♥ 世界のキテレツ洋書&デヘブヒデヘ専門店「どどいつ文庫」です。ご連絡はdobunko@mail.goo.ne.jp「コニチワど文庫」係まで大至急に。

メニウでゴザル

●最新頁はアチラ
最新頁
www5f.biglobe.ne.jp/~dobunko/
◎1つ前のペエヂ
07.11月1日から07.11月30日まで
■コココレは?
◎おメエル連絡先
お問合せご連絡は、 dobunko@mail.goo.ne.jp
まで。いつでもどうぞ。
25ぢかん受付中
※ホ〜モ頁に出ていない本やDVDもお探ししします。。
◎ヂャンル別りすと
。。。。
コチラです
◎ど忘れメモブログ
dobunko.seesaa.net/
◎ご注文方法
ご注文は25ぢかんOK
※ホ〜モ頁にのつていない本やDVDのお問合せもどおぞ。。
◎「小鳥さん」部屋
ご注文は25ぢかんOK
※ど文庫お客ちゃまの特殊蔵書はいけんコーナ。2年ぐらい後進してないです。すいません。そのうち復活しまぢろう。。
お問合せ&ご注文はうはう
お問合せ&ご注文はうはう
お問合せ&ご注文はうはう
お問合せ&ご注文はうはう
お問合せ&ご注文はうはう
お問合せ&ご注文はうはう
お問合せ&ご注文はうはう
お問合せ&ご注文はうはう
お問合せ&ご注文はうはう
◎化石のホカホカ

◎おメエル連絡先
お問合せご連絡は、 dobunko@mail.goo.ne.jp
まで。いつでもどうぞ。
25ぢかん受付中
※ホ〜モ頁に出ていない本やDVDもお探ししします。。


〈ふりだしへ戻る〉

2007年12月ホカホカ入荷ですたい!
*お好きな順番で画像の上をゴキっゴキっと押っぺしてのぞいて見みみてください。

2007年12月30日のあれやこれや。

    ★今日のメニウ‐その2    

危ぢるし系まちかど異次元化ア〜チスとっとこ写真集

街角の叛逆者たち:アングラあ〜と新世紀
...よりにもよって、ぢぶんが苦心してこさえた大事なお作品を、まちかどに置き去りにして、誰とも知れないまちかどの通りすがりサンたちに強制的に無償のプレゼントしてあるく活動を生き甲斐にしていマス。まるで鼠小僧かキりストかみたいに気前よく、オモチロいことが大好きな素敵にどあほな世界の危ぢるし系ああちすと約30数人とその作品を現場直撃写真でお届けしてくれるオールカラーの21世紀あんぐらア〜トを写真集です。「をいをい、まるでウチのウチのオモテがヒトの顔みたいに見えちゃうケッタイな落書きなんかおしてくれちゃって。ホントにありがとお」と思わず言いたくなるような、立体的に見えるダマシ絵風な、落書きには見えない落書きを描くニューヨークまちかどア〜トやり逃げ歴30年の大べてらんダン‐ウィッツさんだったり。「をいをい、ヲヂさん、コンナところで寝転がっていたら、アリさんの行列に踏んづけられちゃうよ」と声をかけて、具合でも悪いのかと思って声をかけて起こそうとしたら、作業服すがたで地べたに寝ころんでいるオッサンのように見えた相手が、ぢつはニンゲンではないどころか、セロテープでこさえた半透明な等身大人形に服を着せてあっただけ。あららららっと、驚きながらも「ホントにありがとお」と感謝せづには煎られないセロテープ人形置き逃げアートをワツントン周辺で敢行するリオデジャネエロ出身のマーク‐ジェンキンスさんだったり。色つきのプラスチックでこさえた巨大めのカラー絆創膏(ばんそおこお)を、地面のヒビわれに貼りつけたり、キズやヘコミのついた自動車のボデーに貼付けたり、オトナのお医者さんゴッコで風景のきずぐちを治療するベネズエラ育ちのオン‐リィことカルラ‐リィさんだったり。コンクリート‐タイルで作っスペースインベーダーなど80年代初期のTVゲームのキャラクターを外壁に貼り逃げにするインベーダーさんだったり。真横にどこまでも伸びて行く地上1メートぐらいの高さの1本の線の落書きで町中を緊縛したインフルエンザさんだったり。路上に置いたゴミを四角いチョークの線で包囲することで、見えない標本箱のような空間をつくりだす思考ケ一サツだったり。雑誌デイズドあんどコンフューヅドのアート編集者(?)などもされているとゆう著者のノウルスさんのお説明では、紹介されているヒトたちの共通点として、いまでは企業の宣伝広告の道具としてベンリに使いこなされるようになってしまった街角の落書き(ぐらふぃてぃ)アートが理由や事情モロモロで飽き足らなくなってしまった、とゆうコトや、しちゅあしおあにすむから進む漂流者の目線からの都市肉体改造感覚などが挙げられているのですが、この本にまとめられたことで、、中部ヨオロッパな南ヨオロッパ、南アフリカや南米など、英米いがいの地域のまちかどア〜チストの活動が多数紹介されていることや、説明の文章を読まないで写真だけ見ているとどういう状態なのか理解しずらい、などの特色もマイナスあんどプラスされているようです。電車の車内広告から文字のところを消し去ってみせたりするのも朝飯前な、糞どきょう満点の、ゆさぶりの激しいお笑い感覚にため息のできるような青春ちっくなワザありアート本でござります。??
[記:2007.12.27PM21時30分ごろ]

危ぢるし系まちかど異次元化ア〜チスとっとこ写真集『街角の叛逆者たち:アングラあ〜と新世紀
by クリストファー‐ノウルス
発行=2007年、from かりふぉるにや。英語版。
大きさ: 本体=ヨコ19.0xタテ23.0せんち。 重さ=約375ぐらむ。
外見=そふとかばあ。オールカラー写真集。全128頁。
ど特価: ¥2800。
お問合せ先: dobunko@mail.goo.ne.jp
お問合せ番号::黒い見世物071229


♥♥二○○七年十二月三十一 日までのホカホカです♥♥


12月30日のホカホカ
まちかど異次元化ア〜ト写真集『街角の叛逆者たち:アングラあ〜と新世紀』(@ホーモ頁)
緊急!!当店あて電子メール停電中のお知らせ(その6)

12月21日からのエキサイトメールの不具合、障害発生から約10日めの今になっても、まだ完全復旧には至っていないようです。エキサイトメールあてに頂いたメールは、受信についてはどうにかこうにか可能ぽいかんじなのですが、返信メールがきっちり届いているのかどうかが、まだ心配な雰囲気なのです。。電子メールあどれす変更も検討しています。。。

12月29日のホカホカ
緊急!!当店あて電子メール停電中のお知らせ(その5)

