♥ 世界のキテレツ洋書&デヘブヒデヘ専門店「どどいつ文庫」です。ご連絡はdobunko@mail.goo.ne.jp「コニチワど文庫」係まで大至急に。

メニウでゴザル

●最新頁はアチラ
最新頁
www5f.biglobe.ne.jp/~dobunko/
◎1つ前のペエヂ
08.09月01日から08.09月30日まで
■コココレは?
◎おメエル連絡先
お問合せご連絡は、 dobunko@mail.goo.ne.jp
まで。いつでもどうぞ。
25ぢかん受付中
※ホ〜モ頁に出ていない本やDVDもお探ししします。。
◎ヂャンル別りすと
。。。。
コチラです
ブログ代り的?
//pookmark.jp/user/dobunko
◎ど忘れメモブログ
dobunko.seesaa.net/
◎ご注文方法

ご注文は25ぢかんOK

※ホ〜モ頁にのつていない本やDVDのお問合せもどおぞ。。
◎「小鳥さん」部屋
ご注文は25ぢかんOK
※ど文庫お客ちゃまの特殊蔵書はいけんコーナ。2年ぐらい後進してないです。すいません。そのうち復活しまぢろう。。
お問合せ&ご注文はうはう
お問合せ&ご注文はうはう
お問合せ&ご注文はうはう
お問合せ&ご注文はうはう
お問合せ&ご注文はうはう
お問合せ&ご注文はうはう
お問合せ&ご注文はうはう
お問合せ&ご注文はうはう
お問合せ&ご注文はうはう
◎化石のホカホカ

◎おメエル連絡先
お問合せご連絡は、 dobunko@mail.goo.ne.jp
まで。いつでもどうぞ。
25ぢかん受付中
※ホ〜モ頁に出ていない本やDVDもお探ししします。。


〈ふりだしへ戻る〉

2008年10月ホカホカ入荷ですたい!
*お好きな順番で画像の上をゴキっゴキっと押っぺしてのぞいて見みみてください。

2008年10月29日のあれやこれ や。

    ★今日のメニウ‐その1    

天災的1960年代あんぐら漫画家作品集

イカレぽんちがイカレてゆくトコロ:ロリィ・ヘイズのア〜トと漫画
...ドラつぐの作用による痴呆じょうたいを手軽な天国への近道としてホメ讃えまくった1960年代あんぐらヒッピー漫画家たちの大多数の正反対に、ドラつぐがハネあげるトビラの向こうに地獄のお笑い体験を発見したただ一人の天災まんが家がロリィ・ヘイズ。当時お仲間だったロバート・クラムやピンヘッドのジッピーでしられるビル・グリフィスからも、マンガ家である以上に天災的ア〜チストだったと回顧されながら、生前も1983年に死去して以後も1度も単行本化されたことがなかったそのサイコちっくな地獄風景を1册の本のかたちにまでコネコネ。1983年34才での早過ぎた死から25年めの今年2008年にようやく刊行された、生前にも死後にもまだ1度も出版されたことがなかった初めてのロリィ・ヘイズ作品集です。昼間から真っ黒な青空を背景に舞い落ちてくる自いハウダーを全身の毛穴に吸着して悪寒でふるえてばかりのクマのような主人公格の生き物がのちのちマーク・ベイアー(Mark Beyer)のまんがにパックリいかれている風だったり、ドツボのヅンドコの底を掘り下げているばかりの主人公は、あちこちでヒドく叱られた「茹でられ天使(Boiled Angel」のマイク・ダイアナ(Mark Diana)のお兄さん風だったりといった調子で、『RAW』の世代からライトニングボルト周辺のフォート・サンダーぐるうぷあたりまで、さらに言えばあの画狂人ジョー・コールマンにさえ一定の影響を及したのでは?と妄想したくなるぐらいにあとに続いて遅れて出てきた漫画家やお絵描きア〜チストたちの作品のあちこちに、ロリィ・ヘイズさんが遺した影がいろんな形で影を落としていることを、この作品集で初めて知ってオロロいたのは実はわだぐぢ(誰?)でごじゃりまするが、そんな細かなことはともかく、いつもブルブル寒気に震えあがっている主人公のクマと一緒に、夜店の縁日よりもはるかに日常っぽい悪夢と狂気に一喜一憂なしがら宇宙島流しちうの脱走お散歩気分をお召し上がりください。。??。 [記:2008.10.29:PM24時00分ごろ]

天災的1960年代あんぐら漫画家作品集『イカレぽんちがイカレてゆくトコロ:ロリィ・ヘイズのア〜トと漫画
by =ロリィ・ヘイズ 発行=2008年。from=しあとる。英語版。
大きさ:ヨコ208Xタテ254みりめいとる 重さ= 約470ぐらむ。
外見=そふとかば。地下漫画&いらすと集(カラー頁も少々あり)。全144頁。
ど特価:=¥2800
お問合せ先: dobunko@mail.goo.ne.jp
お問合せ番号::抜刀鳥っぷ081029


