♥ 世界のびっくり本&DVD&モロモロ専門店「どどいつ文庫」です。ご連絡はdobunko@infoseek.jp「コニチワど文庫」係まで大至急に。
 
最新の
ウフフ
昨日の
デヘ1
デヘ2 その前
オホホ
前の前
のンガ
ヂャンル別
りすと
(準備中)
問合せ
&注文
最新の
ウフフ
デヘ3

目次でゴザル

 

お問合せ&ご注文はふはふ
ど忘れ日記
小鳥さんの部屋


お問合せ&ご注文はうはう

どどいつ文庫‐通信販売目録

どどいつ文庫‐新宿山の手ショウルウム
東京最後の秘境「どどいつ文庫‐新宿山の手シヨウルウム」のご案内


お問合せ&ご注文はうはう
============

ずっとホカホカ

人工畸形
エロと怪奇
廃せんす部屋
読めない用
血の祝祭日
毎日日曜大工
毒へび狂信者
ホンコンまん
オトナべびぃ
超現実の箱
丸尾末広イ版
妖精ぺったん
小人マネキン
犯罪芸術研究
美麗解剖図
路傍のバカ
トラック野郎
機械の花嫁
野外便所の詩
野宿者の庭園
プチ変てこ物
マフラーまん
英国エロ映画
異形のお祭り
野宿トンネル
ヒド過ぎ髪型
変テコ博物館
づっこけ時代
ぽっちゃり画
突然変異画集
精神病製造所
幻覚らいふ
あ〜とマシン
満員電車の顔
ゲーセン地蔵
西洋お墓大全
説明書まにあ
魔都歓楽郷
オーロラ仮面
廃滅のロシヤ
偏執狂のお庭
広告機能不全
狂人の図像学
悪趣味ピエロ
絵描きネコ
天然ぼけ人形
宇宙オモチャ
ばかカー自慢
事故損傷萌え
畸形昆虫画集
スチュワです
裸のレコード
筋肉ばか映画
下品幼稚百科
ヘンな仕事
盲人映像書簡
石油製の宝石
西洋和風の庭
秘境の馬鹿王
野宿者晴れ姿
KKK楽譜集
男装ショウ
老婆の幼児画
異境の絵馬
身体装飾ネコ
ぼんさいヘア
きんキラ部屋

かなりホカホカ

見世物研究
魔法つか愛
おフロ移民
廃屋巡礼
手動式図案
過去未来宇宙
筋肉をんな
幼稚絵はがき
バケツふぇち
壁のばか
亜細亜雑貨
恐怖ゴミ人形
猛犬築ちうい
引きこもら士
自家製UFO
地下あいどる
寄生虫人館
人体のフシギ
田舎者あ〜と
アホ車の絵本
集団妄想集団
思春期熟女
幽霊高速道
博物館めぐり
ゼロ次元美人
北極おみやげ
エロ陶芸秘宝
妖人奇人の城
電子肛門
飽食あにまる
大悪毛賛歌
おっぱい芸
悪趣味長者
クズ鉄盆栽
海外路上観察
見世物天国

まだホカホカ

妄想機械展
露悪生態学
音楽憎悪史
幻覚な人形
アっ生命線が
短足靴ふぇち
電波中毒賞
恍惚革命節
めでたい悪魔
珍奇停電住所
だめのくに
高級ゲイ術
人形愛序説
求愛広告
ヂヤズ喫茶色
図解の図解
発掘地下写真
大漁消費絵画
死刑囚大宴会
大成功妄想
身体改造競争
道草世界一周
劇団ふたり
瘋癲武士道
Tシャツ萌え
野外露出大会
妄想電波帽子
神聖怪物祭
ほもれず映画
宇宙波乗り
異次元の家
公共の宿なし
人体で福笑い
廃墟の地下室
ごみ集め車
夜の折り紙
夜の綾取り
独逸 映画

2003年ぶん新着本

小鳥さんの部屋
ど文庫のお客さま、小鳥さん(仮名:元NGぎゃらりぃ応援部員)の本棚のすみっこ拝見。

どどいつ文庫‐通信販売目録 」のお知らせ
最最新目録の作成は順調に足踏み中ですが、とりあえず

どどいつ文庫‐新宿山の手ショウルウム
東京最後の秘境?「どどいつ文庫‐新宿山の手シヨウルウム」のご案内

   
し系な世界のご本(ブツク)&デヘ‐ブヒ‐デヒ(DVD)をアナタ様へお届どけ!◎

次の頁へどおぞ       前の頁もどおぞ
下の画像をゴキっと順番に押っぺしてご覧くでさい。
*それぞれ順にゴキっと押っぺして見みみてください。

同性愛共和国写真集
妖精たち/理想と声とカワイイ服
★★★★★ 妖精のなかにもあれやこれやのニンゲンさまが、ニンゲンのなかにもそれやあれや無数にいろんな妖精さまがおありですが、極端バンザイ派の妖精ぐるうぷ「らぢらる‐ふぇありぃず」は、両性愛や変性男女や服装自由人やレズやホモやオカマやゲイや誰や何やのすべての妖精たちの妖精たちによる妖精たちのための生活をめざすための道のりとして、非妖精族のオキテがいつも最優先するきうくつな社会とはサヨナラすることを主張する妖精族の完全独立‐分離派。その「らぢらる‐ふぇありぃず」のお仲間のかたがたが1989年からミネソタ北部の林間に聖地として拓いた妖精きゃんぷランドを6年間現地いりびたりで取材したビューチフルな妖精すけっち写真集です。性ほるもんの絆できつく結ばれたコミューン内での極端バンザイ生活といえば字面のうえではどぎついっぽいものの、森の生活にあこがれて聖地をおとずれる17才から70代までの妖精たちが、非妖精族の世界での積もり積もった疲労感を振払おうとするかのように、妖精らんどの仲間や大自然のなかで静かにぱたぱた羽ばたきあう光景からは、新鮮なマイナスイオンのヒヒヒーリング効果のおこぼれが読者にもふりそそぐほどどっぷらぁ。じぶんたちのシヤワセを演じてみせることがそのまま他人のシヤワセにも直結する妖精さんたちの真剣にオチャメな昼も夜もの夢みごこちのなかで目をさますことも出来そうなほど、どんな傷でもぺろりと舐め取ってくれる毛ないいいやし系お写真集です ★★★★★ [記:2005.2.22PM11時00分ごろ]

同性愛共和国写真集 妖精たち/理想と声とカワイイ服
by けりぃ‐ぴっけっと 本の大きさ: ヨコ=25.0cm、タテ=30.0cm   重さ=約1.2きろぐらむ
外見: はあどかば。シロクロ写真集。頁数=128頁。
発行: 2000、from にうようく(英語版)
ど特価: ¥4200

お問合せ先: dobunko@infoseek.jp
お問合せ番号: 妖精らんど50222

不自然賛美写真集
  『
秘められた自然のカオ
★★★★★ ニンゲンの顔面に似てなくなくなくもある岩石写真といえば痴名度が高いのは火星の人面岩ですが、地球とゆう空飛ぶお盆のうえにだって火星のより以上に立派な仮性人面岩なんかゴロンゴロンあるよ、うれしいよ〜。とばかりに、全体の輪郭がニンゲンや動物のカオ‐カタチのようで、岩肌からはカオの表情を読み取るのに必要なパーツが散らばっているように見えなくなくもある人面系岩石を追いかけまわした仮性の人面岩お写真集です。ニンゲンのカオのように、あるいは、カメやウマやワニやサルや巨人や妖精さんのように見える巨岩や奇岩が、ヨオロッパ各地の見渡す限り延々とうねる丘陵や海岸などの緑や砂のなかにポトリポトリとなにか超便秘体質の大魔人がお散歩とちゅうでヒネった野ぐそのように置き去りにされている大自然のなかの大不自然。写真をぢっとみればみただけドンドコドンといくらでも新しいカオ‐カタチを次々に発見できてしまうテンネン自然のみずみずしいアホらしさ。人面岩や動物岩で調子づいたのか人面雲や生き物の木など反則わざも連発しほうだい。などなど、心霊写真の心霊が、ホンモノの心霊ぢゃないけどホンモノ以上のホンモノのオレですもの、と開き直った女装コールガールの素マタ攻撃のような、キョーレツにツボをはずしまくってる毛な刺激がつごすぎで。岩がヒトの顔に見えることの当たり前さよりも、ヒトのカオの上の部品一式を当たり前のようにヒトのカオとして眺めて驚きもしない自分をホメてあげたくなってみたくなるかもなウ、ウットリお写真の大行進をとくとご覧ください ★★★★★ [記:2005.2.14PM10時00分ごろ]<

不自然賛美写真集 『 秘められた自然のカオ
本の大きさ: ヨコ=23.0cm、タテ=25.0cm   重さ=約515ぐらむ
外見: そふとかば。カラー写真集。頁数=118頁。
発行: 2001、from えげれす(英語版)
ど特価: ¥2900