1週間前に発生しました、当店で利用している電気メエルのサーバーであるエキサイトメールの不具合、ようやく改善の兆しがみえてきたようで、今日は1日のうちで3回も連続してログインに成功、これでなんとかと思ったのですが、いましたがた、ホーモ頁後進まえに受信メエルのチエツクを思ったら、「緊急メインテナンスのためログイン停止中」になっていました。。。

12月27日のホカホカ
珍説まんが=オカルト説『我らの神々はもっこりパンツをはく:アメコミ悲異郎(ひぃろお)たちの秘密の歴史』(@ホーモ頁)
緊急!!当店あて電子メール停電中のお知らせ(その4)

先日、当店で利用している電気メエルのサーバーであるエキサイトメールの不具合、いまだに復旧のメドがまったく立っていないようです。(エキサイトメール崩壊の詳細については、2ちんねるの「エキサイトメール被害原告団の集い」という掲示板をみてみてください)。そして、仕方がないので、エキサイトに代わる新しいメエルアドレスを作ろうかどうしようかと思案ちうです。。。

12月25日のホカホカ
映画とりびあ蟻の穴『映画ロケ撮影地めぐり世界旅行がいど』(@ホーモ頁)
緊急!!当店あて電子メール停電中のお知らせ(その3)

先日、当店で利用している電気メエルのサーバーであるエキサイトメールの不具合、一向に改善の気ざしがありません。直接にお電話頂いた時に留守のようでしたら、出来れば、留守電にお名前とお電話番号を残していただけると助かりますです。。
そして、エキサイトメイルの現状ですが、ログイン出来たり出来なかったりの状態も改善なし。新システム以前のメエルが送信も受信もごちゃまぜで、受信箱につっこまれている状態なのですが、その整理を「ぢぶんで勝手にしてネ」、とゆー説明と、「サーバの体力が心配なのでエキサイト側でやります」とゆう、完全に矛盾しあう2つの説明を、上下に並べて書いてあるので、どうしていいのかわからなーのですが、それだけでなく、以前に受信したメールで、消滅して無くなっているものがあるのです。これも、エキサイトの用意した「よくある質問への説明」には、「消滅はしていません」と書いてはあるので、あと何日か後になると、ひょっこり出てくる可能性はあるようなのですが、何にしても、エキサイトメール、とりあえず、まったく使えなーのです。困りました。。

12月23日のホカホカ
熊猫人民革命的お色気ポスター名作集『ちゃいにいづ宣伝貼り紙:プ口レタりア文化大革命のア〜ト』(@ホーモ頁)
緊急!!当店あて電子メール停電中のお知らせ(その2)

先日、当店で利用している電気メエルのサーバーであるエキサイトメールで不具合発生中。と、この欄でお知らせしましたが、それから2日たった今日12月23日日曜日、夜10時のいまになっても、エキサイトメールは依然として動作不安定で、ログインが出来たり、出来なかったりの状況です。
きのお土曜日の留守中に何度か電話を頂いた方、どなたかわからないので、是非も一度お電話くださいませ。。宜しくお願いしますです。

12月21日のホカホカ
ブキミ有名人ソックリさん写真集『有名ぢん:有名人そっくり芸人たちと狂信的有名人バンザイ文化』(@ホーモ頁)
緊急!!当店あて電子メール停電中のお知らせ

12月21日午後20時15分の時点で、当店の電気メールあどれすdobunko@エキサイト.co.jpが、一時的に利用できない状態になっています。
そのため、12月20日の夜以降から現時点の間に当店あてに頂いた電気メエルがまだ開封もできないままです。。
復旧予定ははっきりしておらず、最悪では明日22日以降も引き続き、逆に早ければ、数分以内にも通常どおりの可能性も。何にしましても復旧しましたら、当ホーモ頁上で改めてご報告します。ご迷惑おかけし申し訳ござりませぬが、宜しくお願いしますです。

緊急!!当店あて電子メール停電中のお知らせ

今日12月21日午後20時15分の時点で、当店の電気メールあどれすdobunko@エキサイト.co.jpが、一時的に利用できない状態になっています。
そのため、昨日12月20日の夜以降から現時点の間に当店あてに頂いた電気メエルがまだ開封もできないままです。。
復旧予定ははっきりしておらず、最悪では明日22日以降も引き続き、逆に早ければ、数分以内にも通常どおりの可能性も。何にしましても復旧しましたら、当ホーモ頁上で改めてご報告します。ご迷惑おかけし申し訳ござりませぬが、宜しくお願いしますです。

12月19日のホカホカ
悪趣味お料理れしぴ最低アイデア集『吐き気むかむかケーキぶっく』(@ホーモ頁)
12月17日のホカホカ
1960年代ハプニングああと写真集『アアトとイノチ』(@ホーモ頁)
12月15日のホカホカ
きのを、きお、エネルギィや資源が足りなくて後進作業でけませんでした。
12月12日のホカホカ
究極の悪趣味はうつー写真集『ゲソシバクダソを写真に撮る方法』(@ホーモ頁)
12月10日のホカホカ
高等低級イラスト&まんが才能発掘目きき雑誌『べらべら‐第18号』(@ホーモ頁)
京が囲碁だ医学の映画の研究の会のミニコミDISKORD 2007 VOL.2」を「読書中断めもブログ」にのせました(@読書中断メモ)
12月08日のホカホカ
世界の地下鉄路線図大全集『世界の都市交通路線図:地球上のあらゆる都市交通路線図を網羅した世界で初めてのコレクション』(@ホーモ頁)
12月06日のホカホカ
愛欲人民150人独唱劇場『誰か恋文(らぶれたあ):まさか誰も見ないだろおとアナタが思っていた150通の手紙たち』(@ホーモ頁)
12月04日のホカホカ
どエラい漫画家の禁断作品展示会『さわやかマンガ家たちのドロドロお絵描き集』(@ホーモ頁)
12月のホカホカ」頁をこさえたり、「11月のホカホカ」頁を補修したりしました。(@ホーモ頁)
12月02日のホカホカ
雪だるま萌えマニア本『雪だるまの歴史』(@ホーモ頁)

…………………………………………………………………
最新ぶんと前月分
最新のペエヂはアチラ         前月のペエヂはコチラ
ジャンル別総合リスト
2○○3年01月1日から2○○7年11月3○日まで
…………………………………………………………………
お問合せ&ご連絡は: dobunko@mail.goo.ne.jpまで。25時間受付ちうです。
…………………………………………………………………
最新ペエヂはアチラ


