♥ 世界のびっくり本&DVD&モロモロ専門店「どどいつ文庫」です。ご連絡はdobunko@excite.co.jp「コニチワど文庫」係まで大至急に。
 
ジャンル
別リスト
問合せ
&注文
最新の
ウフフ
最新補修日
2006.4.01
PM.17.40
先月の
デヘヘ
今年の
ムヒヒ
去年の
ケケケ
その前
オホホ
前の前
のンガ
 

目次でゴザル

お問合せ&ご注文はうはう
ヂャンル別リスト
お問合せ&ご注文はうはう
お問合せ&ご注文はうはう
お問合せ&ご注文はうはう
お問合せ&ご注文はうはう
お問合せ&ご注文はうはう
お問合せ&ご注文はうはう
お問合せ&ご注文はうはう
dobunko.exblog.jp/

 

◎明日のホカホカ

どどいつ文庫‐通信販売目録

どどいつ文庫‐新宿山の手ショウルウム
東京最後の秘境「どどいつ文庫‐新宿山の手シヨウルウム」のご案内

小鳥さんの部屋
ど文庫のお客さま、小鳥さん(仮名:元NGぎゃらりぃ応援部員)の本棚のすみっこ拝見。

どどいつ文庫‐通信販売目録 」のお知らせ
最最新目録の作成は順調に足踏み中ですが、とりあえず

どどいつ文庫‐新宿山の手ショウルウム
東京最後の秘境?「どどいつ文庫‐新宿山の手シヨウルウム」のご案内

   
お問合せ&ご注文はうはう
お問合せご連絡は、 dobunko@excite.co.jp までいつでもどうぞ。
---------------
[記=2006.02.01]

2006年1月ホカホカ入荷ですたい!
(最新ちょめちょめ日=2006.2.01)

*それぞれ順にゴキっと押っぺして見みみてください。
翌月のペエヂはアチラ         前月のペエヂへはコチラから

    ♥♥  二○○六年○一月のもくぢです    ♥♥(最新こねこね時=2006.2.09.PM21.35)

♥ ♥二○○六年○一月の目次
今月のホカホカ
怪奇心霊スポット700ケ所がいど『世界の呪われ観光名所ご住所録』(1.30)
ヨオロッパ奇天烈ふぁっしょん資料集『あべこべファッション/アート術としての衣服、1850-1930』(1.27)
ピエール‐モリニエ未公開作品集『わたしは生まれつきの売淫者』(1.26)
世界唯一の見世物小屋専門誌、最新号『ビックリしてドッキリ‐第8号』(1.23)
電波系れとろインテリア写真集『ホームコメデイのお部屋』(1.21)
鮮血(せんち)めんたる実話伝記まんが『ぼくの友だちダーマー』(1.19)
生命退化論をストーキングする身体変工ちょうこく『ロナ‐ポンディック/作品集1986-2001』(1.17)
突然変異的ガラス細工の鬼っ子兄弟『トーレス兄弟エイナルあんどハメクス/時間と空間の交差点』(1.15)
珍奇特大型観光がいど本『道ばたの大巨人たち』(1.12)
1970年代トルコ超絶Z級ポップ映画2本立DVD『「不死身の悪魔」&「タルカン対バイキング」』(1.09)
珍奇ファッション肖像お写真集『阿弗利加(あふりか)の王様たち』(1.07)
現代世界まんが大図鑑『世界のマンガ:にうもんガイド』(1.05)
へんたい動物化するポストモダンあーと写真集『どうぶつになる:どうぶつ王国の現代アート』(1.04)
今月のど忘れ日記
パソコン臨死体験(1.12)
魔ゼルなGORE GORE公害通信(1.08)

…………………………………………………………………
翌月ぶんと前月分
翌月のペエヂはアチラ         前月のペエヂはコチラジャンル別総合リスト
2○○3年01月1日から2○XX年XX月XX日まで
…………………………………………………………………
お問合せ&ご連絡は: dobunko@excite.co.jpまで。25時間受付ちうです。
…………………………………………………………………
最新ペエヂはアチラ

    ♥♥  今日のホカホカ    ♥♥(最新こねこね日=2006.01.30)

怪奇心霊スポット700ケ所がいど

世界の呪われ観光名所ご住所録
★★★★★ 。。毛穴のないところに枝毛が伸びるように根やタネがなくても生えてくるオバケについてのオバカなウワサばなしの数々、しかも直接には確かめづらい遠いガイコクのどこかの村や都市に実在する特定の建物や施設と結び付けて伝えられるぶんだけますますウソ臭い世界各地の怪奇心霊スポット700ケ所にまつわるオバケや幽霊や怪現象のウワサばなしばっかりを、90点以上のアイマイ写真をまぢえて1冊の本のかたちに凝りかためたとゆうよりは膨させたオトロシー毛なウワサの世界観光がいど本です。なぜだかアフリカを含むヨオロッパ、南北アメり力、オセアニアジアという調子で北極南極を除いた世界ぢゅうのくにぐにの出没地点をうわべでは網羅しているように見えるのですが、実際はエゲレスの大ブリテン島とカナダとオーストラリアあたり、ぐわっしゅうこく以外の英語けんないのソレばっかりを、実地調査ではなく参考資料から引き写したり孫引きしたおハナシでたくさんの頁が埋まっています。アンコールワットやストーンヘンジ、モアイ像、秋の宮島をはじめふつうの観光名所にいたづら半分の落書きのようにはりつけられた幽霊ばなし、大英博物館が収蔵するエジプトのミイラの呪いやヨオロッパ各地の古城に出没する騎士や血まみれ乙女たちの絶叫。東京湾岸のナカノという場所にあるらしい海岸ナカノビーチに出没するサムライの幽霊や、在籍教師の証言つきのフクオカジョガクインかれっぢ周辺の因縁ばなしなど、ニポン編の部分では30数カ所の怪奇名所を紹介しているのをみてみても、住所録とゆう書名とはうらはらに、実地で現場を訪問するときのの道しるべになるつもりなどサラサラないのはみたとおりで、ただただ、いつの時代に逆戻りしたのかと不思議な気分になるようなたのしげなバカばなしがつづくのみ。ナマ焼けのパロディ本などよりはづっと安心して笑いながら拾い読みのできる時代錯誤感まんきつ本です???
[記:2006.01.30PM15時30分ごろ]