2008年10月27日のあれやこれ や。

    ★今日のメニウ‐その1    

ゴツック人間機械獣びざある画集

廃品回収ずみ:ジェイソン・フェリックスのあ〜と
...10きろめいとる四方のなかに、金持ち白人用のリゾートビーチもあれば、世界ぢゅうのもろもろ部族のひとたちが肩寄せあって暮らす居住区域もあれば、自発的にでない野宿をするヒトたちの寄り合いもあれば、背広とネクタイの衣裳だけしか似合わない怪物的会社員たちもあり。とゆうぐらいお互いにそれぞれが異質なダシや具材が大量に寄り集まることで、最悪でサイテーなヤミ鍋のように濁ってイイ味加減とゆうサンフランススコの街からデヂカメで釣り上げたイイ意味とワルい意味と両方でのゴミ・ゴミを素材にしたCGと手描きの二刀流づかい。地上攻撃と空爆の挟み撃ちにあった廃工場にとりついた労災保険適用除外なサイボーグ作業員たちの亡霊のような血みどろ姿に執着しまくるお絵描き製造工員ジェイソン・フェリックスさんのゴツックサイババーですとぴあ肖像画お作品集です。ウィトキンやH.R.ギーガー、ベクシンスキーやメビウスやバーニー・ライトソンやニール・ゲイマン、ブラザー・クエイやシュバンクマイエルなどをはじめ暗くてヘンテコなな怪奇とグロテスク方面各種からさまざまな養分を吸収しながら最初から一貫して自己流でお絵描きのコツを身に付けプロになったとゆう1973年生まれのジェイソン・フェリックスさんが描く奇態な人物画の仕上がりは、どこかメンコっぽいような気さくなかんぢが特徴てきで。通常ならばどこまでもナルナルしーくお耽美にガケっぷちを目指して流れ流れていきそうなハヅのお道具立てが、かさぶたやスリきずだらけのお子ちゃまのように、どんなにボロボロでもしゃっきりと、いつも遊び場にしている崩壊した工場跡地の廃墟にむかってテレテレ歩いていく途中に呼び止められて振り向いたように見えたりするのでち。イレズミやボディピアスに飽き足らない拷問庭園の常連などが着こなしてきた21世紀ふう身体改造ふぁっしょんが階段を降りて未来形フロアから現在いまそれ当たり前のラベルにあることを実感させたりもしてくれるサワヤカえろぐろイラスト集です??。 [記:2008.10.26:PM23時30分ごろ]

ゴシック人間機械獣びざある画集『廃品回収ずみ:ジェイソン・フェリックスのあ〜と
by =ジェイソン・フェリックス 発行=2007年。from=さんふらんすすこ。英語版。
大きさ:ヨコ225Xタテ290みりめいとる 重さ= 約860ぐらむ。
外見=はあどかば。オールカラーいらすと集。全124頁。
ど特価:=¥4800
お問合せ先: dobunko@mail.goo.ne.jp
お問合せ番号::廃工場ギャラリ081027


2008年10月25日のあれやこれ や。

    ★今日のメニウ‐その1    

残虐行為実演すぺーす潜入写真集

魔女狩りの建築
...魔女といえばむかしは、教会のどエラい方々の煮詰まった妄想から生まれ、教会のお庭などを作業場所として製造されていたらしい話に聞き覚えがありますが、いまはむかしの21世紀に、魔女や魔人とゆー妄想のぺちゃんこで空っぽなヒナ型に、アンコを注入して兇悪な人間のかたちに膨張させたあと、「悪」の烙印を焼きつけて葬りさっていく実にオトロしい作業場所はいったいどうゆう場所なのか。ヒトを悪魔の手先とゆーイメエジに改造していく秘密工場へと世界ぢゅうのあっちこっちで潜入し、たちこめる冷酷邪悪なムウドや気配を卒業アルバム写真みたいなイヤ〜に引いた目線で吸い寄せた残虐行為実演すぺーす潜入観光お写真集です。潜入撮影ぽいんとは、そこいら辺どこにでもある幼稚園の誰もいないお教室から、極秘にゆーかいしたヒトたちを好き勝手に拷問しまくって世界的な非難の的になった国際ヒミツ刑務所の誰もいない訊問室まで。からっぽの安ベッドがずらりと並ぶ精神病院の巨大病室から、銭湯には不向きな宗教っぽおい壁画が飾られた室内にからっぽの椅子がぐるりと並ぶこくれんアンポ理事会室まで。ごちゃごちゃ四角ばって勿体ぶった「壮麗」とゆー漢字などが好きそうな各種巨大宗教の成金趣味的なおいのり所から、血や大小便の匂いと断末魔の絶叫が壁から床まで染み付いたような拷問室まで。ヒトらしいヒトのすがたはほとんど見えず、絶対的な権力をぶんぶんふりまわすヒトたちとそのイケニエ役を振り当てられたヒトたちの登場を待つために用意されている観客立入り禁止の舞台装置のあんなタイプこんなタイプが写真でご内覧できてしまいます。人影が無い代わりに絶対に座りたく無い椅子がいくつもいくつも写っていて、人間椅子マニアのかたがたには特にキツい印象。世の中全体がコンピータ仕掛けに手のこんだSMぷれいルウムに変身したげな20世紀後半以後の変態的にんげん様ぶんかの証拠品として、地球脱出時のおみやげにもよさげなドキュメント写真集です。??。 [記:2008.10.26:PM13時05分ごろ]

残虐行為実演すぺーす潜入写真集『魔女狩りの建築
by =リチャード・ロス 発行=2007年。from=にうようく。英語版。
大きさ:ヨコ236Xタテ235みりめいとる 重さ= 約860ぐらむ。
外見=はあどかば。オールカラー写真集。全144頁。
ど特価:=¥5000
お問合せ先: dobunko@mail.goo.ne.jp
お問合せ番号::魔女の鉄槌081025


2008年10月23日のあれやこれ や。

    ★今日のメニウ‐その1    

1960ひっぴぃアングラおサイケ新聞復刻CD-ROM

サンフランシシコの霊媒
..『サンフランシシコの霊媒』といえば、1960年代世界ヒッピーたちの原宿・竹下通りにあたるサンフランシスコ・ヘイトアシュベリーのテレグラフ通り界隈では『東京スポーツ』を枯れた長髪の枝毛のさきっぽで吹き飛ばすほど勢いのあったアングラ文化新聞。その創刊号から廃刊号まで全部あわせて12册のまるごと完全複製復刻版が、ヌポン円値段に換算してウン万円とゆう高値で刊行されたのが数年前。その印刷インクで紙のうえに印刷されているのと同じデーターをすっこりCD-ROMに収録し、新たにプラスもう1枚、今回の復刻作業にも参加した『サンフランシシコの霊媒』の元・編集部員アレン・コーエンさんの思い出話をぢくにして当時の音楽や映像をちりばめたDVDを追加した2枚組の電気じかけ版復刻版でありまする。
なにしろ当時まだコンピウタとゆう機械が個人の持ちものになるなどとは夢の夢で、紙面づくりは挿し絵描きから何から何まで手作業でなければ何もできなかった時代のなかでも、機械ぶんめい的な考え方に強く反対したい気分のひとたちが寄り集まって、クルクルパーの素晴らしさを踊ったり歌ったりするべっちゃあと作っている新聞だけに、ナニヌからネノネノまでパチョコンで済ませることのキテレツさに不感症ぎみになっているイマどき汚れのした目線でながめると、『サンフランシシコの霊媒』の紙面は不思議なほどに新鮮で、いまの時代のほうが時代おくれであることがまぶた5センチ裏側から奥のほうにかけてクッキリ鮮明に見えてもくるようです。ウィリアム・バロウズの社会ひはん作文「アカデミー23」やティモシー・リアリーのおりおりの肉声、アラン・ワッツやアレン・ギンズバーグなど多数参加のビートニクス〜ヒッピー系有名あいどるの名前は出てきても出てきても気にせずにただただボンヤリ眺めていると、2008年とか2009年とか印刷されている今年のカレンダーも冗談で、『サンフランシシコの霊媒』のお告げでメラメラ燃えるサマーおぶラブ1967年まっさかりをお盆の帰省ちうに目撃している植草甚一が乗っているキュウリの馬になったみたいな気分にひたれそおです。ち、ちなみにこの復刻CD-ROMぷらすDVD(ぷらす小冊子)セット、前回にうか時(2008年7月18日)にご案内しました価格¥3400でしたが、今回は緊急円高還元サアビスど特価=¥2900です。お早めにどどーどぞ??。 [記:2008.10.23:PM25時00分ごろ]

