♥ 世界のキテレツ洋書&デヘブヒデヘ専門店「どどいつ文庫」です。ご連絡はdobunko@excite.co.jp「コニチワど文庫」係まで大至急に。

目次でゴザル

●最新頁はアチラ
最新頁
www5f.biglobe.ne.jp/~dobunko/
◎1つ前のペエヂ
07.04月01日から04月31日まで
■超現実ファッション
◎おメエル連絡先
お問合せご連絡は、 dobunko@excite.co.jp
まで。いつでもどうぞ。
25ぢかん受付中
※ホ〜モ頁に出ていない本やDVDもお探ししします。。
◎ヂャンル別りすと
。。。。
コチラです
◎ど忘れメモブログ
dobunko.seesaa.net/
◎ご注文方法
ご注文は25ぢかんOK
※ホ〜モ頁にのつていない本やDVDのお問合せもどおぞ。。
◎「小鳥さん」部屋
ご注文は25ぢかんOK
※ど文庫お客ちゃまの特殊蔵書はいけんコーナ。2年ぐらい後進してないです。すいません。そのうち復活しまぢろう。。
お問合せ&ご注文はうはう
お問合せ&ご注文はうはう
お問合せ&ご注文はうはう
お問合せ&ご注文はうはう
お問合せ&ご注文はうはう
お問合せ&ご注文はうはう
お問合せ&ご注文はうはう
お問合せ&ご注文はうはう
お問合せ&ご注文はうはう
◎化石のホカホカ

◎おメエル連絡先
お問合せご連絡は、 dobunko@excite.co.jp
まで。いつでもどうぞ。
25ぢかん受付中
※ホ〜モ頁に出ていない本やDVDもお探ししします。。


〈ふりだしへ戻る〉

2007年5月ホカホカ入荷ですたい!
*お好きな順番で画像の上をゴキっゴキっと押っぺしてのぞいて見みみてください。

    ♥♥  二○○七年○五月のもくぢです    ♥♥(最新こねこね時=2007.07.04AM.11.00)

♥ ♥二○○七年○五月の目次
今月のホカホカ
世界快楽拷問音響装置レポート 『カラオケ:世界的事件』(5.29)
渡世人列伝写真集『もっとヘンな仕事/フツーぢゃない職業の肖像集』(5.27)
妄想SFですとぴあ画集『黒の迷吐牢歩痢酢(めとろぽりす):アーヴィン‐ノーマンの超現実的社会派アート』(5.25)
悪趣味ぎゃる衣裳観察図鑑1967-2007『ニポン女学生地獄:トオキオ10代ファッションさぶかるちや手帳』(5.23)
ウィトキン最新写真集『ジョエル‐ピーター‐ウィトキン』(5.21)
おサイケあーと凶作画集『ホンモノの幻覚たち』(5.19)
超怪奇平凡ミステリ写真集『焼き食パンの聖母像』(5.17)
驚愕のメキシコ映画ポスター集『続‐メキシコ映画:1957-1990』(5.15)
人体お耽美化計画写真集『機械仕掛けの幻覚ジェフリー‐スコット(1019)の工業的超現実主義』(5.13)
本当はおそろしい記念切手コレクション『切手で見る糖尿病の歴史』(5.11)
英国(悪)趣味ファッション写真集『英国狂い:えげれすファッションの伝統と侵犯』(5.09)
廃滅ぢどうしゃマニア写真集『道ばたの遺品:見捨てられたアメり力の自動車たち』(5.07)
地下漫画収集資料『フォーゲル版アングラ漫画お値打ちガイド』(5.05)
レトロ医学写真コレクション『写真でみる呼吸器系疾患の歴史/1871-1895消毒殺菌の時代』(5.03)
ポップ地獄いらすと新世代凶作集『なわばり/第4号/特集‐ゴシツクむうど』(5.01)

…………………………………………………………………
翌月ぶんと前月分
翌月のペエヂはアチラ         前月のペエヂはコチラ
ジャンル別総合リスト
2○○3年01月1日から2○XX年XX月XX日まで
…………………………………………………………………
お問合せ&ご連絡は: dobunko@excite.co.jpまで。25時間受付ちうです。
…………………………………………………………………
最新ペエヂはアチラ


2007年05月29日のあれやこれや。

    ★今日のメニウ‐その2    

世界快楽拷問音響装置レポート

カラオケ:世界的事件
...音楽の持つ愉快でおそろしいチカラのひとつに、ひとを馬鹿にするチカラというものがありますか?このチカラを強烈に増幅する快楽=拷問用の機械として世界あちゃこちゃにハビコリまくっているカラオケましーんが、土地土地によって、どれほどそれぞれが違ったカタチでひとびとの生活のなかに喰いこんでいるのかを、アヂアから欧州、北米から南米までの範囲でぐるりと見渡してみた世界カラオケ歌合戦本です。中国系企業を特許侵害で訴えて裁判に勝ったフィリピン人の元祖カラオケ発明者のひとや、何百年もむかしからキリスト教の布教のための合唱をしてきたイギリス‐ウェールズ地方のメソヂスト教会の伝統のなかにカラオケことはじめを見るべしという異説など、ヂャポンがカラオケ発祥の地という地元のわだぐぢ(誰?)たちの思い込みをぐらつかせるカラオケ起源への旅を出発点に、タイやインドネシアなど東南アジアでごく普通に営業されているカラオケぼっくす売春やカラオケぼっくすを人身売買の拠点として利用している人身売買業界、インドネシアのカラオケ大統領、ブルマのカラオケ‐ファシズム、アメり力のクリスチャン‐カラオケ、ヌウド‐カラオケ、2003年にフィンランドで開催されレバノソ女性が優勝した世界カラオケ選手権大会、東南アジア最古の文明民族モン族のコトバを勉強するためのモン語カラオケに代表されそうな外国語習得用カラオケ、車内に盛り上げ用のミラーボールも装着されているタイのカラオケタクシー。などなーどの用途別カラオケ各種、そして、カラオケがこくみんスポーツというコりア、カラオケのケーザイ効果がとってもありがたいインドネシア、カンボジアのカラオケ取り締まり、ロマンチックなベトナムのカラオケ、ロシアのサウナ風呂でのカラオケ(写真だけ)やウクライナの野外カラオケ(これも写真のみ)。なーど地域別カラオケ百態ルポも興味しーんしん。さらけだされる「歌とは何だす?」とゆうギモンをその場でコテコテと塗りつぶして無効票に変えてしまうような簡易ばかパワー発電マシィン‐カラオケのマイナスイオン製造力をこれでもかこれでもかと誇示してくれる現代アマチア音楽ルポであります。??
[記:2007.05.29PM22時20分ごろ]