怪奇心霊スポット700ケ所観光がいど 『世界の呪われた場所ご住所録

by デニス‐ウィリアム‐ホーク 大きさ=ヨコ19センチ、タテ22.5センチ   外見=大きめのペーパーバック版。あいまい心霊スポット写真およそ90点。276頁。 発売=2000、from まさちうせっつ(英語版)
ど特価=¥2200 お問合せ先: dobunko@excite.co.jp
お問合せ番号: 伝説偽造観光060130
「今日の目次」はコチラ

    ♥♥  今日のホカホカ    ♥♥(最新こねこね日=2006.01.27)

ヨオロッパ奇天烈ふぁっしょん資料集

あべこべファッション/アート術としての衣服、1850-1930
★★★★★ 。。他人さまが呆れ返るような衣服を来て町内をウロウロすることでそれぞれ好みの個人的妄想を土台にした魔法のくにへと瞬間移動できるようなつもりで、日常的な衣服と屁理屈的に対決する前代未聞の衣服を発明してやるぅ、とか。日常とゆう妄想が提供する単調なファッションを、ヒトに憑依して動きまわる4次元アートとしての衣服を操縦桿にして撃墜しまくってやるぅ、とか。ファッションに反対するファッションの未知のみちを切り拓くべく鼻息荒く出発した19世紀末から20世紀初期の芸術=ファッションのこころみのアレコレを、はた目にはどつぼのようにもみえる水平線のむこうから反ファッション的ファッションの原点のいちに呼び戻した資料本です。登場するのは、赤チョッキのゴーティエやボオドレエルのぷち浪漫派ぢだいの奇人奇行趣味によるブルヂョワ市民への嫌がらせ衣装にはじまり、女権拡張論や公衆衛生論にはかなく抵抗したモリスやゴドウィン伯の擬似中世趣味、モリスの赤い家を手本にしたアンリ‐・ヴァン・デ・ヴェルデのお花の村ブリューメンベルフの風景の一部ないし組立部品のひとつとしての統一的衣服、アッパッパのクリムトとウィーン工作連盟、イタリア未来派の宇宙リフォーム計画のいちばん端っこの隅にちかいジャーコモ‐バルラ(ジャコモ‐バッラ)の未来正義のための服や靴や帽子、蜂起する古代ロボットていこく軍男女武士そのまま風なロシア構成主義の鉄の規律に統制される制服、さいごは、大恐慌じだいの到来で終幕をむかえた毛皮や金属もこきまざる同時主義(Simultaneisum)夫婦の妻ソニア‐ドローネまで。概論ぷらす100点ほどのカラー&白黒図版ぷらすブルマーの発明者でブルーマー主義者の教祖アメリア‐ブルーマー「衣服改革論」やE.W.ゴドィウィン卿「ドレス講議」、オスカー‐ワイルド「ファッション奴隷たち」、マリネティ他「イタリア未来帽子派宣言」、アレクサンドラ‐エクステル「構成主義者の衣服」、アポリネール「衣服改革」、ブレーズ‐サンドラール「彼女は服のうえからカラダを着ている」ほかそれぞれの時代の最先端的あべこべファッション論20数編も英訳版で収録。ヨオロッパふぁっしょんがスッポリはまりこんだ感のある袋小路の、出口はさておき入り口だけでもも一度しげしげ見ておきたいとゆー奇特なみなさまの基本資料です???
[記:2006.01.26PM22時05分ごろ]

ヨオロッパ奇天烈ふぁっしょん資料集 『あべこべファッション/アート術としての衣服、1850-1930

by ジャン‐リュック‐メルシィ 大きさ=ヨコ22.4センチ、タテ24.7センチ   外見=そふとかば。図版およそ100点。206頁。 発売=2005、from まさちうせっつ(英語版=原著ふらんす語の英訳版です)
ど特価=¥3300 お問合せ先: dobunko@excite.co.jp
お問合せ番号: 着せかえ人形060127
「今日の目次」はコチラ

    ♥♥  今日のホカホカ    ♥♥(最新こねこね日=2006.01.26)

ピエール‐モリニエ未公開作品集

わたしは生まれつきの売淫者
★★★★★ 。。2005年9-10月にパリのカメル‐ムヌウル画廊で開された女装淫魔人ピエール‐モリニエの未公開資料露出展「わたしは生まれつきの売淫者」での展示物をまとめた記念出版本が発売ちうです。この展覧会は公刊されることをまったく意識しないままノン仮面、ノン女装で書いた極私的な抜き身剥き身のヘンタイおやじまるだしな覚え書きや秘密のメモ、ブルトンやマルローなどにあてたおてまみをはじめタコ殴り書きのノート類を整理してこれまで未刊行だった原稿類をすべて収録。さらに今回が初公開となった切り貼り写真数点や、手書きノートに残された未公開デツサンが60点ほど収録されている模様(*発売元出版社の資料によれば)です。モリニエが生涯没頭した地上世界をまるごと淫売宿にするためのゲイヂュツ論から政治論まで秘密のあえぎ声うめき声に耳をすませてみたいファンには必携かもかもなこの作品資料集、お取り寄せのご相談は迷わず、あるいは迷いつつもとりあへず当店までどどどうぞ???
参考ホーモ頁=カメル‐ムヌウル画廊/ピエール‐モリニエ「わたしは生まれつきの売淫者[記:2006.01.26PM22時05分ごろ]

ピエール‐モリニエ未公開作品集 『わたしは生まれつきの売淫者

by ジャン‐リュック‐メルシィ 大きさ=ヨコ17センチ、タテ24センチ   外見=はあどかば。図版60点。168頁。 発売=2005、from 巴里(ふらんす語版)
ど特価=¥7500 お問合せ先: dobunko@excite.co.jp
お問合せ番号: 売春婦異名集060126
「今日の目次」はコチラ

    ♥♥  今日のホカホカ日記    ♥♥(最新こねこね日=2006.01.25.19.05)

