厳選名作傑作絵本

登場人物たち ピピのつばさ1 ピピのつばさ2 ブログ絵本 フルーツ島からのやさしい風2 フルーツ島の仲間たち フルーツ島新聞

リンク 厳選グッズ 厳選絵本1 厳選絵本2 厳選絵本3 厳選絵本4 厳選絵本5 お問合わせ

@With 人気Webランキング トップページへ

エドナ ミラー

ここは森の中、大きな木の下には

茂みがあって、実や、種を、地面に

向かってまき散らしています。

そして、茂みのしたには、

ネズミたちだけが知っている細い

小さな道がありました・・・。

ねずみのマウスキンときんいろのいえ


おはなし名画シリーズ

天才ピカソの誕生

パブロ・ロイス・ピカソは、1881年

10月25日スペインの南の海岸に

あるマランガという町で

生まれました。

幼いころのピカソは、絵の先生を

していたお父さんにつれられて

よく闘牛を見に出かけました。

8歳のときには闘牛の絵を

描いています・・・。

エドゥアール・マネは、

1832年1月パリに生まれました。

マネは、小学校のころから学校の

勉強が大きらいでした。

勉強よりも絵を描くことのほうが

ずっと好きだったのです・・・。

クロード・オスカール・モネは、

1840年11月パリに生まれました。

モネは、海が大好きで毎日海辺を

走り回って遊んでいました。

中学生になったモネは、学校の

勉強をちっともしないで、人物を

モデルにした漫画を描くことに

夢中になりました・・・。

おはなし名画シリーズマネとモネ

1853年、ヴィンセント・ヴァン・

ゴッホは、オランダの小さな村

フロート・ブンデルトに牧師の

子供として生まれました。

ゴッホには、二人の弟と三人の

妹がいましたが、すぐ下の弟テオ

とは大の仲良しでした・・・。

それは、今からおよそ100年

ほど前、1891年4月のある

晴れた日の事でした。

フランスの南海岸にある

マルセイユという港町から

一隻の船が出発していきます。

めざすは、太平洋の真ん中に

浮ぶ小さな島タヒチ島・・・。

ゴッホとゴーギャン


大島妙子

ジローとぼく

主人公はぼく。

ぼくは子犬をひろいました。

そして、名前はジローと

付けました。

ぼくは、うれしくてジローと

いつも一緒に寝ていました。

ジローは、どんどんと大きく

なって行きました。

そしてある日、ジローとぼくは、

入れ代わってしまうのです・・・。

やまんばばあさん海へ行く

歯がぬけた


おのきがく

ダチョウのエルフは、アフリカの草原に仲間たちとくらしていました。

エルフは、若くて、強くて、

すばらしく大きなダチョウ

でした・・・。

ある日・・・。


オスカーワイルド

幸福の王子



おおただいはち

夏の暑い盛りに、大和から京の

都へと続く道を、ウリを積んだ

馬を連れて下人たちが歩いて

いました。

下人たちも馬も、汗と埃にまみ

れて宇治のまちまでやって来た

のです・・・。

ふしぎなウリどろぼう

第三回絵本日本賞受賞

法隆寺、玉虫厨子(国宝)を

題材に、仏師、若麻呂を

主人公とした物語

絵本玉虫厨子の物語

二分間の冒険

虔十公園林

太田大八 画

呉承恩 作 

周鋭 編  

中由美子 訳

絵本西遊記

むかしむかしのずーっとむかし、

天と地はまだ分かれておらず、

すべてが混沌としていた。

もちろん人間などいなかった。

そのあと、長い長い時がすぎ、

盤古が天地を開き、世界は四

つの大陸に分かれた・・・。

おなじみ、三蔵法師と孫悟空、

猪八戒、沙悟浄による、十四年間

の西天への取経の旅の物語。

読み応えたっぷり。ですが、

まだまだ続きを読みたいと

思ってしまうのです。

え 太田大八

ぶん 川崎大治 

はなたれこぞうさま

むかしむかし、ある村にナ。

花をつくっては、とおい町

まで売りにいく、おとこが

おったト・・・。


小沢昭巳

とべないホタル

ピピとべないホタル

 


小川未明

牛女

 

赤いろうそくと人魚

 


[聞き手]小野明

絵本の作家たち (2)

  太田大八・井上洋介・片山腱・

あべ弘士・たむらしげる

・村上康成

声の、全身欲。 小野明 

おまたせしました。

「絵本の作家たち」の第二弾を

お届けします・・・。

作品に興味を持つと、その作家の

人となりも知りたくなります。

どんな風貌をしているのか、

どんな仕事場なのか、などなど。

そんな、欲求を満たしてくれる

のがこの一冊です!


ガブリエル・バンサン 

老夫婦

セレスティーヌーアーネストとの出会い

最初から最後の場面にいたる

まで、線の一本一本から作者か

らのメッセージが読むものに

伝わって来ます。

そして、何十回、何百回読んでも、

けして厭きることのない一冊と

いえる傑作絵本です・・・。

アンジュール-ある犬の物語

くまのアーネストおじさん

シリーズの中の一冊です。

くまのアーネストと子ネズミの

セレスティーヌのおはなしが

アーネストとセレスティーヌの

心の交流をとおして、やさしく、

ていねいに描かれています。

くまのアーネストおじさん かえってきた おにんぎょう

文芸Webサーチ  幼稚園ねっと