世界快楽拷問音響装置レポート『カラオケ:世界的事件
by ジョウ‐シュン、フランセスカ‐トロッコ
発行=2007年、from ろんどん。英語版
大きさ: 本体=15.0x20.0センチ。 重さ=約450ぐらむ。
外見=そふとかば版。カラー写真図版豊富。208頁。
ど特価: ¥2800
お問合せ先: dobunko@excite.co.jp
お問合せ番号::音響拷問070529


2007年05月27日のあれやこれや。

    ★今日のメニウ‐その2    

渡世人列伝写真集

もっとヘンな仕事/フツーぢゃない職業の肖像集
...他のひとがあまりしていない仕事を仕事にするということが、お疲れ感覚やお憑かれ感覚、仕事をするときの体勢から、気配やニオイや温度をはじめ脳みそが感じる刺激やストレスその他、仕事を通じて受け止めているモロモロモロの有形無形のかたちまで、作業の毛色はどれほどまでそれぞれ違いが有り得り得ないものであるかないかを、65人のヘンなお仕事場ほうもんを通じてさり毛なくみせびらかしてくれた異色写真集『へんな仕事』(2003年刊)の3年ぶりの続‐ヘンです。今回のヘンな仕事をしているヒトたちも人数は前作と同じく総勢は65人。不治の病にくるしむ病人と介護人の枕元でハープの出張演奏をしているオバさん。病気のせいでオナラがモーレツな悪臭になってしまい悩む妻を救うために考案したオナラ消臭用パンツの開発製造販売をしているオジさん。1986年に自由の女神ソックリさんコンテストで優勝して以来ずうっと自由の女神のカッコウをして世界中で営業しているオバさん。空に飛んでいる鳥の数を双眼鏡で数えているオジさん。ロサンゼルス検死官事務所のおみやげ売り場のおバさん。クマにハチミツを横取りされるのがいやで養蜂場を大都会のビルの屋上に引越して営業しているヒト。ワニ皮をワニのカラダから剥ぎ取るのが専門のオバさん。ラスベガスの賭博台で使用済みのサイコロを、イカサマの跡がないか検査する係のオジさん。ドッグフードの味と歯ごたえを試食するオバさん。などなど、1人ずつがヘンかどうかはさておいて、とにかくゾロリゾロリと紹介されていきます。著者も思い掛けなかったことに前作は、実用性のあるお仕事探しガイドブックとしても重宝したひとが多かったそうなのですが、どのヒトもこのヒトも、赤十字社の有毒物質処理班のオバさんの、防毒マスクで覆われた顔のなかで唯一みえている目のニコニコした輝きに負けないぐらいに真剣だったりウレシそうだったりする目が印象的な写真ばかしを選り集めた、変なことに対して前向きなお写真集でござります??
[記:2007.05.27PM19時40分ごろ]

渡世人列伝写真集『もっとヘンな仕事/フツーぢゃない職業の肖像集
by ナンシー‐リカ‐シッフ
発行=2006年、from かりふぉるにや。英語版
大きさ: 本体=18.5x18.5センチ。 重さ=約490ぐらむ。
外見=はあどかば版。でゅおとーん写真集。136頁。
ど特価: ¥2600
お問合せ先: dobunko@excite.co.jp
お問合せ番号::商売尽し070527


2007年05月25日のあれやこれや。

    ★今日のメニウ‐その2    

妄想SFですとぴあ画集

黒の迷吐牢歩痢酢(めとろぽりす):アーヴィン‐ノーマンの超現実的社会派アート
...強烈に放射する幻視目線のヘッドライトに照らして、無数の悪夢で膨れ上がった現代都市のDNA設計図を切断あんど分解。それを地べたから見上げて建物の3階か4階ぐらいまでの高さがあったりする巨大壁画のような画面の上いっぱいいっぱいに再組み立てした妄想科学SFちっくな現代都市地獄絵巻を、1940年代から半世紀にもわたって描き続けた孤高の暗黒反逆絵師アーヴィン‐ノーマン作品集です。リトアニア生まれのアメり力移民で、スペイン市民せんそうに義勇兵として参加。共和国軍の敗北によって、ココロに多大なキズをうけた状態で帰国してからは、キヨサン党も退団して、妄想お絵描きにひたすら没頭。戦場体験を通じて肌身に沁みて痛感した、戦争という集団狂気が生み出す数々の悲劇や、特権意識にこりかたまったエリートたちの喜劇性、戦争を最大のエンジンとして走る現代社会のこんぽん的なムジュンなどが、アーヴィン‐ノーマンさんの脳みそをいちど通り抜けるとSFマンガのひとこまのような奇怪な光景としてヒリだされてくるのですが、SFマンガといっても、まるで沼正三の『ある夢想家の手帖』シリーズ中に引用される『SSS』『裏窓』『奇ク』『風奇』などの戦後特殊風俗文献雑誌のなかに紛れ込んでいてもまったく違和感がなさそうなほどに、一般世間を照らす電気や太陽による人工照明のヒカリが届かない、異様な光景への扉がガバガバと開け放たれています。巨大な拷問器具のような超高層建築物が立ち並ぶ間を、虐殺されたハダカの死者たちの群れが大河になって高速道路に寄し寄せ流れて行く光景を、飛び下り自殺者のおとむらい用のお供えのワンカップ酒にとまった蠅のような視線でぐるりと見回すノーマンさん。実生活では、床屋さんで見習いのパートをしながら、お絵描き教室や美術学校でもおベンキョーをかさねて、おのれの幻覚を絵のなかに叩きつけるのに必要な技術を磨いていくなかで、床屋さんとしても一本立ち。元‐キョ一サン党員の経歴をもつことから1950年代の赤狩りブウム中に「社会の敵」のお札をはりつけられ、以後20年以上にわたって当局からの執拗な迫害や嫌がらせにあい、結局、存命中には、美術業界などからは黙殺されたまま、ぢぶんの描きたいような絵ばかり描くことが出来たシアワセな夢みる反骨反逆反戦野郎だったそうな。科学文明の進展にささえられた機械化と効率化の極地のような宇宙的都市の、牢獄でも廃墟でも墓場でもある最暗黒の迷吐牢歩痢酢(めとろぽりす)に押しズシのようにギウギウ詰め込まれた夢遊病的大群衆の男女が誰もかれもハダカであるために、湯舟にひたって銭湯の壁の絵をみているような気分にもなるアーヴィン‐ノーマンさんの、初期作品からは半世紀以上になるのに、まるでたった今描いた最新ホヤホヤみたいなキテレツわーるどの暗く急速な流れにゼヒ是非いちど押しながされてみてみてください??
[記:2007.05.25PM23時55分ごろ]