やあっとパチョコンが使えるように

★★★★★ 。。今月は当店での作業につかっているパチョコンやら歯医者さんやらのことでまたまたみなみな様のお世話になりまくってしまった1ケ月ぢうの25日ぐらいでしたが、お蔭さまでどうにかこうにか。このところづるづると2日で1回になりかけていた当ホーモ頁後進作業ですたがが、従来からの目標でまだ実現はほとんどしたことのない1日で2度以上のホーモ頁大後進にむけて、あとは小鳥さんの会社の机のうえにあるスキャナーを横取りしてきて当店の機械に電気コードで緊縛プレイをするだけ、とゆう状態になりかけています。このまま順調に作業たいせいが固ってゆくのか、途中で機械のほうが固まって動かなくなってしまうのか、肝心のところがいまひとつわからなくもあるのですが、もし万一ホーモ頁の後進作業が中断しているように見えても、当店しつこく営業はしています(たぶん)ので、ご連絡‐お問合せ‐お仕事の御依頼など、いつでもご遠慮なくご連絡ください。。
[記:2006.01.25PM19時05分ごろ]

お連絡先: dobunko@excite.co.jp
「今日の目次」はコチラ

    ♥♥  今日のホカホカ    ♥♥(最新こねこね日=2006.01.23)

世界唯一の見世物マニア専門誌、最新号

ビックリしてドッキリ‐第8号
★★★★★ 。。見世物マニアによる見世物マニアのための見世物マニア専門誌『ビックリしてドッキリ』の最新号が発売から半年すぎたいまごろようやく当店にものこのこ入荷いだぢまぢだ。既刊1〜6号までのおいちいホルモンだけを切り出してラップでくるんだ同名の単行本が刊行されたあと、ひさびさに刊行された前号‐2003年夏の第7号がオール現役ばりばり実力派若手スター総特集だったこともあって、ネタ切れで休刊になったのかと勘違いをしかけていたのですが、探奇猟異よみものと貴重ずはんを満載した今回の最新‐第8号は初期のぢうぢつぶりをホーフツさせるような充実ぶりはまさにオロロ木。巻頭は、リプレーの「信じようと信じまいと」ショウにスカウトされ10才で見世物業界にした1923(大正12年)生まれの見世物あいどる女性フリーダ‐プッシュニックさんが手も足も0本ずつの芸能人生をふりかえる最晩年(2000年歿)の貴重なインタビウ。つづいては、そのプッシュニックさんがもっとも好きな芸人だったという巨人かっぷる見世物フィッシャーさん夫婦の秘蔵写真館。19世紀末の変態風俗写真探訪記事(復刻、連載第3回)、ドライブイン映画館全盛期に活躍した幕間の心霊魔術師レックス‐デイン(Rex Dane)の世界、ボルネオの首長族のながいながい首のヒミツ解明、妖精とお花畑の1960年代生え抜きの中世マニア道化師ジェフ‐シーゲルさんインタビウ、サーカス芸人恋愛ろまんす漫画(復刻)、ノミのサーカス、花環和一もびっくりの人間ゴリラショウ大写真館、人間ロケットショウ写真館。。といった調子で見世物小屋タイムマシンの逆噴射えんじん再び快調、発掘貴重変態資料まんさいでムウド満点の見世物すくらっぷアルバムです。???[記:2006.01.23PM22時05分ごろ]

世界唯一の見世物小屋専門誌、最新号 『ビックリしてドッキリ‐第8号

by ダイアナ‐フリードマン 大きさ=ヨコ22.4センチ、タテ28.4センチ   外見=そふとかば。妖異シロクロ写真図版資料満載。126頁。 発売=2005、from あめリ力(英語版)
ど特価=¥2800 お問合せ先: dobunko@excite.co.jp
お問合せ番号: 見世物研究060123
「今日の目次」はコチラ

    ♥♥  今日のホカホカ    ♥♥(最新こねこね日=2006.01.21)

電波系れとろインテリア写真集

ホームコメデイのお部屋/あめリ力の人気テレビドラマのおうちの舞台裏
★★★★★ 。。昭和30年代以降のニポンをふくむ世界のあちらこちらに、おウチのなかで物品充満文明を満喫しながらの生活のさりげなく大胆に歪んだ完成予想図や想像図を提供してきたあめリ力のテレビ‐ホームコメデイ番組。日常生活上のドタバタがえんえん繰り広げられた舞台として、主人公(&しばしばそのファミリー)たちの影にぺったりよりそってテレビ依存症者たちの網膜にもくっきり残像として付着しながらも、あんまりにも地味っぽい話題のせいか、ムカシむかし愛好趣味家の虫取り網から逃れてきたあめリ力テレビ半世紀史上の代表的人気ドラマのお部屋のセットの数々に、あらためてスポっとライトをすぽっと浴びせた電波系インテリア観察本です。ドラマは、主人公(&しばしばそのファミリー)の人物設定ごとに、一軒家持ちの「中流」家庭もの、賃貸住まいの「労働者」家族もの、新婚かっぷるるもの、独身女性もの、独身男性もの、ルームシェア、お金持ちの豪邸などにぢゃんる分けされて、実際のセットの写真や見取り図などをふんだんに使いながら、登場人物の設定にあわせて計算されつくしたお部屋のセット内の大道具小道具調度品などの数々にこめられた装置デザイナーたちのねらいが、こまごま解読されていきます。おなじお部屋のなかの場面ばっかりが毎週えんえんと続くために、場所の設定が一ケ所に限定されている全一場の喜劇みたいな意味(たぶん。。)で、長々しいくはワン‐シチュエイション‐コメディ、略してシット‐コム(*シチ、とコメ、のがいぢん毛な言い回し)とか呼ばれるヂャンルのドラマなので、入念なお部屋づくりもあたりまえとはいうものの、イスやらソファやら机やら台やら床敷やら壁やら扉やら何やらかにやらの年代やらカタチやらについて、テレビをみている一般のひとたちと共有していることになっている暗黙のジョーシキのラベルがちがい過ぎることもあって、説明をきいてもただクビをひねるだけのことが多すぎたりも、わだぐぢ(誰?)のばやいはしてしまうのですが、ふだん見過ごしているつもりで脳内のどこかに換気扇のあぶらのようにつもっている電波紙芝居職人のかたがたの執念をまぢまぢ観察しながら、テレビドラマみたいなお部屋づくりというケッタいな趣味を、最小限の出費で実際に試してみるためのオモテわざだけでなくウラわざまでが納得できてしまうです。取り上げられている番組は、『セックス‐アンド‐シティ』『となりのサインフェルド 』『ウィル&グレイス』『ふたりは最高 ! ダーマ&グレッグ』『そりゃないぜ!?フレイジャー 』『あなたにムチュー』『Happy Days』『フレンズ』『Hey!レイモンド』などの最近作もあれば『ギリガン君SOS(Gilligan's island)』『ゆかいなブラディ家(Brady Bunch)』『おかしなカップル』『かわいい魔女ジニー(I Dream of Jennie)』『アダムズのお化け一家(The Addams Family)』『じゃじゃ馬億万長者』『原始家族フリントストーン』『ビーバーちゃん(がんばれビーバー) Leave it to Beaver』『宇宙家族ジェットソン』『アイ・ラブ・ルーシー』などなど。放映された時代のはばが前後で50年ほどあるので、ひとことでホームコメディといっても、世相のうつりかわりを適当に反映して、登場人物の考え方や対人関係などの設定がぐるぐる変化していったのと歩調をあわせて、お部屋の趣味も、むやみにかしこまってみえるものから、ハジケきったかんぢのものまでとりどりなのですが、にもかかわらづ、設定上の趣味や生活水準のちがいとは無関係にお部屋の大きさがどれもこれも同じように見えるのも当たり前かもしれないのになんだか不思議で、宇宙船にのって一時間だけ着地した知らない星でよりにもよって物置き小屋のなかを見て回っているような地味な好奇心のたかぶりや静まりを味わえたりもしてしまいます???[記:2006.01.21PM18時35分ごろ]