1960ひっぴぃアングラおサイケ新聞復刻CD-ROM『サンフランシシコの霊媒
by =アレン・コーエン編 発行=2007年。from=おおくらんど。英語版。
外見=CD-ROM+DVD(合計2枚セット)。Windows(95,98,NT,ME,2000,XT),Mac(OS9以上),Linux,Solaris対応PDFふぁいる入りCD-ROMプラスどきゅめんと&インタビウDVD(ぷらす小冊子)。
ど特価:=¥2900
お問合せ先: dobunko@mail.goo.ne.jp
お問合せ番号::ロゼッタ本舗080717


2008年10月21日のあれやこれ や。

    ★今日のメニウ‐その1    

ドーナツUFO成人病ロボット画集

ロボツトとドーナツ:エリック・ジョイナーのア〜ト
..鉱石ラジオのアンテナをぷるぷる震わせて背中にチャックのスットコドッコイ怪獣登場のテーマ曲が聞こえてくるようなヘンテコろぼっと画家エリック・ジョイナーさんの初めて作品集が当店ショウルウムへと不時着ちうでごわす。いまどき世間でロボットちうたらば、アリさんのたまごよりも小さい電気ソロバンの詰めあわせギフトセットがぎうぎうにつめこまれた歩く自動販売機みたいなロボットばかりになっていますが、あぶら絵画家エリック・ジョイナーさんが描くロボットは、縁日の露店でしかみないブリキ製の金魚のジョウロのオニイちゃんかオトウトがぶらぶら家出してオトナになったような、缶詰の空きカンみたいなオツムに恵まれると同時に、サカリのつかない思春期のイヌのように多感な金属製のレバーやハツを持ち合わせた旧式なロボット。動力はゼンマイで1度ころべば自力では2度と立ち上がれないほど不安定なパワーさえあれば充分なこの倹約家ロボットは、大好物とゆう範囲から転がり落ちるいきおい余って宇宙一周して戻ってくるほど強烈なドーナツらぶに憑依れていてるのでぢだ。電気羊がアンドロイドの夢を見ることのできない不眠症に悩む夜はあっても、宇宙の果てから飛んでくる巨大ドーナツを妄想して恍惚としない日のないぽんこつロボットたちの惑星で、えんえんと繰り広げられている、地球に寄生しているわだぐぢどもすべてのアニマルもヒトもまだ誰もが見たことのなかった奇絶怪絶あららフシギな光景のソレやコレやを、それも正調本式のアブラ絵画法で、アフレかえる情感の巨大波にのせてどんどんぶらりこどんぶらーりとお届けていたしてくれる珍妙画集。お絵描き1点ずつのよさに止まらず、エリック・ジョイナーのロボロボ宇宙のステキな直径は、作品を順繰りにみていくごとにぎこしゃこイビツな曲線を描きながらどんどん膨張していきまするので、手元に置いて時々眺めれば、眺めるたびに繰り返し新鮮な満腹感がたのしめそうなお徳用画集でもありそおです??。 [記:2008.10.21:PM16時30分ごろ]

ドーナツUFO成人病ロボット画集『ロボツトとドーナツ:エリック・ジョイナーのア〜ト
by =エリック・ジョイナー 発行=2008年。from=おれごん。英語版。
大きさ:228X304みりめいとる 重さ= 約900ぐらむ。
外見=そふとかば。本文=オールカラー画集。全184頁。
ど特価:=¥3500
お問合せ先: dobunko@mail.goo.ne.jp
お問合せ番号::メタロボリズム081021