妄想SFですとぴあ画集『黒の迷吐牢歩痢酢(めとろぽりす):アーヴィン‐ノーマンの超現実的社会派アート
by クロッカー美術館、アーヴィン‐ノーマン
発行=2007年、fromにうようく。英語版
大きさ: 本体=23.0x30.4センチ。 重さ=約1.2きろぐらむ以上(器材不足で体重測定不能でした)。
外見=そふとかば版。オールカラー画集。収録図版154点。224頁。
ど特価: ¥5200
お問合せ先: dobunko@excite.co.jp
お問合せ番号::最暗黒都市070525


2007年05月23日のあれやこれや。

    ★今日のメニウ‐その2    

悪趣味ヂャポンぎゃる衣裳観察図鑑1967-2007

ニポン女学生地獄:トオキオ10代ファッションさぶかるちや手帳
...地獄度数、ドツボ度数にかけてはトツプくらすにもピラニアのごとく喰らいつき、世界の悪趣味ファッション界からも熱いまなざしをあびる現代ぢゃぽんの10代ギャルたち。世界的にみても圧倒的に異常で変てこりんなおシャレ感覚の原点とその秘密を、過去40年間のイケイケぢゃぽん女学生ふぁっしょんに探る、エスニック悪趣味図鑑です。不良少女系は、1960年代末期のズベ公‐女番長(スケバン)スタイルにはじまり竹の子族を経由してレディス暴走族ファッションで一方通行を逆走して一網打尽。セクシー系は、90年代なかごろのコギャルからゴングロ、マンバ、着グルミンなどをへて、物欲全開のオネエぎゃるヒメぎゃる(?)へと退化。アート系は、80年代のナゴムギャルをふりだしに、ゴスロリ、デコラ-へと分裂増殖。それぞれのタイプについての誕生から大ブームを経て没落してい過程の解説や本人たちへのインタビウ、ファッションちえつくや必携用品(ますとあいてむ)、理想のボイフレンド像などが、のなかかずみ先生描くフェチ塗り絵風なキューテーなイラスト図解いりで収録されています。著者は、映画秘宝元編集長の町山智浩氏との共著でニポン映画本なども執筆してきた商売ジョウズのニポン通。だからといって、ヨソのひとにヂブンの土地のムスメっこをチヤホヤおだてられてウレシくなくなくもなくない気分に変わりなし。生きている間にでも何でも1度ぐらいは見物にいってみたい黄金のくにヂパングの、アニメ以上のたからものを拝観したような気分です??
[記:2007.05.23PM23時15分ごろ]

悪趣味ぎゃる衣裳観察図鑑1967-2007『ニポン女学生地獄:トオキオ10代ファッションさぶかるちや手帳
by 文=パトリック‐マシアス、イズミ‐エバース、イラスト=<のなかかずみbr /> 発行=2007年、fromにうようく。英語版
大きさ: 本体=14.0x19.0センチ。 重さ=約290ぐらむ。
外見=そふとかば版。カラー写真図版&カラーいらすと満載。148頁。
ど特価: ¥2400
お問合せ先: dobunko@excite.co.jp
お問合せ番号::ちょべりぐ070523


2007年05月21日のあれやこれや。

    ★今日のメニウ‐その2    

ウィトキン最新刊写真集

ジョエル‐ピーター‐ウィトキン
...畸形アート写真魔人ジョエル‐ピーター‐ウィトキンのお写真集は、『ジョエル‐ピーター‐ウィトキン』とゆー書名の本が何種類もあってややこしいですが、いまの時点で最新刊ホヤホヤの本書は、今年2007年1月20日から4月8日までイタリア共和国トスカーナ州ルッカ県セラヴェッツァにあるメディチェオ邸という所で開催されたウィトキン写真展の図録を兼ねた記念出版本です。収録作品は、1981年の初期作から2005年発表の新作まで。イタリアでの展覧会とゆうことと無関係がないのかあるのか、西洋お絵描きげいじつ史上の有名作を下敷きにした作品を特にまとめて展示‐収録したような印象で、今回がたぶん初めての単行本収録になる近作「ジョージ‐ブッシュ号の筏(いかだ)」(2005年)も、題名にもはっきり示されているとおり、遭難者たちのサバイバルのための人肉食は許されるか許されないかを巡る論議のときに必ずひきあいにだされるテオドール‐ジェリコーの『メデュース号の筏(いかだ)』のほとんどベタベタなパロデーにちかい作品になっています。観光バスガイドさん的には、「醜の美学」の殉教者ウィトキンの栄光と悲惨が、西洋絵画史のきらめくカクテル光線を浴びながらクッキリと浮かびがる通天閣タワーの夜景をみあげる気分。五体不満足だったり屍体だったりの人間のモデルのカラダのほうに視線を吸い取られがちなウィトキン写真ですが、19世紀の写真スタジオを変態的にこじらせながらお手本にしたような、背景や小道具のセッチングなどの周辺的な細部へのコダワリぶり集中ぶりとその魅力を改めてたどり直したりするのにも好適な、ウィトキン再入門風のお写真集です。??
[記:2007.05.21PM21時30分ごろ]

ウィトキン最新写真集『ジョエル‐ピーター‐ウィトキン
by ジョエル‐ピーター‐ウィトキン
発行=2006年、fromボローニャ(いたりあ)。英語とイタリア語の2言語併記版
大きさ: 本体=13.5x19センチ。 重さ=約290ぐらむ。
外見=はあどかば版。収録写真点数=45点。96頁。
ど特価: ¥3200
お問合せ先: dobunko@excite.co.jp
お問合せ番号::援光写真070521


