厳選名作傑作絵本

登場人物たち ピピのつばさ1 ピピのつばさ2 ブログ絵本 フルーツ島からのやさしい風2 フルーツ島の仲間たち

フルーツ島新聞 リンク 厳選絵本1 厳選絵本2 厳選絵本3 厳選絵本4 厳選絵本5 お問合わせ

@With 人気Webランキング トップページへ

もっと読みたいおはなし絵本100

もっと読みたいおはなし絵本100

もっと読みたいおはなし絵本100
鳥越信 編

日本のおはなし絵本と外国のおはなし絵本が五十冊ずつ合わせて
百冊のおはなし絵本が紹介されています。
1冊ずつとても丁寧に解説されていて絵本の写真もとても美しいので、
どの絵本もすぐにでも手にとって読んでみたくなってしまいます。
おはなし絵本選びにはとても重宝する1冊と言えるのではないでしょうか。

スモウマン

スモウマン

スモウマン
え 長谷川義史  ぶん 中川ひろたか

ぼくは スモウマン。せいぎの ために たたかうぞ。
あ ぼくを よんでる ひとが いる。ドスコーイ!

すしのねた部屋のスモウマンは実は弱きを助け強きをくじく
スモウマン!だったのです。今日も悪と戦うスモウマン。
ドスコーイ!

朝青龍も琴欧州 もビックリの相撲絵本!

とびだす・ひろがる!

とびだす・ひろがる!

とびだす・ひろがる!のりものえほん
吉川正和・さく/こうせい 本信公久・え

ウィーン ガァーゴトゴト せいそうしゃは、ごみを あつめて
みんなの まちを きれいに するよ。
おや?こんどは なんの おと?(ページを めくってごらん)
ウィーン ガガガガ ザザー ながーい うでで つちを
ほって ダンプカーに いっぱい のせるよ。
こうじげんばで はたらく のりもの なーんだ?

仕掛け絵本になっていて1ページめくるごとに
楽しむ事ができるよ。

イヌのすべて

イヌのすべて

イヌのすべて
サ・ラファネリ 作 掛川恭子 訳

ポップな絵とコラージュによって世界のイヌが紹介されています。
もちろん日本のイヌもキモノをきて登場しています。

細かく描き込まれた絵を1ページずつたんねんに見ていくと意外な
発見が有るかもしれません。

おばけのもり

おばけのもり

おばけのもり
作 石津ちひろ 絵 長谷川義史 

きょうは ねんにいちどの たのしい おまつり。
ヒロシは なかよしの ともだちと、3にんで じんじゃへいった。
みんなで たこやきを たべていたときのこと。
ヒロシのねらった たこやきが ぽろんと そとへ とびだして、
ボールのように はねはじめた。たこやきのあとを どんどん
おいかけて いくうちに・・・

たこやきの後を追って、ヒロシは不思議な世界の入口にやってきた。
そして、ヒロシはそのまま不思議な世界へと・・・。

いろいろなお化けが沢山出てくる出てくるお化け絵本!

どんくまさん

どんくまさん

どんくまさん
柿本幸造 絵 藏富千鶴子 文 武市八十雄 案

やまの おくの また おくの どんくまさんの おうちにも
きょうは あきかぜ ふきました
ささやぶ さやさや なるたびに どんくまさんは そとに
でて だれか きたかと さがします
ぼくも ともだち ほしいなと どんくまさんは さびしそう
のぎくの においを かぎました まちまで いってみようかな
どんくまさんの こころには ぽっちり ゆめが ひを ともす・・・。

秋風がふいてなんだか人恋しくなったどんくまさんは、
山をおりてうさぎの町までやってきました。ところが、
そこでどんくまさんは失敗ばかり・・・

ぐりとぐらの1ねんかん

ぐりとぐらの1ねんかん

ぐりとぐらの1ねんかん 
なかがわりえこ と やまわきゆりこ

1がつ あけまして おめでとう あたらしいとし おめでとう
きょうも あしたも あさっても ずっと ずっと 一ねんじゅう
300と65にち よい日で ありますように 2がつ しっかりと
つかまれ ぎゅっと くっつけ それ いくぞ・・・。