2007年12月27日のあれやこれや。

    ★今日のメニウ‐その2    

珍説まんが=オカルト説

我らの神々はもっこりパンツをはく:アメコミ悲異郎(ひぃろお)たちの秘密の歴史
..スーパーマンの股間のもっこりを筆頭に、20世紀あめり力まんがの王道中の王道、定番ちうの定番であるスーハー疲労ものマンガの主人公たちの股間のあたりを思い浮かべてみると、スパイダーマンでもバットマンでもキャプテンアメり力でもキャプテンマーベルでも、みんな常日頃からみんな当たり前のようにモッコリとなっていた印象がありますれ?そのモッコリを膨らましている空気入れのなかに入っているのは、その時代時代のムウドや流行の匂いがぺったり溶け込んだ空気だけという訳ではちぃともなく、19世紀末このかた受け継がれてきたオカルト神秘主義の伝統がもっこりパンツの素だったのデスよ、縮めていえば「アメコ三スーパーひーろーの恥かちい影にオカルトあり」デスよ?!と、そんなそんなのな、漫画と歴史とオカルトの3本立てごちゃまぜ上映風な、たいていのヒトからは相手にしてもらえるはずさえないのも明らかな珍説を、本一冊まるごと費やしてご披露した強引なオカルト学習本です。イラストも描けば、漫画雑誌の文字原稿執筆などしているマンガ業界ずぶずぶの著者ならではの手際のよさで、20世紀のアメり力まんがの展開を、適度に整理しながら、オカルト業界スーパースター列伝も同時進行のようなかたちで進められ、コスプレーヤーは、異教の神々にかしづく信者集団だとという完全なきめつけが始まる当りから、ヒーロー漫画の登場人物たちのキャラクタアを、異教徒の神さまのキャラクタアから拝借してきたもの、漫画の皮をかぶった神様たち、とゆうこじつけが、がつんごつんと繰り広げられて、理屈のうえではまったく納得できないにも係らず、当のこの本の作者のような人物が実在するとゆう現実に、オカルト陰謀論的なコワさを感じさせられて、真冬にかけての時期に手にとると、ぞぞっとしながら見入られてしまうような怪しい妄想空間にひきずられそうになります。ビヂュアル的要素は皆無に近いほどでして、おかると陰謀系まにあの皆様のご一読をお願いしたいご本となています。。。??
[記:2007.12.27PM23時10分ごろ]

珍説まんが=オカルト説『我らの神々はもっこりパンツをはく:アメコミ悲異郎(ひぃろお)たちの秘密の歴史
by クリストファー‐ノウルス
発行=2007年、from かりふぉるにや。英語版。
大きさ: 本体=ヨコ17.6xタテ22.8せんち。 重さ=約500ぐらむ。
外見=そふとかばあ。おりじなる白黒いらすと入り。全238頁。
ど特価: ¥2800。
お問合せ先: dobunko@mail.goo.ne.jp
お問合せ番号::異教の神々071227


2007年12月25日のあれやこれや。

    ★今日のメニウ‐その2    

映画とりびあ蟻の穴

映画ロケ撮影地めぐり世界旅行がいど:増補改訂版
.映画を見ている時に、映画のロケ地がどんな場所なのか、現地のようすを見に行ってみたい。などとは、あんまり思わないのではないかと思うのですが、それは最初から最後まで平静な気分を保ったままでいられるような、退屈な映画につきあった場合に限ってのことではあるでしょか?登場人物とぢぶんの区別をなくしてしまいたいほど気に入った映画のばあい、そして、映画とぢぶんの実生活の境目を見失って映画廃人の境地にまで至ってしまったばあいなど、映画のロケ地までのこのこでかけて、登場人物のきぶんに溺れるだけ溺れてみずにはいられないような気分に呪われるとゆうことは、どとてもよく蟻がちなはづですね(?)。そんな時、是非とも手元においておいてぽちい旅行がいど本がコレこれ。世界のどこかの誰かさんたちの人生を狂わせたことが、いかにもありそお、とゆう意味での各種「名作」映画1500本について、いちいちのロケ場所とその可能な限り具体的な住所を、お散歩ちうの犬ちゃんが近所の電柱におしっこをかけてまわるような丹念さでご案内。場合によっては電話番号やホーム頁あどれすまで記載されていたり。ロケに使われた建物の履歴書などをはじめ、実際にロケに使われた場所だけではなく、ロケの候補地にあがりながらボツになった場所だとか、ロケ現場の楽屋ばなしなどが、現場撮影の建物写真などともに、みっちりぎっしりと織りこまれていて、世界旅行などには生涯ご縁のないわだぐぢ(誰?)のようなののが、部屋から一歩も外出せずごろごろ引きこもりながら、映画と現実と妄想とゆう3つの世界の世界旅行気分を満喫。現実の世界での単なる世界一周旅行とは、違う意味でどんじゃらすな冒険的実話よみものとなっています。そして、気になる方以外には気にならない、収録「名作」映画1500本に、どんな映画が選ばれているのかと言えば、ゴダール「勝手にしやがれ」が巻頭いの一番のふりだしで、以下、「スターウォーズ」「ハリーポッター」以下ハリウッド娯楽作やアカデミー賞受賞作の数々もあれば、「戦艦ポチョムキン」「メトロポリス」「アタラント号」「去年マリエンバードで」などなどヨーロッパ&おロシア映画芸術系もあれば、「怪人ドクター‐ファイブズ」「悪魔のいけにえ」「ゾンビ」などホラー系も、「グレンミラー物語」「ドアーズ」など音楽系も、といった調子で、ニポンものでは、ゴジラ黒沢明などのロケ地のご案内が。最後は「ヤング・シャーロック ピラミッドの謎」締め。あくまでも英語の本なので、映画のタイトルも、ごく少数のニポン映画以外はニポン語では記されていないため、ニポン語の題名が何だったかをあれこれ思い出そうとして、知っていたり、知らなかったりすること自体に、メンドー臭さではなく、たのしさを感じられる方でしたら、常に手元に置いて愛用したくなるのは確実そうな、ほとんど映画事典と言いたいほどに密度濃厚な映画とりびあを兼ねた、気の効いたヒトひねり技ありの世界旅行がいど本です。。。??
[記:2007.12.25PM23時30分ごろ]

映画とりびあ蟻の穴『映画ロケ撮影地めぐり世界旅行がいど:増補改訂版
by トニー‐リーブス
発行=2006年、from ろんどん。英語版。
大きさ: 本体=ヨコ15.0xタテ25.5せんち。 重さ=約660ぐらむ。
外見=そふとかばあ。白黒&カラー図版1000点以上(おもには白黒図版です)。全464頁。
ど特価: ¥2900。
お問合せ先: dobunko@mail.goo.ne.jp
お問合せ番号::世界映画祭071225


