祐行 文


いまからおよそ八百年のむかしです。

都(いまの京都)に、源氏と平氏のは げしいいくさがありました。

源氏の大将は源義朝、平氏の大将は平清盛。

平治元年という年(一一五九 年)の十二月のことでした。

このいくさで源氏はやぶれ、その一族はちりぢりになりました。


常盤と別れて、鞍馬山へ行った牛若丸は、夜になるとこっそりと

寺を抜け出 して義朝も好きだったという笛を吹くのでした。

その夜も、いつものように牛若丸が寺を抜け出して笛を 吹いていると、

何処からか不思議な笑い声が聞えてきました・・・



鞍馬山へとあずけられた牛若丸が、金売りの吉次の手引きによって

奥州の藤 原秀衡のもとへ逃れるまでの物語。


源平絵巻物語
第一巻牛若丸

 

キミちゃんと かっぱのはなし

作・神沢利子 絵・田畑精一



ヨコハマの みなとに はいる 船の にもつを あげおろしして、

しごと の すんだ ハシケは、夕ぐれ、運河に つながれます。

 

とうちゃんは、どうの間(ハシケの 人が ねおきする へや)で、

ごろりと よこに なり、かあちゃん は、水を くみに

 でかけ、キミちゃんだけが、おもちゃの 

子イヌの ムクを だいてあそんでいました・・・


キミちゃんが、ぬいぐるみの子犬のムクと遊んでいると

水のあぶくがたっ て、運河からかっぱが現われました。

かっぱはキ ミちゃんに水の中の暮らしやハシケから落ちた

コーヒーをたくさん拾ったのでコーヒー屋でもやろうかなと話しかけます。

すると、キミちゃんはエスカレーターのあるコーヒー屋なら行っても

いいかな。というのです・・・



夕暮れの運河で、キミちゃんとかっぱが出会うシーンが好きです。

作品全体に何とはなしに漂う郷愁感。

物語りも絵も素敵な傑作絵本です。

良い絵本は何度も読み返してみたくなります。

(実際、何度も読んでいる)

この絵本はそんな一冊です。

 

キミちゃんと
かっぱのはなし


ほんとうの ことをいってもいいの?

パトリシア・C・マキサック 文 ジゼル・ポタ- 絵 ふくもとゆきこ 訳


リビーはいそいで家をでて、ポーチの階段をおりました。

「オルボスニえさ と水をやったの?」

ママがミシンべやのまどからよんでいます。

「やったわ、ママ」リビーは門 のところで

たちどまっていいました・・・


リビーはママに、うそをついて遊びにいこうとおもいました。

でも、ママに 問い詰められてリビーは本当のことをいいました。

すると、リビーはとっても気分が楽にな りました。

その時、リビーは、「これからは、本当のことをいおう」と誓ったのです。

 しかし、本当のことだけをいっていると、とんでもないことに

なってしまったのです。


人の心をおもしろく描いた傑作絵本。

ほんとうのことをいってもいいの?

ほんとうのことを

いってもいいの?

ケムエルとノアのはこぶね

 たまちゃんのすてきなかさ

   おばけこわくないぞ!

  だくちる だくちる―はじめてのう

  ほしのこのひみつ

さっちゃんの まほうのて

ケムエルと

ノアの

はこぶね

たまちゃんの

すてきなかさ

おばけ

こわくないぞ!

だくちる

だくちる―

はじめてのう

ほしのこの

ひみつ

さっちゃんの

まほうのて

2019.1.8