お問合せ先: dobunko@infoseek.jp
お問合せ番号: 仮性人面岩50219


人形はうす写真集
不可解な死亡現場をめぐる木の実サイズの調査
★★★★★ 人造性感人形ラブドールのデリバリー出前ほど極端にメルヘンちっくな実例を思い出してみるまでもなく、使うヒトがお好みあわせでイノチ系一式をぬむぬむと挿入して、栄養不足っぽく長生きなわだぐぢたち(誰?)よりもはるかに生き生き元気なのがふつーのお人形さまだとすると、コレはまるでそのまっ逆さまで、生きているニンゲンのではなく、死んでしまったニンゲンの分身としての人形たちが、よみがえる場所ではなくいつまでも安心してタマシイの抜けガラの状態のままでいられるためのお部屋として作られた「死亡現場の人形はうす」のお写真集なのですたい。大財産持ちの深窓のお嬢さま育ちで離婚歴1回の人形偏愛狂フランシス‐グレスナー‐リーさんとゆうヒトが妄想や執念や資金や時間や最高級のミニチュアパーツに加えて、アンチック&家具の店長時代の経験を活かしての素材材料の発掘テクニックや父親譲りの建築術や造型&色彩感覚や母親譲りの手工芸の技術指先の技などなど一般人にはマネのしようもない人生と才能のありったけをどぼどぼ注ぎ込んで作り上げた天国と地獄のパッチワークのような手づくりミニチュア死体人形ハウスが全部で18軒。正式な呼び名を『不可解な死亡現場をめぐる木の実サイズの調査』といい、作者の死後、現在はボルチモアの法医学施設に収蔵されているフランシス‐グレスナー‐リーさん(1857年3月25日生まれ生まれ)の死体ドールハウスしりぃずの制作開始は1930年代からで、今ならサスペンスものTVドラマを通じて誰でも知っているよう法医学やら現場の科学鑑定とゆーものがまだまったく無視されていたその頃に、専門家養成のための科学的探偵術の練習教材として名門ハーバード大学内の研究ぷろぐらむに正式に導入されて最高度に高い評価も受けていた。とか、そんな晴れがまし毛な名目とは裏腹に客観的には人外魔境の人形愛を最高度に濃縮してこりかためたとしか見間違いようのない猟奇系ドールハウス作りのような、深入りは誰もしたくなさ毛な超小粒な趣味に、大不動産持ちのフランシス‐グレスナー‐リーさんってばなんで取り憑かれたしまったのか?死体ドールハウスのなかを、映像作家の名札をぶら下げた本書の著者コリン‐メイ‐ボッツさんが巡回撮影しています。現実に発生した事件を土台にして大恐慌時代の当たり前にビンボーな人々の生活空間の細部の細部の細部までをヨゴれた現場として再現した18軒のドールハウスの写真には、現実の事件をよりフクザツにした事件の「設定」すとおりぃや、現場の見取り図つき解説など、読者の妄想を増幅するためのオカズつき。写真的には、リーさんのナゾのナゾを解く手がかりをさぐろうとするスケベ根性でレンズが曇っているためか、目の前にあるものを凝視しないことに熱心ぎみな弱みもあちこち目についたりはするものの、凝っているのかどうかわからなくなるぐらいに凝り凝りした家財道具がみっちり詰め込まれ、内装も外外装も完璧に作り上げられたミニチュア家屋のなかで、あるところは芸術的な丁寧さでなすりつけられた本物どおりの血のりで汚され、あるところにはさまざまに不自然な死のかたちを演じる人形たちの「不可解な死亡現場をめぐる木の実サイズの」死体ドールハウスに密閉された、現実のほうにはみだそうとするイボ痔のような悪夢の感触が、人形の手相のもようまで自分の妄想どおりに形作らずにはいられなかった孤独な人形作者の肉体の膨張した軽さでのしかかってくるのを感じるかどうかはともかくも、単なる猟奇一直線とは明らかに異質で比類もないビミョ〜にフシギなドールハウス写真集です ★★★★★ [記:2005.2.14PM10時00分ごろ]

人形はうす写真集 『 不可解な死亡現場をめぐる木の実サイズの調査
by こりん‐めい‐ぼっつ
本の大きさ: ヨコ=21.0cm、タテ=28.0cm   重さ=約1.2きろ以上
外見: 愛蔵版はあどかば。カラー写真集。頁数=224頁。
発行: 2004、from にうよおく(英語版)
ど特価: ¥4000

お問合せ先: dobunko@infoseek.jp
お問合せ番号: 人形の楽園50214

恍惚の絵ハガキ集
コンチハお嬢さん!/1970年代雑誌の男性肉体美広告集
★★★★★ 「美」とはゆってもいわゆる「美」とは大胆に正反対っぽく、へそ毛を中心にとぐろを巻く体毛や太巻きな鼻ヒゲやマユ毛、そして過度に主張する股間のふくらみなど、それ自体がすでにひとを爆笑させるアホのパワーを絶えずまきちらかしている「肉体美」をヨシとする男性たち。そんなホルモン系ダンディ野郎たちが、1960年代ヒッピーが発見した性別ごちゃまぜに宙を漂う幻覚的素材感や色彩感を軟弱に受けついだまるで勘違いっぽいファッションで決めてみたら、どうなるか?ホ〜ラ、こんなにカッコよくなりましたネ。とゆう実に何ともバカバカしい1970年代雑誌の男性むけファッション広告写真記事31種類を31枚の絵はがきに仕立てたオールカラー絵ハガキ集です。30年後のいま時点のぼーとした感覚で眺めると笑いのツボにはまりすぎてぐるぢいようなこんなオシャレ感覚が、この1970年代初期のように流行最先端として路上に胸毛を突き出しながらうろつきまわる未来的原始人時代が将来いつまた戻ってくるのかを、指おり数えて想像する楽しみもあり。みなみな様的には笑いのネタとして、マニア様的には愛玩本としてもお楽しみ頂ける全身ばあじよんの「ヒドい毛」ふぁっしょん写真集です ★★★★★ [記:2005.2.12PM09時20分ごろ]

恍惚の絵ハガキ集 『 コンチハお嬢さん!/1970年代雑誌の男性肉体美広告集
本の大きさ: ヨコ=18.0cm、タテ=12.6cm   重さ=約180ぐらむ
外見: そふとかば。オールカラー絵葉書31枚+表紙つき。
発行: 2003、from えげれす(英語版)
ど特価: ¥1700
お問合せ先: dobunko@infoseek.jp
お問合せ番号: 内分泌モード50212

史上最強のハンデキャップ空手DVD
ミラクルカンフー‐阿修羅
★★★★★ ちかごろは悪趣味界方面だけでなく、肉体的挑戦者応援団方面からの熱い支持をうけている異色のカンフー映画『ミラクルカンフー‐阿修羅』(1983、ホンコン)の英語吹き替え版DVDです。両腕を切断されたオトコ(実際にはもともとない)と両脚を硫酸で溶かされたオトコ(実際にはもともと脚の筋肉がほとんどない)が、お互いの不足をおぎなうために上下ひと組に合体して悪玉親分をやっつける。とゆうまるでエルトポか花輪和一の初期作をホーフツさせる設定で有名なこの作品、久々に改めてぢっくり見てみると、松尾伴内と永ちゃんと寛平ちゃんをびみょーにかけ合わせたような顔つきの両腕がないヒト(英語での芸名=ジャック‐コン)には、足技せんもんのイメイヂがなんとなくありますが、実際には立派な、足首かカカトのようなみぢかめの手が片方の肩から伸びていて、その握力やパンチ力はぢつに見事。若いころの欽ちゃん似の両脚がないヒト(英語での芸名=フランキー‐シュム)の脚は、たしかに細くて立ち上がるには不便な代わりに、棒のような硬さを活かした首締め技の武器に使っていたり。屈辱をはらすべくクンフーの地獄特訓にはげむところから最後の合体ろぼコンまで、手を脚のように、脚を手のように駆使しつつ、腕や脚がないための体重の軽さや身長の低さをみごとに活かしきった超絶技巧の数々が炸裂。また、両腕切断の実行者が、悪玉親分の手で両脚を奪われた姿になって現れたときに、その復讐を止めるために壺のなかから蛸のようにやわからに身体でコンニチワをした、顔の肌つやが異様なほどうるわしいカンフー大先生をはじめ、小物の悪役俳優のひとたちの顔つきや衣裳が、ほとんど杉浦茂のまんがにでてくる徳川にんじゃのウドンコぷっぷの助とかコロッケ5円の助をこれまたホーフツとさせるような充実ぶりだったり。DVD特典の、主演二人の「略伝」「トリビア」「スタッフ紹介」などは問題外で、「写真ギャラリー」も単なる静止画像のハイライト場面集だったりはするものの、本編だけでじゅうぶんにお腹いっぱい。マイナスにマイナスをかけあわせてプラスマイナスゼロではなく、マイナスの背中にマイマスをのせたマイナスそのまんまパワー大爆発、作者不明のヂャケットいらすともすばらしひ秘法17番dvdです ★★★★★ [記:2005.2.11AM12時20分ごろ]

史上最強のハンデキャップ空手DVD 『 ミラクルカンフー‐阿修羅
by 監督=じょお‐ろお 
収録時間: 約93分。  
地域コード: なし=通常一般の日本製DVDプレイヤーで再生できます。  
発売: 2003、英語吹き替え版(字幕=ありません)
ど特価: ¥2500
お問合せ先: dobunko@infoseek.jp
お問合せ番号: 空手バカボンDVD50210

非日常シアワセ観光がいど本
  『
奇天裂(キテレツ)なアメり力‐増補改訂第2版
★★★★★ 怪し毛&変てこ&バカバカしーぢぶんたちが勝手に作ったプチ宇宙のなかで見物人に異次元スレスレのつなわたりを楽しませてくれる名所&穴場のテッテーがいどとして定評のある非日常シアワセ観光がいど本『奇天裂(キテレツ)なアメり力』がおよそ150%増量して再登場。著者いわく「あほはあほでも意外なほど型にはまったあほ帝国とおもわれがちなアメり力にもコンナに型やぶれ掟やぶれなヒトたちがおるんですわ〜」とゆうことで、全べー50の各都道府県(?)ごとの、♥「首なしニワトリ祭」「労務者ゲーム」「冷凍死体記念日」「ひき逃げ動物料理祭」などばか祭‐ばかイベント各種♥各種ゴミの御殿や竜宮城、びざあろ彫刻などなどアウトアウトドア系アウトサイダーあーと物件各種♥見世物ふうなグロい系だけでなくバナナとかカラシとか日常身の回り物件を網羅しそうな各種コレクトマニア畢生の特殊テーマ博物館各種♥単なる業者の客寄せ系と単なる個人の手づくり道楽系が見分けがたく入り乱れるアトラクション各種♥ウソつき村や愚か村など住民みんなで変人生活を満喫している村各種♥珍味怪食れすとらん食堂各種♥悪趣味観光パックツアー各種♥以上のどの分類にもあてはまらない奇天裂(キテレツ)発生げんば各種♥やっているヒトが危険すぎるので接近時には要注意のでんぢゃらすぽっと各種などを目のまわるヒマもないほどゾクゾクと案内してくれます。都築響一『ロードサイド‐ジャパン』の元ネタ本として有名な『ろーどさいど‐アメり力』の二番煎じであるのはもちろんなのですが、この増補改訂第2版は、紹介されている900か所以上の珍スポットほとんど全部のホーム頁の住所がしるされているのが最大のおミソで、このがいど本『奇天裂(キテレツ)なアメり力‐増補改訂第2版』1冊と電気のめぐりのいいパソンコ1台があれば、わざわざ飛行機のキツプの予算をひねりだす段取りに首をひねる必要も一切なしにおウチや職場やガッコーなどにいながらにして、シヤワセの青い焼き鳥のけむりの匂いをお腹一杯嗅いだような妄想にひたれるとゆう仕組み。ひたすらオメデタい変人たちのオーロラをぞんぶんに浴びて読者のみなさまもノーマルぢゃないヒトになってねーと願う著者による変人読者のための珍奇観光がいどの好著です。 ★★★★★ [記:2005.2.8PM10時40分ごろ]

非日常シアワセ観光がいど 『 奇天裂(キテレツ)なアメり力
by ぢゃん‐ふりぃどまん 
本の大きさ: ヨコ=13.6cm、タテ=21.8cm   重さ=約490ぐらむ
外見: そふとかば。地図つき。頁数=306頁ぷらすカラー図版=4頁。
発行: 2004、from えげれす(英語版)
ど特価: ¥2400
お問合せ先: dobunko@infoseek.jp
お問合せ番号: 奇人ツアー新大陸50208