2007年12月23日のあれやこれや。

    ★今日のメニウ‐その2    

熊猫人民革命的お色気ポスター名作集

ちゃいにいづ宣伝貼り紙:プ口レタりア文化大革命のア〜ト
..1980年代ぬっぽんテクノ音楽の朝青龍イエローエロマジックオオケチトラが舞台衣裳に取り上げたのが、カンケーあるのかないのか判りませんが、.極東ぬっぽんの変態よいこ悪い子フツーの子ふぁっしょんの小さないちヂャンルとして定着している風情もある熊猫人民公社系ふぁっしょんの本家本元であるチヤイナこく。そのチヤイナこくの屋台骨が大揺れに揺れた一大ゲバゲバ期の1966-1976年あたり、和暦に直して昭和40年代から50年代に流布された政治洗脳宣伝用のイラストぽすたーばっかりをオールカラーで150点以上収録したマニヤつくなポスター集。ここでマニヤックと敢えて言いたかったのは、ぽすたーの作者たちが立て前として意識していたチヤイナこくおヒザもとの一般民衆のその時分のご様子などには一切興味も関心もないヒトがみても、いちぢるしーくソソられる要素が、大量に収録ポスター作品のなかに盛り込まれているからなのですて、それがズバリなにかといえば、ホモ的お色気。 石原豪人が林月光名義で描いていた『薔薇族』の表紙からそのまま熊猫人民こくへと亡命したかと思うようなタイプをはじめ、表向きは、ヒトびとへのご奉仕欲や社会的生産力の増強などといったお題目を鵜呑みにして、未来を信じて明るい笑顔で奮闘しているかのような男女は、その多くが、さわやかさのなかに、東京‐本郷の弥生美術館で展示されたとしても、まったく違和感がなさそうな、ホモ雑誌から抜け出たようなお色気を妖気のように漂わせていますのです。プ口レタりア文化大革命の昂揚がひたすらクソミソに叩かれるだけ叩かれた今ごろになって、文化大革命のスバラシさを持ち上げまくる洗脳宣伝ポスターの数々をあえてぢろぢろと観察する時代逆行きぶんだけでもクラクラするほどなのに、描かれている男女のホモ的お色気によってもクラクラさせてくれるコーフンの1册となっています??。。
[記:2007.12.23PM23時00分ごろ]

熊猫人民革命的お色気ポスター名作集『ちゃいにいづ宣伝貼り紙:プ口レタりア文化大革命のア〜ト
by リンカン‐カッシング、アン‐トンプキンス
発行=2007年、from かりふぉるにゃ。英語版。
大きさ: 本体=ヨコ20.5xタテ26.6せんち。 重さ=約620ぐらむ。
外見=そふとかばあ。オールカラーぽすたあ集。全144頁。
ど特価: ¥2900。
お問合せ先: dobunko@mail.goo.ne.jp
お問合せ番号::白毛節071223


2007年12月21日のあれやこれや。

    ★今日のメニウ‐その2    

ブキミ有名人ソックリさん写真集

有名ぢん:有名人そっくり芸人たちと狂信的有名人バンザイ文化
...有名人と同姓同名で、姿かたちはまったく別人のフツーのヒトたちを尋ね歩いて全国をぐるぐるめぐって出来た『どえらい亜米利加人たち』とゆう肖像写真集がありましたが、コチラはちょうどその正反対ぎみ。原料としてはごくフツーにフツーなひとたちが、有名人の姿かたちとどこか似ている風なバケの皮にくるまれることで、工場で作りそこなった不良品のような不吉さやバカバカし毛な楽しさなどモロモロの駄菓子屋さん気分いっぱいの、有名人のソックリさんに変身した姿、しかも、有名人のバケの皮をすっっぽりかぶることを、生活の手段にまでしてしまったプロのソックリさん芸人ばかりを集めた世にもばからしー毛な擬似有名人たちの肖像写真集です。上の画像のマリリン‐マンソン、ミック・ジャガー、オジー‐オズボーン、ボノ、ロイ‐オービンソン、2パクシャクール、ナット‐キング‐コールはじめ音楽家系。ジョニー‐デップやロバート‐デニーロ、リチャード‐ギア、カール船長はじめ男優&女優系。フセイソ、シュ悪ツネガー、ブッチュ、クソントン、ヒラりー、パウエルなど政治家系。その他にも、ケソタツキーのカーネルおぢさんやタイガー‐鬱ッヅ、パリス‐ヒルトンなど各界有名人ソックリさん芸人がぞろぞろり。それこそフツーならば、肖像写真とうたらば、写されているヒトと切っても切り離すことができないタマシヒをむりやりに、せめてそのカケラだけでもと、写真機で強引に吸い込もうとする荒技のたまもののように思われそうですが、外見が他人と似ているという部分の値うちだけをアピイルしなければぢぶんの存在価値がゼロになるものと決心をかためているソックリ職人さんたちが、目一杯に皮をかぶっている状態での肖像写真の数々は、みればみるほど、ヒトの素顔とゆうイメエヂからは、よっぽど遠くかけ離れ、顔面の皮膚にぺったり密着してとれなくなった仮面をみている印象を、強烈に放射。生きているのに死んでいるような仮面へと変化することの出来るニンゲンのカオのふしぎや、その変化のエネル源となっている、有名人になりたい欲、そしてまた、顔面に写真機を向けられることでせっかくのバケの皮がめくれてしまうのを心配するかのように、顔にはりつけた有名人の仮面の奥で不安にゆれながらレンズをみている光りのない眼差し、などにむけて、写真家ブライアン‐ハウエルさんの焦点がしぼりこまれているのが、底冷えぽく伝わってきて、ソックリさん芸人ぎらいの写真家が、ソックリさん芸人を観察しているなー、とゆうかんぢ。そして、撮影オーケーした後で、ソックリ芸人ぎらいの写真家なのでは?とぢんわり気づいて焦っているソックリ芸人たちのビミヨオな表情あれこれなどもみどころのモンダイ作だったり。人相占いの練習用などにも、どでしょうか??。。
[記:2007.12.21PM23時55分ごろ

ブキミ有名人ソックリさん写真集『有名ぢん:有名人そっくり芸人たちと狂信的有名人バンザイ文化
by ブライアン‐ハウエル
発行=2007年、from バンクーバー。英語版。
大きさ: 本体=ヨコ20.3xタテ20.3せんち。 重さ=約420ぐらむ。
外見=そふとかばあ。オール白黒写真写真集。全182頁。
ど特価: ¥2900。
お問合せ先: dobunko@mail.goo.ne.jp
お問合せ番号::仮面の書071221


