♥ 世界のキテレツ洋書&デヘブヒデヘ専門店「どどいつ文庫」です。ご連絡はdobunko@mail.goo.ne.jp「コニチワど文庫」係まで大至急に。

メニウでゴザル

●最新頁はアチラ
最新頁
www5f.biglobe.ne.jp/~dobunko/
◎ご来店あんない
コチラです
◎ご注文HOWはう
25ぢかん受付中
※ホ〜モ頁に出ていない本やDVDもお探ししします。。
◎ご来店あんない
コチラです
◎ご注文HOWはう
25ぢかん受付中
※ホ〜モ頁に出ていない本やDVDもお探ししします。。
◎お問合せ連絡先
お問合せご連絡は、 dobunko@mail.goo.ne.jp
まで。いつでもどうぞ。
ブログ代り的?
//pookmark.jp/user/dobunko
◎ど忘れメモブログ
dobunko.seesaa.net/
◎ご注文方法

ご注文は25ぢかんOK

※ホ〜モ頁にのつていない本やDVDのお問合せもどおぞ。。
◎「小鳥さん」部屋
ご注文は25ぢかんOK
※ど文庫お客ちゃまの特殊蔵書はいけんコーナ。3,4年ぐらい後進してないです。すいません。そのうち復活しまぢろう。。
◎おメエル連絡先
お問合せご連絡は、 dobunko@mail.goo.ne.jp
まで。いつでもどうぞ。
25ぢかん受付中
※ホ〜モ頁に出ていない本やDVDもお探ししします。。


〈ふりだしへ戻る〉

2010年1月ホカホカ入荷ですたい!
*お好きな順番で画像の上をゴキっゴキっと押っぺしてのぞいて見みみてください。

2010年01月30日のあれやこれや。

    ★今日のメニウ‐その1    

世界の戦争ネタ1こまホラー漫画イラストお絵描き集

偉大な戦争はんたいマンガ集
..科学や技術の破壊力がとてつもない勢いで全部増し増しのメガ盛り丼化していくのに足なみを揃えて、悲惨の度合いを宇宙規模にまで拡大してしまったように見えるセンソーのオトロシさ。けれども、ヘーワといわれる季節の悲惨さオトロシさを思い出してみると、センソーならではのオトロシさがますますオトロシー気分に早速なってきたかもな皆々さまの心配に、そぉっとおフトンをかぶせて眠り込ませてくれる眠りぐっすりのような作用をもっているように見えなくなくもない、戦争反対ひとこまホラーマンガの大コレクヒョンでありまする。ボッシュやドーミエ、ギュスタブ・ドレ、ゴヤなどづいぶん古いところから、ルーブ・ゴールドベルグやゲオクグ・グロス、アルフレッド・クービン、ウィンザー・マッケイ、さらにもそっと最近のトミ・ウンゲラー、ロバート・クラム、アート・スピーゲルマン、ラルフ・ステッドマンなど総勢100人を越す実力派人気あぁちすとの方々の戦争ねたヒトこまホラー作品が、それぞれに架空戦争のもたらす惨劇の光景を競って伝え、戦争の悲劇でどこもかしこも埋め尽くされた何ともオトロシーお絵描き集になっています。なにしろ何がオトロシーとゆーて、これほどちょー一流のお絵描きアーチストたちの作品が集っているのにもかかわらず、戦争がコワくてオトロシーのは戦争が戦争だからだからだとゆー常識をまるかじりにして、戦争で使う道具やドクロやガイコツ、戦争に押しつぶされたイノチや生活など、戦争を示す標識や矢印のようなものさえ描いておけば、それだけで十分に戦争のコワさが伝わるハズ、とゆー描き方になっているので、ホラーとゆー角度からみると説得力が極薄で使用感は限りなくゼロ。肝心かなまの戦争のどこがどうこわいのかがちいとも伝わって来なくて、こわくないホラーひとこま漫画とゆう別ジャンルの本になりきっているようにさえ見える何ともオトロシー作品集です。イメーヂとしての戦争のオトロシさと、実際の戦争のオトロシさは何がどう違うのか?戦争反対と、平和反対の反対側の、間のスキマに何がどんな風にはさまっているのかを観察するための合わせ鏡の半分のように観察しがいのありそうなビヂュアルこれくしょん本でござります??
[記:2010.01.30:PM23時30分ごろ]


世界の戦争ネタ1こまホラー漫画イラストお絵描き集『偉大な戦争はんたいマンガ集
by 編=クレイグ・ヨウ
発行=2009年。from しあとる。英語版。
大きさ:本体=ヨコ228xタテ304みりめいとる。
  重さ= 約900ぐらむ。
外見:そふとかば。しろくろヒトコマ漫画集(カラー頁少々あり)。頁数=190頁。
推定対象読者年齢:10才〜120才
ど特価:=¥3000
お問合せ先: dobunko@mail.goo.ne.jp
お問合せ番号::戦争の反対100129


2010年01月28日のモワンモワン。

    ★今日のど忘れ報告★    

「どどいつ文庫28番地」オーピンしました


...当店の新しいブログ「どどいつ文庫28番地」をきょうオーピンしてみました。
http://dobunko.blog28.fc2.com/
これまでも、このホーモ頁をはじめ、ブログ2つに、ブックマーク共有サービス3つか4つ、最近ではツイッター、あれでもない、これでもないと、インターネットリ上でヂタバタをくりかえしてきましたが、今回の「28番地」は、いままでの、考えすぎでドツボ、空想におぼれすぎてドツボとゆーお決まりの方程式をさけて、ユルく、軽く、短く、しつこく、続けていけそーな、いまは気分でいるところです。いまはまだ、書いておきたいことがありすぎて、ごあいさつの他はまだ何も書いていませんが、ホーモ頁、ブログ、チビッターも従来どおりに続けたり休んだりしつつ、「28番地」は、明日から毎日ぽこぽこ後進してみるつもも。そしてひそかに、さらなる一層のパワーダフンをめざしています。。あわせてのおつきあいを、どどんぞよろしうお願いもうしあげまするるるる。
[記:2010.01.28PM22時45分ごろ]