たてもの爆破解体DVD
  『
何ちう爆発や!
★★★★★ 空手チョップや頭突きなど殺人技では作業がなかなか進まない巨大な建造物を解体するのに爆発物仕掛けでドドどかんとする場面を、テレビこましゃるなどで見物されたことは皆様(だ〜れ?)おありかと思いますが、コレは崩壊する古い新築建造物たちとモクモク沸き上がるホコリの雲でドドドドド〜っとこりかたまった爆破解体ばんざい映像集です。2部構成で、前半の「世界最高のバクハツ」の巻では、1.RCAびくたぁ社/2.州立フルトンクすたぢあむ3./クレッチマー団地/4..バンカーヒルの煙突群/5.みりたりぱぁくホテル/6.ウォルバリンホテルはじめ数々の大型施設が、DTSデヂタル5.1ちんねるサラうんどの轟音を吹き上げて何のケレン味もなく木っ端みじんに。一見場違い風に「みゅうぢっくびでお」と題された後半は、重低音で押しまくる前半とは一変して、ノリ重視の巻で、爆発する建物や橋や煙突が、リズムにあわせて踊りだしたり、爆発したとおもったら元にもどったり、万華鏡まんだらサイケ模様を描いてみたり。シンセろっくの老舗タンジェリン‐ドリームによる全8曲の伴奏音楽にのって、コンピウタあにめ屋さんの印象が強いマイケル‐ボイドスタンかんとくが、爆発解体映像をネタに若いトビ職も時々足場からすべり落ちそうなアソビっぽい演出を気まぐれに披露。叩いたトンカチのほうが壊れるほどの肩こりも吹き飛びそうなストレスを解消する孫の手として、あるいはまた無意味映像のお手本としてゼ〜ヒ1度お試しを ★★★★★ [記:2005.2.4PM9時ごろ]

たてもの爆破解体DVD 『 何ちう爆発や!
by 監督=まいける‐ぼいどすたん 
収録時間: 約42分。  
地域コード: なし=通常一般の日本製DVDプレイヤーで再生できます。  
発売: 1999、英語版(字幕=ありません)
ど特価: ¥2000
(在庫僅少) お問合せ先: dobunko@infoseek.jp
お問合せ番号: 崩壊建築DVD50204

げんしじんマニア本
  『
ご先祖の想像図/原始人の図像学
★★★★★ 原始人が大体どんな姿をしているかとゆう想像図は、サルにも描けそうなほどものと思われがちですが、ちょうど恐竜のばあいと同様に、実際に面とむかってコンニチワしたことのあるヒトが誰もいない原始人の想像図も、時代ごとの流行のハヤったり廃れたりによって、こんなにイロンなタイプのがおますのぢあ。と、西洋の科学イラスト図解の歴史のなかでの原始人想像図の、進化が進化を意味しない進化の歩みを、おおもとのフリダシの神話じだいの想像図から1980年代までたどりなおしたマヂメな研究本です。図版だけながめて面白がれる性質の本ではないのですが、版画や絵画など100点以上の図版が文中に挿入されていて、カラー別丁4頁もあり。聖書に描かれた地上の楽園の住人のイメエヂやギリシア神話のイメエヂや暗黒中世から大後悔時代にかけての世界大妄想旅行記の怪物こくのイメエヂ、そしてダアウィン進化論以後の猿の惑星イメエヂなど次々に登場する巨大なカベに圧倒されて自由にふくらむ余地のない空想のなかでやすらかに描かれた原始人そーぞー図の珍しい実例をちょこちょこ拝見できます。新大陸アメり力発見のころにアメり力現地住人のイレズミのうわさがネタで当時は有名だったてゆうジョン‐ホワイトさん作の、エゲレス人のご先祖様の想像図では、両膝が 沙悟浄(さごじょー)みたいな悪魔系のかお、下腹には孫悟空の出来の悪いおニイちゃんみたいなかお、胸にはテンパったフクロウ博士のかおみたいなのやヘビやウロコを彫った全身イレズミのビートルズふぁんみたいな男(オス?)がなまくびをぶらさげて悲しそうな表情を浮かべていたり、この本の表紙にも採用されたおんな(メス)のひとは赤や黄色のキレイなお花が一面にひろがる全身イレズミで金髪にはくるくるのカールがかけられていたりなどビヂユアル的な見どころも何ケ所かありますので、野人萌え、原始人萌え、銛の人間萌えなどのみなみなさまに特に幅狭くおススメできそうです。 ★★★★★[記:2005.3.06PM11時40分ごろ]

げんしじんマニア本 『 ご先祖の想像図/原始人の図像学
by すてふぁにぃ‐もぉざぁ 
本の大きさ: ヨコ=18.0cm、タテ=25.0cm   重さ=約720ぐらむ
外見: はあどかば。白黒&カラー図版合計=100点以上。頁数=200頁。
発行: 1998、from にうようく(英語版)
ど特価: ¥4200
お問合せ先: dobunko@infoseek.jp
お問合せ番号: いけメン原始人50206

よだれDNA収集本
  『
赤ちゃんのガラガラ&おしゃぶり
★★★★★ 幼児のオモチャのはづのガラガラやオシャブリの収集を20年以上続けている世界でも頂上級のコレクターが、自慢のお宝を大公開。ダイヤモンドやゴオルドを水晶台の握りにとりつけた金ピカ趣味まるだしなオトナ赤ちゃん用オシャブリなども披露されてはいますが、そうゆうご趣味の方々にお満足いただくためだけの本とゆうわけではなく、何千年もむかしむかしから現代まで世界各地の赤ちゃんたちがうんち臭い手で振り回した、びっくりするほど色とりどりなガラガラ多数(とオシャブリ少数)をカラー図版190点でご案内。ガラガラ博物館をうろついているかのような気分は錯角ではなく、実際にも著者のコレクシオンの一部は博物館内に収蔵もされているそうで。いまどき風のプラスチックなどで作られたほぼ使い捨ての幼児玩具しかしらないわだぐぢたち(誰?)では考えられないほどご立派にこしらえられた、魔よけやお護りであったり高級宝飾品であったりの魔法の楽器だったガラガラやオシャブリをぼんやり眺めて、思いっきりの先祖帰りを楽しめます。 ★★★★★ [記:2005.2.01PM18.30]

よだれDNA収集本 『 赤ちゃんのガラガラ&おしゃぶり
by まるしあ‐はぁしぃぃ 
本の大きさ: ヨコ=21.1cm、タテ=27.5cm   重さ=約590ぐらむ
外見: そふとかば。オールカラー。頁数=160頁。
発行: 1998、from ういすこんしん(英語版)
ど特価: ¥3200
お問合せ先: dobunko@infoseek.jp
お問合せ番号: 魔法のオモチャ50201

◎ れずほもDVD
  『
同性愛宣伝映画集
★★★★★ いはゆる異性愛趣味の方々をおもな観客に想定して製作されたいはゆる一般むけ映画のなかで、特にレズ‐ホモ‐倍せくしぃ‐性別越境者などの方々のものがたりを題材に1953-1977年のあいだに製作‐劇場公開された衝撃作‐もんだい作‐異色作から凡作‐駄作‐愚作‐名作まで20数本の、映画本編よりも珍しい貴重な予告編を集成。世界あちこちのレズ‐ホモ‐倍せくしぃ‐性別越境者(LGBT)映画祭で絶賛されたとゆう『ホモ宣伝映画集』のDVD版です。収録作は、世界で初めて性転換手術で女性に生まれ変わった元男性(異説あり)として当時は見世物扱いされたスエーデン出身の性転換せれぶ第一号クリスティーヌ‐ヨルゲンセンをモデルにした『グレンかグレンダか』(かんとくエド‐ウッド‐Jr)、D・H・ロレンス原作『 女狐 』、女装さいこきらぁ映画『殺しの接吻』(かんとくジャック・スマイト)、ロバート・アルドリッチの『女の香り』、レックス・ハリソン&リチャード・バートンがゲイカップルを演じた『ふたりは恋人』、ルキノ‐ヴィスコンチの『地獄に堕ちた勇者ども』『ベニスに死す』、リリアン・へルマンの舞台劇「子供たちの時間」の映画化『噂の二人 』(かんとくウィリアム・ワイラー)、アンディ‐ウォーホルかんとく『HEAT』(しゅえんジョー‐ダレッサンドロ)や『WOMEN IN REVOLT』、『フィメール‐トラブル』(かんとくジョン‐ウォータース)。そしてもちろんニポンでは未公開のそれやこれや。さらにDVD版だけの特典映像として同時収録されている1965年製作の女装コンテスト入賞者いんたびう番組『くぃいんず‐あっと‐はぁと』では、でぢたる‐りますたりんぐの効果なのか恐ろしいほど鮮明な映像で、非合法時代の同性愛くらぶでの秘密パーティの光景に疑似参加も。監修を『ほも映画ポスタァ集』などの著者としても知られる本格派の映画狂ぢぇんにサンが担当してくれたおかげ様なのか、LGBT映画まにあに限らずどどんな映画愛好癖の持ち主の鼻毛もそそり立てそうな粒揃いのシブぅい作品が目白押しで資料価値もたっぷりなザッツ‐ヘンタイティメントDVDです。 ★★★★★ [記:2005.1.23AM0時15分ごろ]

れずほもDVD 『 同性愛宣伝映画集
by  監修:じぇんにぃ‐おるそん
収録時間: 約90分。  
地域コード: なし=通常一般の日本製DVDプレイヤーで再生できます。  
発売: 2004、英語版(字幕=ありません)
ど特価: ¥2500
お問合せ先: dobunko@infoseek.jp
お問合せ番号: ほもれず映画DVD50122

犯罪医学芸術写真集
  『
お肌の華:1930年代リヨンのある皮膚科医師による写真集
★★★★★ 遺族が換金のために持ち出した、フランス‐リヨンのとある皮膚科医師が刑務所内や病院内などで1930-35年ごろに撮影した門外不出の秘蔵カラー写真を1冊にまとめたショッキンググゥなお写真集。遺族との約束で撮影者の特定は避けられているものの、世界最初期の猟奇系資料館「犯罪人類学あるひぃふ」の設立者で十九世紀末おフランセはんざい学の先駆者としても知られるアレクサンドル‐ラカッサーニュの一番弟子や愛息子たちと密接な交流のあった皮膚科の専門医らしきひとりのをとこ(白衣を着た本人の写真も収録)のひとが不思議な熱にうなされながら撮影しているのは、いはゆるイレズミとして肌に刻みつけれれた、自由や愛や復讐や運命やおバカさんなどなどを現わす紋どころとしての、鳥やチョウチョウや弱虫の道化師やトゲだらけの花や恋人たち。イレズミじだいも、明らかに絵心がまったくないアマチアならではの二度ととりかえしがつかない暗い迫力に満ちているものが大部分なのですが、それ以上に暗い吸引力でレンズをひっぱっているのが、1930年代おフランスの監獄や病院でイレズミを背負って生死のふちを忍び足でうごめいていた犯罪者や病人たちの汚れた肌のリアルな臭気。リュミエール兄弟謹製のオートクロームカラーと呼ばれる天然色カラーのガラス乾板で、同じく同じひとが同じように撮影したホンモノのきれいなお花の写真がイレズミのところどころに挿入されているのですが、編者たちの思い込みというわけではなく実際どうみても、おフランス‐リヨンにいてもリヨンでなくアフリカ‐アラビヤ‐インド‐中国‐世界の果ての果てもひとつながりの地底の底のどん底をぐるぐるめぐりですりへった犯罪者や病人のイレズミいりの肌に腐った花束の蜜の匂いに尻子玉を射抜かれた撮影者の陶酔感が写真のザラザラな毛穴からぷぷ〜んとにじみまくり。おしゃれタトゥーがイヤ〜んな方々のお口直しにも非常に好適な神経逆撫で秘法写真集となっておま ★★★★★ [記:2005.1.27PM21.30]