2007年12月19日のあれやこれや。

    ★今日のメニウ‐その2    

悪趣味お料理れしぴ最低アイデア集

吐き気むかむかケーキぶっく
...冬の宴会シィヅンたけなわの今日明日明後日。路上の置きゲロを観察する機会にも何かにつけて恵まれがちですネ。けれど、ミソもクソもごたまぜのように一言で吐瀉物とは言うても、出来ることならせめてロマン恥ツクな夢いっぱいのカワいい吐瀉物をみてイヤされたい。そんな悪趣味ふぁんの皆々様(誰?)にぴったりなお料理本がコチラ、悪趣味お料理れしぴ最低アイデア集『吐き気むかむかケーキぶっく』でごぜえます。「猫トイレケーキおよびその他の定番メニウ:ぢぶんで作れて食べられるホントの調理レシピ30」とゆう長い副題を見ても、いまひとつヨダレを刺激するには足りないような気分の方は、おクチをアあ〜んの状態にまづしてから、本書自慢のむかむかメニウのぞいてみれば、猫トイレケーキが作れます食べられます。「ゴミ箱液汁の宴(うたげ)」が作れます食べられます。そのほかにも、腐れ膿汁詰めパイが。クレームブリュレの痰つば掛けが。タランチュラのトライフルが。チーズケーキの轢き逃げ動物死骸ソースのせが。牛のヨダレパイケーキの黒蠅添えが。鳥のフンの巣が。足指の爪いりトルテの足指股アブラ詰めが。蛇ケーキが。血の塊まりケーキが。粘液性ムースが。日数を経た風呂の水と不潔な髪の毛ブラシと耳クソつき綿棒の盛り合わせが。鮮血ほとばしる脳みそが。グルグル目ん玉が。臆病風の焼き串が。ワンちゃんウンチウンチどろっぷが。虫けらウンコケーキが。鼻くそのブント焼ケーキが。切断された腕ケーキが。。といったようなカラフルなお下品料理の数々が、生々しいカラー写真による料理手順と完成型とともに次ぎから次ぎと目の前のテーブルいっぱいに広げられていき、最後はお墓ケーキで締めくくりとなっています。どの頁をみても、お子ちゃまがたを喜ばせるためには絶対に使ってはいけない下品ネタの祭礼行列のような紙面なのは、この本が、表向きとしては、お子ちゃまがたのための楽ちいドッキリ料理れしぴーの本、とゆー名目で作られているからなのですて、子ども向けNO本を偽のコドモがこっそりノゾキみることで隠し味の増量効果もないようなあるような。食欲のまんぞくを悪趣味生活の基本と考える堅実なお料理好きの皆様には必携なのはもちろん、クリスマスやお正月はじめ、各種各種がっこーの自主的卒業、お入学など、さまざまな機会のプレゼントとしても、変態でない方々からいや〜な顔でお礼を言われなくもなくないオマケが期待できるこの幼稚さ。安全な食べ物よりも危なっかしさを選ぶことでストレス解消に必要な脳の栄養補給にもある1册で30回以上おいいお料理本を、どどどうぞ。
[記:2007.12.19PM23時50分ごろ

悪趣味お料理れしぴ最低アイデア集『吐き気むかむかケーキぶっく
by ブリトニー‐シェチェラー、キャサリン・バーロウ
発行=2006年、from ユ夕。英語版。
大きさ: 本体=ヨコ20.3xタテ20.3せんち。 重さ=約210ぐらむ。
外見=そふとかばあ。オールカラー。図版写真満載。全64頁。
ど特価: ¥1900。
お問合せ先: dobunko@mail.goo.ne.jp
お問合せ番号::逆メタボ071219


2007年12月17日のあれやこれや。

    ★今日のメニウ‐その2    

1960年代ハプニングああと写真集

アアトとイノチ
...1960年代とゆえば、20世紀ちうでも特大さいずな性と政治と文化のカクメエの季節。ニンゲンの顔と声をもった人工極彩色の造花が咲き乱れるブキミなヂャングルのような怪しく暑ッ苦しいイメエヂで埋め尽されたオトギ話や夢のなかでだけ咲いていられるふしぎぃな時代であったらすひ1960年代が楽屋におとなしく引っ込むのをウッカリ忘れてまだグヅグヅ道ばたに座りこんだりしていた1971年に刊行された、世界のハプニングああちすとたちヨぅぅやってるねぇ!!写真集です。表紙には「ハプニング、イベント(ああと)、環境(ああと)、アンダーグラウンド映画、テレビジョンああと、生活劇場(リビング‐シアター)、インターメディア、工学技術ああと(てくのろぢかる‐ああと)、ダンスと儀式、概念芸術」と華々しく銘打たれているですが、本書の著者でニポン現代建築なども詳しいらしいマニア系(?)美術ヒョーロン家ウドー‐カルターマンさんのお見立てをあらあらしいく要約すると、常識や伝統や理屈では説明することができないもののアリガタさやパワーを、作者と観衆とゆうゴミ分別をとりはらったニンゲンの妄想実現力のいきおいにまかせて、ぢぶんの頭から石油をかぶって全身を炎のかたまりにした爆発力で地球を脱出。人類史上はじめて月面にまで飛んでいったのが、脳テンキをきわめた1960年代ああとの驚異的ヂャンプ力なのだとか(?)。。
第二次大戦後の全世界的な実存ぶーむ、前衛ぶーむの大津波にのって浮き浮きと登場した1950年代のジョン‐ケージやアラン‐カプロー、ニポンの具体派‐村上三郎の横紙破りなどを皮きりに、あっちこっちの街頭をやらかしてヲまわりサンたちにしょっぴかれながら不敵な文句で挑発ああとに精をだしていいるヒトたち、パリーのお客にインポ哲学を実演中の工藤哲巳や、赤塚不二夫のまんが「おそ松くん」のネタにもなったほど流行して前衛絵画の代名詞のようにもてはやされた時期もあるジョルジュ‐マチュー(Georges Mathieu)のアクションぺいんてぃんぐやイブ‐クラインの女体魚拓ペインティング、いまではB級お笑い芸人のネタとしか受取られようのなピエロ‐マンゾーニの女体書道、フルクサスのメンバーで元祖レコード粉砕音楽家として著名なミラン‐ニザック(Milan Knizak)が春まだ遠い1964年プラハで行ったハプニングぴくにっく「へーたいゴッコ」、オットー‐ミュールやギュンター‐ブルス,ヘルマン‐ニッチュらウィーン‐アクショニストたちの肉体破壊儀式、スタン‐ブラッケージやウォーホールの超退屈実験映画、リビングシアター、ヨゼフ‐ボイスが馬の耳に念仏音楽を食べさせていたり、サークル状ではないお手製ああとミステリーさーくる作りの現場だったり、屋内でも屋外でも集団でオネショ治療を受けているような夢遊状態でもさもさしたり。のちのちの時代になって発明された「自分さがし」ではなく、みんなでよってたかっての「自分なくし」を通じての発見の足袋にはりついた、ことさらに不可解なものを追い掛けるヒトたちの、一見あたりまえ風だったりもするお姿を約200点弱のシロクロ写真でご鑑賞でけます。また本文には、1950年代末からの世界各地でのハプニングいべんとについてのデータをびっちり並べた部分などもあり、2000年以前のことについてはさかのぼるほどにデータが薄過ぎてどうにもならないほど情報不足なインターネット環境に対して、書籍が抱えている圧倒的な優位性、むかしの事実を掘り起こす道具としての本のありがた味を噛み締めさせてくれたり。昭和40年代ニポンのネオダダ、アングラ、ハプニング系のネタ元的らいばる(?)を知るのにも貴重そうな時代証言ぼんです???。(*古本で、在庫1册のみ。ご注文は先着お1人のみ受け付けです)。
[記:2007.12.17PM23時50分ごろ