お問合せ先: dobunko@mail.goo.ne.jp


2010年01月27日のあれやこれや。

    ★今日のメニウ‐その1    

手ぬい写真あーちすと作品集

血苦粗吐漏美異(ちくそとろぴい)
..拾った写真のうえに、縫い目、色、柄、模様、刺繍などを、糸と布で縫い付けていく独特の手縫い写真を1990年代はじめごろからチクチクちくちくア〜トしている1960年生まれのオランダぢんゲイぢゅつ家ベルント・ストリックさんのお作品集でありまする。近年では、拾った写真だけでなく、意識的に撮影した写真や、ぢぶんで描いたお絵描きなども素材にとりこみ、2次元と4次元の間の行ったり来たりが魔法ちっくとゆう段階をはるかに通り越してますますこんぐらり、ニンゲンさまの作った文明砂漠を緑色の野生世界にゆずり渡そうとしているかのよう。ぢいっとしているように見えて獰猛な繁殖力をもつ葉緑素たちが立てる、ハイエナさんやオオカミさんのような足音が小さな針穴や糸の乱舞を拡声器がわりにして、とどろき渡ってくるような印象は、手ぬい仕事に侵蝕されている写真にうつっているもののなかに、木立ちを連想させるヨヲロツパぢんやアフリカ大陸を空の広がりから感じさせる風景のなかにいる肌の色が日焼けサロン帰りのひとよりも少し黒いぢんのヒトたちのいる光景が多いばかりではなくなくなくもなさそーです。ちなみに、書名の「血苦粗吐漏美異(ちくそとろぴい)」は、「 血苦粗(ちくそ)」が、「可塑性、可逆性、どうにかなってもまた元へ戻ることもでけあす性」のことで、「漏美異(とろぴい)」は「変身、変態でけまっ性」のことだとか。またちょと意外なことにストリックさん工房は作業こうていが分業化されているそうで、各作業お担当の係員あーちすとの方々のおしごと風景を写した写真なども収録されています。さらには、ストリックさんインタビウや、建築家その他の方々による、ストリックさんの分類不可能なチクチク写真アートってばいったいナヌ?とゆー謎解き合戦の作文など、文字のぺーじに挿入されている小さいカラー図版のなかにも、見甲斐のあるものが潮干狩り的に埋め込まれていたりもしています。デヂタル3D写真のプチぶうむをお針仕事でちまちまと乗り越えて進む、ストリックさんのおばちゃんアートだましひを、紙面のけばけばした感触のすきま経由で吸い取ってあげてみてください?
[記:2010.01.27:PM24時00分ごろ]


手ぬい写真あーちすと作品集『血苦粗吐漏美異(ちくそとろぴい)
by ベルント・ストリック
発行=2009年。from あむすてるだむ。英語+オランダ語の2言語併用版。
大きさ:本体=ヨコ170xタテ229みりめいとる。
  重さ= 約650ぐらむ。
外見:そふとかば。オールカラー写真集。頁数=256頁。
推定対象読者年齢:4才〜120才
ど特価:=¥4500
お問合せ先: dobunko@mail.goo.ne.jp
お問合せ番号::廃墟酔い100127


2010年01月25日のムリムリ。

    ★今日のど忘れ日記★    

写真集『ヤマノテ線』再入荷しました


...トヲキヲ都内をぐるぐる回って走るヂエイアアル鉄道の山手線電車。発射オーライは車掌さんが入り口のドアを締める直前に車内とびら付近で押し合いへしあいしているラッシュウワアア時間帯の通勤通学あんど満員電車マニアっぽい乗客さまたちの表情を、駅舎のホーム側から写真機の網を投げて捕獲しまくった、アリさんの巣箱観察キットっぽいお写真集『ヤマノテ線』が、ひさびさに再入荷ちうでありまする。前回ご案内したのがいつだったか、ホーモ頁を古い方へと遡ってみたら、今から7年前の2003年にご案内したのが最初で最後。写真集じたいも、2000年ごろかさらにそれ以前かもと思わせるような衣服や髪型、化粧などの古めかしさも写真集のチャームポイントカード登録済みで、ウラシマタロウを背中にのせたカメになったような気分でした。このペエスだと次回は2017年あたりに、も1度このポケットさいず写真集のごあんないをしてみたい気がしてきますが、なにしろ在庫はごく控えめですので、お注文はくれぐれもお早めにどどーぞです。 [記:2010.01.25PM23時30分ごろ]

電車内真っ正面撮り写真集『ヤマノテ線
by 写真=インゴ・アシス
発行=2002年。from ろんどん。英語版。
大きさ:本体=ヨコ100xタテ140みりめいとる。
  重さ= 約100ぐらむ。
外見:そふとかば。オールカラー写真集。頁数=記載なし。
推定対象読者年齢:4才〜120才
ど特価:=¥1500
お問合せ先: dobunko@mail.goo.ne.jp
お問合せ番号::肉仮面35178ヤ