犯罪医学芸術写真集 『 お肌の華:1930年代リヨンのある皮膚科医師による写真集
by  編=じぇらぁる‐れびぃ、せるじゅ‐ぶれむりぃ 
本の大きさ: ヨコ=20.3cm、タテ=27.0cm  厚さ=2.7cm 重さ=620ぐらむ
外見: はあどかば。オールカラー。頁数=104頁。
発行: 1999、from みゅんひぇん(英語版)
ど特価: ¥4600
お問合せ先: dobunko@infoseek.jp
お問合せ番号: 腐爛の華50130

特撮SF大画報
  『
レイ‐ハリーハウゼン:魂を吹き込まれた生命
★★★★★ 伝説や神話の巨人やガイコツや恐竜や宇宙人がギコシャコ動くコマ撮り人形アニメの大親方として知られるレイ‐ハリーハウゼンが、みずからの映画人生60有余年のすべてを語り明かしたきゅーきょくのハリーハウゼン大全集本。未公開写真満載のカラー図版366点を含む総図版点数1000点をこえる図版資料とともに語られるのは、ハリーハウゼンのおぢいちゃんがドイツからアメりかに移住して金鉱夫としては成功できなかった150年前から最後の参加作品『タイタンの戦い』まで、映画のせかいで生命造物主になるとゆう変てこ道を走りとおしたファンタぢぃさんハリーハウゼンのすべて。そして代表作『アルゴ探検隊の大冒険』『原子怪獣現わる』『シンバッド七回目の航海』『空飛ぶ円盤地球を襲撃す』『恐竜100万年』その他ハリーハウゼンが係わった総べての劇場公開作品だけでなく、1920年6月29日うまれのレイ‐ハリーハウゼンが高校生じぶんに自宅の車庫で製作した生涯初めてのコマ撮り人形短編『洞穴グマ』(1935-36)の撮影風景や、アマチュア時代初期ににつくったマンモス像、ハリウッド入り以前の『ミダス王』や『ヘンゼルとグレーテル』、1950年代の仕事で完成公開にいたらなかった巴里の妖獣ものの3-D立体映画『えれめんつ(四大元素?)』などなどもひっくるめ、スチル写真やポスターだけでなく、撮影風景の写真、撮影準備のための入魂のお絵描き、コマ割り用のスケッチなどを、図版図版で大紹介。30年来の友人トニィさんとの資料整理や共同執筆に5年をついやしたとゆう本書は、完成した映像をみているだけでは決して知る機会のありようもないハリーハウゼンのお仕事部屋の日影の部分、完成作品のなかに注ぎ込もうとしてあふれてこぼれ落ちたハリーハウゼンの夢の世界の影像をげっぷがでるほどつめこんだハリーハウゼン大全集決定版。わたいの作るのんはモンスターぢゃなくってクリぃちゃあですねん、と語るレイ‐ハリーハウゼンが握りしめた自作の人形をみつめる洞穴の入り口のようなまなざしに吸い込まれたら引き返せなくなりそうなお宝本です。 ★★★★★ [記:2005.1.27PM21.30]

特撮SF大画報 『 レイ‐ハリーハウゼン:魂を吹き込まれた生命
by  れい‐はりぃはうぜん、とにぃ‐だるとん お祝い文:れい‐ぶらっどべりぃ
本の大きさ: ヨコ=25.4cm、タテ=29.3cm  厚さ=2.7cm 重さ=約2きろ
外見: 豪華愛蔵版はあどかば。頁数=304頁。索引つき。
発行: 2004、from にうようく(英語版)
ど特価: ¥6500
お問合せ先: dobunko@infoseek.jp
お問合せ番号: 特撮SF大画報50127

禁断まる秘画集
  『
まる見え:お色気カストリ雑誌の秘密ア〜ト
★★★★★ エロ娯楽の本場あめリ力の劣等老(れとろ)なスケベー雑誌の風流なお色気表紙いらすと復刻集、といっても、これまで散々に盗掘され放題だった1940年代以降のものではなく、これまで誰もおハシをつけるひとがいなかった1920-30年代のエロ本表紙いらすとを、400点以上のカラー図版で復刻しまくった豪華愛蔵版図録集です。現在のいはゆるウラ本やウラびでおなどに匹敵した、かれこれ70-80年もむかしの御法度やぶりの禁断のお絵描きは、銭湯の番台係的な身体検査の目でみれば、露出度としては芸能あいどるオーデションの勘違い水商売系ていどではあるのですが、お絵描き師としてのたましいをお銭とひきかえて一切悔いのない後生のマイナー有名無名いらすと画家たちが書き散らした極彩色のヘナチョコ女体の群れが薄いべえるの奥から発散するぽわんとした夜の匂いのあやしさは、また格別。エロ本そのものより以上に三流エロあーと、エロ本出版業界、エロ商品製造加工業にご興味のあるかたがたは必携のカラフルな毒花満開の歴史的資料集成です。 ★★★★★ [記:2005.1.25PM23.00]

禁断まる秘画集 『 まる見え:お色気カストリ雑誌の秘密ア〜ト
by  だぐらす‐えりず
本の大きさ: ヨコ=23.7cm、タテ=31.3cm  厚さ=1.4cm 重さ=1.1きろ以上
外見: 愛蔵版はあどかば。頁数=208頁。索引つき。
発行: 2003、from めりぃらんど(英語版)
ど特価: ¥4500
お問合せ先: dobunko@infoseek.jp
お問合せ番号: 好色出版史50125

チョ〜らぶりぃ写真集
  『
あめリ力のゴキブリ
★★★★★ ★★★★★[記:2005.3.06PM11時40分ごろ]
ゴキブリがこんなにカワイくってイイわけないッとわが目を疑つつもゴキブリ嫌いなみなみなさまでさえも呆れながらも思わず腹筋が笑いのケイレンでピクピクひきつる前代未聞の超絶的らぶりぃゴキブリちゃんお写真集です。風呂場の窓からコンニチワ、夢中になって雑誌を眺めたり、水飲み場に集合したり、かくれんぼで遊んだあとは、食堂で会食。ワインを飲みながら果物をむきポーカーを楽しんだあとはゴージャスなベッドをまぐわいをしたり。リツチでセレブーなお部屋のなかでゴキブリさまたちが優雅にくつろぎまくる第一場「れじでんつ」編は、1度めにみるときは気色悪げですが、続く第二場「モノマネ芸人」では一転して、ゴキブリたちが、ぬわんと極彩色のコスプレ衣裳や全身メイクをまとい、きゃわいいお花や虫さんたちに変身してみせるとゆう、ゴキブリ3億年史上始まって以来っぽい華麗な反則技のオンパレード。それと気づかずにゴキブリ団子いり鍋を食べてしまったような恍惚感でめまいがしそーです。締めの第三場「処刑」は、電気椅子、火あぶり、水責め、吊し首など、ゴキブリ退治のまきになっているのですが、ここでのゴキブリたちは悲劇役者のように端正で死に姿さえも実にぶらぼー系。世にかずある昆虫写真集のなかでも異色の異色、全編とおして見れば見るほどカワいいとしかいいようもない世にも変てこなこのゴキブリ写真集。昆虫ぎらい、ゴキブリぎらいの方々にもきっと喜ばれそうなこの写真集を、節分やバレンタインデーの赤鬼、青鬼さんたちや、花まつりの御陀仏さまへのプレゼントに是非どどぞ。
[記:2005.1.21PM23.00]

チョ〜らぶりぃ写真集 『 あめリ力のゴキブリ
by  写真きゃさりん‐ちゃあまぁず
本の大きさ: ヨコ=19.7cm、タテ=28.6cm  厚さ=1.4cm 重さ=約660ぐらむ
外見: 愛蔵版はあどかば。頁数=96頁。
発行: 2004、from にうようく(英語版)
ど特価: ¥3800
お問合せ先: dobunko@infoseek.jp
お問合せ番号: お座敷愛玩50121

芸能魔界DVD
  『
ピンクレデイ&ジェフ
★★★★★ 出身地がわのニポンでは、おちめに差し掛かったお茶の間ピンサロあいどる‐ピンクレディを再起不能そして解散の花道へと叩き付ける決定打となった「アメり力進出」仕事の具体的すけじぃるのひとつとしてぼんやり記憶されているだけのテレビ番組『ピンクレデイ&ジェフ』ですが、出稼ぎ先のあちらでは、ごりごり硬派系スネ者文化みにこみ『ベンは死んだだよ』の落武者たちが編集した80年代ダメ文化れとろ事典『れとろ地獄』のなかで「あめリ力テLビバラエティ番組史上最低」とゆう有り難いたいこばんを刻印されて以来、ゴミくずお宝マニア必見映像として神聖偶像化されているのがこの『ピンクレデイ&ジェフ』。以前に2話ぶんだけを収録したビデオテープが発売されたことがありましたが、今回のDVDは、1980年3月1日の第1回放映時から1980年4月4日の第5回放映分までの5話と、急遽番組打切りのためにテレビ放映されなかった最終回第6回まで、合計全6回、約5時間ぶんをDvD3枚に収録した初めての完全版となっています。「ひとことも英語をしゃべれない」と感心されたピンクレディの2人は英語力がすごすぎて、司会のジェフ‐アルトマンとの3人のトークは、英語できないガイジンとの会話ネタばっかし。コントではお約束のゆるいフンドシをつけたスモウ力士や矢鱈めったらニポン刀をふりまわすサムライもちょろちょろしつつ、ピンクレディの出番はごく控えめ。歌も自前のヒット曲は全編通じて「モンスター」を1回うたうぐらいで、1話ごとに5、6曲あるピンクレヂィの歌と踊りは、当時1980年前後の洋楽の記憶がなんとなくでも残っている世代にはピンクレヂィとはまったく無関係に懐かしいディスコ系やらポップスやら英語の流行歌ばかり。ピンクレディと番組のなかで実際には絡まないゲストは中途はんぱに豪華っぽくて、当時のヒット歌手、デボラ‐ハリーのブロンディーが第1回と第4回の2回にわたって出演しているほか、アリス‐クーパー、チープ‐トリック、テディ‐ペンダー‐グラスなども登場。意外なゲストとしては、プレイメイト軍団をひきつれたプレイボーイ帝国の総帥ヒュー‐ヘフナーや、大御所コメディアンのジェリー‐ルイスも出演。毎回番組の締めとして、ピンクレディが格子のついた屏風のかげでビキミ水着に生着替えしてソープ嬢よろしく相棒のジェフとお風呂でしっぽりとゆう驚愕のえんでぃんぐにいたるまでの間、ピンクレディの出演場面は案外ひかえめだったりしていますので、8倍速での鑑賞にもぴったり。最低最悪ふぁんのみなさまの定番的超退屈映像でっす。 ★★★★★ [記:2005.1.20PM18時30分ごろ]