電波系れとろインテリア写真集 『ホームコメデイのお部屋/あめリ力の人気テレビドラマのおうちの舞台裏

by ダイアナ‐フリードマン 大きさ=ヨコ22.4センチ、タテ28.4センチ   外見=はあどかば。オールカラー、写真満載。192頁。 発売=2005、from あめリ力(英語版)
ど特価=¥3800 お問合せ先: dobunko@excite.co.jp
お問合せ番号: TVがいど060121
「今日の目次」はコチラ
<

    ♥♥  今日のホカホカ    ♥♥(最新こねこね日=2006.01.19)

鮮血(せんち)めんたる実話伝記まんが

ぼくの友だちダーマー
★★★★★ 。。男性のお肉を食べたがりの食人さつぢん鬼として世界的にも有名なジェフリー‐ダーマーさんのかなしー高校生ぢだいを、当時のダーマーさんの同級生が描いた実録版青春おもいでボロボロまんがです。のちに自費出版系のまんが家になってゴミ回収アルバイト生活まんがなど体験実話まんがをすこすこ発表している作者のダーフさんは、いぢめられっ子で友人のいない酒びたり高校生だったダーマーさんが、唯一たまには一緒に遊びにでかけたりもしていたグルウプの一員で、そのうえ、身の回りにある世界と行ったり来たりをするための扉を開け閉めするための手段として、学校にいるときでも一日中酒びたりで酔い続けていることと、他人のまえで脳性マヒのまねしてみせることしか知らなかった、人格ほうかい高校生ダーマーのファンクラブ会長とゆう誰も知らない身内的肩書きまでを持っていたというビミョーな位置関係にいた元‐同級生だったそうなのでした。高校卒業直後に、あとから考えれば最初の食人行為ちうのダーマーと真夜中ぐうぜんに出会ったときから、ぢけんの発覚とダーマーの死刑執行をあいだにはさんだ20年後になって発表されたお作品なので、純粋にうしろむきなちからがいろいろと発酵もするのかしないのか。まえがきのなかでも「連続殺人鬼ふぁんや、残酷描写を希望するひとには読んでもらいたくありましぇん」と断りがきがあるほどで、作者の目線はどこまでも、食人さつぢん鬼のたまごとしてのダーマーさんではなく、人格ほうかいしなくても生きていけた可能性を他人から埋め立てられて追い詰められていったどこにでもいそうな高校生としてのダーマーをかさぶたイヂクリの手つきで、逆どもりできない遠い10代のころの作者ぢしんの影を指でなぞるように描いてありまし。ふりかえると気分のよくない青少年期を2、3ミリぐらいでも離れた位置からながめれれるようになったかたがたの涙腺をぎうぎう絞るようなちょっとイイまんがになっているみたいです<???[記:2006.01.19PM16時00分ごろ]

鮮血(せんち)めんたる実話伝記まんが 『ぼくの友だちダーマー

by 作‐画=ダーフ 大きさ=ヨコ16.8センチ、タテ26センチ   外見=そふとかば。表紙=カラー、本文=白黒26頁。総頁数=28頁。 発売=2002、from あめリ力(英語版)
ど特価=¥600 お問合せ先: dobunko@excite.co.jp
お問合せ番号: 大食い力士060119
「今日の目次」はコチラ

    ♥♥  今日のホカホカ    ♥♥(最新こねこね日=2006.01.17)

生命退化論をストーキングする身体変工ちょうこく

ロナ‐ポンディック/作品集1986-2001
★★★★★ 。。アイコラ職人とおんなぢノリで遺伝子をオデン鍋を突くよりも気楽にいぢくりまわすことができるようになった遺伝子福笑ぢだいの申し子のようにいはれる何でもありの現代彫刻家ロナ‐ポンディックさん。陳列した2002年にうようく‐ゾンアーベント画廊での個展開催記念のこの愛蔵版はあどかば作品集『ロナ‐ポンディック/作品集1986-2001』は、退化の道すぢのうえで寝っころがったりハイハイしたりさかさまにぶらさがったり、遺骨から土へ、ニンゲンからウンチへ、ニンゲンからアニマルへ、ニンゲンから鋼鉄へと変幻自在に外見を換えたりしながら、欲情の触覚を最大限に拡大するためにぢぶんでは気づくこともなくあらゆるぢぶんでないはづのものと溶け合わさるようにして変身しつづけているために、あえてニンゲンさんと呼んであげるお世話も不要になったニンゲンの赤ちゃんも死人も未確認アニマルの大群もたまごもドクロの山も同時にこきまざったむきだしの欲情によって時空上のもろもろの位置かんけいがわやくちゃになってしまった風景みたいな肉体を他の誰でもあるロナさんじしんの歪んだ鏡像として妄想&造型し、正統派の21世紀初期彫刻家としてヨオロッパからもアメち力でもひっぱりだこなポンディックさんの、ロウやシリコンやゴムやボロ布や拾ってきたゴミなどで作られた初期から金ピカの鋼鉄で作られたまづまづ最近作までをまとめて見物させていただくのにぺったりな一冊です。有名人のなまえを列挙するだけで満足感にひたれるヒトからは,ボッシュ、ゴヤ、ルドン、ダイアン‐アーバス、ウィトキン、マシウ‐バーニー、フリッツ‐ラング、トッド‐ブラウニングやデベソ‐リンチなどと同じニンゲン解体術のヤシの木のこずえのヤシの木ガニのようにいわれたりもしているロナさんの変身ものがたりのヤシの実のまん中にある空洞地球内でで朝からコンバンワとお目覚めてみてください<???[記:2006.01.17PM23時25分ごろ]