2010年01月23日のあれやこれや。

    ★今日のメニウ‐その1    

深夜の廃墟のっとり光線写真集

写真集:夜の幻視:都会の立入り禁止区域潜入あーと
..鉄骨こつこつコンクリント製高層ビルヂングが森林の樹海のように立ち並ぶ都会ぢゅうどこにでもある関係者以外立ち入り禁止のお札区域を、立ち用便禁止の鳥居マークで護られた聖域のようにありがたがり、どんな手段や方法を使ってでも立入り禁止区域の奥の奥まで参拝さずには居られないヒトたち。いわゆるひとつの立入り禁止区域潜入趣味とゆう名前で呼ばれる都会のスポーツの熱心な愛好家でもある写真家トロイ・バイバさんが、いつでも人影まばらな立入り禁止領域の奥で、独特の気持ちわるい照明ぎじゅつを思い切り串して撮影した、夜の廃墟かくてる光線ショウアップお写真集でござります。おサカナのブツ切りか切断されたニンゲンさまの指のようにも見える上の画像は、ポンコツになって棄てられた大型ジェット機の廃品が処分のために切断されて放置されているのを写した写真だそうなのですが、このように、写真のなかの特定の部分だけが、真っ赤やまミドリ、末期色などのぶきみな心霊光線色のなかにドップリとひたされているのがトロイさん写真の得意技。廃墟になったホテル、鉄道の廃駅、町全体の建物がひとつ残らずすべて廃墟になっている真性ゴーストタウンの廃工場や無人商業施設などの屋内から屋外まで、大型飛行機の残骸などがゴロンゴロンしている三りタり施設の汚染度が高くキケンな廃墟などなどが静かなイビキをかいて眠っている夜の暗闇のなかに忍び込んでは、叩き起こすように思い切り不自然な人工光線を焚いてハイちいず。おばけと幽霊しか遊びにこない閉門後のデヅニイらんとを借り切って遊んでいるような気分になれる悪趣味お写真なかで、すぐに壊れる人工物をこさえるニンゲンさまの破壊力と、ニンゲンさまがこさえた壊れ物を自然ののイノチのなかに丸呑みしていく地球さまの破壊力が、鋼鉄の壁が引き裂かれるような異様な大音響につつまれながら廃墟物件の両端を持ってひっぱりあいをしている様子が目にみえるような気分にさせてくれなくなくもない廃墟異常美狙いお写真集です??
[記:2010.01.23:PM23時25分ごろ]


深夜の廃墟のっとり光線写真集『写真集:夜の幻視:都会の立入り禁止区域潜入あーと
by 写真=トロイ・パイバ
発行=2002年。from ろんどん。英語版。
大きさ:本体=ヨコ244xタテ228みりめいとる。
  重さ= 約800ぐらむ。
外見:そふとかば。オールカラー写真集。頁数=144頁。
推定対象読者年齢:4才〜120才
ど特価:=¥4000
お問合せ先: dobunko@mail.goo.ne.jp
お問合せ番号::廃墟酔い100123


2010年01月21日のあれやこれや。

    ★今日のメニウ‐その1    

西洋文化史あいどる墓石お写真集

写真集:お墓とゆうもの
..おお墓で生まれたヲンなや酒井のりピー、とゆう歌の文句ではありませんが、本人がとっくのとうにお墓のなかに入っておシャベリのひとつも出来なくなっているのをよいことに、そのヒトが残したお仕事やら私生活のそれやこれやについて好き勝手なことを言われまくっている西洋文化史上のスーパーあいどる的大御所たちの、お墓あんど墓石めぐりお写真集です。撮影した写真家デートリヒ・クリスティアン・ラマーツさんの目線は、鉱物マニアや墓石フェチシスト的な光沢への執着とは真逆のほうこうにある、光線のなかに枝葉をひろげる影の領域にむかっていく念力念写たいぷのご様子で、目玉をむき出しにするのではなく、まぶたを閉じるようにして写真機のシャツターをかしゃりと閉じると、墓石の影のむこうでひたすら惰眠にむさぼられ続けているご様子の、いわゆる西洋的知性のオール阪神巨人たちの死骸の残骸ぷらすまいなすXYZが、お墓のしたからゆらゆらムックリと起き上がってくるのをぢいっと待っているかのようでありまする。15世紀から現代まで、本書のなかでは時代順のかんじで並んでいるお墓の写真のぬしたちの名前を、現代に近いほうから羅列しておきますと、ラルフ・エリソンの墓、ベケットの墓、ウォーホルの墓、ジェイムス・ボールドウィンの墓、ヨゼフ・ボイスの墓、サルトルの墓、ジョージア・オキーフの墓、シャガールの墓、ミシェル・フーコーの墓、リー・クラスナーの墓、ホアン・ミロの墓、ゲーデルの墓、ナボコフの墓、チャップリンの墓、ハイデガーの墓、ルイス・カーンの墓、ピカソの墓、パウンドの墓、ストラビンスキーの墓、マーク・ロスコの墓、バートランド・ラッセルの墓、ミース・ファン・デル・ローエの墓、マーチン・ルサー・キングの墓、デュシャンの墓、カール・バルトの墓、ジャコメティの墓、マルコムXの墓、TS・エリオットの墓、ル・コルビュジェの墓、パウル・ティリッヒの墓、ジョルジュ・ブラックの墓、フォークナーの墓、ジョルジュ・バタイユの墓、メルロ=ポンティの墓、ヘミングウェイの墓、ユングの墓、カミュの墓、フランク・ロイド・ライトの墓、ブランクーシの墓、ポロックの墓、ブレヒトの墓、ウォーレス・スティーブンスの墓、トマス・マンの墓、マチスの墓、ヴィトゲンシュタインの墓、アーノルド・シェーンベルクの墓、エイゼンシュタインの墓、アルトーの墓、ガートルード・スタインの墓、スティーグリッツの墓、モンドリアンの墓、カンディンスキーの墓、ムンクの墓、ヴァージニア・ウルフの墓、ジェームス・ジョイスの墓、ベルクソンの墓、ヴァルター・ベンヤミンの墓、パウル・クレーの墓、ウィリアム・バトラー・イエイツの墓、フロイトの墓、フッサールの墓、アドルフ・ルースの墓、エヂソンの墓、マヤコフスキーの墓、トーマス・ハーディの墓、リルケの墓、モネの墓、カフカの墓、レーニンの墓、ジョセフ・コンラッドの墓、プルーストの墓。。全部写すつもりで、結局は途中から省略してしまましたが、お墓の代わりに海や湖に散骨されたヒトたち、家族と一緒にお墓に名前が刻まれているヒトなどもありつつ、哲学者思想家文学者写真家建築家政治家音楽家映画監督芸術家などアイドルすたーなら何でも多毛いな霊媒師的ミーハー体質まるだしで、何とわなしに資料価値もありそうな気分にもなれるモヤモヤ感充実のお写真集です。??
[記:2010.01.22:PM14時50分ごろ]