1960年代ハプニングああと写真集『アアトとイノチ
by ウドー‐カルターマン
発行=1971年、from にうようく。英語版。*古本です。在庫1册のみ。
大きさ: 本体=ヨコ21.0xタテ23.0せんち。 重さ=約995ぐらむ。
外見=はあどかばあ。シロクロ写真集。全210頁。
状態=古本。カバー折り返しの角の部分が老齢化していますが、全体的な状態はまずまずで並の上ぐらい、かと。。
ど特価: ¥4500。
お問合せ先: dobunko@mail.goo.ne.jp
お問合せ番号::解体的交感071215


2007年12月12日のあれやこれや。

    ★今日のメニウ‐その2    

究極の悪趣味はうつー写真集

ゲソシバクダソを写真に撮る方法
...写真を撮るのがスキ。とゆう方は大勢いても、ゲソシバクダソの写真を撮ってみたいと思ったことのある方は、あんまり大勢はおられないことかと思われます。ゲソシバクダソの写真を撮影することが可能な場所を目指して、写真機ぶら下げてお出かけするとゆーこと自体が、すでに想像できることの範囲を大きくハミ出すほど、何だかオトロしー毛なはなしだからなのでしょか?題名だけみてウッカリすると、これからゲソバクの写真を撮りにいきたいヒトのためのマヌアル本かと錯覚しそうになる本書ですが、なかみをみると、世界ではじめてのゲソシバクダソの開発の時期から、地上での核実験が禁止されるころまでの時期の、いまの時点ではすでに撮影済みの状態で保管されている膨大な量のゲソシバクダソの写真が、どのようにして撮影されてきたのかを、撮影当時はヒ‐ミ‐ツの最重要資料扱いだったゲソシバクダソ写真の数々を通じてたどるウルトラ特殊写真技術発達史となっていますて、1945年の第0号開発期のゲソシバクダソから、地上での核実験が国際条約で禁止された時期の前後のヴァン・アレン帯での核実験まで、ただ単に実験を写真で記録するというだけの意味ではなく、ばくはつの規模や特性などの実験データを分析するために必要な、最重要の基礎的な資料のひとつとしての写真による記録が、どのような技術的困難に打ち勝って可能なものになっていったのかを、歴史的な写真記録によって眺めていくゲソシバクダソ歴史カンコーです。わだぐぢ(誰?)が小学生だったころ「ゲソバク許すまじ」とゆう歌の歌詞、「ああ許すまじゲソバクを、われらの街に」と言うのを聞いて、「われらの街でなかったら、どおだと言いたいのだろか?!」と、自分の耳を疑ったことがあったのですたが、映画「スターウォーズ」の特撮アニメーションスタッフとして映画界入りして以来特撮映画職人として300本以上の映画に参加、2003年には褪色した古い映画フィルムのネガの色彩を復元するための現像テクニックの開発でアカデミー賞も受賞しているとゆうピーター‐クランさんが監修したこの写真集では、ゲソバクの存在そのものがどれほど悪いかとゆうギロンに直接的に立入ることは一切なし。そしてまた、ゲソシバクダンが解き放つ莫大なエネル源の熱量や超高温や放射ノー、輝度の急激な変化、すさまじい衝撃波と視界を覆い尽すホコリとケブリなどなどに耐えながら100万分の1秒単位の写真を撮影するためには、カラー写真よりもシロクロ写真のほうが適性が高いとゆう理由から、本書に収録されている写真もシロクロ写真も多かったりするのですが、にもかかかわらず、途中からちらほらと姿を現わすカラー写真のキノコ雲のなかには、必ずといっていいほど頻繁に、裂けたくちで笑う死神や怪しいオシャレなヘヤスタイルのドクロの顔のようなものが大きく映っているように見えたりして、何ともかんともオトロしーしー。このような写真の数々そのものが大きく小さくみればゲソシバクダソとゆうカラクリ仕掛けそのものの一部分として存在するとゆー事実のおもたさが、づしんどしんとのしかかって来るようです。地球ぜつめつ写真集『100コの太陽』および地下核シェルター探検写真集 『 世界の終末を待ちながら 』の姉妹編として、3册ならべ迷路やイカダ船をこさえて漂ってみてはどでしょうか???
[記:2007.12.12PM22時45分ごろ

究極の悪趣味はうつー写真集『ゲソシバクダソを写真に撮る方法
by ピーター‐クラン
発行=2007年、from かりふぉるにゃ。英語版
大きさ: 本体=ヨコ28.2xタテ22.2せんち。 重さ=約1.0きろぐらむ。
外見=はあどかばあ。シロクロ&カラー写真集。全144頁。
ど特価: ¥5200。
お問合せ先: dobunko@mail.goo.ne.jp
お問合せ番号::毒魔きのこ写真071212


2007年12月10日のあれやこれや。

    ★今日のメニウ‐その2    

高等低級イラスト&まんが才能発掘目きき雑誌

べらべら‐第18号
...古くは初画集刊行以前のジョー‐コールマン、新しめのところではゲイリー‐ベイスマンやカミユ‐ローズ‐ガルシアらの作品を世間でひっぱりだこになるギリギリ直前までの時期に断続的かつ長期的に掲載するなど、妖精ハンターや妖怪ハンターを思わせる編集係長モンテ‐ボーシャンの毒々な目きき力の御霊験に支えられて現代あめリ力の王道的邪道系イラストの世界で独自のお席にちゃっかり座っている雑誌『べちやくちや」の、前号からおよそ1年ぶりの最新ほかほか号です。おヌウド劇場のレズベッドショウの舞台壇上に客席から飛び出した悪魔の歓びのうたが聞こえるゲイリイ‐ベースマンの巫女さんのお神楽のようなイラストがあり、動物虐待告発者のラベルをいつの間にか飛び越えて黒い笑いを笑う魔女へと変身したかのようなスゴ味を漂わせるスー‐コーの「ゾウさんをいぢめないでヨ」絵物語があり、早描きじまんのティム‐ビスカップが珍しくぢっくり構えてみっちり描きこんだ本学ガイコツいらすとがあり、点描肖像画のドリュー‐フリードマンによる猶太人コメディアンの肖像画シリイズがあり、シャグの御祝儀イラストがあり、といった具合に作者の名前をみなくてもすぐに作者がわかるヒトも多いほどの大御所たちの気合いいっぱいの作品が柱のようにずぼぼぼぼんと立ち並ぶスキマすきまを、知名度の有無に捕われるようなメンドオなことには無関心げに、冷酷な野獣から幼稚な幻獣までい獣の性のいろいろなラベルのあいだをウロチヨロするニンゲンが、直視に直視をかさねてきつく歪み淡く変色したおすがたを描いたスットコドッコいやエンヤートットなお作品が、床となりカベとなって補強しているいつもどおりの『べらべら』です。お品のよいバイキングよりも怪しいバイ菌グを御所望されるかたにはおススメしやすそうな潮干狩りスタイルのおはなし系ビヂュアルしょうけーす本です???
[記:2007.12.10PM23時30分ごろ