生命退化論をストーキングする身体変工ちょうこく 『ロナ‐ポンディック/作品集1986-2001

by 序文=スー‐アン‐ファン‐デル‐ゼイップ 大きさ=ヨコ23センチ、タテ28センチ   外見=そふとかば。カラー図版87点。頁数=158頁。 発売=2002、from にうようく(英語版)
ど特価=¥6800 お問合せ先: dobunko@excite.co.jp
お問合せ番号: 人体部品工場060117
「今日の目次」はコチラ

    ♥♥  今日のホカホカ    ♥♥(最新こねこね日=2006.01.15)

突然変異的ガラス細工の鬼っ子兄弟

トーレス兄弟エイナルあんどハメクス/時間と空間の交差点
★★★★★ 。。ガラス細工ときくとひと昔前までのヂャニーヅ社長好みな繊弱な同性愛的ロオマンの脳内回転もくばが条件反射的にぐるぐる運転スタートしてしまう方はまだまだ少なくなくないと思います(?)、おのれは傷つきやすく、相手を傷つけやすくもあるとゆーベタベタなガラスの素材的いめえぢを、悪趣味や冗談のカベの無効側までぐいぐい押し進めたような呪術的ケレン味たっぷりのガラス細工職人のトーレス兄弟とゆーひとをご存じでしょか?「トーレス兄弟ホーム頁」で作品の影の影を御覧になられますと、一瞬あんぐり空いたクチの閉じかたを忘れそうにもなりますが、説明によりますと、ハメクス‐トーレ(1960ねん生まれ)あんどエイナル‐トーレ(1963ねん生まれ)は、最近作のガラス製ピラミッド神殿が「古代アステカの改造重低音爆裂自動車」とか言われちゃったりしている奇抜な作風で押しまくるメキシコ‐グアダラハラ生まれのいけいけ兄弟タッグちぃむ。造花や模造品の毛皮や塗料で汚したお金をはじめとする各種拾いものなどのテンションの低いガラス工芸家ならば絶対に使いたくない素材を使いたいだけつかいまくり、コテコテ&ドロドロのガラスの細工づくりにはげんでおられるようです。
ドブ板住まいのブーズー教の親方にさえ感心されそうなトーレス兄弟の作品をまとめて眺めることができる今のところ唯一の本が、去年春に出版された『トーレス兄弟エイナルあんどハメクス/時間と空間の交差点』であります。全80頁の薄い本ですが、カラー図版40点を収録。カリフォリニアのサンディエゴとメキシコのサン‐アントニオの2ケ所に作業所をもち、1週間のあいだに3、4回以上もくにざかいを跨いでアッチとソッチを行ったり来たりしながら、メキヒコ伝統の民衆文化&アメり力式の大量ごみクズ消費文化の2つの文化のぶさいくな特徴だけをよりすぐった異種交配で突然変異的ガラス細工をこきまくる乳兄弟トーレスの邪神的空間を、せめて部分的にでも体感されてみると、どどでしょお<???[記:2006.01.15PM23時25分ごろ]

ブードゥー教ふうガラス細工の鬼っ子兄弟 『トーレス兄弟エイナルあんどハメクス/時間と空間の交差点

by ティナ‐オールドノウ 大きさ=ヨコ20センチ、タテ24センチ   外見=そふとかば。カラー図版40点。頁数=80頁。 発売=2005、from わしんぐとんぐ(英語版)
ど特価=¥2900 お問合せ先: dobunko@excite.co.jp
お問合せ番号: どろどろ硝子060115
「今日の目次」はコチラ

    ♥♥  今日のホカホカ日記    ♥♥(最新こねこね日=2006.01.14)

心霊写真とパソコンの眠り病たいぢ。。

★★★★★ 。。かゆぅい靴底のウラにまで手が届くお客しゃまの皆々さまのお助け船でどうにか余命をながらえてきた当店、こんかいの耄碌(もーろく)パソンコ老衰昇天まぢかのキキからも、神戸震災マンシオン押し入れが崩壊するほど大量の肥料本をひごろからおこうにういただいているとあるお客さまからの中古パソコン差し入れとゆいますか、時価4万円相当の高級パソンコ本体と、時価1万円相当の当店取り扱い心霊写真大全集『完璧な霊媒師:写真とオカルト 』との、当店ばっかりおトクに過ぎる不均衡なブツブツ交換でしたのですが、おかげさまで、壊れかけの老人ぱそこんは安楽なご隠居席でリラツクス、代わりの作業はスケベば中年ぱそこんで、とゆう小室哲也モードになりまして、とどこおりがちだった2006年の当店のどどでもよよよい営業にも、ようやっと逃げ腰に本腰がはいりそうです。サンキウ‐ベルマーク、ああんど、今年もいよいよぱかぱかしくはげみもみますので、どぞどぞよろすくどす。。[記:2006.01.14PM20時00分ごろ]


お問合せ先: dobunko@excite.co.jp
お問合せ番号:
「今日の目次」はコチラ

    ♥♥  今日のホカホカ    ♥♥(最新こねこね日=2006.01.12)