西洋文化史あいどる墓石お写真集『写真集:お墓とゆうもの
by 写真=デートリヒ・クリスティアン・ラマーツ、文=マーク・テイラー
発行=2002年。from ろんどん。英語版。
大きさ:本体=ヨコ192xタテ250みりめいとる。
  重さ= 約660ぐらむ。
外見:そふとかば。シロクロ写真集。頁数=192頁。
推定対象読者年齢:5才〜120才
ど特価:=¥4000
お問合せ先: dobunko@mail.goo.ne.jp
お問合せ番号::墓地観光100121


2010年01月19日のあれやこれや。

    ★今日のメニウ‐その1    

肉体廃墟化ああちすと美麗死屍累々凶作集

戦慄のあぁと:現代ア〜トの業死痛苦ふぁんたぢぃと死的表現
..ぢぶんのタマツーが月のせかいに飛び去って、ちきうに残った抜けがらのカラダに向かって挨拶のひとことも言えなくなってしまうまでに一瞬でも何度でもよいので、美しひ廃墟に豪華なおベベで着飾ったまま横たえられた活人形に変身する悪夢をみさせてくださいなと。そんなあんなな有性無性の両性偶有的男女みなみなさまの初詣での願いごとを実現することを使命とこころえておられる毛な業死痛苦(ごしつく)アアチスト23人。夜の人形夜のあり夜の彫刻あり夜の陶芸あり夜の油絵あり夜のCGあり夜の写真あり夜のドヲブツ剥製ありそれもありあれもありの夜の大凶作ああと集でありまする。トーキングヘッズ叢書をぢくどくされている皆様にはおなじみの幻覚乙女サーカス団長ジョン・サンテリネロスさんや幻想生命機械ア〜ト凶作集『装置その1:ありえないカラクリ』『装置その2:組み立て直し』にも登場した呪物寄せ集め素材のお手製ぶきみピンホール写真家ウエイン・マーチン・ベルガーさん,にうようくからヨコハマへ生還したロヲブロヲお絵描き師ナオトハットリさんなど、誤あんないするまでもなさ毛なフアン多数おられるアアチストたちの夜空の果ての果てまでを包む陰鬱むうどのなかにロヲソクの炎ゆらめくごときお耽美アアト花魁道中のなか、左の画像の、カナダで活動している口シア出身のお人形作家マリナ・ビュチコワさん作の球体関節人形の数々が、ひときわ鮮やかに全編の印象を引き締めているよおです。ビュチコワさんといえば、お人形にも性の器官がなくてはカワイソーとゆうご意見の持ち主とゆう色メガネで見られてしまうことが多いのかもなのですが、この作品集では色メガネ抜きの編者が収録さくひんの選定に当っているようで、ヲ口シア的中近東幻想風味を夜露でぬれた花びらのように巻き散らかすビュチコワ人形の、色どりたっぷりアデやかな魅力が堪能できまする。ヤン・ソーデックやシュヴァンクマイエル、マーク・ライデン、幻獣、ドクロふぁんまで、幅広くおススメできそな業死痛苦ああとモツ煮込み的愛蔵版仕立て作品集です??
[記:2010.01.19:PM22時00分ごろ]


肉体廃墟化ああちすと美麗死屍累々凶作集『戦慄のあぁと:現代ア〜トの業死痛苦ふぁんたぢぃと死的表現
by 編=ヤシャ・ヤング
発行=2009年。from ろんどん。英語版。
大きさ:本体=ヨコ221xタテ263みりめいとる。
  重さ= 約1100ぐらむ。
外見:はあどかば。オールカラー凶作集(夜の人形夜のあり夜の彫刻あり夜の陶芸あり夜の油絵あり夜のCGあり夜の写真あり夜のドヲブツ剥製あり他)。頁数=192頁。
推定対象読者年齢:10才〜100才
ど特価:=¥4500
お問合せ先: dobunko@mail.goo.ne.jp
お問合せ番号::人体廃園100119
画像の続きはコチラで(下のリンク先に大けな画像があります)

肉体廃墟化ああちすと美麗死屍累々凶作集『戦慄のあぁと:現代ア〜トの業死痛苦ふぁんたぢぃと死的表現』より

口シア出身お人形作家マリナ・ビュチコワさんの球体関節にんぎよ。

幻覚乙女サーカス団長ジョン・サンテリネロスさんの写真。

お問合せ先: dobunko@mail.goo.ne.jp


2010年01月17日のあれやこれや。

    ★今日のメニウ‐その1    

チベット人体宇宙解剖秘伝カタログ式大図解

カラダとココロ:チベツト医学タントラ画集
..チベツトのまんだら絵ときくと、高円寺インドショッピングふりだしのJR中央線古道具屋めぐり的な香りで鼻毛のつけねムヅムヅくさめや涙がこみ上げてこられるアレルギー体質の方であっても、キテレツ好きなら多分だいぢょうぶ(?)。着物を来ていたり、はだけていたり、ハダカだったりする胎児から死体までの老若男女のヒトたちが、血を流していたりウンチやオシッコをしていたりカラダに変な模様をつけていたりしながら、ありとあらゆる病気にとりつかれながら涼しいカヲをしていたりヂタバタしているだけでなく、背中に荷物をしょって働いていたり、家事をしていたり、男女でフトンにむぐってマグワいをしていたり、炎に包まれてガイコツ顔になっていたり、ケンカをしたり、居眠りをこいて夢を見ている最中だったりと、千変万化の顔色や表情、ポーズでずらずらずらり、1枚の絵の中だけでも多いものではざっと100人も登場するだけでなく、ニンゲンさまのほかにも、おクスリに使われる鉱物、うす気味わるいような植物や、へんなドヲブツ、見るからにイヤラシげでキキ目のつよそうなムシさんたちなどなどが、同じく何百、何千とゆういきおいでずらりずらり。しかもそのすべて、オギャアと生まれてガクリと死ぬまでの人体宇宙内で発生するありとあらゆる出来事を、その大もとになる人体の解剖学的な仕組みから、出産の神秘、あらゆる病気の原因と症状、診断および治療、そして不老長寿の秘法までのすべてを、お菓子をオマケにつけてある小さなフィギユアをイカレポンチ感覚で描いたような絵で描いてあって、オリコウのもうひとつふたつ雲のうえのフツーかとさえ錯覚できそうなチベツト産の本格派ヘンテコ本草図譜でありまする。もともとは、17世紀のおちまいごろにダラダラいラマの摂政(?)のようなことをしていたサンギェ・ギャツォさんとゆうて医学教育のふきうに熱心だったヒトがパトロンになって描かせたタンガ(tanga)とゆーのが原型で、それを代々描き写して後世へと残してきたものなのだそで、この作品集におさめられているのは、1960年生まれのロミオ・シュレスタさんとゆう在カトマンズの絵師と、そのアトリエにつどうお弟子さんたちで描いたもので、アメり力自然史博物館での展覧会開催を記念して刊行された図録をかねた作品集なのでありました。??
[記:2010.01.17:PM23時30分ごろ]