高等低級イラスト&まんが才能発掘目きき雑誌『べらべら‐第18号
by 編=モンテ‐ボシャン
発行=2007年、from にうようく。英語版
大きさ: 本体=ヨコ25.5xタテ25.4せんち。 重さ=約650ぐらむ。
外見=そふとかばあ。カラー図版満載。全120頁。
ど特価: ¥2900。
お問合せ先: dobunko@mail.goo.ne.jp
お問合せ番号::ブラブラ071210


2007年12月08日のあれやこれや。

    ★今日のメニウ‐その2    

世界の地下鉄路線図大全集

世界の都市交通路線図:地球上のあらゆる都市交通路線図を網羅した世界で初めてのコレクション
...電柱から電柱を伝わって伸びている電線や電話線が目にとまると、カラダの外に引きずり出して伸ばしたニンゲンの神経のように見えがちかと思いますが、ひとつの都市とゆうものを大けな生き物のカラダたとえるとしたら、寄生虫のようなニンゲン様の大群をのせて運搬するための地下鉄が、カラダのなかのバイキンの乗り物である血管に当ることになるのか、ハヅレるか。どちらにしても都市解剖図のひとコマであるには違いない地下鉄の路線図を、最近の路線図だけではなく、古くは1800年代までさかのぼったかたちで、世界ぢゅうあっちこっちの大都市中都市から集めに集めた鉄道路線図一大コレクションです。ニポンでは、1965年(昭和40年)の地下鉄&国鉄路線図と、1969年(昭和44年)に作られた英語版地下鉄路線図と、1972年(昭和47年)版地下鉄路線図と、1989年(平成元年)地下鉄路線図と、1997年(平成9年)の乗り換え駅階段表示つき地下鉄路線図と、同じ年の発行の地下鉄路線図つきメトロカードと、2000年(平成12年)の斜め50度交差式の地下鉄路線図と、あわせて全部で7種類の地下鉄路線図の図版を中心にして1912年からのトオキオの地下鉄路線図の移り変わりが示されているのをはじめ、オオサカ、ナゴヤ、サッポロォ、センダイ、キタキュウシュウ、フクオカ、コウベ、カワサキなどの地下鉄にのったりおりたり。その他ヨオロッパ南北アメリカアジア全域オセアニアアフリカなどホントオに地球ぢゅうで都市交通網のあるあらゆる都市都市都市都市の、地下鉄路線網を中心に結合された交通路線図の古いものから新しいものまでがづらーりづららーと紙面を覆い尽していまして都市局部解剖図標本の2007年版大年鑑といった面持ちで仕上がっています。鉄道愛好家&地下鉄マニアならびに地図作成愛好家やデザイン職人の皆々さまには必携の図版資料集として重宝して頂けそうなのは当然で、ひきこもり世界百周旅行のお供にも相性ぴったりの、踊る大地下鉄路線図本です???
[記:2007.12.08PM23時10分ごろ

世界の地下鉄路線図大全集『世界の都市交通路線図:地球上のあらゆる都市交通路線図を網羅した世界で初めてのコレクション
by マーク‐オベンデン
発行=2007年、from にうようく。英語版
大きさ: 本体=ヨコ27.5xタテ24.0せんち。 重さ=約620ぐらむ。
外見=そふとかばあ。カラー図版満載。全144頁。索引つき。
ど特価: ¥3500。
お問合せ先: dobunko@mail.goo.ne.jp
お問合せ番号::地下街のひとびと071208


2007年12月06日のあれやこれや。

    ★今日のメニウ‐その2    

愛欲人民150人独唱劇場

誰かの恋ぶみ(らぶれたあ):まさか誰も見ないだろおとアナタが思っていた150通の手紙たち
...誤説明をくどくどするまでもないことですが、恋ぶみ(らぶれえたあ)と言えば恥かしさのかたまり。をのれの下着の穴やら電卓やらインチキ手品やらやら不純の純度100くるくるパーセントなもろモロモロの雑念の雨雲にぐいぐいお腹や背中を圧迫されるせいなのか、皮がはりさけるほどどんどこどんどんどこ心臓の太鼓に叩きまくられながら、渡す相手以外には誰の目にもふれないつもりで書いた世にも恥かし脳ましい恋ぶみは、思い出すだけでも顔から出た炎で着火や引火をしそうなほどキケンな何ものかであったり、なかったりしています(?)。本書は、そんな、文字で刻まれた恥かしさの打ち上げ花火のような恋ぶみの数々を、しかも、著者がぢぶんで書いたそれというのでは全然ないどころか、どこの誰とゆうことがまったく問題にも答えにもならない不特定多数の他人さまたちが書き、ひょっとこしたら、以前にぢぶんが書いたラブレターがこうして本の一部分になって多くのひとたちの目線に触れているということに、今でも気づいていないアナタ(誰?)が書いた恋ぶみばっかりを集めに集めた見てはいけないものコレクチオン本です。恋ぶみとひとことで言っても、当事者以外のひとが見てしまったばあいに見たほうの側も見られたほうに負けないほどこっ恥かしということだけが共通点で、それ以外の点では、レンアイとゆうものの複雑怪奇な生態を忠実になぞっているかのように、見た目の印象も色とりどりなら、書いてあることがらも、そこから妄想によって浮かびあがらせることのできる色恋もようも、おとろしいほど色どりどり。たとえば、ここ(中央図版を引用した恋ぶみは、「うそつき(ライヤア)」とゆう単語を183回書き取りしました」とゆう題名つきで、「うそつき(ライヤア)」とゆう単語の繰り返しだけで便箋が埋め尽されているだけのもの。なのですが、これだけでも、いろいろな設定の人間かんけーが妄想できすぎて困るのではないでしょか?。ちなみに戦前のエログロ軟派文献ふぁんの方ならば、ニポンでラブレターの収集狂といえば池田文痴庵の名前を思い出されるかと思いますが、この本の著者のシャピロさんの収集方法は、痴人ではなく知人方面に片っ端から頼み込んでむかし貰ったラブレターを預かったのと、さらに助っ人を頼んで、助っ人の知人たちにも同じようにおねだりをしてもらったのとで、マニア度としてはゲテもの蒐集の鬼‐池田文痴庵に到底たちうちできないわけですが、にもかかわらず本書の出来ばえはなかなか見事な変態系。紙ナプキンの裏に走り書きしたようなガツガツした荒い鼻息を感じさせるものから、グウグルの電子メエルさあびすアカウントで送信したGメエルのモニタ画面まで、のぞき趣味、のぞかれ趣味のいやぁな骨盤マッサーヂの効き目もありそうな悪趣味きわまる恋ぶみ大宝典です。。??
[記:2007.12.06PM22時50分ごろ