そのものずばり、ぐりとぐらの1年間がつづられています。
絵をみているだけでなんだかわくわくと楽しくなれる絵本です。

しょうぼうじどうしゃじぷた

しょうぼうじどうしゃじぷた

しょうぼうじどうしゃじぷた
渡辺茂男さく 山本忠敬え

あるまちの まんなかに、しょうぼうしょが ありました。
そこには、はしごしゃの のっぽくんと、こうあつしゃの
ぱんぷくんと、きゅうきゅうしゃの いちもくさんが おりました・・・。

はしご車ののっぽ君が、得意そうにいいました。
「どんな たかい ビルが かじになっても、ぼくさえいれば
しんぱいないよ。」こうあつしゃのぱんぷ君も自慢げに
いいました。「ぼくが みずを はきだせば、どんなひでも、
じゅんときえてしまうよ。」ぼくも忘れちゃこまるよと
きゅうきゅう車のいちもくさんが、「けがにんがでたらびょういんまで
いちもくさんさ。」と自慢しました。でも、消防署のすみっこには
ジープを改良したじぷたという小さなしょうぼう車がもいたのです・・・。

忍者にんにく丸

忍者にんにく丸

忍者にんにく丸
川端誠

ここは黒雲城。城のあるじは闇雲暗之輔。これがまた
わるい殿さんで となりの国が、たいそうゆたかなのを
うらやんでその国をおさめる殿様、青空晴高の娘、飛子姫
をとらえて城のろうやにとじこめてしまった・・・。

わくわくどきどき、活動大写真的傑作時代劇絵本!

おうじさまのいちだいじ

おうじさまのいちだいじ

おうじさまのいちだいじ
杉田比呂美 作・絵

しずかな しずかな もりのなかに、ちいさな おしろが
たっています。
おしろには、おうさまと じょうおうさまが、すんでいます・・・。

お城の中で王子様はたくさんの家庭教師について
りっぱな王様になるための練習をしていました。
そのおかげで王子様は近頃めったな事では驚かなく
なっていました。ところが、めったなことでは驚かない
王子様にこまった事件がおきたのです・・・。

かいじん ハテナ?

かいじん ハテナ?

かいじん ハテナ?
  舟崎克彦(作) スズキコージ(絵)

おてあらいのドアを あけたら、そいつは いきなり あらわれたんだ。
「キャッ だれ!?」ぼくが さけぶと、「ガハハ、わしは かいじん
ハテナだ。」そいつは えらそうに わらったよ・・・。

お手洗いの中から突然現れた怪人ハテナ。ハテナは勝手な事を
いうんだ。ぼくがオシッコさせてよっていうと、オシッコしたけりゃ
わしのなぞなぞに答えてからだ!なんていうんだ。「ぼくみたいな
子供にいばらなくったっていいじゃない。」っていうと、「わしは
いくじなしだから おとなには いばれないんじゃ!わかったか。」
なんていうんだ・・・。

きんたろう

きんたろう

きんたろう
さとうあきら・文 田島征三・画

むかし-あしがらやまに きんたろうという おとこのこがおった。
おとうは てんの かみなりで、おっかあは やまんばだった・・・。

小さいころから怪力だったきんたろうは、少し大きくなると
でっかいマサカリをかついで山ん中を歩き回るようになった。
木こりのまねをして大きな木を切り倒して谷川の橋にしたり、
でっかいクマとすもうをとったりしていた・・・。

マトリョーシカちゃん

マトリョーシカちゃん

マトリョーシカちゃん
加古里子 ぶん・え 原作ヴェ・ヴィクトロフ/イ・ベロポーリスカヤ

おにんぎょうの マトリョーシカちゃんは、まどから
そとを みていました。さみしくなった マトリョーシカ
ちゃんは、「そうだ、おきゃくさんを よぶことに しましょう」
と、いいことを おもいつきました。そこでー