芸能魔界DVD 『 ピンクレデイ&ジェフ
by  かんとく:じょなさん‐りぃす
収録時間: 約5時間以上。  
地域コード: 「1」=再生には通常の日本製DVDプレイヤーではない再生機器が必要です  
発売: 2003、英語版(字幕=ありません)
ど特価: ¥3500
お問合せ先: dobunko@infoseek.jp
お問合せ番号: 桃色婦人会DVD50120

多類多難恥部(おるたなちぶ)マンガ傑作集
クレイマァさんちの麦角たち‐第5集
★★★★★ 「1960年代の伝説的あんぐら漫画雑誌ZAP COMICSの21世紀版」とゆう床下ぬかどこ暗黒地帯から掘り起こした漬け物のようによれよれした宣伝文句を裏切って叶姉妹より推定30才は若いコラーゲンたっぷりな『クレイマァさんちの麦角たち』は、おヘソのゴマをまぶした美味しい揚げだし豆腐のレシピを真っ昼間こっそりと駅前広場のタイルのしたに埋めてみたくなったり脳みそのウブ毛がさわさわゆれたりするような、いはゆる変態化した意識の状態で描かれたマンガ、あんどまたソノ状態が読むひとの体内でも一度されることを奇態しながら描かれたマンガ、てゆう、そもそも本来の意味での多類多難恥部まんが(オルタナティブ‐コミックス)=変態的変質的異意識的まんがの中央高速道をぶひぶひ走行中なのにはまちがいなさげな気合い満載の新まんが傑作集です。2004年末発売の最新第5号は、同じく多類多難けーのマンガ雑誌『ぶらっぶ』『どろうん&くおぉたり』などの読者のみなみなさまが目にした記憶が多少ともあったりなかったりなブリンクマンさんやロン‐レジェ‐ジュニアさん、エルビス‐スタジオ、ニポンでも雑誌『RAW』以来長年にわたってとっても有名な「ジンボー」のゲイリー‐パンターさんやクリス‐ウェアさんほか、有名無名にかんけいなしの力作ぞろい.。若者すとりぃとビヂアル系出版社がサイフの紐として取ついた前号までの同人誌風のぺらぺらした体裁が本号では突如大変身して重さ1.2キロぐらむ、ほとんどど全作品カラー印刷で、より集められたまんが家は、賑々しいゴーヂャスむうどがハヂけておます。なかでもゲイリー‐パンターさんは、新作にくわえて、1971年から2001年までにパンターさんが描いた明らかに膨大な量のスケッチから1年ごとに1枚づつ選んだ30年ぶん30枚の作品を31頁にわたって御披露。でんし核の粒に変身して神経の束のなかを漂流もすれば、ヒトとモノがアリさんのようなゴッツンコを複雑にくりかえす人工的風景を地上から上空から巨人的すけえるで観察したりもするすべてがスケベッチーな線の探究とひとつになっている毛。つごいですたい。ゲイリー‐パンターなんて知りまへんがなとゆうかたも、これだけでもモーけた気分になれそーかも?それもこれもとりあへず今どき時期もののの不自然に奇妙な果実たちをぜひお早めに。 ★★★★★ [記:2005.1.18PM夕暮れ]<

多類多難恥部(おるたなちぶ)マンガ傑作集 『 クレイマァさんちの麦角たち‐第5集
by  さみぃ‐はぁかむ編
Info: 2.67 cms 本の大きさ: ヨコ=22.8cm、タテ=27.4cm  厚さ=2.7cm 重さ=約1260ぐらむ
外見: そふとかば。頁数=320頁。
発行: 2004、from のぉすきゃろらいな(英語版)
ど特価: ¥3800
お問合せ先: dobunko@infoseek.jp
お問合せ番号: 有脳波マンガ50118

破滅見世物DVD
暴行傷害ロボット10年史
★★★★★ ブキミな機械仕掛けでおどろ毛にうごく死亡した動物の骨や皮、ドーモーな牙を剥き出しにしてみえない獲物にむかって襲い掛かる機械獣たち、ハイテク部即の賭博機械などが、轟音と炎の柱を噴き上げながらところ狭しと迷走して市街戦なみの野外破壊ショウをくりひろげることで有名な大親方マーク‐ポーリンさん率いる元祖サイバァ巨大ロボがちゃんぽん格闘ショウ「鯖威張る離散値研究所(さばいばる‐りさぁち‐らぼ=略称SRL)」の最初期から絶頂期までの映像を一挙に大収録。おもな収録作品は『希望なき悲しみをめぐるキビしー御意見』と1988アムステルダム1989コペンハーゲンでの列車炎上や暴動さわぎを中心にした『挑発への意志』、それに1989サンフランシスコのアートスペースとゆう倉庫のような建物の屋内に観客を監禁してくりひろげれたた拷問的実演記録映像でこのDVDが「世界初公開」でっせえ、とゆう触れ込みの『都合のよさとゆう錯角、あるいは実用性をよそおった無原則な行為で社会分裂の責任をのがれる術』の3本。これにくわえてオマケ映像として短編『何でもあり式やり放題の快楽』『苦痛の王国で風景を収穫』『美徳としてのネガちぶな魅惑』『7人の機械の肉体芸』の4編を同時収録。さらにSRL関連の資料集や音声でのマーク‐ポーリンによる自作解説などもあり。むかしはビデオでバラ売りされていた映像を5.1声道ドルデヂさうんど入りで一挙にご鑑賞&御愛蔵でける大変なお徳用DVD。何をいまさらSRLとゆーかたにもSRLつてヌワにソレ?とゆうかたにも今もって理解可能な範囲を越えているとゆうことだけはますます確実な、ゴミから作り出された盲目的えねるげんたちが演じる不死身の幻想機械たちの盆踊りで言葉を見失うここちよさに激突してくださひ。 ★★★★★ [記:2005.1.16PM22時00分ごろ]

破滅見世物DVD 『 暴行傷害ロボット10年史TEN YEARS OF ROBOTIC MAYHEM
by  かんとく:じょなさん‐りぃす
収録時間: 2時間以上。  
地域コード: なし=通常一般の日本製DVDプレイヤーで再生できます。  
発売: 2004、英語版
ど特価: ¥2000
お問合せ先: dobunko@infoseek.jp
お問合せ番号: 破壊ぎゃぐDVD50117

科学風サギ研究
ウソ発見機の社会史
★★★★★ ウソ発見機にぺったりとまとわりつきがちなおウソの皮をぺろりとめくりあげて、実際にはどれもこれも電動こけしどころか南極二号の足もとにも及ばないトンデモなく非科学的なサギまがい器具でしかないその実像。ウソかホントか、マルかバツかの2つかぎりの穴のどちらかに、他人様の語るすべてのことばのふりわける事ができる信頼度100%の電気器具などとゆうあり得ない機械を発明するために、たとへば、ウソ発見機の判定結果を裁判の証拠には絶対に採用しませんゾぉとあめリ力の裁判所が1920年代から断言しつづけているにもかかわらず、生まれもった頭蓋骨のカタチが悪い人間が犯罪者になるとゆう迷信的犯罪論で有名なロンブロゾオ博士やら、目立ちたがりの通俗心理学者で今ではワンダーウーマンの原作者としてのみ辛うじて一部マニアに知られるだけのウィリアム‐マースティンやらの、いまでは物笑いのタネにしかならない変人たちばかりではなく、おばか知名度もないお堅い心理学者の先生たちが、よってたかって試作してさまざまなタイプのウソ発見機のかずかずの、背景にある奇っ怪かがく説や、そのトバッチリをくわせれたヒトたちの事件簿を満載した19世紀末から第二次大戦末ごろまで。法廷以外のお役所や企業などが、子分のお役人やへーたいさん、従業員などの奴隷根性を鍛えるための脅迫用の器具としてのウソ発見機使用例をが多数報告される冷戦期から現代まで。心霊オカルトぐっずと紙一重のウソ発見機とゆう妄想機械乱用の珍妙な歴史ををまぢまぢと拝観させる楽しい実話読み物です。 ★★★★★ [記:2005.1.14PM19時30分ごろ]

科学風サギ研究 『 ウソ発見機の社会史
by  けりぃ‐せぐれいぶ
本の大きさ: ヨコ=15.5cm、タテ=23.0cm   重さ=約315ぐらむ
外見: そふとかば。頁数=218頁。索引、文献表つき。図版なし。
発行: 2004、from のぉすきゃろらいな(英語版)
ど特価: ¥3800
お問合せ先: dobunko@infoseek.jp
お問合せ番号: オドロ機501142

黒人こびと芸人DVD
ビートルさん‐完全版
★★★★★ 放送禁止用語などとかゆうおばかの壁の土台になっている非常識的色眼鏡を脱ぎ捨てた脳みそすっぽんぽんの番組司会者で、自伝映画『プライベート・パーツ』では自分の役を自分で演じてみせたりもした20世紀末あめリ力放送業界の人気ものハワード‐スターンの番組で、意味不明の盛り上げ役として大活躍した黒人こびとお笑い芸人ビートルヂュースことビートルさんの最悪実演記録映像集が誰も待望しなかった完全版で登場しました。身長120センチ以上、体重40キロ以上と、こびとにしてはほとんど巨人といってもよさ毛なビートルさん、顔の部品と頭蓋骨の小ささも見事なら、出歯った前歯の長さや歯並びの悪さはもっと見事なおかげで、通常の芸能人なら致命的な、何をしゃべっても何を言っているのかわからないとゆう欠点が、ビートルさんのばあいに限っては、理解不可能なチャームポイントへと見事に変貌するこのばからしさ。オラウータンに抱きすくめられて熱烈な接吻をせまられる名場面にも深く納得させられてしまいます。ガソリンスタンドで車にガソリンをいれてみたかと思えば、こびとのお友達と一緒になって大きなおサカナをふりまわして殴り合いをしてみたり、何を言ってるんだかよくわからないだけでなく、何をやってるんだかもよくわからない。寸法やら見当やら面白さやらをはかる基準や感覚が伸びたり痴人だり、目をつぶったまま、耳をふさいだまま鑑賞してみるのも面白そうな、楽しみ一杯の怪作です。 ★★★★★ [記:2005.1.14PM22時00分ごろ]