珍奇特大型観光がいど本

道ばたの大巨人たち
★★★★★ 。。宇宙がもしヨコヅナ曙タロウとゆうよちよち歩き体型だけが取り柄の1つのハリボテに過ぎなかったとして、睾丸さいずに換算してくらべればそんな宇宙よりは何まわりか大きいのも珍しくない特大ぢゃんぼサイズの客引き用ハリボテ人形たちや、身の回りの食べ物やお道具みたいな外観を持つおなぢく特大ぢゃんぼサイズのハリボテ製の建物で営業するお店たち。こどものころ自動車りょこうの窓からチラリとみた意味不明の巨大ハリボテ製建造物のまぼろしを、北亜米リ加ぢゅうを旅して追いかけた物好き夫婦による変てこ観光がいどぶっくです。アヒルの玉子を売るお店だからとゆうて、お店のたてもの自体を巨大アヒルにしてみたり、コーヒー屋さんの建物が巨大がコーヒー沸かし器だったり、巨大ドーナツがドーナツ屋さんだったり、エロ系の変態見世物小屋かと思うとホットドッグ屋さんやハンバーガー屋さんだったりと、お店かんけーは、分かりやすすぎて分かりにくいものが多いような印象をうけますが、人物や動物かんけーのハリボテ巨大人形も、お店かんけーに勝たず劣らずずだいたいは見たとおり見たままで、大きいということが、大きさを意識させるどころか反対に、小粒というにもほどのある発想の小ささをきわだたせる逆スライド方式宴会コース的な効果をうみだしてもいるようです。著者まえがきによれば、珍奇観光関連の本にありがちな、現地の現場案内として役に立たないとゆう欠点を繰り返さないようにハゲみましたとのこと。寝転んでぺらぺらみやすい軽量級の本で、写真いりで大きめに紹介されているの40〜50け所のそれぞれと似たような傾向の別のハリボテ名所も可能な限りホーム頁住所つきで紹介されていまして、ぢぶんのお部屋、ぢぶんの寝床から一歩も外にでないままで水戸肛門ごっこなどしてみたいおフトン内旅行愛好家のかたには好適かも???[記:2006.01.12PM18時55分ごろ]

珍奇特大型観光がいど本 『道ばたの大巨人たち

by ブライアン‐バトコ、サラ‐バトコ 大きさ=ヨコ15.2センチ、タテ23センチ  重さ=約210ぐらむ 外見=そふとかば。カラー図版多数。頁数=90頁。 発売=2005、from あめりか(英語版)
ど特価=¥2200 お問合せ先: dobunko@excite.co.jp
お問合せ番号: スーパー巨人060112
「今日の目次」はコチラ

    ♥♥  今日のホカホカ日記    ♥♥(最新こねこね日=2006.01.12)

パソコン直りかけてます。。

★★★★★ 。。一昨日ごろから一時的危篤状態におちいっていた当店のパソコン、つかのまの臨死体験を経て、2つ葉の黒葉咲き乱れる毒だみ満開のお花ばたけから排気ガスのおいちい地上へとはいあがりかけています。その間、電気メイルへの返事もかけづでどどどーも申し訳ありませんでした。きょうの午後からはいつもどおりの電気通信業務も可能になっているかとおもいますが、お急ぎのご用は伝書バトか糸でんわ、あるいはテレパピーでご連絡くださいませ。ではまたのちほどに??[記:2006.01.12AM10時40分ごろ]


お問合せ先: dobunko@excite.co.jp
お問合せ番号:
「今日の目次」はコチラ

    ♥♥  今日のホカホカ    ♥♥(最新こねこね日=2006.01.09)

1970年代トルコ超絶Z級ポップげばげば映画2本立DVD

「不死身の悪魔」&「タルカン対バイキング」
★★★★★ 。。世界のゴミくず映画ふぁんを悶絶させるトルコの娯楽映画といえば、オスマントルコ風呂帝国ぢだいの栄光あとかたもなく、ヨオロッパの村はずれ&アヂアの村はづれとゆう地の利をいかしてハリウツドやヨオロッパの人気映画ヒット映画の盗作、盗用やりたい放題何でもありのダメダメ映画の数々が、画質最悪以下のダビングにダビングを重ねた地底版ダメダメばあちょんで流通しまくっていますが、今回お案内のこのDVDは、よりにもよって正規流通版。作品の内容とはアンバランスのとれた可能な限りのよい目な画質がまづ何よりのチヤムぽいんとにもなっていまして、しかもそれなのにそれでも原版はフィルムではないどころかな傷だらけのビデオテープだったりする完全B級仕様です。
2作品同時収録のうち「不死身の悪魔(1972)」は、神出鬼没の殺人ロボットを操る悪の怪人サタン博士を相手に、覆面男ブリキアタマじゅにあがシャーロックホームズかぶれのドスケベな子分に邪魔されながら正義の戦いを挑むSFスッパイあくしょん怪作。「タルカン対バイキング(1971)」は肉体美自慢の古代風キンニクンでトルコ古来から有名な伝説の英雄タルカンが、海賊バイキングの一族をばかばかしい腕力とものすごいで剣法でなぎたおして、巨大タコのイケニエに捧げられることになっていたお色気乙女たちに感謝感激されてメデタシ、とゆうノンストップ暴力&お色気ファンタヂィ虚篇。
昔のこどもだましなマンガみたいなあらすじを、こどもだましなマンガみたいに映像化することにかけては、抜群ののうりょくを発揮するトルコごらく映画のなかでも、「不死身の悪魔(1972)」と「タルカン対バイキング(1971)」はともにその黄金期1960ー70年代を代表する作品に数えられる2作品だけに、マスク男や怪人やロボットや怪物の衣裳の造型も人物造型もおみごとなほど幼稚なら、暴力アクションも女優陣の気前のよすぎる大胆な脱ぎ脱ぎぶりもこれまたみごとに脳天気。特典おまけ映像として、この2作品以外のトルコZ級映画の名場面の数々をちりばめたトルコ映画業界人インタビウ「トルコ‐ポップ映画」も収録。うすっぺらいというにもほどがある田舎臭むんむんの脱力世界で昇天してください???[記:2006.01.09PM10時30分ごろ]

1970年代トルコ超絶Z級ポップげばげば映画2本立DVD 『「不死身の悪魔」&「タルカン対バイキング」

by 監督=イルマズ‐アタデニス(「不死身の悪魔」)、メーメット‐アスラン(「タルカン対バイキング」) 時間=「不死身の悪魔」=84分、タルカン対バイキング」=87分。オールカラー。 地域コード=フリー(ニポン国内用DVD再生機でご覧になれます。 発売=2005、from あめりこ(トルコ語版、英語字幕つき)
ど特価=¥3500 お問合せ先: dobunko@excite.co.jp
お問合せ番号: 悶絶トルコ映画060109
「今日の目次」はコチラ

  ♥♥  今日のど忘れ日記  ♥♥(最新こねこね時=2006.1.08.PM22.45)