さみしくなったマトリョーシカちゃんは、

ご招待の張り紙をお家の外にはっておきました。すると・・・。

お人形のマトリョーシカちゃんがとても可愛いくて
楽しい絵本です。

マットくんのしょうぼうじどうしゃ

マットくんのしょうぼうじどうしゃ

マットくんのしょうぼうじどうしゃ
さく・ピーターシス やく・中川ひろたか

おとこのこ。なまえは、マット。しょうぼうじどうしゃがだいすき。
あさ、いちばんにいうことば、「しょうぼうじどうしゃ」・・・。

消防自動車が大好きな男の子のマットは、朝おきて、
一番に言う言葉が「しょうぼうじどうしゃ」でおやすみまえに
言う言葉も「しょうぼうじどうしゃ」でした。そんなマットが
ある朝おきてみると・・・。

おしっこでるよ

おしっこでるよ

おしっこでるよ
作・ロバート・マチン 絵・ミカエル・マチェンコ 訳・乃木りか

あるひ、おとうさんとおかあさんとアンドリューは、おじいちゃんと
おばあちゃんのうちへいくことになりました。
くるまにのるまえに、おかあさんはききました。「アンドリュー、
おしっこはだいじょうぶ?」「でない、でない、でない」
アンドリューはいいました・・・。

おとうさんとおかあさんとアンドリューは車に乗り込みました。
車にはたくさんの本とオモチャとクレヨンも積み込みました。
さあ、シートベルトをしめて出発です。ブーン。ところが、
それから一分過ぎた時です・・・。

にんぎょうしばい

にんぎょうしばい

にんぎょうしばい
キーツ さく きじまはじめ やく

にんぎょうしばいを はじめるまえ、スージーと ロベルトは 
おきゃくのほうを みていた。このにんぎょうを つくるのには、
ずいぶん じかんが かかったのだ。おきゃくの こどもたちは、
ともだちどうし となりあわせに すわろうとしていた。
「わあい!みんな きてるわよ!」と、スージーがいった・・・。

無口でいつも一人ぼっちでいることのおおいルイ。
でも、そのルイが人形芝居がはじまると、ルイは一人立ち上がって
人形に話しかけていた。「こんにちわ!こんにちわ!」すると、
「おうい、すわれよ!」みえないぞーとの声・・・。

この絵本は作者のキーツが日本へ来たときに出会った一人の
男の子の事がモデルになっているそうです。

ルリユールおじさん

ルリユールおじさん

ルリユールおじさん
いせひでこ・作

パリの街に朝がきた。その朝はとくべつな一日のはじまりだった。
あ、わたしの図鑑が・・・・・・こわれた本はどこへもっていけば
いいの?
本屋さんにはあたらしい植物図鑑がいっぱいあった。
でもこの本をなおしたいの・・・。

植物好きな小さな女の子の私には大切な本があった。
しかしある日、その私の大切な本がこわれてしまったのだ。
女の子はその本をなおしたくてパリの街中をさまよいあるいた。
そして、ルリユールのことをおしえられた。
ルリユールおじさんがなおしてくれるのね。
でも、ルリユールおじさんてどこにいるのだろう・・・。

ことりとあかちゃんの おはなし 世界の絵本

ことりとあかちゃんの おはなし 世界の絵本

ことりとあかちゃんの おはなし 世界の絵本
作・アンドレ・ダーハン 訳 きたやまようこ

あかちゃんが うまれた いえには、あかちゃんごを はなせる
ことりの ジャコットが いました。「アアア・・・」ジャコットが
はなしかけると、「アアア・・・・」あかちゃんも おなじちょうしで
こたえます。あかちゃんは ジャコットが だいすきで、ジャコットも
あかちゃんを とても だいじに して いました・・・。