黒人こびと芸人DVD 『 ビートルさん‐完全版
収録時間: 約63分ぷらすオマケ映像約13分前後。  
地域コード: なし=通常一般の日本製DVDプレイヤーで再生できます。  
発売: 2003、英語版
ど特価: ¥2500
お問合せ先: dobunko@infoseek.jp
お問合せ番号: 異人さんDVD50114

あにまるスポーツDVD
2000年の死者数163人/メキシコのロデオ第2集
★★★★★ オーレオレオレオレ詐欺師ぢゃないし何でかフラメンコ堺すすむでもありませによぉるせにょりぃたと鼻息荒く錯乱真っ最中の黒ベコ、茶ベコ、白ベコさんたちが、メキシコ産の強気めにアホなおっさんや青年を暴走する背中にのせて、飛び跳ねまくるわ暴れるわ。ああっとゆう間に地べたに叩き落とされた一人また一人は、命からがら逃げ出せる場合もあれば、ときどき画面のすみっこに炎で燃える黄色いドクロがあらわれたかと思うと、逃げる間もなく、狂った駄獣と化したベコっちょの巨体に思いっきり踏んづけられ、ツノでつつきまわされて絶命しちゃってみたり。荒削りな死のリズムをどすどす叩き込みながら踊る陽気な牛さんたちの勇姿が、.おめでたい2005年トリどし幕開けのインフルエンザ予防をかねて狂牛のアキレス腱にむしゃぶりついてプロテインの過剰摂取にはげみたいとゆう方々のどん欲っぽく剛毛のはえた胃袋にもおさまりきれないほど延々と続くヨダレの滝ように淡々と悠々とせかせか流れ落ちていきます。こんなにもあっけなく自分から望んでベコに蹴られて死んで行くひとたちを欠かせないオカズとして、大勢の観客の臭い胃液や胆汁が見守る板囲いの中で昼となく夜となく繰り返されるメキシコのロデオの狂熱。本場スペインの洗練された闘牛とはくらべても意味がないほどに貧乏農民くささまるだしながら、牛の命を大切にすることと、ヒトの命を粗末にすることにかけてはスペイン人にも絶対に負けないメキシコ流人獣対決ショウの魅力その本能のヒミツの牛たちと真正面からごっつんこして、その手ごたえの薄さを楽しむのもよく、ベコ乗りや落牛の技術研究などにももちろん好適な貴重な記録映像集です。 ★★★★★ [記:2005.1.5PM21時00分ごろ]

あにまるスポーツDVD 『 2000年の死者数163人/メキシコのロデオ第2集
あにまるスポーツDVD『2000年の死者数163人/メキシコのロデオ第2集』
by  監督ふぁん‐まにゅえる‐ろめろ
収録時間: 約90分。  
地域コード: なし=通常一般の日本製DVDプレイヤーで再生できます。  
発売: 2001、すぺいん語版
ど特価: ¥2000
お問合せ先: dobunko@infoseek.jp
お問合せ番号: 虚無の牛DVD50105

元祖どっきりニユース最新版
リプレィ氏の「信じようが信じまいが」2005年特別編集版
★★★★★ ★★★★★ [記:2005.1.07PM22時30分ごろ]
19世紀変態見世物の神様P‐T‐バーナムの詐欺まがいゲテモノ商法を20世紀式に発展させたロバート‐リプレィ氏の遺産食い散らかし部隊謹製の、世界びっくり人間大集合&キテレツニュース大全集の最新2005年版。大変な金額の費用を注ぎ込んでネコ虎人間に肉体改造工事中のキャットマン、デニス‐エイブナーさんやトカゲに変身したリザード男トム‐レパードさん、全身に約2000個のボディピアスをぶらさげて世界記録を更新中のエレーヌ‐デビッドソンさんなどなど、よりにもよって今年2005年の元旦そーそーに日本テレビ系で放映された『アッと驚く!世界超人グランプリ2005』でも紹介されたビックリ人間業界の花形アイドルの面々をはじめとして、飼い主から何億円もの遺産を受取ったペットのお犬さまおネコさま、人間のおでこや妊婦のぼて腹を宣伝広告掲示板としてレンタルする会社、ブラジルで発行されたプラスチック製のお札、学生のごきげんとりのためと称して魔法使いのコスプレで.教室にでる物理学の大学教授、音楽ファン50万人が行進したベルリンの反戦ぱれえど、自動二輪ギター、ebayでも作品落札価格が高騰中の絵を描くのがとっても上手な正真正銘ホンモノのブタさんなどなど、世界ぢゅうから寄せられる年間100万件以上のビックリ報告から曖昧な基準によって曖昧に選ばれた最新珍奇実話の数々を、大公開。さらに最新どころじゃないずいぶん古い話題で増量もされていて、オールカラー図版満載なうえに、子どもでも老人でも見やすいいように配慮された大きめの活字には、内容のばからしさを強調する効果もあり。子どもむけの歪んだ豆百科ふぁんには見逃せないお正月の年忘れ本です。
元祖どっきりニユース最新版 『 リプレィ氏の「信じようが信じまいが」2005年特別編集版
by  めりぃ‐ぱっかあど
本の大きさ: ヨコ=21.0cm、タテ=26.3cm   重さ=約720ぐらむ
外見: はあどかば。頁数=142頁
発行: 2004、from にうようく(英語版)
ど特価: ¥2000
お問合せ先: dobunko@infoseek.jp
お問合せ番号: ショック大百科50107

カレンダー
ネコになぜ描くか‐2005
★★★★★ ネコだってタマにはおしゃれもしたいぢゃろ、とゆう飼い主のネコいすてっくな思い入れのおかげで、顔や全身にチョウチョやらサンタクロースやらブタやらカタツムリやらおサカナさんその他あれやこれやのボディペインティングのイケニエにされてしまった人造ばけネコもでる様たちのヘンタイ的猫コスプレ写真集『ネコになぜ描くか』はみなみな様の本棚の片隅にもすでに生き埋めで安眠中かもな当店ど文庫の幼稚なろん毛せらぁ中の1冊ですが、コレはそのカレンダーhあぢょん。おととし晩秋に発売された2004年版につづいての今年2005年版です。カレンダー購入にはすでに時期的に手後れ気味なきょうこのごろ、気の確かな各種ネコ萌えマニヤからはイヤがられ、ネコ嫌いからもきっとイヤがられそうな逸脱系カレンダーを今年の悪趣味生活の充実にぜひお役立てくださいまひ。 ★★★★★2005.1.1PM20時00分ごろ]

カレンダー 『 ネコになぜ描くか‐2005
大きさ: ヨコ=30.3cm、タテ=30.0cm   重さ=約250ぐらむ
外見: 全頁カラー写真&かれんだー。頁数=12か月ぶんで12枚ぷらす表紙&裏表紙
発行: 2004、from かりふぉるにゃ(英語版)
ど特価: ¥1600
お問合せ先: dobunko@infoseek.jp
お問合せ番号: ネコスプレ50101

猟奇秘話
王室ばびろん‐ヨオロッパ王朝びっくり史
★★★★★ おふらんす、どいつ、おぉすとりぃあ、えげれす、すぺいん等、ヨオロッパ各地で広大な領土を独占して好き放題の出鱈目ざんまいをやらかした各地の近世歴代王朝の名門名家の王様‐女王様の皆々さまが、どれほど呆れ果てた異常者の群れだったかを示す歴史的事実を、片っ端からひっかき集めて晒しものにした徳川エロ将軍もびっくりのショック!ハレンチ!歴史人物読本です。私利私欲へのモーレルな執着のおかげで王様の椅子にまでによじのぼったものの、半歩でも手前で悪運がつきれば極悪犯罪者として消えていたはずの王様や女王様の子子孫孫たちだからといって、何でここまでアホ丸出しなのかと不思議なぐらいに、特異なだけでなくひとをひととも思わないひとりよがりな超わがまま淫乱セックス趣味、1度に16枚の手袋を同時にはめるのが大好きだったりするような狂気というのもばかばかしい奇行、無から生まれて無に帰るだけの絶対権力のまぼろしにもたれかかる寄る辺なさから生まれる無限の不安や病気でむしばまれた脳みそが吐き出すやくざな副産物としての残虐刑罰や無差別的衝動殺人など、ヨオロッパ貴族のなかでもで最高にどえらい家系とゆうことになっているブルボン家、ハノーバー家、ホーエンツォレルン家、ロマノフ家ほか王室一門の人並みすぐれて殆どすべての面で見苦しくブサイくなみなさまたちが繰り広げたホントに恥かしい愚行の数々を、著者のカール氏はものすごい握力で、学校では教えてくれない歴史の闇からひきづりだして見せてくれています。読後には、少女まんがや宝塚の遠い世界のおとぎ話かと思っていたヨオロッパの王様‐女王様や宮廷生活とゆうものが近所の焼き鳥屋台の胡散臭いおっちゃんおばちゃんぐらい身近に感じられたり、身辺のひとたちに迷惑をかける異常性癖の持ち主が王族の一種であるかのように錯角できてしまったり、最上級の最底辺と最底辺の最高級のみさかいが怪しくなったりしてしまいそうな遠近両用の破壊的きょーよー本です。 ★★★★★[記:2004.12.26PM11時40分ごろ]

猟奇秘話 『 王室ばびろん‐ヨオロッパ王朝びっくり史
by  かぁる‐しょお
本の大きさ: ヨコ=14.0cm、タテ=20.8cm   重さ=約400ぐらむ
外見: そふとかば。頁数=326頁
発行: 1999、from にうようく(英語版)
ど特価: ¥1800
お問合せ先: dobunko@infoseek.jp
お問合せ番号: 黒死館41226

無常識宴会まにゅある
愉快な悪趣味クリスマス
★★★★★ 使い古しのマネキン人形で作るぎんぎらぎんのクリスマスツリー、カルテル用のパラソルの束を土台にしたハワイアンむうどのクリスマスツリー、ニセ札を豪勢に編み込んだ面白くも何ともなさ度満点な西洋花輪(リィス)、SM女王様むうどのおねだり用長靴、永久単身女性のための冷え冷えした火鞭酒ばけつ、原理派菜食主義者も納得の非常食風フルゥツケィキなど、サンタ苦労主のおぢさんが、アノネわしゃかなわんわんと慌てて逃げ出しそうな悪趣味趣味のクリスマス宴会を楽しみ尽すためのおかざり&食べ物飲み物からふぁっしょんまで、何でも手こねででっちあげ倒すための美麗写真満載のハウツウ工作本です。この本で紹介されている奇態な悪趣味クリスマス物件のあれこれの、市販品ではありえないあんまりにもなニギニギしいさは、あちこちの商店街でクリスマス大売り出しの季節にあわせて意味も意義も知りたくも無いクリスマスを口実にしたプチお祭り気分でがっくり盛り下がってみたい方々にはまさにゆるゆるにピッタリ毛。そして例えば小森白かんとくの新東宝映画『日本拷問刑罰史』のネタ本(?)『日本切支丹宗門史』(岩波文庫)とかわりばんこに眺めてみるなど、ほんのわずかな工夫次第でさらにどこまでもバカバカしくお楽しみにもなれそうなたよりない近所のオカマ氏程度には頼りがいのある目的不明の宴会用がいどです。 ★★★★★[記:2004.12.23PM11時40分ごろ]