2008年10月19日のあれやこれ や。

    ★今日のメニウ‐その1    

妄想狂作家へんたい夢画集

ブルーノ・シュルツ画集
..クエイ兄弟によってパペットアニメ化された短編小説集『肉桂色の店(英訳書名=ストリート・オブ・クロコダイル)』の原作者として有名になる何十年もまえにナチス親衛隊に虐殺されてお亡くなりになられていたポーランドの妄想狂小説家ブルーノ・シュルツ。そのもうひとつの本業(?)であるマゾマゾお絵描き家としてのお仕事を作品点数200点ほど寄せ集めたブルーノ・シュルツ素描画集です。虐殺死ののち行方不明になっていたシュルツのお絵描き作品が、本書の著者であるフィツォフスキ氏の40年以上にわたる行方さがしの末に油絵とクレヨン画をのぞく多くの作品がふたたび発見されたいきさつが、邦訳版ブルーノ・シュルツ全集第2巻「書簡篇・解説篇」の工藤幸雄解説でくわしく紹介もされていたのを記憶されている方も少なくなくないかとは思いつつ、ほとんど記憶喪失ちうのわだぐぢ(誰?)でも、おなじ話がこの画集にも記されていることに安心しつつ、なにしろ行方の発見されたお絵描きは地元の文学資料館にぶじに収蔵されたそうで、そのほぼ全部を図版化したものがこの作品集の肉体になっているのですが、そのお絵描きのいちぢるしく目立つ特徴は、編者フィツォフスキ氏が指摘しているとおりに、女性たちの足下に小さくひざまづいているマゾマゾをとこの姿ばかりが繰り返し描かれていること、そして、そのマゾをとこの人相が、作者ブルーノ・シュルツの自画像の人相と、同一人物と言わないのが不自然なほどよく似ていること。もそっとゆっくり眺めると、ヲンナの足の裏がヲトコの顔面を踏み付けていたり、ヲンナの足裏がヲトコの股間を押さえて電気アンマのような格好になっていたりする絵柄がとても数多く目につくことなのでぢた。シュルツのこのへんたいちっくなコダワリを、シュルツと同じガリシア地方で生まれ育ったもう一人の有名変態小説家ザッヘル・マゾッホに由来するマゾヒズムとゆうコトバで緊縛しても不自然ではないと思うのは不自然で、なにしろ、「個人」と名付けられた宇宙が出口も窓もなく密閉監禁された暗闇であるとゆう事実から目をそむけるための麗しくも天才的なホラばなしとして「人間」とゆう迷信が作り出されたものと、本気で信じているブルーノ・シュルツであれば、「人間」が実在しないのと同じように「マゾヒスト」も実在するはずもなく、ただ、ブルーノ・シュルツによく煮た小柄なヲトコが残酷なヲンナとゆー生き物を前に、イヌやウマやと同じように、そしてまた、ベッドやテーブルと同じように、ヲンナではない何かの一員として床に這いつくばってヲンナ(特定の誰か?)へのおいのりを捧げている光景がお絵描きのなかに繰り返し描かれ続けている模様っぽいのでぢだ。そしてまた、シュルツが子どものころから好きだったとゆうおウマさんの絵が、点数はそれほどないとはいえ、ものすごぐカワイーくて、真性の馬になりたい願望の持ち主が、願望に挫折した地点をふりだしにして描きはじめたイビツな絵描きをまっとうしている印象がヒヒィんと伝わってもくるようです。おスキなかたは、お早めに、はいしどどどーぞ??。 [記:2008.10.19:PM24時40分ごろ]

妄想狂作家へんたい夢画集『ブルーノ・シュルツ画集
by =イエジ・フィツォフスキ編 発行=1990年。from=いりのい。英語版。
大きさ:216X278みりめいとる 重さ= 約925ぐらむ。
外見=そふとかば。本文=シロクロ。全272頁。
ど特価: 古本(在庫1册限り)です=¥3500
お問合せ先: dobunko@mail.goo.ne.jp
お問合せ番号::マネキン人形論081019


2008年10月17日のあれやこれ や。

    ★今日のメニウ‐その1    

1970年代あんぐら怪奇まんが復刻版

ぞんびぃ製造工場/墓場の下から甦る狂気の変痴奇マンガ集
..ヂョ〜。龍産んだヂョ〜?あしたのヂョーの男妻・ボクツング博士のダンペーがこんな怪物の墓場のような所でナンの特訓をしてるのか?漫画取り締まりのための冗談よりもキビしい規制がまかりとおり、グロてすくなバケモノは禁止、流血も禁止、そもそも雑誌のタイトルに「怪奇」や「恐怖」などの文字を使うことさえ禁止とされていた1970年代はじめ頃のあべリ力で、ぢゃかましい規則の鉄柵を大胆に乗り越えて、大胆不適なエグエグ・グログロ路線を幽鬼のような足取りでふらふらふらと邁進。ベトナムせんそーも後半戦になり、底なし沼におぼれかけているような疲れと不安に囚われていた時代のお子ちゃまたちの間でひっぱりダコだったとゆう1970年代初頭の「無気味出版社(Eerie Publication)発酵のオキテ破りな狂気の変痴奇マンガのカスカスから選りすぐった怪奇恐怖グログロまんが27作品を収録した復刻ヘンチキ集です。1950年代の怪奇まんがブームでは石原豪人タイプゥの肉太な絵が主流だったのにくらべると、ここに墓場の下から甦った1970年代前半の怪奇まんがは柳柊二タイプゥの繊細なペン触りの絵のマンガが多め。それなのに、残虐行為展覧会となり果てたベトナムせんそーニュースでどんどん鈍感になっていた感ぢる気持ちにガブリ憑くための必要からなのか、暴力びょうしゃの残虐度は50年代とは比較にならないほど極端に押し進められていて、これらの怪奇まんがの後を追って続々と発生したゾンビィ映画や血まみれ映画に先駆けての、目玉や脳ミソが飛び出したり飛び散ったり、首や手足と胴体がイヤイヤ悲鳴をあげるより先に離ればなれになっている状態などが当たり前のようにあちこちに描かれて、ぞんびぃや死神やガイコツ男などが主人公をつとめる物語りの不自然さを打ち消しているかのような、不思議なバランスで刃のうえを裸足のすり足で進むような独特の恐怖世界をかもしています。本のサイズはオリジナル版の各掲載誌より小さくなっていますが、表紙だけがカラーでなかみはシロクロとゆー点はオリヂナル版どおり。1980、90年代以後のぢゃぽん製ホラー漫画とくらべればコドモだましとさえ言いづらいような、指紋のあとがハッキリついた手づくりのお化け屋敷のような1970年代ならではの幼稚さと真剣さに裏打ちされたマンガ職人仕事を秋の夜長にぢつくりご賞味くだざっくり??。 [記:2008.10.17:PM23時00分ごろ]

1970年代あんぐら怪奇まんが復刻版『ぞんびぃ製造工場/墓場の下から甦る狂気の変痴奇マンガ集
by =マル・ハラサ、ラナ・サラム編 発行=2007年。from=ニュウ・ジャーヂ。英語版。
大きさ:178X253みりめいとる 重さ= 約450ぐらむ。
外見=そふとかば。本文=シロクロ。全192頁。写真満載。
ど特価: ¥3000
お問合せ先: dobunko@mail.goo.ne.jp
お問合せ番号::戦争神経症081017