ジャコットと赤ちゃんはだいの仲良しでした。ジャコットの友だちの
小鳥たちも赤ちゃんが好きでいつでも赤ちゃんを見守っていました。
ところが、ある日とつぜん赤ちゃんが空を飛んで何処かへ消えて
しまったのです・・・。

ぼくのおじいさんのふね

ぼくのおじいさんのふね

ぼくのおじいさんのふね
作・アンドレ・ダーハン 訳 きたやまようこ

ある ひ、いえの まわりを さんぽして いた アントワーヌは、
くさに のりあげた ふるい ふねを みつけました。
それは、アントワーヌの オジイサンが いきて いた ころ 
たいせつに して いた、あの ふねでした。
「おじいさんの ふねを みつけたよ!」アントワーヌは うれしくて、
おおごえで さけびました・・・。

アントワーヌがおじいさんの船をみつけると、友だちのろばの
オーツちたがやって来ました。オーツ以外はボロボロの船を
みると笑いましたが、アントワーヌとオーツは船を修理する事に
しました・・・。

子供のころの想像力って宝物なんだなと思える楽しい絵本です。

きみをみつけた

きみをみつけた

きみをみつけた
作 アンドレ・ダーハン 訳 きたやま ようこ

この はてしない うちゅうの どこかに きみは いる はず。
ちゃんと たしかめたくて、ちゃんと みつけたくって、
よぞらに むかって ぼくは はしった・・・。

美しい星を見つけた僕は、花を受け取ってほしくて星空にむかって
花束をなげた。花はちゃんと届いたかな?それとも、驚いたかな?
喜んでくれたかな?そして・・・。

もりへいったすとーぶ

もりへいったすとーぶ

もりへいったすとーぶ
神沢利子ぶん 片山健え

「なつじゅう ものおきで くらすなんて つまらないや。
しごとを みつけて はたらこう」すとーぶが まちへ
でかけました。おおきな こえで、うたって あるきました。
ぼくは すとーぶ はたらきものよ なにか ごようは
ありませんかー ところが おくさんたちは しらんかお。
「この あついのに、すとーぶなんか みるのもいやよ。
れいぞうこ なら いいけど」・・・。

冬にはだれもが喜んでくれたのに、夏にはじゃまものあつかいの
ストーブ君。何かご用はありませんかと町へとやって来ました。
しかし、粗大ゴミとまちがえられてゴミ集めの車にグイと押された
ひょうしに、すとーぶ君は坂道をゴロゴロところがりだしました。
はたして、すとーぶ君は・・・。

ちいさなヒッポ

ちいさなヒッポ

ちいさなヒッポ
マーシャ・ブラウン さく うちだりさこ やく

「さあ、しっかり つかまって ヒッポ。」川べの パピルスのしげみで
うまれたときから、ヒッポは おかあさんの そばを はなれたことが
ありません。かばたちは、ひるのあいだは、あたたかい すなちに
かさなりあったり、ひなた水に うかんだりして、とろとろ ねむって
すごします・・・。

かばの親子のおはなしを、美しい版画で描いた愛情物語りです。

さびしがりやのトッケビ

さびしがりやのトッケビ

さびしがりやのトッケビ
ハン・ビョンホ 作・絵 藤本朝巳 訳

むかし むかし、山おくに シムシミという 名の さび しがりやの 
トッケビが おりました。山おくには いっしょに あそぶ ともだちも
いないし、たのしい あそびも ありませんでした・・・。

退屈になったシムシミは、ある日遠くの村までおりてみることに
しました。シムシミの姿を見た村の人たちは「トッケビだー!」
と叫んで逃げ出しました。シムシミは「おーい、村のトッケビたち、
おれとあそぼうよ。」といいました。シムシミには、みんなの頭の
てっぺんでゆれているちょんまげがシムシミの頭にも有るツノの
ように見えたのです・・・。