チベット人体宇宙解剖秘伝カタログ式大図解『カラダとココロ:チベツト医学タントラ画集
by 絵=ロミオ・シュレスタと工房のお弟子さんinカトマンズ
発行=2009年。from わしんぐとん。英語版。
大きさ:本体=ヨコ228xタテ306みりめいとる。
  重さ= 約1050ぐらむ。
外見:そふとかば。カラーお絵描き集。頁数=234頁。
推定対象読者年齢:4才〜200才
ど特価:=¥5000
お問合せ先: dobunko@mail.goo.ne.jp
お問合せ番号::不老節100117
画像の続きはコチラで(下のリンク先に大けな画像があります)

チベット人体宇宙解剖秘伝カタログ式大図解『カラダとココロ:チベツト医学タントラ画集』より

チベット密教医学絵巻Blue Berylによる人体解剖図、第2タントラ。

血管と毛細血管を骸骨ダンシングでご開帳するニコニコパフォーマー。

女房、不具合な夫の脈をとり、脈拍の異常をチェックをするためのビヂュアルちゃあとカタログ。

天然素材の生薬あれこれ図の一部。下段あたりには、ドウブツの大小便も各種取り揃えられていますね。

蛇の足
コチラ、人体宇宙解剖秘伝カタログ式大図解『カラダとココロ:チベツト医学タントラ画集』。古代インド医学、古代ギリシャ医学、古代ペルシャ医学、古代中国医学、それに仏教化される以前の古代チベット医学などの古医学の伝統をもドッサリ汲んで成立したのだと説明されても、どこがどうなのかわだぐぢ(誰?)には???なのですが、コロムビヤ大学で語学講師をしているチベツト僧のせんせいによる、タントラ画1枚ずつすべてに絵のなかの登場人物、登場神仏、登場動物、登場植物、登場鉱物、登場物物、などなどについてのご紹介も掲載されていて、月日の巡りも忘れてぢっくり眺めていたら、いつのまにか異次元世界にそのまま飛んでいきそうなスーパーびっくり図鑑でありまする。。 [付記:2010.01.18:PM14時15分ごろ]
お問合せ先: dobunko@mail.goo.ne.jp


2010年01月15日のあれやこれや。

    ★今日のど忘れ日記★    

サンプル画像の特盛りサービスはぢ目まぴた


...矯正視力3.0以上の皆々さまの中にはとおにお気づきの方もおられれるカモシカですが、2、3日まえごろから、当ホーモ頁ごあんない本のサンプル画像点数の特盛り増量サービスを試験的ぢっしちうです。
ごあんない本文が終わった下の、書籍データごちゃごちゃのそのまた下のあたりに、リンクつきの小さい画像があります。その画像をペシっとして頂くと、当HPからヂャンプ。当店りよう中の画像ため池twitpic.com/photos/dobunkoとゆう頁のなかのどこかに着地。着地先にある中ぐらいの画像をも一度ペシッとして頂くと大きな画像が出てきます。
今月2010年1月これまでのごあんない本は、きのをまでに、すべて画像特盛りサービスつきの状態に手直しを終えたため、目下、去年2009年末までのごあんない分の画像特盛り化にむけて、きょうからモソモソすたあと。きょうは、2008年5月ごあんない後ほとんど地面のしたに隠れたままの悪趣味おみやげ秘宝絵画集『黒ビロード画傑作駄作集』の画像を下のようなかんぢで特盛りにしてみました。
★★ (以下は画像特もり部分の実例です) ★★

画像の続きはコチラで(下のリンク先に大けな画像があります)

悪趣味おみやげ秘宝絵画集『黒ビロード画傑作駄作集』より

南海の楽園ポリネシアの墓場でハシャぐ子鹿さんや小鳥さん。

南海の楽園ポリネシアでメソメソするチキチキ娘。

キリストこすぷれ根性で爆走する長距離トラック運転手のハイテンションな亡霊。

1960年代デッカい目(Big Eye)いらすと第一人者マーガレット・キニーをううんと悪どくマネした作者不明のヲラヲラな泣き顔

★★ (いぢょうで、実例をわりなのですが、いかがでしお??) ★★

みほん画像の特盛り錆ーびすを試してみた印象は、本のなかの画像全部を並べたとしても、実物の本の雰囲気をパチョコン画面に反映させるのは、無理ムリそうだっぺー。たとえば上の『黒ビロード画傑作駄作集』全編に漂う、酒井のりピー夫の脳内風景をプラネタリウム居眠り中に投影したような暗黒ドロ沼的おマヌケむうどを、数枚ばかりのピンボケ画像から電線を伝わってどうやってチララ側(どちら?)まで伝わるのかを空想するときの、何ともヅシりと空っぽな手ごたえその他ももろろ、マイナスの効果ばかりが目につくので、マイナス四股うの当店には、意外と相性がよさ毛かもと。あんど画像で足りないときには、意味不明の駄文説明もさらに増量してしまえばよいのかもと。。
そこで2010年のことし、当面は、新着本のごあんないと、ごあんない済み本の画像増量およびさらにクドい余計なごあんない説明文の増量をはぢめとする工事もろもろを並行してチョメチョメしていくつもりで早くも体力のヲトロエをかんぢているところです。
お問い合わせ、ご注文のほか、ホーモ頁改造についてのご異見ご感そーもゼヒぜひどどーぞです。