2007年05月19日のあれやこれや。

    ★今日のメニウ‐その2    

おサイケあーと凶作画集

ホンモノの幻覚たち
...幻覚体験を下敷きにしたお絵描き、と聞くと何だかとってもクルクルパーな、ひとめ観るなりハレホレヒレな混乱した絵が想像されてしまうとしたら、これはまったく正反対に、ホンモノの幻覚はこんなにも、シラフ的、冷静系。そうだからこそ余計に変てこりんでバッカみたいに見えますねー。とった方向からお祭りばやしが鳴り響めいてくる新旧おサイケ‐ファンタジー画家7人の作品にインタビウを同時収録した、変成意識状態での異次元宇宙トりツプ観光画競作集でありまづ。最初に登場するのは、ニポンではウィーン幻想派の巨匠として知られ、種村季弘『迷宮の魔術師たち―幻想画人伝』でも皆様お馴染みの古株エルンスト‐フックス(Ernst Fuchs)。絵画、銅版画、建築作品などの図版にくわえ、1955年に初めてペヨ一テサボテンの試食体験したはなしや、トリツプ体験を知るよりはるか以前から建築や音楽や詩までの領域を網羅する総合的な幻覚芸術をめざしていたことなど天然おサイケ野郎としての肖像がミニミニインタビウで明らかに。そしてそのエルンスト‐フックスが編み出した「混合テクニック(ミッシュ‐テヒニク)」を1952年に一番最初に受け継いだマティ‐クラールヴァイン(Mati Klarwein)。クラールヴァインは、ティモシィ‐リアリーの親密なお友達として1960年代には教祖公認おサイケ絵師のようなアイドル的地位を確立。サンタナやマイルス‐ディビスのジャケット画の仕事を通じて世界中に亜流イラストレーターを大漁発生させながら、今ではほとんど完全に忘れられている黒いファンクと白いサイケを合体させたファンカデリツクな作風をいまさらながら拝観できる貴重な機会となっています。そしてクラールヴァインの仕事を受け継ぎいだうえに、人獣一体化したアフリカ女性の妊婦姿を史上最強のトリップ体験にみたてて描く原始太陽直覚画の、ドイツ生まれの女流イラスト家マーティナ‐ホフマン(Martina Hoffman)。マーティナさんのヒッピー放浪時代からの相棒で、液状化した水晶のような透明なオーラに包まれた幻想風景を描く夫のロバート‐ベノーサ(Robert Venosa)。同じくクラールヴァインの影響をうけながらも、トりツプ終了後の余熱にひたる女性たちの遠ざかっていく幻覚に手を伸ばすマテオ‐ガルナッチア(Matteo Guarnaccia)。勤務先の死体置き場から内緒でもちだした死体を道づれにしてのパフォーマンスから画家に転向し、妻と二人、決死の覚悟で望んだ意識拡張グスりの効き目によって宇宙ラブラブエネルギーの核心部にまで一気に到達したという妄想のトリコになったアレックス‐グレイ(Alex Grey)は、死体置き場から無断で持ち出した屍体とパフォーマンスをしたりした医学学校での勉強を活かして、スケスケ解剖人体モデルたちを瞑想的にふりつけたサイケデリック人体透視図で一席。グレイのポン友でもある妻アイリーンの、おサイケ幾何学図もあったり。収録全作品の発表年度をみても1940年代から2000年代までと幅広く、他ではみる機会のあまりなさ毛な宇宙感覚解放画の新旧達人たちの絵柄も中身も多彩なお作品をまとめてご鑑賞いただけるお徳用作品集です??
[記:2007.05.19PM22時40分ごろ]

おサイケあーと凶作画集『ホンモノの幻覚たち
by エルンスト‐フックス、アレックス‐グレイ、マティ‐クラルヴァイン他
発行=2006年、fromボローニャ(いたりあ)。英語とイタリア語の2言語併記版
大きさ: 本体=24.0x22.4センチ。 重さ=約520ぐらむ。
外見=そふとかば版。カラー図版豊富。120頁。
ど特価: ¥4600
お問合せ先: dobunko@excite.co.jp
お問合せ番号::近くの扉070519


2007年05月17日のあれやこれや。

    ★今日のメニウ‐その2    

超怪奇平凡ミステリ写真集

焼き食パンの聖母像
...ホラ、ホラ、あ、あ、あ〜んなトコロに、ヒトの顔が。こ、こ、こーんなトコロにも。。夫と離婚し女手ひとつで娘を育てるために入社したポテトチップ工場で入社15年目配属された検品係のお仕事中、不良品として廃棄するポテトチップのなかにアニメやデヅ二一のキャラクターやハリウッドスターの顔にそっくりなものが混じっていることを発見。世界ではじめての人面ポテトチップコレクターとなり、ニポンをはじめ世界のテレビ番組に出演、シンプソンズのネタにもなったミルテ‐ヤング(Myrte Young)ばあちゃんを皮きりに、風呂場のシャワーカーテンにレーニンの顔を発見したカリフォルニア在住で宇宙物理学が専門の大学教授、イギリスのおじいさんの家庭菜園で収穫されたミシュランマンのニンジン、ネコの耳の内側に姿をみせたロシアの天一坊‐怪僧ラスプーチン、映画『スターウォーズ』シリーズ最近作中の不人気CGキャラクターだとゆうジャー‐ジャー‐ビンクスがアナログ的にこんにちわしてくる木製の扉、ボロボロに痛んだフライパンのなかに現れた怒ったヘノヘノモヘジ風なキりスト、火災にあったペットショップで飼われていた動物たちの中でただ一匹だけ生き残ったものの甲羅に悪魔の顔が浮き出てきて近所のヒンシュクの的となり店を閉店に追い込んだ濡れ衣の悪魔ガメ‐ラッキーちゃん、マザーテレサの顔がうかんだ不味そうなシナモンロール、パンケーキ口一マほおおお、などなど、見えます見えます系とも、見えません見えません系ともいえる、解釈次第でナゾとも何でもないともいえる人面系の超平凡自然現象に遭遇したひとたちを直接表敬訪問し、モンダイの実物を記念撮影。最後は、eBayオークションに出品した「聖処女マリアの顔が浮かび上がった焼きチーズサンドイッチ(Virgin Marry Grilled Cheese)」が、超高額の28000ダラー(時価約336万円)で落札されて時のヒトになったダイアナ‐デュイサー(Diana Duyser)おばさんが、その後ぼよんとして乳房の上に彫ったイレズミの「聖処女マリアの顔が浮かび上がった焼きチーズサンドイッチ」で締めくくられています。。たとえば当店お取扱いの『息づく死者たちの顔/心霊写真を信じる』や『 完璧な霊媒師:写真とオカルト 』などに収録されている数々の恐怖心霊写真をながめていると、ヒトの顔をヒトの顔として理解するために脳ミソが普段から何毛ないふりをして励んでいる量り知れないほど膨大なお仕事がどれほどしつこく熱心なものであることかをまのあたりにして感心させてもらえたりするわけですが、心霊写真とも煮たり酔ったりでありつつもまた別の角度から、そこにカオがあると感じることがヒトを動していく力の不思議をめぐってのいろいろな実例をとおして、たくさんの妄想を刺激してくれるたのしいご本です??
[記:2007.05.17PM19時50分ごろ]

超怪奇平凡ミステリ写真集『焼き食パンの聖母像
by バズ‐プール.
発行=2007年、fromにゅうようく。英語版
大きさ: 本体=17.0x22.8センチ。 重さ=約300ぐらむ。
外見=そふとかば版。カラー写真と解説。96頁。
ど特価: ¥2200
お問合せ先: dobunko@excite.co.jp
お問合せ番号::心霊不要写真070517