2008年10月15日のあれやこれ や。

    ★今日のメニウ‐その1    

衝撃の西あぢあ悪趣味らんぢぇりぃ写真集

シりアぢんの密かな下着愛好癖
..ゴルフのキャデーさんもハチミツづくり養蜂場のヒトも黄道十二宮(ぞでぃあっく)さつぢんキでもそこまでは?とフシギなほど夜も昼も真っ黒なベールをヲンナのひとたちがあたまからスッポリとかつぎ、ひとまえで決して素顔を見せない習わしのあるペルシヤわん周辺の西〜中東アヂアのいっかくにあるシりア。そこが、悪趣味ド派手せくしぃ下着の唯一の産地として密かに大繁盛をしているとゆうオドロくべきべき事実を、シりア産の悪趣味らんぢぇりぃ現物写真、シりア産の悪趣味らんぢぇりぃの製作作業写真、シりアの悪趣味らんぢぇりぃ販売店のカタログもでる写真、シりア首都タマスカスの下着商店や街かどのシりア女性写真など、インコース・アウトコース・低め高めと48手の立体的な絡みで紹介してくれるビックリ仰天らんぢぇりぃ写真るぽです。ヲンナのひとたちが尼さんちっくに禁欲的な服装の下に悪趣味らんじぇりぃを着ているとゆうだけならば、そんなに驚きはしないのですが、往年の悪趣味水着女王・武田久美子も運動靴をはいて全速力で逃げ出したくなるのではないかと思うほどに、ヒドすぎてエレガントを軽く通り越し、ヒドすぎてヒドいデザインの女性らんじぇりぃーがゾクゾクとあるわあるわ。プラスチッス製のムシやおハナがパンテーの前あてにしがみついて遊んでいるぐらいは当たり前、気持ちのわるい目玉や口が乳当てやパンツの上から大きな声でささやきかけてきたり、左右不対称な穴ぼこや切り込みがあるのも当たり前。電気ぢかけで歌を歌う下着やぴかぴか光るピカピカハレンチ下着もあれば、チョコレートやキャンディなどがよそってあって食べられる下着もあり。股間の前あてにただの飾りとしてケータイ電話がとりつけているパンチーまであるのですから意味がわかりませんん。。もしも映画のなかで女優がそれをつけて登場したら、観客の苦笑や失笑、嘲笑を浴びるのがぼぼ確実な悪趣味下着を、どこにでもいるフツーの女性たちがばんばん購入しているとゆー不思議さは、田舎のゴーヂャスなレストラン・アラビヤンナイトのショウタイムまがい。本文ちうの説明によれば、シりアでは、ベッドの中で女性を笑わせることが性生活の充実のための大事な要素と信じられ、悪趣味下着が市場にではじめた1980年代ごろから、あっとゆうまに定着したとか。とくに新婚かっぴるのばやい、ヲット、ッマともどもに、悪趣味下着の購入あんど着用にはもーのすごく熱心なのだとか。悪趣味ランジェリーをネタに展開されるベッドトークのくだらなさはあえて想像するまでもなく思いきり恥かちーですが、悪趣味ファッション好きのみなみなさまなら一人2冊、うち1册は肌身につけてつねに持ち歩きたいお写真集でござりまする??。 [記:2008.10.15:PM23時35分ごろ]

衝撃の西あぢあ悪趣味らんぢぇりぃ写真集『シりアぢんの密かな下着愛好癖
by =マル・ハラサ、ラナ・サラム編 発行=2008年。from=さんふらんすすこ。英語版。
大きさ:170X225みりめいとる 重さ= 約580ぐらむ。
外見=そふとかば。カラーかばあ付き。全176頁。写真満載。
ど特価: ¥3000
お問合せ先: dobunko@mail.goo.ne.jp
お問合せ番号::夫婦善哉081015


2008年10月13日のあれやこれ や。

    ★今日のメニウ‐その1    

トオキオ妖精はんちんぐ2008写真集

しげんを大切に(仮)
..去年2007年の当店ショウルウムに世界そちこちから漂着した出版物のうちでも閉じめのホチキス周辺から立ち上がるナゾナゾ光線きらめき度数1、2を荒らそう問答無用本としてショウルウムご来訪の一部のお客ちゃま方を唸らせたり一部のお客ちゃまに呆れなれたりした計画的ご利用明細あーとぶっく「UFJうらない」や、孤高の音楽雑誌「Gーモダーン」最新号でも紹介されたウィリアム・ブレイク訳詞写真集「ユリゼンの書」の著者である写真家・古田直人氏の最新刊。今年10月に大久保・カオリ座で開催された古田氏の個展で目撃された、夢の中の日常で巻き戻されたゴムサック複数による月面の文明汚染風景が表紙の写真集、世界ぢゅうでただ1册だけの追加増刷ぶんが当店へと独占にうか致してしまいました。
割られたビールびんのガラスの破片が燦爛と輝いている地面のうえでもしたでもハダシのまま平気でぺたぺたのリヅムを崩さずぺたぺた歩く両手だらりの念写写真家である古田氏が行く先々で捕獲した、目のまえに現れては消えて行くおっさん、おばしゃん、むすめさん、ばあちゃん、がきんちょ、ぢいちゃん、それに露骨にヘンな妖精のなりそこないみたいな雰囲気をふりまいているヒトなどのフリをした、いたずらな妖精さんたちの影。妖精さんたちが口を結んだまま全身で描く肉体文字や、街とゆーものにまぎれて妖精をむさぼり喰らおうとする風景のふりをしたオソロしー何かなどが、ゆらりゆらりと日光写真のように浮かびでて、ぺたぺたとカラーコピー印刷されている2008年トオキオ・サイタマの妖精さんたちの影の記録集です。完全1册限定版。お問合せ、ご注文はぐらりぐらぐらお早めに。。。??。 [記:2008.10.13:PM23時30分ごろ]

トオキオ妖精はんちんぐ2008写真集『しげんを大切に(仮)
by =古田直人 発行=2008年。from=さいたま方面。ヌポン版。
大きさ:260X365みりめいとる 重さ= 約100ぐらむ。
外見=カラーおりじなるコピー本、ホチキスとじ。クリアファイルいり。
ど特価: ¥9800
お問合せ先: dobunko@mail.goo.ne.jp
お問合せ番号::妖精養成所081013