魔ゼルなGORE GORE公害通信
★★★★★ 。。当店愛用のCDプレイヤー、ちかごろは開閉ボタンのムダ押しをを最低70回ぐらいくりかえさないとCDトレイが可動してくれなかったりしているのですが、そんな迷器のおかげもあって、わだぐぢ(誰?)が今年聞いたCDのなかでいちばん、にばん、印象に残っているのが、年末に屋根裏さんから恵んで頂いた「魔ゼルな規犬」DVD箱いりCDと、GORE GORE GIRLS上田さまから新年に恵んで頂いた「切断レコーズ」レーベルのタレナガシシイージまる1ばん、「アナフィキラシーショック嘔吐リバース♥」のあわせて2つでござうぃます。あー怖かった、こわかった。とゆーはなしをばっかりたくさん凝りかためて、江戸川乱歩がぢぶんで掘りつくすことができなかったコワさの道すじのなぞり書きをたどることができるたのしー随筆集『悪人志願』全編を収録した光文社文庫版江戸川乱歩全集第24巻『悪人志願』を最近ぺろぺろながめて過ごしていることが多いのでですが、そのなかに、幻聴こわいよー、と語る「声の恐怖」とゆー作文ありありますですが、まだ幻聴けいけんのないわだぐぢ(誰?)に、実際の幻聴とゆーものがどんなにオトロシーかを実地で教えてくれるのが、「魔ゼルな規犬」さんのCD。あちらこちらから一斉に、かみさまの言葉や妖精のつぶやき極楽いきの約束された俗物にんげんの誰にも相手にされなくていい愚痴としての空念仏ギャグやカラスの歌声などがふりそそぐふりそそぐサプリみのるソングの源泉かけ流しな湯けむりで目のまえが見えないと思ったら、CDを聞き終った時点からおもむろに催眠効果がきいていたとゆーフシギの音楽なのでありますた。
一方「アナフィキラシーショック嘔吐リバース♥」は、「駄目人間倶楽部」のシャム多重債務双生児姉妹ラブリィ猟奇ミニコミ『血塗れ公害通信』1〜3やSCUM magazine『嘔吐』の幻聴BGMさんとら盤。心霊写真の音響ばあじょんというのもビミヨーな、廃材置き場の事故車両のカーステレオが大雨をばっくに奏でる結構毛だらけな全身打撲ちんどんサウンド満開なのでごわごわすわす。。
ゴアゴアほーむ頁http://lcm.cool.ne.jp/gore
魔ゼルなほーむ頁http://sitenn.finito-web.com
★★★★★
[記:2006.1.08PM22時40分ごろ] …………………………………………………………………
お問合せ&ご連絡は: dobunko@excite.co.jpまで。25時間受付ちうです。
「今日の目次」に戻る

    ♥♥  今日のホカホカ日記    ♥♥(最新こねこね日=2006.01.07)

現代アフリカばか殿さまさま写真集が最終入荷ちうで

阿弗利加(あふりか)の王様たち
★★★★★ 。。アフリカ‐ウガンダ一帯を荒らしまくるカルト教団「神の抵抗軍」のウルトラ暴力的布教活動については、お休み中の当店ぶろぐで1度、残酷ドキュメントDVD『戦うこども』のご案内でも1度そっとチョメチョメしてみたりもしたのですが、その実態はわだぐぢなどには想像もつかないナゾばかり。最近みたニウス記事では、「神の抵抗軍」は気にくわないひとたちのクチビルや耳や指などをすぱすぱ切り落としてしまう、などとゆーぢつにオトロシー悪魔の植木屋さんみたいな変態拷問なども得意わざのひとつにしていて、被害者の手当てのために国境なき医師だんのひとたちなどが四苦八苦しているのだとか。(記事の全文は、「口、耳を切断された人々を救え! ウガンダで国境なき医師団 」で、たぶん。)。ところで。悪魔の植木屋さんといえば、もっと荒っぽい人体植木屋さんの大バサミをふるってアフリカ‐コンゴを恐怖で支配したベルギーこくおうレオポルド2世などがもわもわっと連想されてもされなくてもいいのですが、当店東京ショウルウムおーぷん以来しぶとく好評のロン毛せらー、1990年代当時まだアフリカ奥地で現役活躍ちうだったバカな王様、バカ殿様たちのスットコドッコいな王様ファッションを現地撮影しまくった写真集『阿弗利加(あふりか)の王様たち』の最終在庫が入荷ちうです。珍奇ファッションの大噴火と、暗い目をした王様&女王様たちの暴走族の班長みたいな背伸びがいぢらし毛な存在感が、いやんバカんな感動をくすぐるこの写真集、文字のところにちらりと目線を動かしてみると、コンゴやナイジェリアのあたりに、異常にたくさん何人ものひとたちが自称王様として、オレぢゃ、ワイや、と力みかえっていることに気がつくのですが、その背景には、今から100年ぐらいまえに「神の抵抗軍」とおんなじような具合にしてアフリカで奴隷貿易にはげんだベルギーその他ヨオロッパ諸国が現地しはいのロボットとして、そこらにいる悪そうなヒトやズル賢こそうなオッサンやアンちゃんを指名して新規の王様をたくさん製造してしまったとゆうばかばかしい過去があるのだとかで。そう言われてみると、この写真集『阿弗利加(あふりか)の王様たち』の奇妙なへんてこムウドが、アフリカ調のまぬけな成金趣味だけからではなく、西洋の王様や貴族たちの成金趣味をもこってりねりねりしたトンチンカンのミックスブレンドお好み焼だったりしていることが、深くうなづけてみたりもするような?世の中を害するたくさんの魔法や魔術の実在を確かめる手がかりが、同時にまたツボをつきまくる笑いのタネ本でもあるとゆースバラシー名著を未体験のかたはぜひこの機会にどどどーぞ??[記:2006.01.07PM23時40分ごろ]

アフリカばか将軍の珍奇ファッション肖像お写真集 『阿弗利加(あふりか)の王様たち

by ダニエル‐レーネ 大きさ=ヨコ28.5センチ、タテ28.5センチ  重さ=約1きろぐらむ 外見=はあどかば。オールカラー写真集。頁数=160頁。 発売=2000、from かりふぉるにや(英語版*フランス語原本からの英訳版です)
ど特価=¥5200 お問合せ先: dobunko@excite.co.jp
お問合せ番号: 秘境観光37071
「今日の目次」はコチラ

    ♥♥  今日のホカホカ    ♥♥(最新こねこね日=2006.01.05)