2007年05月15日のあれやこれや。

    ★今日のメニウ‐その2    

驚愕のメキシコ映画ポスター集

続‐メキシコ映画:1957-1990
...メキシコ映画といわれても、覆面レスラーに小人さんにオンボロなロボットや怪獣。あるいはせいぜい外国出身のブニュエルやホドロフスキーの名前ぐらいしか思い浮かばなくっても全然だいぢょおぶな、メキシコ庶民向けの娯楽映画もろもろヂャンルを網羅したポスターコレクションのシリーズ第二弾です。前作ではメキシコ映画黄金時代といわれる1930年代から1956年までの世間でいう名作秀作映画のポスターを多数収録しましたが、今回は、メキシコ人民ぜんたいのお財布もようやく暖まり、年間400本前後の映画が公開された昭和30年代初頭から昭和60年代までの相変わらず貴重なメキシコ娯楽映画ポスター大会となっています。作品を分類している映画ジャンルのくりりが、「密輸と裏切り」「犯罪業界」「若い無法者」「売春地帯」「ムキムキ野郎」「をんなをんなをんな」「ピリッと効くメキシコのコトワザ」「死者たちの世界」「田舎者のなかの田舎者」などメキシコ‐ローカル線各駅停車のおトイレ拝借旅を思わせずにはおかないほどに地方色たっぷりな素材を調理した、観たことも聞いたこともないことが全く苦にもならな毛な、だめだめ映画ポスターが勢ぞろい。ビキニ水着での国境超えに失敗してタイホされる密出国女性、夜のキャバレーをんなや、汚職腐敗ケ一カン、宇宙怪奇SFランドの覆面プロレスラー、ソンブレロのガウチョなどをどこまでも単調に描くポスター職人たちについての紹介記事や略伝一覧などもありまして、オリンピック出場歴のある有名スポーツ選手でありながらポスター職人としても評価されているアルベルト‐イサク‐アウマーダをはじめ、主なポスター職人12、3人ほどの経歴も一挙に公開。色彩も構図も何もかもB級ごみクズ感覚をもし取り除いたらほんとうに何も残らなくなってしまいそうな恐るべきメキシコ娯楽映画ポスターの微妙におっとりまったりとした世界を、大小こきまざったオールカラー図版でご堪能ください??
[記:2007.05.15PM23時20分ごろ]

驚愕のメキシコ映画ポスター集『続‐メキシコ映画:1957-1990
by R‐アグラサンチェスJr.
発行=2007年、fromかりふぉるにや 。英語版
大きさ: 本体=20.4x26.8センチ。 重さ=約470ぐらむ。
外見=そふとかば版。カラー図版満載。132頁。
ど特価: ¥3200
お問合せ先: dobunko@excite.co.jp
お問合せ番号::メキシコ万歳070515


2007年05月13日のあれやこれや。

    ★今日のメニウ‐その2    

人体お耽美化計画写真集

機械仕掛けの幻覚:ジェフリー‐スコット(1019)の工業的超現実主義
...もろもろの釘や接着剤で堅く固定されて動かすのが大変そうなみせかけで武装した現実とゆう妄想から脱出するための妄想のひとつに、江戸川乱歩のイモムシのように変身して、五体まんじょき標準に仕切られた空間の外へと這い出していくことを夢にみる超廃人願望が、自覚のあるなしに関わらず、あるヒトにはあり、ないヒトにはありませんね。この写真集が実演してみせてくれるのは、どうせ超(廃)人になるならば、ゴーヂャスなビユチフるなソレになりたいもの、とゆうとてつもないゴーヂャス指向のどアホな願望。たとえていえば、交通事故でケガをするのに、美麗な自動車に優雅に轢かれたいし、怪我や出血などの具合も何もかもが、機械仕掛けの花々が血を流しながらホホホとホホえむようにエロちーくでなくてはアキマセンといったこだわりの妄想を、写真のカラクリをつかって次々に開花してみせてくれるお耽美系フリークス見世物お写真集です。囚人か野犬みたいな妙な名前の写真家ジェフリー‐スコット(1019)の作品は、当人のホーム頁でみるよりもこの写真集のほうがモアベタアー。西洋美術史の教養を捨ててゴスロリSF趣味に溺れたジョエル‐ピーター‐ウィトキンなど連想させつつも、モデルさん選びから何まですべて満点では決してないところが逆にチヤムぽいんととなっていて、ウィトキン写真には見られない、いぢくりまわし過ぎているうちに手のなかで暖まってしまったかのような、くすぐったさが餅味となっています。濛々と煤煙を上げてフル稼動する巨大石油コンビナート工場群ほどのスケールの生命維持装置にハードSMちっくに直結される女性たちの肉体。顔は死人や幽霊で、カラダには生体解剖のような激しい自傷を修復した仮縫いのあとがどんなに全身タテヨコナナメに走っていても、お肌はいつでもしっとりピチピチ瑞々しく。ボンデージ異装を脱ぎ捨てるとむきだしになるのは、精巧な機械仕掛けで再連結されている、バラバラに切断された胴体や手足。連結機械の暴走で生まれた人造シャム双生児たちや人面疽、などなど。。セピア調の色彩や画面を走り回るキズによって示される、地面の下の古い時間のヌカ床から掘り出したっぽい雰囲気の歯ごたえもかみしめつつ、機械文化の進展と並行して、邪魔もの不要品の身分にづんづんとせり上がっていく元ヲンナたち、元ヲトコたちの晴れ姿を、実現されないまま終わってしまった未来光景のなかに放置プレイして陳列してあります。お耽美製造業界への中途採用を目指す方への寒中お見舞いにも好適な超(廃)人系ありえないボンデーヂ人間機械お写真集です。??
[記:2007.05.13PM21時45分ごろ]

人体お耽美化計画写真集『機械仕掛けの幻覚ジェフリー‐スコット(1019)の工業的超現実主義
by ジェフリー‐スコット(1019)
発行=2007年、from 。英語版
大きさ: 本体=21.6x27.9センチ。 重さ=約470ぐらむ。
外見=そふとかば版。カラー写真集。96頁。
ど特価: ¥3400
お問合せ先: dobunko@excite.co.jp
お問合せ番号::人体改造工場070513