2008年10月11日のあれやこれ や。

    ★今日のメニウ‐その1    

DVD付ゲイ交際みにこみ

おかま学校・第3号
..学校の黒板をみる用のメガネをかけてプールサイドに座っている水アレルギーのアフリカ系大学生風の写真をぢぶんの名前のうえに貼付けてあるヒト,クソクソ(XOXO)ブロンテスさんが、おもにぢぶん(ブロンテスさん)がぢぶん(ブロンテスさん)をたのしませるためにこさえているようなゲイ目線みにこみ「おかま学校」の、2年半ぶりとゆう最新号です。しろくろコピーでホチキス閉じ。お知り合いのクィアコアバンド(?)の歌唱担当者や家具セールスマンのユタヤびとやレスビアンやミニコミ執筆者などへのインタビウや、お友だちのパーチーの様子や同性交遊推進地区など作者の徘徊先での出来事レビウ、ぢぶんとおほもだちの愛情写真や人生相談コーナーなどが、パンクでもなくア〜トでもなく、工夫は少しありヤル気はもりもりなのに単調で乱雑、誤字の訂正が多過ぎて読みづらいのにひたらすら生マヂメみたいなかんぢの、落ち着きのなさにカマボコ板がついてドッシリ重たい水マクラをゲタで踏み付けながら片足立ちとゆーおもむきレイアウトむこうでひらひら揺れています。そそしてそんな頼りなげな本紙よりも見どころといえそうな見どころが、同封されているオマケの特典DVD。DVD収録ちうの本編「LOVEWARZ」(27分)は、自動車通り沿いのカベに脚立をかけてテープをたくさん貼って字を描いてみたり、キラキラ光る巨大な人工ワカメのようなかざりを電柱で縛り首に吊るしてみたりとゆうた女装の変成男子(?)の野グソ原理主義的な青春アァートの垂れ流しな日々をヒマにまかせて吸って吐いてしたような、ちょっぴりアングラ帝王ジャック・スミス(Jack Smith)への敬礼も感じさせるような、意外(?)にかんぢくダラダラしたかんぢのダラダラした映像。ほかにも何の舞台裏かよくわからないメイキング映像(4.5分)やヤングラバーズ(?)の音楽びでお(8分)。さらに「MANHATERRR」(31分)とゆー作品も収録されています。どうせなら、大盛り無料サービス実施中のお店を選びたいとゆーメタボにやさしいヂロリアリストのかたがたでしたら、ゲイ趣味は横へどけてもボンヤリ楽しめそうというだけでなく、再生できるかできないかは運次第とゆいますか、ご使用DVDプレイヤーとの相性次第で、場合によっては再生が途中で早めに終了することもありそうななさそうな、盤質低級なオマケDVD目当てでの無謀なご購入はいかがでしおか、どでしおか??。 [記:2008.10.11:PM24時20分ごろ]

DVD付ゲイ交際みにこみ『おかま学校・第3号
by =クソクソー・ブロンテス 発行=2008年。from=サンフランススコ。英語版。
大きさ:210X280みりめいとる 重さ= 約100ぐらむ。
外見=しろくろコピー本、ホチキスとじ。全32ぺいぢ。
おまけ=DVDつき。
ど特価: ¥1000
お問合せ先: dobunko@mail.goo.ne.jp
お問合せ番号::かまかぶり081011


2008年10月09日のあれやこれ や。

    ★今日のメニウ‐その1    

いたずら描きゴムおもちゃイラストああ〜っと集

ウレシい裸底憑空吸(らてっくす)
..エア妊娠ちうのビニール製南極越冬ご夫人の幼稚でわかりやすい単純化ばーじょんと言ってしまえば、吹き矢を吹かずに吸い込んだぐらいに的はづれもいいところですが、なにしろビニールよりも伸縮性が高いヤワ肌じまんのゴム製だからこそ可能なゴム風船で、ソフビのビギュアとはまた違ったオモろちいゴギュア、ラテギュアが作れないはづもなかっぺさー!とかなんとか。ラテックツそのままに根も葉もなくツルツルすべりやすい思いつきを吹き込んだら、世界およそ25ケこく出身の合計135人の有名無名あぁちすとたちの集団的肺活量が集まって、地面から地面が離陸するほどにも膨張して、ふわふわと実現してしまったお絵描きオン・ザ・ゴム、ゴムゴムお絵描き競作集でござります。
太いマヂックインキのようなものでヘンテコリンでおもしろい顔をゴム風船の上に直接描いてあるタイプのお作品は、それがいちばん手っとりばやい行きかたとは言っても意外に数は少なめ。それ以外のタイプのお作品の風船人間たちは、極端なばあいにはどこにラテックスを使っているのか首をかしげてしまうような、ただヒラたい画面に風船人間キャラをヒラたく描いただけの作品も何点かあれば、風船人間じたいのカオや姿を画材だけでなく各種素材を投入して立体的な工作物として仕上げているお作品もありで、、135人もの作品のひとつひとつについてどは、ーこーご案内する能力やら気力の持ち合わせがないのをよいことに大胆に省略しておきますが、イナガキタルポーの算数教室風にいいそびれると三角形のないかくの合計が180度になったら間違いなナントカ平面上のおスベリ台から転がり落ちてもイイ感ぢなおマヌケっぽい可愛さで全編いろぢられています。妖怪人間のかたがたが風船人間に生まれ変わろうとするときなど、とても参考になりしそうな、コドモの遊びにとーても近いその場しのぎ感覚豊富で、とてもウレシ毛な幼稚あーとお作品集です。。。??。 [記:2008.10.09:PM23時55分ごろ]

いたずら描きゴムおもちゃイラストああ〜っと集『ウレシい裸底憑空吸(らてっくす)
by 編=マクソーマチック。参加あぁちすと=ゲイリー・ベースマン、ティム・ビスカップ他、全135あぁちすと。 発行=2007年。from=ベルリン、ドイツ。英語版。
大きさ:217X255みりめいとる 重さ= 約790ぐらむ。
外見=そふとかば。からあイラスト集。全310ぺいぢ。
おまけ=イラストつきゴム風船(ふくらます前のぐんにゃりしたの)5ケ付き。
ど特価: ¥3000
お問合せ先: dobunko@mail.goo.ne.jp
お問合せ番号::空気頭081009