現代世界まんが大図鑑

世界のマンガ:にうもんガイド
★★★★★ 。。インドの手塚治虫とたたえられるアナント‐パイや、フィリピンの手塚治虫とも呼ばれるタガログ漫画の生みの父トニィ‐ヴェラスケス南韓国の女性まんふぁ作家ファン‐ミナ(Hwang Nina)やキム‐ジン(Kim Jin)について、あるいは、ベトナムやカンボジアの人気まんが家たちについてなど、そもそも近頃のまんがのことは何にも知らないわだぐぢ(誰?)が聞いた事も見た事もないようなアジア各地のマンガの風景の切れ端を、デパート地下食品売り場っぽくあれもこれもご試食つまみ喰い。だけでなく、南アメリカ各地のマンガも、アフリカのまんがも、そしてあへてことわるまでもなく、ニポンのガロ系からレディコミまで、やフランス、イタリアはじめヨオロッパ各地のオシャレなまんが、アメリカのまんがについても、ぱくぱくてくてくつまみ喰いできる楽しい現代世界まんが大図鑑です。ひとくににマンガとゆうても2つ並べてみればまったく正反対みたいなものがいくらもあるわけですが、アートしてみたい系と、マンガはマンガ系の、両方を節操なく取り込こむようにしてあります、と著者の前書きにはしるとおり、ジャンルも基本的にアングラからスーパーヒーローまで全ジャンル、オトナむけコドモむけ、政治色の強いまんがからエロ系まで、地図のうえでのひろがりにくはえて、それなりに奥行きや陰影のふかさもあるので、滞在じかんが長くなるほどに、なんのことだかボンヤリは見えていたつもりのマンガの世界がナゾだらけのものに変化していく気分も味わえるお手頃な世界まんが地獄めぐりでおじゃりまする???[記:2006.01.05PM11時55分ごろ]

現代世界まんが大図鑑 『世界のマンガ:にうもんガイド

by ティム‐ピルチャー、ブラッド‐ブルックス 大きさ=ヨコ21.7センチ、タテ21.4センチ  重さ=約1きろぐらむ 外見=そふとかば。カラー図版多数。頁数=320頁。 発売=2005、from ろんどん(英語版)
ど特価=¥3600 お問合せ先: dobunko@excite.co.jp
お問合せ番号: 漫画大使060105
「今日の目次」はコチラ

    ♥♥  今日のホカホカ    ♥♥(最新こねこね日=2006.01.04)

へんたい動物化するポストモダンあーと写真集

どうぶつになる:どうぶつ王国の現代アート
★★★★★ 。。ニンゲンやどうぶつの遺伝子をまるでアイドルコラーヂュやバカコラーヂュのように面白半分で斬ったり貼りあわせたりできるようになった21世紀のきのう‐きょう‐おととい。マサチウセッツ「ます‐もか」美術館で去年5月ー今年2006年3月まで開催ちうの人獣合体アート展覧会「どうぶつになる」の記念図録本である本書では、どれが何だかを区別する実質的な垣根が消えてしまったどうぶつ様&ニンゲン&どうぶつだかニンゲンだか生物機械だかそれとも何だか正体は不明なものの外見はぶさいくでかわい毛なばけもの様たちの姿をあれやこれやとたくさん巡回ができるとです。上の写真はオーストラリアのDNAあーちすとパトリア‐ピッチニーニがシリコンでこさえたびみょうにセクシィなブタ人間。血液シャボン玉製造機械の肉掘り彫刻家‐小谷元彦の大リーグボール養成ギプス着用コジカのバンビもいるエデンの突然変異の楽園風景。実験用のラットにヒトの遺伝子をマイクロ注射してヒトの病気に感染する無駄な力を増強してあげたキャシィ‐ハイの動物あいごーパフォーマンす。鳥だって読書なんかキラいに決まっている、かどうかは鳥目の鳥にもわからないことがよくわかからない現代版「驚異の部屋」建築家マーク‐ディオンの「鳥のための図書館」。どろんこ化粧で顔と全身を塗りつぶした泥おんなが演じる知能のたかいニンゲンのさるまねパフォーマンスの写真やビデオだけを展示するスエーデンのアン‐ソフィ‐シデン作「泥んぢょ博物館」。南アフリカの原人動物路上サファリパーク幻視家ジェイン‐アレクサンダーの悦楽の園。どうぶつをテェマにした美術展でありながら、いわゆるフツーのどうぶつ好きなかたからは悪評判をいただけることほぼ確実な妙ちくりんな生物=死物のイメエヂがおきざりにされた光景だけがひろがったり閉ざされたり。ニンゲンをやめて3本むだ毛が増えるほどロマンチックになりたい皆様のための愛蔵版仕様お写真集です??[記:2006.01.04PM23時55分ごろ]

へんたい動物化するポストモダンあーと写真集 『どうぶつになる:どうぶつ王国の現代アート

by ナト‐トンプソン編 大きさ=ヨコ26センチ、タテ26センチ  重さ=約1きろ500ぐらむ 外見=はあどかば。オールカラー写真集。頁数=134頁。 発売=2005、from まさちうせっつ(英語版)
ど特価=¥4000 お問合せ先: dobunko@excite.co.jp
お問合せ番号: 人工生命圏060104
「今日の目次」はコチラ

  ♥♥  今日のど忘れ日記  ♥♥(最新こねこね時=2006.1.02PM22.40)

仕事はぢめのこにゃにゃちわん
★★★★★ 。。明けましておめでたいでございますばっかり1年ぢうあいさつ代わりにしているオメデタい当店へも、今年もめでたく邪道的おしょうがつがどこからともなくやって参りまして、おめでたいのか笑ってみたほうがよいのか判断に迷うということもありませんで、正月そうそう合いも変わらずぼぼぼーっとして過ごしているわけですが。。それやこれやで、予定をくりあげまして今日1月2日から当店の今年の営業はぢまり中であります。ホーモ頁の後進作業は1月4日ないし5日にはわやわやになっているかと思います。今年も1年といわず50年も100年も、ずずずいぃとどぞよろしくお願いします。。
★★★★★
[記:2006.1.02PM22時40分ごろ] …………………………………………………………………
お問合せ&ご連絡は: dobunko@excite.co.jpまで。25時間受付ちうです。
「今日の目次」に戻る
翌月のペエヂはアチラ         前月のペエヂはコチラ
お問合せ‐ご注文はdobunko@excite.co.jp「どどいつ文庫‐○○係」までどうぞ。。