[記:2010.01.15PM23時45分ごろ]

おれんらく先: dobunko@mail.goo.ne.jp


2010年01月13日のあれやこれや。

    ★今日のメニウ‐その1    

南あふりかファッション貧乏お写真集

ビューチフルな苦闘
..鎖国ぢだいのバテレン教のごとく世界ぢゅうの青少年を洗脳していくヒップホッピすたいるが、ビンボーの熱気でむせかえる南あふりかに上陸。カッコよさげにぢぶんが見える服装を手に入れるためには、ゴハンを食べるための大切なおゼゼを財布の底の底まですべて叩いても気にしないほどのファッション中毒とダンス音楽中毒にとりつかれた南あふりかの青少年男女たちの滾りかげんを現地直送で届けてくれる全世界スケールのど田舎ばきばきお写真集です。掘建て小屋が続き、カジノ賭博場までがブリキ小屋のなかにあるほど軒並みの、屋根より低い屋根ばかりが並ぶスラム街。西ケープたうんにあるラスタなムゾリ(Mzoli)さんの大衆居酒屋や、サウンドスステムを搭載して街中を走行するレゲエ・タクシーの大群などから発射され、街のどこにいても聞こえてくる人工的不自然音響につま先からどたまの天辺までドップリつかった地元のひとたちの、神経の納豆糸や筋肉の縫い物糸を全身まるごとぐらんぐらんに揺さぶられ弾かれるように弾むニコニコ顔。安っぽさとゴージャスさが薄暗い掘っ建て小屋の熱気のなかで汗ひとつかかずに同居するストリィトすたいるの両極端をいったりきたりしながら、21世紀ちっくにも見えれば、歴史とゆー妄想がいまから分娩されようとしている真っ最中の場所のようにも見える南あふりかご飯の匂いをウチワであおぐように伝えてくれるよおです。折れた枝のような棒を片手に握ったサングラスのあんちゃんがシャツ前はだけの乳首露出、Gパンずり下げて前後左右周囲360度からみえるように黒パンツを幅太くのぞかせてイエイと見栄を切っているトンチンカンな姿にググっときたアナタ(誰?)へのちょーおススメ本です??
[記:2010.01.13:PM24時05分ごろ]


南あふりかファッション貧乏お写真集『ビューチフルな苦闘
by 写真=ペル・エングルント
発行=2006年。from すえーでん。英語版。
大きさ:本体=ヨコ203xタテ265みりめいとる。
  重さ= 約705ぐらむ。
外見:はあどかば。カラー&シロクロ写真集。頁数=144頁。
推定対象読者年齢:10才〜120才
ど特価:=¥3300
お問合せ先: dobunko@mail.goo.ne.jp
お問合せ番号::贅沢貧乏100113
画像の続きはコチラで(下のリンク先に大けな画像があります)

南あふりかファッション貧乏お写真集『ビューチフルな苦闘』より

ファンキひなオシャレ写真スタヂオ。見開き頁をデヂ亀で撮影&失敗

亀ギャルに抱かれて物憂げなビューティ亀。


2010年01月11日のあれやこれや。

    ★今日のメニウ‐その1    

現役世界一軟体ぐんにゃりヲトコの自伝漫画

ざ・ゴム小僧(ごむこぞう)
..カラダの目ぼしい関節がむやみにほぐれていて不自然なポーズをするのが得意だとゆうことのほかには何も取り柄らしい取り柄もなかったダニエル・ブラウニング・スミス少年が、家出をしてドサ回りサーカスのに飛び込み、お約束の試練や苦難を少しだけ経て、ギネス認定世界一カラダが柔らかい見世物芸人、ざ・ゴム小僧(=らばあぼい)に成り上がるまでを、ささっと駆け足で追い掛けた見世物芸人自伝マンガです。洋式べんじょの便器の腰掛け用のフタの輪のなかに全身を押し込んでくぐり抜けたり、同じように、網を取り外したテニスラケットの輪のなかに全身を押し込んでくぐり抜けたりと、まるで国内外のどこに向かってもニポンが自慢したことのないお笑いタレントのエスパー伊東がみたらビックリしそうなグンニャリ芸は、マンガでみると違う意味でビックリすることさえできないほど実にどーでもええかんぢでもありつつ、全身を小さく丸めて本棚の本と本のスキマにむぐりこんだりしている場面はさすがにさすがっぽいかんぢ。ゴム小僧ふぁんの方、ならびに、見世物マニアの方限定でうすくおススメしたい薄い本です??
[記:2010.01.11:PM23時10分ごろ]


現役世界一軟体ぐんにゃりヲトコの自伝漫画『ざ・ゴム小僧(ごむこぞう)
by 作=ダニエル・ブラウニング・スミス、画=ブライアン・ドハティ
発行=2009年。from ろんどん。英語版。
大きさ:本体=ヨコ153xタテ178みりめいとる。 重さ= 約40ぐらむ。
外見:そふとかば。マンガ。おーるシロクロ。頁数=24頁。
推定対象読者年齢:6才〜120才
ど特価:=¥500
お問合せ先: dobunko@mail.goo.ne.jp
お問合せ番号::軟体の神秘100111
画像の続きはコチラで(下のリンク先に大けな画像があります)