2008年10月07日のあれやこれ や。

    ★今日のメニウ‐その1    

悪趣味セクチィ即身成仏ハッピぃインテリア

ギャルたちと死体/2009年版カレンダー
..創刊3号でアノ世に舞い戻るのかと思ったら意外なシブトさで読者を三途の川リゾートへと手招きして好評の世界初の死太井ゆうもあ雑誌「ギャルたちと死体」。調子にノリついででついに、来年2009年版の「ギャルたちと死体」カレンダー楽しみとゆう世にも珍奇な悪趣味物件までヒリだしてくれました。細身でセクチィな白人美女たちしなやかに伸ばす誘惑の手足に抱かれているのは、でれでれとミイラ化した死体。美女と死体は、どちらが使用前で、どちらが使用後のすがたなのか。後ろ足で砂をかけらるネコのうんちのサイズにまで自分のボンノーが痴人で行くような、ありがたいご利益のある写真といってはただ単に言い過ぎなだけの、ひたすら悪趣味で意味不明な死体と美女のシヤワセむうどいっぱいな写真シリーズのカレンダア。1と月ごとに写真は入れ代わりまして、12ケ月ぶんで12点。それに表紙と裏表紙にもサービス写真が1点ずつ。1頁まるごとのギャルたちと死体オールカラー写真がカレンダー全体で合計14点収納されてあります。さらに悪趣味サービスとして、職場でみると実にイヤーなカレンダーの生活どりょく目標や不快いいコトバの死体ギャルばーじょんが掲げられていて「1月ギャルは新鮮なしたいの香りを好む」とか「2月のオイラはただの死体さ。ギャルの前に屹立して、埋葬してくれよとすがるのさ」とか、これも意味不明ながら、脳波沈降効果はダイ。さらに、カレンダーのなかに、今日は何の日でゅっでゅうサービスも盛り込まれていまして、1月をみると1日の「新年死亡」にはじまり、6日「あなたの愛犬の死体をドレスアップしてあげようデー」、8日「エルビスは生きてるデー」とか、365日のうち半分近くの日にむりやりこさえた変てこな死ギャル記念日に仕立てあげられていて、2009年の1年間を、ドツボだらけのスゴロク盤で遊んでいる気分でのりきれるように冷たく暖かく応援してくれているようなサービスぶりです。毎日を悪趣味に過ごされているご自分への2ケ月半ほどはやめな苦りすますごホウビぷれじぇんとや落とし玉などにぜぜひひどどどーぞ??。 [記:2008.10.07:PM23時30分ごろ]

悪趣味セクチィ即身成仏ハッピぃインテリア『ギャルたちと死体/2009年版カレンダー
by 編=ギャルたちと死体編集部 発行=2008年。from=あめりご。英語版。
大きさ:285X215みりめいとる 重さ= 約120ぐらむ。
外見=そふとかば。からあ写真14点(表紙裏表ぷらす12ケ月ぶん)。
ど特価: ¥2000
お問合せ先: dobunko@mail.goo.ne.jp
お問合せ番号::クロの巣城081007


2008年10月05日のあれやこれ や。

    ★今日のメニウ‐その1    

21世紀催眠術乙女いらすと凶作集

デカい目あ〜との蘇生版、変型版
..「デカい目あ〜と(ビツグ・アイ・ア〜ト)」とは、口元にあやしー毛なホホエミを浮かべながら望遠鏡をのぞき見しているふた子のお月さまを左右に2つヅボリ。とハメこんであるのかしらン?と見とれているうちに宇宙からきた空飛ぶ円盤のなかに吸い込まれていきそうな眼力をもつ巨大な目の玉がまるで魔術師の弟子みたいなヲンナの子やヲトコの子やドヲブツなどばっかりを描く1950-70年代初期の大量複製おミヤゲあ〜とのいちジャンル。マーガレット・キーンが描いたセンチメンタルな宇宙人ぽい謎のヲトコのコ・ヲンナのコなどがその代表として有名な「ビッグアイいらすと」の人気がいまごろになってゾンビィのように蘇生。本書は、ブウムを全部の足にマスカラをつけた毛虫のような脚力でひっぱっているア〜チストのかたがた22名による「デカい目あ〜と(ビツグ・アイ・ア〜ト)」21世紀のおかえりなさい記念すぺしる的にニギニギしい凶作いらすと集なのでありまぢだ。もともと半世紀前の元祖ビッグアイいらすとも、青い目をした西洋人形の異国むうどに憧れたニポンをとめ系舶来趣味が青い目の本拠地である海のムコウへUターン帰国して物珍しがられただけだったとゆー可能性を妄想するのは誰にでもたやすいことなわけですが、21世紀の「デカ目」は、ブライスやプーリップやドルフィなど現代西洋人形たちの人相から、影響とゆうよりもももっと直接的な魚拓的な刻印を押されているものが多いことや、おスベリ台がゴスロリ風な砂場にむかって滑っていることなどを、編集も担当した人気女性お絵描き職人ブロンド・ブライスは指摘してみたりしているのですが、その解説を無視するかのように、「デカ目」作品は多彩で、言われなければ「デカ目」だとは気づかないような作品まで含め意外性のある「デカ目」を幅広く収録。妖精系からイレズミ系、すっとこどっこい系(?)まで作風とりどりな収録あ〜ちすと22名のそれぞれについては、このホーム頁内でも後日にもまた改めてご案内しよかとも秘かに検討していたりいなかったり。当店ショウルウムで現物をみて頂くことをおススメしつつ、あやしいヒトミの誘惑にたぶらかされてみたい方はぜひ3、2、1。ハイどどどーぞ。。??。 [記:2008.10.05:PM23時10分ごろ]

21世紀催眠術乙女いらすと凶作集『デカい目のあ〜と:その蘇生版、変型版
by 編=ブロンド・ブライス 発行=2008年。from=えげれす。英語版。
大きさ:217X255みりめいとる 重さ= 約500ぐらむ。
外見=そふとかば。からあイラスト集。全224ぺいぢ。
ど特価: ¥4400
お問合せ先: dobunko@mail.goo.ne.jp
お問合せ番号::眼玉しゃぶり081005