愛欲人民150人独唱劇場『誰かの恋ぶみ(らぶれたあ):まさか誰も見ないだろおとアナタが思っていた150通の手紙たち
by 編=ビル‐シャピロ
発行=2007年、from にうようく。英語版
大きさ: 本体=ヨコ21.8xタテ18.7せんち。 重さ=約760ぐらむ。
外見=半永久保存版(?)はあどかばあ。生ラブレター図版満載。全192頁。
ど特価: ¥3200。
お問合せ先: dobunko@mail.goo.ne.jp
お問合せ番号::恋文横丁071206


2007年12月04日のあれやこれや。

    ★今日のメニウ‐その2    

どエラい漫画家の禁断作品展示会

さわやかマンガ家たちのドロドロお絵描き集
...昼間の幼稚園や小学校の教室で、昼間のセンセエ係のおススメでみることさえ好ましいと考えられているような名作とゆわれる有名マンガの大先生たちが描いた、門外不出のスケべぇでエッチなスケぇッチやエ口っすエロらスト珍品ちうの名花ばかりをズラヅラづららぁと並べた禁断お絵描き女体盛りコレクションです。簡単なことを思いきり大袈裟にするためのバカバカしさの玉突き衝突事故式からくり装置の発案者として有名なルーブ‐ゴールドバーグは、その後はマンガのなかでは当たり前になった特大サイズの足を持つ作中人物を初めて考え出し、ゴールドバーグの業績も名前も聞いたことがない漫画家まで多大な影響をおよぼし続けているらしいのですが、その天災マンガ家ルーブ‐ゴールドバーグが残した便所の落書き風味の女体幻想すけっちを皮きりに、元祖スーパーマンのお絵描き担当ジョー‐シャスターが描いたサヂスッチックな悪党紳士たちの犯罪的セクハラ図、フラッシュゴードンのアレックス‐レイモンドの悪女系せくしぃピンナップいらすと、バットマンのボブ‐ケーンのモンド‐ナイトクラブ系オトナの漫画、ドナルド‐ダツクの生みの親カール‐バークスの陽気ないたづら女体スケツチ、スヌーピーのチャールズ‐シュルツが描いた少年ヌウど、ビートル二等兵のモート‐ウオーカーの二等兵風味な女体妄想画、ドクター‐スースのハーレム観光、なんで主にアメり力のマンガ家ばかりのこの本に混ぜられているのかよくわかれない挿絵画家ギュスターブ‐ドレの口唇性愛図、第二次大戦期の有名人パロディえろ漫画シリーズ「ティファナ‐バイブル」で描きまくっていたウェスレィ‐モースのオネエ趣味まるだし女性画、クレージー‐キャッツのジョージ‐ハーリマンの健全な裸体主義者擁護(?)いらすと、バグス‐バニーのチャック‐ジョーンズの熱帯地方の接客婦婦、などなどななどど。さらに珍しいところでは、テレビドラマ「怪物家族(Munsters)」で父親のフランケンシュタイン役を演じていた怪優フレッド‐グウィンが学生時分に描いたマンガコラージュも。ぜんぶで70人以上ににぼる有名マンガ家たちと著者の直接的な親密なまぢわりなどを通じて今回ここに初めて陽のめをみることになった秘蔵のお色気いらすとを存分に拝観できる貴重コレクチョンです。おマンガべんきょー好きな皆様にんげん観察ふぁんの皆皆様などの夜間よーちえん教材にもどどどーぞ。。。??
[記:2007.12.04PM22時45分ごろ

どエラい漫画家の禁断作品展示会『さわやかマンガ家たちのドロドロお絵描き集
by 編=クレイグ‐ヨオ、序文=ロバート‐クラム
発行=2007年、from かりふぉるにや。英語版
大きさ: 本体=ヨコ18.0xタテ28.0せんち。 重さ=約780ぐらむ以上。
外見=そふとかばあ。白黒あんどカラー図版満載。全160頁。
ど特価: ¥2800。
お問合せ先: dobunko@mail.goo.ne.jp
お問合せ番号::愛欲の罠071204


2007年12月02日のあれやこれや。

    ★今日のメニウ‐その2    

雪だるま萌えマニア本

雪だるまの歴史
...キャラクターぐつづとゆうものは現代のハニワなのかしらと仮定してみるとよくわかることは何もないのですが、現代のハニワであるのかないのかはどどでもいいキャラクタぐつづ中で、どうぶつ系の人気には匹敵しないぢんぶつ系分野で、根強い愛好者がいるのかいないのか、膨大な種類の各種ぐつづが製造販売されているもののひとつに、雪だるま系があるのを御存じできたでしょうか?言われてみれば、雪だるまキャラのもーろもろ、あるヨあるヨあるあるヨ。あっちこっちで冬場になると見かけ、いかにも膨大な量の雪だるまキャラクタぐつずがゴゴミ処分場へといきなり転げ落ちていくわけではなく、途中でガラクタ中古品リサイクル店などで堰止められて、少額のお金とひきかえに誰かに引き取られていくことは、どっちかといえば無さそうかと思っても、そういうこともあるものという実例が、本書の著者ボブ‐エックスタインでありますて、フリーマーケットぶらぶら歩けば数時間のあいだにも何十個とゆう雪だるまの体重が新しい古い雪だるまコレクチオンの総重量を加速度を上げながら増量していくとゆう状態なのだそおな。そおして奥さんと2人無脚で雪だるま萌えマニアらいふを楽しんでいるうちに、世の中でいちばん最初に雪だるまを作ったのは一体いつどこで誰が何のためだったのかとゆうギモンに取りつかれ、雪だるまの歴史を、とゆいますあか、人類ぶんめいの歴史のなかで、雪だるまの発明の起源がどこにあるのかを、コレクションの山をかきわけるだけでなく、古本やら、世界の雪まつり見物かんこーやら、ハリウッド映画にみる雪だるまの歴史やら。といった具合にあっちこっちツマミ喰いもしつつ、著者自慢の雪ダルマぐつづコレクションのうちから選んだ図版200点以上(*図版中カラーは32頁ぶんのみです)とともに披露してくれるたのしー本です。雪だるまのすべてを自分の手のなかに握りしめてみたい若者きぶんに燃えたときの火消し用にゼヒどどどどーぞ。。。??
[記:2007.12.02PM22時00分ごろ

雪だるま萌えマニア本『雪だるまの歴史
by ボブ‐エックスタイン
発行=2007年、from にうよううく。英語版
大きさ: 本体=ヨコ15.9xタテ22.9せんち。 重さ=約465ぐらむ以上。
外見=はあどかばあ。本文178頁ぷ(らすカラー図版32頁)、収録図版200点以上。
ど特価: ¥2200。
お問合せ先: dobunko@mail.goo.ne.jp
お問合せ番号::雪見で一盃071202



翌月のペエヂはアチラ          前月のペエヂはアチラ

この頁の先頭に戻る

お問合せ‐ご注文は今スグ大至急なんとなくdobunko@mail.goo.ne.jp「どどいつ文庫」まで