2007年05月11日のあれやこれや。

    ★今日のメニウ‐その2    

本当はおそろしい記念切手コレクション

切手で見る糖尿病の歴史
...糖尿病に関連する世界の記念切手40数種類を陳列。さまざまな切手の絵柄を楽しみながら、1921年にインシュリンによる治療が確立されるまでの糖尿病研究と治療の3500年におよぶ世界各文明における試行錯誤のあゆみ、そして、現在および未来の糖尿病治療の取り組みについて、みんなでおベンキョーしましようとゆう教養本です。それにしても何で糖尿病のおベンキョーに切手なのか?とゆーと、もともとは糖尿病患者のひとが書いた糖尿病切手コレクションについての記事を学会誌で読んだのがきっかけで、切手に興味をもったお医者さんが、その記事をたよりにして、自分も糖尿病切手コレクションをはじめ、ようやくコレクションが揃ってきたら、自慢ついでで本を出したくなってしもーた、というのが実際のところのようなのでした。。古代ギリシア医学ぢだいの、ビールのがぶ呑みやキュウリの花、鳥が泳ぐ池の水などを治療法として象形文字で記したパピルスを図案にした切手にはじまり、一般医学史上に名高いお医者さんたちの肖像、長年にわたってインシュリンを抽出するための唯一の原材料として重宝されたブタとウシの膵臓を崇め奉ったおブタさま切手、糖尿病のおそろしい合併症あれこれやDNAをデザインにとりこんだ切手など、切手収集への関心じたいが世間ばなれしている今どきに、こんなに押しの弱い絵柄の切手を並べて何の自慢になるのかと、見ていてどとても不思議な気分。古本にはさまっていた知らないヒトから知らないヒトへの古い郵便を眺めている気分になってくる珍品切手コレクション本です。??
[記:2007.05.11PM20時15分ごろ]

本当はおそろしい記念切手コレクション『切手で見る糖尿病の歴史
by リー‐J‐サンダース予防医学博士
発行=2001年、ばぁじにあ州、アレクサンドリア、アメリ力糖尿病協会。英語版
大きさ: 本体=15.3x22.8センチ。 重さ=約250ぐらむ。
外見=そふとかば版。カラー図版いり。94頁。
ど特価: ¥2400(問屋でも在庫僅少です。。)
お問合せ先: dobunko@excite.co.jp
お問合せ番号::珍品切手収集070511


2007年05月09日のあれやこれや。

    ★今日のメニウ‐その2    

英国(悪)趣味ファッション写真集

英国狂い:えげれすファッションの伝統と侵犯
...バーバリー社創業150周年を記念して2006年5月から9月までニューヨ一ク‐メトロポリタン美術館で開催された、東京タワーろう人形館プラス英国ふぁっしょんマイナスろう人形みたいな雰囲気の展覧会『英国狂い』の開催を記念して刊行された愛蔵版仕立ての記念図録本です。19世紀のなかごろにおフランスを中心とするヨオロッパぢゅうで大流行し、現在にいたるまでとりあえず不滅の迷信として生き続ける英国(悪)趣味ファッションて格好よいべさー、とゆー「英国狂い(Anglo Mania)」の神話。それを、骨董家具や英国絵画で飾りつけてテーマごとにこさえた夕映えの大英帝国調のお部屋のなかでの現代ファッションデザイナーの大乱交によって再検証していきます。会場に用意されたお部屋は、16-18世紀えげれすの、たとえば、ちょうど秘密結社‐地獄クラブ(ヘルファイアー‐クラブ)のフランシス‐ダッシュウッドが使ったような英国式庭園内の食堂風だったり、主人と召使いの身分の違いを露骨にあらわす田舎の大邸宅の階段部屋だったり、馬や猟犬をぞろぞろ従えての狩猟場だったり、など小芝居の背景じみたお部屋のなかに、有名な高等娼婦やエール酒をらっぱ呑みするジョンブル像、ホガースの風刺画をはじめ、写実一本槍な純英国調絵画が壁から静かにお茶目っぽく見守っているなかで、ヴィヴィアン‐ウェストウッドやマルコム‐マクラレン、ジョン‐ガリアーノ、フセイン‐チャラヤン、アレクサンダー‐マックインなど世界的な奇抜ファッションデザイナーたちの作品を顔のないマネキン人形たちが着こなし、さらにフィリップ‐トレーシの帽子や、ジュリアン ディスのカツラ、マノロ‐ブラニクのお靴、サイモン・コスティンとゆう舞台装置家(?)がこさえた人間の精液びん詰め(色はおしっこ風)つきネックレスなど見ごたえのある小物類がたくさんつきまとっています。監修者たちのお見立てによると、パンクふぁっしょん以後の最近30年間の英国ファション創作者たちは、たえず100年も200年もむかしの流行を次の最新ファッションのネタ元として常に研究してきたそーで、そこから生まれてくる、ムカシが懐かしー気分と、未来の楽園願望との、本来はありえないはずの同居が、英国狂い趣味のとくちょーで、パンクと貴族趣味のまぐわいなども、このとくちょーから生まれてくるような説明をされておられますが、それはそれとしても、意表をついたり、はぐらかしたり、どこまでも変くつで、素直にはオモシロがらせてくれようとしない英国ファッションのいぢわるぶりと、トコトンまでつきあってあげてみてください??
[記:2007.05.09PM21時40分ごろ]

英国(悪)趣味ファッション写真集『英国狂い:えげれすファッションの伝統と侵犯
by アンドリュー‐ボルトン
発行=2007年、にうようく&ろんどん。英語版
大きさ: 本体=24.2x30.8センチ。 重さ=約1.3きろぐらむ。
外見=はあどかば版。オールカラー写真集。160頁。
ど特価: ¥4500
お問合せ先: dobunko@excite.co.jp
お問合せ番号::悪趣味貴族070509