2008年10月03日のあれやこれ や。

    ★今日のメニウ‐その1    

えげれすB級映画女優自伝

絶叫女王:ヘイゼル・コート自伝
..今年2008年春に82才であの世へ移住したエゲレス出身の元祖絶叫女王でロジャー・コーマン監督とのE.A.ポー原作3部作「姦婦の生き埋葬」「忍者と悪女(原作は「大鴉」)」「赤死病の仮面」や「フランケンシュタインの逆襲」などで知られるB級美人セクチィ女優ヘイゼル・コートが残した最初で最後、2008年刊行の唯一の自伝本です。テレビ「ヒッチコック劇場」の出演依頼がきてハリウッドに渡るずずっと前どころか自分が生まれる前にプロ・クリケットのスター選手だったとゆう父の思い出から、ずずっとあとン度めの結婚相手で映画オーメンしりいずの2作目からの監督ドン・テイラーについてのオノロケばなしまで、私生活の上でのどどでもよさ毛なことまで含め、ヘイゼル・コートの女優一代記が、快適なテムポでとゆいますか、かたっぱしから表面だけサッサとなぞっていく主婦のお掃除のような調子でてきぽきと繰り広げられ、ヘイゼル・コートのさばさばした性格より以上にいかにもインタビウ録音をもとに幽霊記者が代筆したタレント本とゆう印象が濃いめ。貴重写真図版200点以上も収録されているおかげで文字数もぐっと控えめぎみなので、読みやすいのもまちがないのですが、見どころはやはり図版かも。ロジャー・コーマン、ケン・アナキンとゆう有名映画監督2人がヘイゼル・コートにおくった序文のまえに、ヘーゼル・コートが造型あーちすととして開催した個展のパンフレットに怪奇男優ビンセント・プライスが執筆した推薦文(?)が転載されていて、「彼女は女優だけでなく、絵画や彫刻、文才までそなえたルネサンス人だ」とゆーたホメことばがあるのですが、本書のカラー口絵の頁に収録されている、ヘイゼル・コートが作った石の彫刻などの画像をみると、ビンセント・プライスがどんなヒトなのか納得できやすい気がします。筋金が金属疲労を起こしてコケが蒸しているほど年季のはいったB級女優ふぁんのかたにだけおススメしたいマニア本です。??。 [記:2008.10.03:PM23時25分ごろ]

えげれすB級映画女優自伝『絶叫女王:ヘイゼル・コート自伝
by ヘイゼル・コート 序文=ロジャー・コーマン、ケン・アナキン、ビンセント・プライス 発行=2008年。from=えげれす。英語版。
大きさ:228X227みりめいとる 重さ= 約500ぐらむ。
外見=そふとかば。シロクロ図版満載プラスからあ図版。全152ぺいぢ。
ど特価: ¥3000
お問合せ先: dobunko@mail.goo.ne.jp
お問合せ番号::女王蜂の逆襲081003


2008年10月01日のあれやこれ や。

    ★今日のメニウ‐その1    

全宇宙ドクロ化あ〜と写真集

ドクロぞくぞく
..消しゴム鉛筆がより集まって消しゴムでは消せないドクロ顔になってもいいぢゃあないですか。パソコンの四角い鍵盤69コが並んで口が達者そうなドクロの横顔になってもますますいいぢゃあないですか。赤城の山を飛んで行くトンビの群れが空にぐるりと描いた輪っかがドクロでホ〜イのほい。運動グツの靴底のミゾを左右1組並べたら、踏み絵で踏まれたがるドクロがホ〜イのほい。とにかく毎日最低1コずつは、ドクロの手づくり。ドクロといっても人骨以外の素材で作ることを最低限のお約束として守ったうえで、出来るかぎり意外性のある素材でヒトを驚かすような表情豊かなドクロの顔を手づくりすることを日課としているとゆーデザイン職人ノア・ドクロインさんのドクロ中毒的ドクロ作品が、どうよどうよとぞくぞくぞくぞく登場。レコード盤を切ったり穴をあけたりのロックな黒ドクロもあれば、使い古し工作用ナイフの折れた刃先ばかりを紙のうえに全部を突き立ててつくった辞書ラー風のひりひりドクロもあれば、白ネギドクロや野菜の花たばドクロ、泡ドクロ、海綿体ドクロ、棚ドクロ、ボッコリ穴があいた近所の山腹に浮かんだ豪快な山並ドクロ。。コトバだけで説明するよりは、実物の写真集のページをめくっていただくと、それほどでもないドクロの合間合間に団子屋ぱんちのように適格に、技ありドクロ1、2、3のデッドエンドラン。ドクロのなかに浮いている脳ミソ汁の沈殿物をぐるんぐるんに渦潮回転させるアハ体験ウホ体験イヒ体験が潮干狩りのバカ貝やアサリのように埋められた150点以上オールカラー手づくりドクロ図版が、暗黒むうどかオトナ赤ちゃんむうどのどちらか一方に流れがちな従来のドクロものとは何味も違った新鮮な風味を満喫させてくれます。今年今月今日今時今分今秒のいまのいま、全世界でおよそ67億8人の方々がご愛用されている約67億8コの体内埋め込み型天然ドクロ(ほね)への日頃の感謝の気持ちをこめて、自分のドクロから自分のドクロへのご放屁(ほうび)プレゼントをお探しのアナタ(誰でしょ?)、あるいは、他人さまのドクロへのご贈答用ドクロぐつづをお探しのアナタの体内にいるソナタ(誰で?)の探していたモノはコレではないのかも。と確実に言えそうかもな、かなり万人むけに意表をついてたのしーお写真集です。??。 [記:2008.10.01:PM23時55分ごろ]

全宇宙ドクロ化あ〜と写真集『ドクロぞくぞく
by ノア・ドクロ院 発行=2008年。from=にうようく。英語版。
大きさ:177X179みりめいとる 重さ= 約400ぐらむ。
外見=そふとかば。カラー写真集。全180ぺいぢ。
ど特価: ¥2000
お問合せ先: dobunko@mail.goo.ne.jp
お問合せ番号::ドクロ団081001



翌月のペエヂはアチラ          前月のペエヂはアチラ

この頁の先頭に戻る

お問合せ‐ご注文は今スグ大至急なんとなくdobunko@mail.goo.ne.jp「どどいつ文庫」まで