現役世界一軟体ぐんにゃりヲトコ自伝漫画『ざ・ゴム小僧(ごむこぞう)』より

おトイレ便座の腰掛け用フタを見事にくぐり抜けてみせるTheゴム小僧。


2010年01月09日のあれやこれや。

    ★今日のメニウ‐その1    

超駄作ゴミくずビデオ箱コレクション

携帯サイテー映画館:絶滅したVHSビデオ箱のア〜ト
..中古1本100円均一のホコリまみれのワゴン台を経由して最終最後の墓場であるマニアのお部屋のなかに埋葬されていくのを待っているだけの、後期高齢者的立場へとアララと言う間に囲いこまれてしまったビデオてーぷたち。デザインはパソコンソフトがしてくれるものとゆー摩訶不思議なじょうしきが普及してからあとの、脳みそに扇風機で風をあて冷やしながらの無感動なすたいるではなく、ニンゲンさまのおゲレツな欲望をひときわエゲツなく誇張して、手のひらに塗ったツバや鼻ぢるや汗やホルモンをベタベタとたくさん塗りたくれば塗りたくるほどアピィル度が強く高くなると信じられていた時代の個室レヂヤアーの花形だったビデオてーぷの、こんなにヒドそうで面白くなさそうなものが世の中には実在するとゆー事実をアピイルするためだけに作り出されたかのような、不快感とゆう不快感をこれでもかとゆーぐらいにさまざまな角度から追求しているとしか見えない悪趣味ビデオぱっけーぢのコレクション本でござります。この系統のコレクチヲン本、B級作からZ級まで通常では、恐怖、怪奇、ホラー的なものばっかりに集中しているものが殆どかと思いますが、このコレクチヲン本には、プロ野球の名捕手ジョニー・ベンチの伝記映画のビデオ版の箱のデザインとか、猟師さんが伝授するシカ狩りのためのハウツー射撃ビデオだとか、アメり力忍者ものビデオだとか、あるいは逆にターミネーター2とか狼よさらばとかオルカとか顔面皮かぶりコメディアンのアンノウン・コミックスのビデオとかヂャンルに関わらずヒドイものは何でも集めているスケベイな姿勢は、ゴミくず映画好きが行き過ぎてゴミくず映画業界人としても暗躍中の著者ボイロヲさんならでは。そしてまた、ビデオ箱の表側のデザインだけでなく、ゴチャゴチャし過ぎていたりテキトーとイイ加減の極みのようにマヌケなデザインだったり、より一層の見るも無惨な味わいのあるビデオ箱のウラ側のデザインも、表側と同じ扱いで2頁の左右見開きのほぼ原寸大ふうに並べ、右ページのビデオ箱の表側のデザインと、左ページのビデオ箱の裏側のデザインを、どっちがよりヒドいか見比べて楽しみが倍増するようにさりげなく工夫されていまして、そのうえ、販売用ビデオの紙箱ふうの外箱(立体印刷した鮮血のヨゴレつき)に本が収納してあるとゆー無意味にうれしーコダワりっぷりも披露。ゴミくず映画ふぁんビデヲふぁん、そすてまたゴミくずピヂュアルふぁんのみなみな様に幅広くおススメすしたいかわいいご本です。??
[記:2010.01.09:PM23時30分ごろ]

超駄作ゴミくずビデオ箱コレクション『携帯サイテー映画館:絶滅したVHSビデオ箱のア〜ト
by 編=ジャック・ボイロヲ
発行=2009年。from ろんどん。英語版。
大きさ:本体=ヨコ138xタテ233みりめいとる。立体的鮮血でざいん付きカラー外箱入り
  本体と外箱の合計の重さ= 約480ぐらむ。
外見:そふとかば。オールカラー図版満載。頁数=200頁。
推定対象読者年齢:15才〜120才
ど特価:=¥2400
お問合せ先: dobunko@mail.goo.ne.jp
お問合せ番号::分別不要ゴミ100109
画像の続きはコチラで(下のリンク先に大けな画像があります)

超駄作ゴミくずビデオ箱コレクション『携帯サイテー映画館:絶滅したVHSビデオ箱のア〜ト』より

ヲトナ赤ちゃんムウド濃厚なビデオ版「バビちゃんと宇宙ロッカーたち」ヂャケット

こさえたヒトの不健康ぐあいが心配なビデオ版「血液島の狂人博士」ヂャケット


2010年01月07日のあれやこれや。

    ★今日のメニウ‐その1    

妄想王国ご観光記念写真集

ようこそピョングヤングへ
..21世紀に入ってから廃屋・廃墟・廃人の増殖に拍車がかかっている極東あぢあのなかでも、作業服コスプレ好きな王様たちの指導的妄想のもとで世の中まるごとの廃物化を目指して日夜ふんとーを続けているハラペコぞーん北コヲリア。世界ぢゅうの秘境観光まにあが寄せる結核やみのハイエナの体温よりも熱い草津温泉的のぞきみ欲を背に受けているつもり気味な、在ロンドンの30代前半かめらまんチャーリー・クレーンが、最近数年の間の北コヲリア観光に出かけた際に撮りだめた、行く先々で出会った不自然にかたくるしいヒトたちの肖像写真や洗脳観光名所写真をまとめた、あやうい綱渡り旅のおみやげ自慢ちっくお写真集です。海外からの観光客には何が何でも見せびらかしたいはずの都心の中心部や王国の主要施設なのに、浮いたアバラ骨が透けて見る栄養失調の骨と皮だけのヒトたちのぴいぷうと吹き渡るため息のようなサメざめとした肌触りが写真のすみずみに充満。ビリヤード場でも結婚式当日のカップレでもお土産売り場でもライフル射撃場でもネコしかいない動物園のオリの前でもどこでもかしこでもいつでもタマシイを抜き取られた銅像のように気を付けぃの姿勢でガイヂン観光客がむけるカメラのレンズに耐えている北コヲリアの老若男女のひとたちの金太郎あめのような肖像写真すべてに、クレーンさんを現地で案内してくれた公認ガイドさんが説明したそのまま(らしい?)説明文が添えられていまして、戦前ニポンをお手本にした廃人道徳社会の乱熟ぶりは、真夏に五右衛門風呂で茹でられながら熱熱の地獄ラーメンを大盛りですすっているように、コメカミの血管を血行の悪いどろっとした熱さでぴくぴくさせてくれるようです。現代写真家にゃんばわんマーティン・パーの退屈絵はがきコレクションに収録されている退屈写真の名作群に、もうひと味、東洋的神秘のぬかみそ漬け沼のような底知れない不気味さを中サジ一杯ほど付け足した現代の秘境観光写真をご賞味くださいませ??[記:2010.01.07:PM22時10分ごろ]