2007年05月07日のあれやこれや。

    ★今日のメニウ‐その2    

廃滅ぢどうしゃマニア写真集

道ばたの遺品:見捨てられたアメり力の自動車たち
...づいぶん以前に当店ホーモ頁でご案内しました『廃車処分場の宝石/錆びたダイヤモンドたち』という廃車ふぇちマニア写真集と同じくの、死亡した元‐自動車が放置、遺棄された状態で、崩壊していく姿をホレボレと見つめる野外調査観察お写真集です。著者は、道ばたに捨てらっぱなしのボロボロぽんこつ自動車をカメラ片手に追い掛けて丸10年。キズひとつない新品当時は自慢の愛車というのもバカバカしいほど高級だったりご立派だったりしたお宝系の骨董自動車たちが、その最後の最後の成れの果て、雨ざらしでボロボロの廃車になって成仏を待ちわびている無惨美を、時に廃墟趣味なども加味しながら、ゲップのでるほど喰いしん坊バンザイしています。撮影場所で多いのは、森の中にある廃車回収再生工場や、無人になった幽霊町の路上など。映画『スタンドバイミー』でお馴染みの、アメり力の廃車回収再生工場(ジャンクヤード)につきものの番犬ジャンクヤード犬を筆頭に、ガラガラ蛇やサソリや噛みつきアリやハチなどに何十回となく行く手を妨げられながら撮影したというオンボロ自動車たちは、崩壊の程度ひとつをとっても、ぢつにさまざまで、地面の下から車体の前部や後部を突き破って樹木が伸び上がって冬虫夏草の虫が自動車になったバージョンみたいな車も多数あれば、沙漠に車体が呑み込まれている車もあり、 核へーき実験所の近くで爆風にあおられたように転覆している車もあれば、大量の部品がすでに持ち出されてしまってガリガリやせ状態の車、塗装したのかと錯覚するほどビッシリと砂荒らしに覆われた車、銃撃の標的にされて弾痕だらけの車、屋根だけが燃え落ちてどこかへ吹き飛ばされたかのように屋根と覆いだけがなく接合部に多少の焼けこげがあるだけの車が幽霊町の路上に放置されている光景などなど。総数250点以上のカラー写真図版が収録されていまして、著者が敢行したぜんぺー49州ポンコツ廃車めぐりの旅を紙上で満喫させてもらえます。30年も90年もむかしの、アメり力的繁栄ドリイムのシソボルと思われていた高級カーや家庭カーの正体が、老人萌え、死人萌え、サドマゾ的興奮などだけを刺激する変態ドリームの化身として、さまざまな魅惑のポーズをとりながら次々に眼前に登場するのをあっけにとられながら見物するおたのしみタップリ。さらに変態的なおたのしみとして、崩壊した車体の金属がさまざまな方向にむかって凸凹した複雑な陰影をおびているところがあるせいなのか、ヒトの顔や奇妙なドウブツの顔などが、車体にへばりついているかのようにも見える箇所をそこいらじゅうに探すことができますため、フツーの写真を心霊写真に見立てて遊んだりすることも可能だったり(?)。づーと見ていることで自動車を見る眼をヘンタイ的に鍛える補助具にもなりそうな味わい深いオンボロ写真集です??
[記:2007.05.07PM22時55分ごろ]

廃滅ぢどうしゃマニア写真集『道ばたの遺品:見捨てられたアメり力の自動車たち
by ウィル‐シアーズ
発行=2006年、かりふぉるにや。英語版
大きさ: 本体=21.9x27.9センチ。 重さ=約530ぐらむ。
外見=はあどかば版。オールカラー写真集。208頁。
ど特価: ¥3900
お問合せ先: dobunko@excite.co.jp
お問合せ番号::廃車でゴオ070507


2007年05月05日のあれやこれや。

    ★今日のメニウ‐その2    

地下漫画収集資料

フォーゲル版アングラ漫画お値打ちガイド
...まだ名もないヒツピーのひとりだったロバート‐クラムが手づくり漫画雑誌『ZAP comix』をうば車にのせて売り歩いた1968年から2005年までの間に出版されたアングラ〜オルタナ系漫画本のコレクトマニア向けお値打ちガイド本。この本のなかには、アングラという言葉をどんな意味で使っているのかをハッキリと説明してくれていないのですが、印象としては、大手の漫画専門出版社から刊行されたもの以外の、表現上の規制や制約を受けずに描きたいことを描きたいように描いている漫画、を指しているようで。「その数3000種類と言われる」とも書いてあるのですが、これまた、どの範囲のことを指しているのか不明なのですが、なにしろたくさんのアングラ漫画雑誌の古本の、保存状態ごとの相場価格がづらーーと掲載されています。アングラ漫画のお値うちガイド本は、最初に『Shelby Kirch Checklist』、次にJay Kennedy『The Newwave and Underground Comics Price Guide』(1982)という2册が刊行されたことがあるらしく、本書は通算3册め。前2册よりも収録範囲が広く、アメり力の地方都市で出版されたものや、ヨオロッパ産のアングラまんがなども多少リストあっぷされているようです。図版は、おもには白黒、小さめで、リストの欄外に、アングラまんがの表紙コレクションがちょこまか掲載されているのと、本の中央付近のカラー頁に、さらに32、3册ぶんほどの、アングラまんが表紙の図版が、白黒頁よりは多少大きめに掲載されています。また巻末にはラリー‐トッドのヲンナ吸血鬼まんが(復刻)と、著者ダン‐フォーゲル作のヲンナ吸血鬼の南北戦争秘話まんがを収録。読み物は、「印刷のちがいによるアングラ漫画初版本の見分け方」やアングラ漫画コレクターたちの思い出ばなしなど。ほかに、ホーム頁もないほど限り無く個人営業風な、コレクターむけアングラ漫画専門古本業者の広告を多数収録。e-bayで海外のアングラまんがを集めるのが趣味の一部になるほど気合いのはいったマニアの方以外には、ほぼ用事のない本ではありますですが、年代順ではなく書名ABC順で整理されたリストをぼんやりみていると、1968年がむかしで2005年が最近とゆう前後関係が崩れてきて、たとえば去年が2005年、今年1980年で、来年は1968年だったりしても全然だいぢょうぶな気分に、ドンドンなっていっていくだださいい??
[記:2007.05.05PM21時43分ごろ]

地下漫画収集資料『フォーゲル版アングラ漫画お値打ちガイド
by ダン‐フォーゲル
発行=2006年、かりふぉるにや。英語版
大きさ: 本体=21.3x27.6センチ。 重さ=約530ぐらむ。
外見=そふとかば版。白黒図版いり。カラー8頁いり。224頁。
ど特価: ¥3900
お問合せ先: dobunko@excite.co.jp
お問合せ番号::漫画地下経済070505