きんいろのとき―ゆたかな秋のものがたり

きんいろのとき―ゆたかな秋のものがたり

きんいろのとき―ゆたかな秋のものがたり
アルビン・トレッセルト文 ロジャー・デュボアザン絵 えくにかおり 訳

おそい夏の 夕方、キリギリスが なきはじめます。
きりきり きりかり きりきり きりかり 木のうえで、やぶのなかで、
草のうえで。ふるくからの いいつたえです。
「霜がおりるまで あと 六週間」さあ、秋のさいしょの つめたい空気が
夏の夜に そっとふれます・・・。

だんだんと涼しい夜が長くなってくると、ムギ畑には、脱穀機の落とした
ムギ粒目当てに野ネズミたちが集まってきます。最初の霜が下りると
カエデが赤く、にれは金色にそまります・・・。

みどりののはらであそぼうよ

みどりののはらであそぼうよ

みどりののはらであそぼうよ
マーティン・ワッデル ぶん バーバラ・ファース え

ゆきの のはらに ウサギが いちわ。子どもの ウサギで 
まよったんだね、ゆきの中で たおれてた。
ベンが 見つけて ほえて しらせた。
ぼくが だいて つれてかえった。おねえちゃんは、しんじゃうかもって
いったけど、だけど 生きてるよ・・・。

雪の野原で見つけたウサギを家に連れ帰った2人は、ウサギをマットの
上に座ったベンの横においてあげた。ベンはウサギの体をなめて
あげている。ベンはウサギを小さなイヌだとおもっているようだ・・・。

野はらの音楽家 マヌエロ

野はらの音楽家 マヌエロ

野はらの音楽家 マヌエロ
ドン・フリーマン作 みはら いずみ訳

ある夏の夕ぐれどき。クローバーデールの野はらでは、マヌエロという
なまえの カマキリが、うっとりと、うつくしい音楽に ききほれていました・・・。

音楽好きのマヌエロは自分でもきれいな音を出してみたくなりました。
マヌエロはコオロギやキリギリスのように羽をふるわせてみました。
しかし、音はちっとも鳴りませんでした。
マヌエロはがっかりしました。・・・。
でも、マヌエロはあきらめませんでした。マヌエロは自分で
楽器を作ってみることにしたのです・・・。

激しく創った!!―田島征彦と田島征三の半世紀

激しく創った!!―田島征彦と田島征三の半世紀

激しく創った!!―田島征彦と田島征三の半世紀
田島正彦 田島征三

絵本作家でありアーティストである田島正彦さんと田島征三さん
の半世紀にわたるそれぞれの作品が紹介されています。
読み物としても楽しく読むことが出来ますし、お二方のすぐれた
作品は絵本作家、アーティストを目指している人々の参考に
なるのではないでしょうか。

激しく創った!!―田島征彦と田島征三の半世紀


今江祥智 文 田島征三 絵

からだの長さは山をふた巻きするぐらいもあり、雲を呼び風を
おこし天を駆けることもできるというのに、龍の子三太郎は
ほんとに気がよわくて、いつもいつも、沼の底でじいっと
とぐろを巻いて、いきをころしておるのだった・・・。

気の弱い龍の子三太郎は、人に姿を見られたくなかったので
真夜中にそっと沼の中から鼻先だけをだして胸の中の空気を
いれかえていた。三太郎の父親の龍大王でさえも息子の姿を
みつけるのに苦労するくらいだったのだ。そんな三太郎だったが
ついにある夜・・・。

コアラのフッフちゃんのおつかい
花之内雅吉 作・絵

「フッフちゃん、おてがみを もりの はずれの ポストに いれてきて
ちょうだい」
「うん、いいよ。おかあさん」
コアラの フッフは もりのなかを かけていきます・・・。

フッフがポストにお手紙を入れようと森の中をかけていくと、うしのおじさんと
おばさんにあいました。うしのおじさんとおばさんは大事な人形たちの
入ったトランクがなくなったのでがっかりしていました。ちょうどそこへ
ユーカリの葉っぱをもったコアラのおばさんがやって来ました。
フッフはおばさんにトランクを持っていったのはきっとサルくんたちだよ。
といいました。サルくんたちは、ほかにも色々といたずらをしていたのです。
フッフとおばさんは、サルくんたちを少しこらしめてやることにしました・・・。