無常識宴会まにゅある 『 愉快な悪趣味クリスマス
by  作文=まいける‐こぉんうぇい、写真=ぴぃたぁ‐めでぃれっく
本の大きさ: ヨコ=19.5cm、タテ=21.2cm   重さ=約435ぐらむ
外見: そふとかば。オールカラー、写真豊富。頁数=120頁
発行: 2004、from さんふらんしすこ(英語版)
ど特価: ¥2000
お問合せ先: dobunko@infoseek.jp
お問合せ番号: お座敷読本41223

お風呂マニア本
設計図いらずのおフロ
★★★★★ 旧『X-マガジン‐Jam』ないし隅田川乱一『穴が開いちゃったりして』読者の方々には、のちのロス疑惑(無罪確定)の主人公‐三浦和義氏がフリーライター時代に新宿‐乱交ホモホテルの体験取材記事を執筆した雑誌としても知られる『WET』、最近では雑誌『CV』でも特集されたパンク/ニウウエィブ系おフロ文化雑誌『WET』の編集長で、「ブルータス」の連載をまとめた単行本『西海岸共和国だより』でも知られるレナード・コーレンさん(むかしはコーエンて書いてたかも?)が、『WET』の根本思想をこんなにわかりやすく語ってしまっていいのかしらと思うぐらい明け透けに語りたおしたおフロまにふぇすと本。フランク‐ゲイリー何かに理想のお風呂がつくれるのかねへ、とゆうなんとなく見当ちがいっぽい暴論を皮きりに、大好きなおフロの気持ちよさって一体なんなのかを、ぐでぐでにほぐれきった体感の側からひた押しに押し、お風呂作りのこつをキノコ借りにたとえたりする作文は、読まなくてもわかったつもりになるのも簡単かも。コーレンさんの別の著書『はうつー‐ニポン式おフロの入り方』(当店でも購入可能)や『はうつー‐たき火』を丸尾末広が担当した挿し絵が目当てで購入した方には残念なことに、本書には丸尾末広作画の挿し絵はないのですが、その代わり挿入されている白黒おフロ写真これくしょんの数々がなかなか素晴らしく、森のなかの泥風呂にしても、ロープウェイの箱のなかのお風呂にしても、古代ローマ風呂の伝統をついでいるとゆうトルコ風呂や、アパッチ族の簡易式むし風呂にしても、お湯のフロ場やフロ道具の表面をおおう湿気によるシミやらシワシワやらが織り成す無限の陰影とぐらでーしょんにもうもうと彩られていまして、意識変性じょうたい発生の間としてのおフロの魅力にとっぷりひたれるイキな出来ばえになっておます。 ★★★★★[記:2004.12.21PM20時00分ごろ]

お風呂マニア本 『 設計図いらずのおフロ
by  れなぁど‐こぉれん
本の大きさ: ヨコ=15.3cm、タテ=22.7cm   重さ=約250ぐらむ強
外見: そふとかば。世界(撮影場所=ニポン、トルコ、カリフォルニヤなど)の秘湯、名湯、おフロ写真いり。頁数=112頁
発行: 1996、from ばぁくれぃ(英語版)
ど特価: ¥2000
お問合せ先: dobunko@infoseek.jp
お問合せ番号: 経絡秘孔41221

傷痍軍人(しょういぐんぢん)写真集
紫色ハ〜ト型の名誉戦傷勲章/イラク帰還兵たち
★★★★★ 戦争をするための現場どんぱち作業員とゆう意味不明なおつとめの最中に、自分の手足や目鼻耳口や体の皮膚はじめ、脳みそや神経などの正常なはたらきなど肉体と精神の機能など、いのちを維持するための基本的な部品や仕組みの大事な部分を予定どおり気味に2度と取り戻せない落とし物。イラクてゆう遠い遠い派遣先から地元へ里帰りしてみると、心身ともに見事にずたぼろになった記念としてソノ方面から、色はムラサキでハ〜ト型をした「名誉戦傷章」とゆうものを授与されたり、それを貰い損なったりすることになった米リ力ぐん所属の若い廢兵、傷痍ぐんぢんサンたちの成れの果ての勇姿を伝える記録写真集です。傷痍軍人ときくと大島渚かんとくの『忘れられた皇軍』に出てきたような白いゆかたみたいな服を着てアコーディオンを弾く街頭サギのおっちゃんやら江戸川乱歩の『芋虫』やらのイメエヂから連想されるようなタタミをズブズブ腐らせるような湿り気を、タタミやフスマ‐障子などには一切無縁なはづの体内からしゅうしゅう発散している現代やんぐアメり力心身欠損兵たち。そして、その凍りついた時間を静かに共有する作者‐女性写真家ばぁまん氏にむかって、日常の身の回りのことにさえいちぢるしく不都合だらけな肉体に変身したそのひとたちが、何人かの例外をのぞいてくちぐちに、戦場へ、軍隊へ戻りたいんだよぅぅ〜とウワ言のように訴えてみせる無惨で悲惨なバカバカしさ。笑うに笑えない真っ黒なユーモアーのひんやりしたかたまりを詰め込んだ本書をぐぐいと飲み込んでいろ〜んな異論な笑いのタネを育ててみてくださえ。 ★★★★★[記:2004.12.20PM18時30分ごろ]

傷痍軍人(しょういぐんぢん)写真集 『 紫色ハ〜ト型の名誉戦傷勲章/イラク帰還兵たち
by  にな‐ばぁまんん
本の大きさ: ヨコ=20.6cm、タテ=20.7cm   重さ=約540ぐらむ強
外見: はあどかば。オールカラー。頁数=96頁
発行: 2004、from えげれす(英語版)
ど特価: ¥2800
お問合せ先: dobunko@infoseek.jp
お問合せ番号: 傷痍軍人41220

催眠アニマルいらすと画集
羊を数える
★★★★★ 夜、眠れない時にはヒツジの数を数えるといい、とゆう俗信のはぢまりが、「眠る」と「ヒツジ」、スリープ(SLEEP)とシープ(SHEEP)とゆう言葉が似ているからとゆうダジャレつながりだったとゆうもの何だか随分と眠た毛な話ですが、んだば、夢の手前のまきばでじたばたしている身元不明の徘徊羊たちを捕獲して見世物にしたらえかんべかぁ、とゆう出版業者の寝言からうまれた夢のいけにえヒツジいらすと競作集です。どんなものでも絵にしてみせる売れっ子、売れないっ子のお絵描き職人さんたちの力わざに追い立てられてのそのそ姿を現わした羊たちは、夜の帽子をかぶって蒲団にもぐりこもうとしていたり、枕そのものに変装していたり、空の雲になっていたりなどなど、眠気をもよおすとゆう段階をいきなり飛び越えているのもいれば、1匹めと2匹めが交尾してのちのちの3匹め出場を気長にまつような、羊の数を数えるとゆう意味では拷問にもひとしいお気楽組がまじっていたり、かと思うと、数え易いからとゆうだけで、ソロバンの玉全部が羊のあたまになっていたり。これを見たらPッチリ目がさめてしまうう、ちゅうお作品がまずひとつもないKらといって、見れば確実に眠たくなるとゆう保証も一切不可能な、どこまでもあいまいぼんやりとした企画倒れっぷりを夜明けまでぢっくりとお楽しみくださいまひ。 ★★★★★[記:2004.12.17PM19時30分ごろ]

催眠アニマルいらすと画集 『 羊を数える
催眠アニマルいらすと画集『羊を数える』
by  まぁちん‐ぺだぁせん
本の大きさ: ヨコ=12.2cm、タテ=18.7cm   重さ=約255ぐらむ強
外見: はあどかば。オールカラー。頁数=106頁
発行: 1995、from すいす(英語版)
ど特価: *売り切れました
お問合せ先: dobunko@infoseek.jp
お問合せ番号: 就眠儀式41216

駄菓子屋&通販系どっきりオモチャ図鑑
安っぽい笑い/珍奇物件のア〜ト
★★★★★ 三流俗悪雑誌の通信販売欄のすみっこや戦争未亡人のばあちゃんの駄菓子屋または寂れかけた観光地のお土産もの売り場の片隅に小さく置かれていてもどこの誰が何のために買うことがあるのか全然理解できないような、座るとオナラの音がでる敷物とか、骨がすけて見えるX線メガネとかいった、あんまりにもな面白くもおかしくもなさ加減が物凄くおかし毛な、どっきり&冗談ぐっずの歴史的駄作中の駄作群を無意味にうやうやしく陳列したコドモだましのお笑いオモチャの観察図鑑です。意味もなく巨大すぎるメガネや誰でも簡単にビートックになれるつけヒゲなど、いちおーはアホっぽい装いための小物や装身具とこぢつけることで多少は納得できそうなガラクタ品もありつつ、手に取って飲むために傾けると中身が穴からこぼれしまうコップとか、ものがすくえなくてまだるっこしいおサジ、ほんものソックリなゲロやウンチや、プラスチックでできた食べることができないスイスチーズと称するものなどなどから、果ては、クシャミをだせる封筒とかカユくなる粉とか、現代では各種規則によって製造も販売もじぇったいに許されないイヤガラせかと思うような人陸有害おもちゃまで。それぞれについて、元祖のものだけでなくモノマネ類似品の品名、大きさ、開発者、製造時期、外観、製造会社名、宣伝の文句、使用法、効能、購買年齢層、発売投じの小売定価値段、原産国、それにウンチクなどを、いかにも図鑑ぽいぶんだけ余計にウサン臭げに記載され、基本的に実物原寸大のカラー写真と、雑誌掲載用のイラストいり広告原稿まで見開き頁で同時に眺めれれます。なにしろスミからスミまでこの世にあえて存在する甲斐はこれっぽっちもなかったはづのガラクタ品たちが、こんなに立派な本にまとめられてしまったとゆうアホらしさにウットリ出来るスネ者の方々のための屈折率の強い最低級文化的ごみクズばんざぁい本です。 ★★★★★[記:2004.12.13PM21時00分ごろ]