2007年05月03日のあれやこれや。

    ★今日のメニウ‐その2    

レトロ医学写真コレクション

写真でみる呼吸器系疾患の歴史/1871-1895消毒殺菌の時代
...医学博士スタンレー‐バーンズ氏の骨董写真コレクションといえば、屍体アート写真名人ジョエル‐ピーター‐ウィトキンとの共著で今では入手のムツカシい『医学写真傑作集MASTERPIECES OF MEDICAL PHOTOGRAPHY.(1987)』のネタ元としても、単独で編んだ美麗屍体レトロ写真集『眠れる美(Sleeping Beauty I 、II )などの著者としても、医学のベンキョーには興味のない医学写真ご鑑賞マニヤ(?)のかたがたの間ではどとても高名にもほどどがありまして、その全貌のほんの少しの切れはしは「バーンズ書庫ほーむ頁www.burnsarchive.com/」できょろきょろして頂けるかと思いますが、本書は、写真集化されたかたちでのバーンズ氏医学写真集シリーズでは、いちばん最近の出版物のひとつで、結核をおもな重大病とする呼吸器疾患の患者たちが、発展途上のさまざまな段階の近代西洋医学によって、どのような治療や取扱いを受けてきたかを記録した「呼吸器疾患」全4册のうちの第2巻にあたるもの。現在の社会ジョーシキから見るとインチキ医療器具にしかみえないような非常にキテレツっぽく大袈裟な電気仕掛けや自転車仕掛けを使ったお道具でマジメに治療や研究に取り組んでいる写真や、街角でガマのあぶら売りのように咳止めシロツプを売る医者や心霊医師たちの写真。その結果として、現在のお医者さんの治療を受けることが出来ていたら有り得ないような状態にまで症状がヅンヅンと悪化して、天然痘で死にそうになってるオバさん結核で背骨が曲がってしまったり、眼ガンで目玉の位置がいちぢるしくズレてしまったり、猩紅熱で足だけが超巨大化してサイの足のようになってしまったりしたヒトたちの写真。解剖教室での記念写真や、伝染病患者の衣服を手押し車に載せて引っ張って歩く廃棄物業者のヒトたちの写真。などなど、バイキンをおクスリで退治するという考えや方法が定着していなかった時期、病気の原因になるバイキンの存在をコッホ博士が顕微鏡をのぞいて発見してくれたことから始まった細菌学の誕生あたりからレントゲン写真誕生前夜までの時期の、珍しい医学写真を拝観できます。古本で在庫1册のみ、次回入荷はほぼ確実に無理ですので、ご注文は大至急に(*売り切れました。)。。
[記:2007.05.09PM21時45分ごろ]

レトロ医学写真コレクション『写真でみる呼吸器系疾患の歴史/1871-1895消毒殺菌の時代<
by スタンレー‐バーンズ
発行=2003年、にうようく。英語版
大きさ: 本体=22.2x28.8センチ。 重さ=約560ぐらむ。
外見=そふとかば版。デュオトーン印刷。写真集。108頁。
ど特価: ¥4600(売り切れ中)
お問合せ先: dobunko@excite.co.jp
お問合せ番号::医学骨董写真070503


2007年05月01日のあれやこれや。

    ★今日のメニウ‐その2    

ポップ地獄いらすと新世代凶作集

なわばり/第4号/特集‐ゴシツクむうど
...『はじける超現実主義/浮上するあんぐらア〜ト』や『変人でらっくす:超現実ぱぁぷぅ主義と低級願望アートの野蛮な世界』など以前から当店でも大人気のポップ地獄系いらすと界ポップ地獄カッパの川流れをなんとわなしの印象まかせでさかのぼってみた時に、親ガメ世代については省略、子ガメ世代にあたりそうなマーク‐ライデンやクレイトン兄弟の作品をみてビックリしてソレ系の作品を自信を持って発表できるよおになりました、とインタビウで語る低級願望(ローブロー)アート孫ガメ、、ヒー孫ガメ世代に該当しそうな、続々登場する新世代の注目お絵描き職人たちの作品を大特集。インタビウと作品の2本立てですが、実質的には競作けいしきの作品ショウケースになっています。収録作家は、ベビー服の赤ちゃんたちにオシャレな拘束具や拘束衣をプレゼントするマルチメディアブちすとキャシー‐オリーバス(www.miserychildren.com)、解剖学専攻の学歴から絞り出された皮膚や内臓感覚の手描き幻想派ナオト‐ハットリ(www.wwwcomcom.com)、みずからの母親への過度の愛情をかたちにしたオトナ赤ちゃん人形を犬の視線でえがくレイ‐カイサル(www.raycaesar.com)、街頭落書き崩れで宇宙人の到来を待ちわびるジェフ‐ソト(www.jeffsoto.com)、風船にケムリに変身する舞踏手を踊らせるローラ(‐ジルwww.lorastrangeart.com)、引っ越し先のオバケ屋敷で活動するアンジー‐メイソン(www.angiemason.com)、映画『Desolation Sound」(2005、カナダ)でパペット制作を担当した人形師スコット‐ラドケ(www.scottradke.com)、キりスト教の聖人画を奇形化した肉体に変型して描くメキシコ系ダニエル‐マーチン‐ディアス(www.danielmartindiaz.com)、アジア製ホラー映画やニポンアニメが好きなサイバーパンカーマルセロ‐F‐ジスコメ(www.uptowngothic.com)、オキナワのキチ内で粗だったジャスティン‐デガルモ(www.justindegarmo.com)、汚し派のアレクス‐ゴズブロウ(www.gozblau.com)、テレビィのおしゃれミステリ犯行場面みたいな光景に惹かれ過ぎるジョナサン‐ワイナー(www.viner.biz)東洋系の顔だちがキツいモデルを1名だけ使い、着せ変え人形のように髪型や服装をとっかえひっかえて遊ぶミス‐ヴァン(www.missvan.com)などなど、それに表紙、裏表紙も担当したニポンでもお馴染みのゲイリー‐ベースマンも。紙面全体の2/3ほどがこの特集頁で、残り1/3は、路上アーチストBLK/MRKT、KUSTAASAKSIなどのデザイナーたちの作品展示にあてられています。親ガメ世代、子ガメ世代のポップ地獄系いらすと、低級願望(ローブロー)アートちすととくらべると、作品の完成度が粒不揃いなのは、まだ試行錯誤の途中だったり事情モロモロで仕方ないとして、他人のソロバンにのるかそるかを一切気にせずに自分の必要のためにコツコツ描いている若手のひとたちの作品集という点が、心地よい空気感として伝わってくるよおな(?)。今年4月19日の当店ホーム頁でご案内した『なわばり/第5号/総特集‐ニポン熱』でニポンのデザイン‐フェステイバル系のアアちすとを大特集したのと同じ雑誌の、ゴシツクいらすと特集号です。ぜひこの機会(どの?)に2册まとめて、どどどーぞ??
[記:2007.05.01PM22時40分ごろ]

ポップ地獄いらすと新世代凶作集『なわばり/第4号/特集‐ゴシツクむうど
発行=2004年、マレーシア。英語版
大きさ: 本体=240x29..0センチ。 重さ=約700ぐらむ。
外見=そふとかば版。カラー写真図版満載。130頁。
ど特価: ¥2400
お問合せ先: dobunko@excite.co.jp
お問合せ番号::誤死苦趣味070501


翌月のペエヂはアチラ          前月のペエヂはアチラ

この頁の先頭に戻る

お問合せ‐ご注文は今スグ大至急なんとなくdobunko@excite.co.jp「どどいつ文庫」まで