かみそりぎつね

かみそりぎつね

かみそりぎつね
小沢正・文 野村たかあき・画

むかし むかし、あるところに、

そうべえさかと いう ひとが いました。
ある ひ、そうべえさんが みちを あるいていると、

くさむらの なかから、きつねが いっぴき、

ぴょーん。「むにゃ むにゃ 」きつねは、

おまじないのようなことを いいながら、

くさを むしって あたまに

 のせると、ぱっと おんなの ひとの
すがたに かわりました・・・。

きつねが、道端にあったお地蔵様を抱え上げるとお地蔵さんはぱっと
赤ん坊の姿に変わりました。そうべえさんはキツネの後をこっそりと
つけていきました。すると、一軒の家の中へ入っていったのです・・・。
家の中では、みんながきつねと話したり赤ん坊をあやしたりしています。
家のものは、この女がきつねだと気がついていないようなのです。
そうべえさんは、きつねのやつめ何をするつもりだ。と家の中へとび
こみましたが・・・。

トロッコ

トロッコ

トロッコ
芥川龍之介/作 宮本順子/絵

小田原熱海間に、軽便鉄道敷設の工事が始まったのは、良平の
八つの年だった。良平は毎日村外れへ、その工事を見物に行った。
工事をーといったところが、ただトロッコで土を運搬するーそれが
面白さに見にいったのである・・・。

少年の揺れ動く心と美しい風景が、友禅染めと蝋纈染めの技法を
もちいた染色画で表現されています。

だるまちゃんとかみなりちゃん

だるまちゃんとかみなりちゃん

だるまちゃんとかみなりちゃん
加古里子さく/え

だるまちゃんが そとに あそびに いこうとしたら あめが ふってきました。
かさを さして でたら へんなものが おちて きました。そして・・・。

変なものが落ちてきてだるまちゃんが驚いていると。
かみなりちゃんが落ちてきたので、だるまちゃんはもっと驚きました。
落ちてきたかみなりちゃんは、木の枝に引っかかっている変なまるい物を
とってと泣きながらいいました。
そこで、やさしいだるまちゃんは飛び跳ねたり飛び上がったり、もっている
かさでつっつこうとしたのですがとどきませんでした。
だるまちゃんとかみなりちゃんはうんうんと考えました。すると・・・。
だるまちゃんが、いいことを思いつきました・・・。

ざしき童子(ボツコ)のはなし

ざしき童子(ボツコ)のはなし

ざしき童子(ボツコ)のはなし
伊勢英子・絵 

ぼくらのほうの、ざしき童子のはなしです。あかるいひるま、みんなが
山へはたらきにでて、子どもがふたり、庭であそんでおりました。
大きな家にたれも(だれも)いませんでしたから、そこらはしんとしています。
ところが家の、どこかのざしきで、ざわっざわっとほうきの音がしたのです・・・。

子どもたちは、お互いに肩と手を組み合って座敷をみてあるきました。
でも、だれもどこにもいませんでした。
しかし、やっぱりどこかでざわさざわっとホウキの音が聞えます。
二人はもう一度こっそりと座敷をのぞいて見ました・・・。

飛行士フレディ・レグランド

飛行士フレディ・レグランド

飛行士フレディ・レグランド
ジョン・エイジー 絵と文 清水奈緒子 訳

「なんてこった!」フレディ・レグランドは声をあげた。乗っていた「金のカモメ号」
が、地面にむかって まっさかさまにつっこんでいく。こうなったらパラシュートで
脱出だ・・・。

飛行機が落ちたのは、フランスの片田舎だった。フレディーのパラシュートは
木の枝にひっかかったが、通りかかった農家の夫婦に運良く助けられた。
助けてくれた夫婦は納屋に突っ込んだ飛行機をみると怒るどころか興味津々
だった。「どうやって動かすんだい?」・・・。

Merveille  DTS(Design Technology Search)