妄想王国ご観光記念写真集『ようこそピョングヤングへ
by チャーリー・クレーン
発行=2007年。from ろんどん。英語版。
大きさ:ヨコ187xタテ233みりめいとる。 重さ= 約650ぐらむ。
外見:はあどかば。オールカラー写真集。頁数=160頁。
推定対象読者年齢:4才〜120才
ど特価:=¥4000
お問合せ先: dobunko@mail.goo.ne.jp
お問合せ番号::秘境観光100107
画像の続きはコチラで(下のリンク先に大けな画像があります)

妄想王国ご観光記念写真集『ようこそピョングヤングへ』より

ゴルフ場の赤色キャディさん。

ニャンコだけが何匹もいる動物園の檻の前で。

(拡大図)動物園ニャンコの説明看板。

ご自慢の展示用掘削機とツアー客ご案内ギャル。


2010年01月05日のあれやこれや。

    ★今日のメニウ‐その1    

絶滅幻想ドヲブツ画集

北部あめリ力植民初期の絶滅寸前動物たち
..ニンゲンの胎児がタマゴのまま大きくなり誕生直前の最後のひとふりで反重力的ホルマリン漬のアトラン恥スの海に浮かびあがってしまったような幻想ドヲブツたちの背中にまたがって、どこにも実在したことのない原始時代からそのまま大陸棚で結ばれているみたいな架空の200年前の北米あめリ力大陸の無人の辺地へと、ヅンどこまでも退却していく幻視的ドヲブツお絵描き師スコット・マスグローブさんの単独お作品集が、以前の軽装版から質量ともにより一層こってりと博物標本風味な愛蔵版ハードカバに生まれ変わって、わだぐぢ(誰?)たちの俗世界へと再度の出没をはじめておじゃられます。幻想ドヲブツのお絵描きといえば、ケダモノ臭さの薄い、消しゴムの消しカスをかためたほどに生気のとぼしーそれを連想されがちかと思いますが、マスグローブさんの幻想ドヲブツ画は、ドヲブツたちの臭いだけでなく、その臭いの元を提供している幻想のエサを提供している幻想の牧場の臭いまでを画面のすみずみだけでは足りず、絵をおさめている手づくりの額ぶちにまで塗り込めているのがパノラマちっくな一大特色となっていまして、見渡す限りの一面に広がる妄想内の天然自然の四大元素のあらゆる表情を風景画家のお肌の毛穴で深呼吸をしながら、そこに出没する土地の精霊の化身そのもののような幻想ドヲブツたちの実在しなかった在りし日のすがたをドヲブツ種別にクッキリと刻んでおられます。そしてまた刻みこむとゆーのはただのタトエでは全然なく、この作品集には、お絵描きにとりかかる前の下ごしらえとしてマスグローブさんがこしらえた木彫りの幻想ドヲブツ標本の写真図版やスケッチ類なども随所に挿入されていまして、マスグローブさん放牧場の幻想ドヲブツたちのありえないほどカワひひ幻臭を肺が気球になって飛んでいったりするような好き勝手な空想をたのしみながらたっぷりと味わえるゴーヂャスな画集に仕立て上げられています。年のはじめからの年末クリスマスむうどをこの 冊でどどどーぞ??[記:2010.01.05:PM23時30分ごろ]

絶滅幻想ドヲブツ画集『北部あめリ力植民初期の絶滅寸前動物たち
by スコット・マスグローブ
発行=2009年。from さんふらんしすこ。英語版。
大きさ:ヨコ198xタテ260みりめいとる。 重さ= 約920ぐらむ。
外見:はあどかば。オールカラー画集。頁数=160頁。
推定対象読者年齢:2才〜120才
ど特価:=¥4500
お問合せ先: dobunko@mail.goo.ne.jp
お問合せ番号::絶滅幻想動物園100105
画像の続きはコチラで(下のリンク先に大けな画像があります)

絶滅幻想ドヲブツ画集『北部あめリ力植民初期の絶滅寸前動物たち』より

矮型クロアシオオヒツジ?さん(=Humble Bighorn Blackfoot。1863年ごろ絶滅)

デメヌマバエ?さん(=Bug-eyed Marsh Fly。1805年ごろ絶滅)


2010年01月03日のあれやこれや。

    ★今日のど忘れ日記★    

当店メエルまがぢんマイナス1.5号を発汗ちう


...さっそく去年2009年のはなすで申すわけなくなくもなーのですが、暮れもおしつまった12月25日夜ごろに、当店どどいつ文庫メエルまがぢん年末どさくさマイナス1.5号を送信しました。今回の超ちっさい目玉企画は、謝恩バーゲン40-60%割引本セールです。前回以上にますますオモシロ毛の薄くなった今回のメエルまがぢん、ゼヒとも末永いおつきあいをお願いしたいのですが、前回同様に今回も、どどかなかったですヨ、の連絡を数名の方から頂いてしまいました。。当店メエルまがぢん専用メールあどれす
info@dobunkonews.main.jp
です。もし、2度めのメエルまがぢん失敗号がまだお手元パソコンのメエル受信箱まで届いていない方おられましたら、今すぐ上記アドレスあてに当店メエルまがぢんご催促くださいませ。当店メエルまがぢんはもちもちろんご購読無料です。
あんど、2度めのメエルまがぢん失敗号を送信しましたため、前回1度めのメエルまがぢん失敗号を当店メルまが専用特設ブログ
http://dobunkonews.jugem.jp/
に追加、保存しておきました。
当「どどいつ文庫」2010年も、ホーモ頁、メルまが、それにツイッターやらブログやら何やらかにやらと、それやこれやに手を出して、どんどん失敗に失敗を重ねていきたいとおもてます。今年のおつきあいも、ひきつづきどどーぞよろしくお願いしますです。。
[記:2010.01.03PM22時22分ごろ]


翌月のペエヂはアチラ          先月のペエヂはアチラ

この頁の先頭に戻る

お問合せ‐ご注文は今スグ大至急なんとなくdobunko@mail.goo.ne.jp「どどいつ文庫」まで