駄菓子屋&通販系どっきりオモチャ図鑑 『 安っぽい笑い/珍奇物件のア〜ト
by  まぁく‐にゅうがぁでん
本の大きさ: ヨコ=18.5cm、タテ=26.2cm   重さ=約565ぐらむ強
外見: はあどかば。オールカラー。頁数=128頁
発行: 2004、from にうようく(英語版)
ど特価: ¥2500
お問合せ先: dobunko@infoseek.jp
お問合せ番号: 香具師虎の巻41213

幻の猟奇雑誌宝典
いにしえの無気味な俗悪雑誌たち
★★★★★ 現れようと消えようと極少数マニアでなければもともと存在にさえ気づかれない猟奇系俗悪泡沫雑誌のうちでも、よほど異常に気合いのはいったベテランこれくたぁでさえ入手できないばかりでなく実物をみたこともないような、値段のつけようもないほど珍しい1920〜70年代のゴミ雑誌およそ40誌の、収録記事作品一覧に、各号すべてのオドロオドロしい表紙いらすとを完全カラー図版であわせて収録。著者は猟奇雑誌調査の先駆的ごくろー作として一部では知られている毛な『戦慄の俗悪雑誌(THE SHUDDER PULPS」の編集係をつとめたことがあるばかりでなくボーイスカウトの団長やキりスト教の牧師などの肩書きも持ちつつ一方で、俗悪雑誌収集歴40年以上とゆう筋金いりで、本書に収録されたウルトラ貴重な資料も大部分は著者自身のこれくしょんとのことで、H‐G‐ルイスの映画に登場する狂気の南部人の面影をアメり力南部の田舎紳士を絵に描いたような本書の著者に重ね合わせてニヤニヤもゾクゾクも出来たりもします。 なにしろ世界初のSF雑誌とされている1919年創刊の『スリルの本 (The Thrill Book』の揃い全16册や、それに匹敵するほど残存部数の少ない号もあるとゆう『魔法と神秘ものがり』(1927-28)以下、いまだ現代ニポンのテレビ‐映画‐活字などにまで直接的に間接的に及ぶ悪影響をたれながし続けている心霊、オカルト、ホラー系妄想幻覚すとぉりぃとそのビヂュアルいめいじのに、源泉かけながし状態でドップリひたってください。 ★★★★★[記:2004.12.11PM10時30分ごろ]

幻の猟奇雑誌宝典 『 いにしえの無気味な俗悪雑誌たち
by  だれる‐C‐りちゃぁどそん
本の大きさ: ヨコ=23.0cm、タテ=30.4cm   重さ=約575ぐらむ
外見: そふとかば。オールカラー。頁数=112頁
発行: 2004、from めりいらんど(英語版)
ど特価: ¥2500
お問合せ先: dobunko@infoseek.jp
お問合せ番号: 猟本奇本41211

実用カレンダー
ヒドい毛‐2005年
★★★★★ どうしたらこんなにヒドひ髪型ができるのかと不思議でたまらくなるほどにピタリと決まった1970年代初期を中心にした神技ないし悪魔技的にヒドい髪型のカットモデル男女の肖像写真集として2年ほど前から大ひょ〜ばんのプチ写真集『ヒドい毛』が2005年用のカレンダァになりました。大きさはオリヂナル『ヒドい毛』の約2倍。通常の週刊誌さいずより、横巾が長くて、盾巾が狭い変型版へと成長していまして、ヒドい髪型だけでなく、ヒドい髪型に耐えているのか心底ウットリしているのか理解に苦しむあいまいな表情をたたえたおもに1970年代はじめごろの無名カットモデルさんたちの妙なお化粧やお肌の荒れ具合などまで、より詳細に点検してお楽しみいただけるようになっています。しかも、オリヂナル写真集には未収録の初公開写真も豊富。スパイラル綴じの頁をめくるごとに、「ヒドい毛」写真を左側のペーヂに、右ペーヂは1頁につき1週間ぶん区切りで毎日のメモを記入するのにもたっぷりな余白が用意された見開き構成になっています。表紙は堅牢な厚手のはあどかばあが日記本体を保護していますので学校や職場などへの持ち運びにもふつ〜にベンリ。カレンダーとしてより以上に日記帳やスケヂュル帳としても大いに重宝なうえに、さらにまったく不要なオマケ特典付録として鏡とクシも同封されていまして、自分から自分あてをふくめてプレゼントにも好適。笑われ、笑わせる肉体改造のためのと〜ても頼りがいのある虎の巻です。 ★★★★★[記:2004.12.09PM10時30分ごろ]

実用カレンダー 『 ヒドい毛‐2005年
本の大きさ: ヨコ=19.0cm、タテ=23.7cm   重さ=約490ぐらむ
外見: はあどかば。すぱいらる綴じカラー&白黒写真多数。頁数=64頁
発行: 2004、from にうよおく、ろんどん(英語版)
ど特価: ¥1800
お問合せ先: dobunko@infoseek.jp
お問合せ番号: 服装検査41209

写真図録本
「真珠湾を思い出せ」系の骨董品
★★★★★ 真珠湾ときくと江戸川乱歩『パノラマ島奇譚』の舞台になった真珠王の小島つながりで伊勢‐国際秘宝館に養殖黒真珠で性器をかざりたてた白ブタの電動人形がブヒブヒ喜悦の笑みを浮かべている光景を連想される方々も少なからず多からずおありになることもあるかもしれませんが、本書のお取り扱い物件は、今年(2004年)をさること60有余年前の12月7日、当時の大日本ぷろれす帝国軍がハワイの真珠湾にテロ攻撃をしかけたときに、迷惑をうけた側のアメり力のあきんどの方々が、それを記念して粗製乱造した「真珠湾を思い出せ」記念品のこれくしおんでおます。ちょっとでも冷静考えたら馬鹿馬鹿しくってやっていられないはずの戦争気分をもりあげるために、大声をはりあげながら脳みそは眠ったままのハイてんしょんバカ製造用の洗脳呪文「真珠湾を思い出せ」。その合い言葉を、ポスターや絵ハガキやステッカー、ワッペンやオモチャや文房具から各種日曜雑貨品など何となく想像のつきやすいものだけでなく、パンツやら女性のおヌード写真にまで焼き印され、さらには正義の味方や、悪者たちの顔を場合によっては付け足した、あくまでもどこまでも安っぽい滑稽でグロテスクな「真珠湾を思い出せ」グッズの数々が一堂に。そんなにいつまでも大事に覚えていてくれなくてもイイのに、とゆう気分と、折角なのでいつまでも覚えていてほしい、とゆう気分が背中あわにはりついた一卵性双生児のようにむなしい追いかけっこをしたりもする毛な悲しいホコリ臭さをムセるほどお楽しみになれそうです。 ★★★★★[記:2004.12.07PM10時40分ごろ]

写真図録本 『 「真珠湾を思い出せ」系の骨董品
写真図録本『「真珠湾を思い出せ」系の骨董品』
by  ふらんく‐えいりあん、まぁちん‐じぇいこぶす
本の大きさ: ヨコ=21.6cm、タテ=28.0cm   重さ=約350ぐらむ
外見: そふとかば。白黒&カラー写真多数。頁数=88頁
発行: 2000、from あめリ力(英語版)
ど特価: ¥1800
お問合せ先: dobunko@infoseek.jp
お問合せ番号: 喪失戦意収集41207

大展覧会記念図録本
リー‐ボンテクー
★★★★★ 1960-70年代初期にかけての現代おゲイヂツ業界のどんな流行にも捕われずに、黒い穴ぼこをめぐる独自の偏執的妄念を造型することに専念してアイドル的ちいをきづいた女性げいじつ家リー‐ボンテクーさんの作品を集大成した大規模な巡回回顧展記念の豪華版図録本です。でびう40年にわたるボンテクーさんのおしごとのほぼ全部の精力は、「黒い穴ぼこ」をめぐる瞑想にどっぷりひたりきっているようで、合成樹脂や金属と布地や繊維を組み合わせた3次元の立体ものでも、たいまつの炎であぶった紙の黒いススをナイフの刃で削りとることからはじめたとゆうお絵書きものでも、ほとんどの作品群が「黒い穴ぼこ」から深海のずんどこにひりだされた原始ロボちっくな多細胞の生命体の、光もなしにすきとおるようなざわめきに満たされているかのよう。水晶体のかわりに黒い太陽をはめこまれた魚や鳥の目玉のような玉ころを細胞の核に作られた、地球のれきし上で過去のどの時代のどんな場所でもまだ一瞬も鳴らされたことのない楽器のような、あり得ない未来生命の懐かしい音色をどこまでも無音の世界で響かせて視神経切断へと誘惑するようなボンテクーさんの黒い目玉の冒険をこの機会にぜひ。 ★★★★★[記:2004.12.04PM7時50分ごろ]

大展覧会記念図録本 『 リー‐ボンテクー
by  えりざべす‐すみす
本の大きさ: ヨコ=26.0cm、タテ=28.5cm   重さ=約1.8きろぐらむ
外見: はあどかば。オールカラー。頁数=212頁
発行: 2004、from にうようく(英語版)
ど特価: ¥5900(出版社在庫僅少です)
お問合せ先: dobunko@infoseek.jp
お問合せ番号: >幻覚生命体41205

特殊蔵書票これくしょん
ひとしずくの愛の葡萄酒で/好色蔵書票‐ワイン篇
★★★★★ 屈折した性欲のはけぐちとして「本」を買い集めたりするとゆう、それだけでも大変に結構な趣味を、さらにごく健全な意味でのスケベエごころでぐるぐる巻きにした上から、ブドウ酒をどぼどぼ注いで出来上がり。好色蔵書票のうちでもとくに楽し気な、真夜中の裸女と悪魔の乱痴気騒ぎを題材にしたソレばかりを、齢70才を越える著者の長年にわたる個人収集から厳選してご披露されてあります。ワイン好きと聞いただけでも何となく腹がたってくるぜぃと感じずにはおられない潔癖性のみなさまにも気がねなく呆れていただけそうなシラフのせかいへ頑固な反発心をばねにした、ワインとワカメの区別もアサリと見失われるヘベレケ状態への憧れを刻みこんだハレンチ趣味の狂い咲きぶりを、忘年会新年会その他各種宴会の予定をすっぽかして、こっそりひとりでお楽しみくださはひ。 ★★★★★[記:2005.3.06PM11時40分ごろ]

特殊蔵書票これくしょん 『 ひとしずくの愛の葡萄酒で/好色蔵書票‐ワイン篇
by  かぁる‐でぃてる‐ぐせっく
本の大きさ: ヨコ=13.5cm、タテ=22.5cm   重さ=約320ぐらむ
外見: はあどかば。図版=カラー&白黒合計102点。
発行: 200X、from らいぷちひ(どいつ語版)
ど特価: ¥3500
お問合せ先: dobunko@infoseek.jp
お問合せ番号: 愛書狂41203

脊椎どうぶつ骨ホネ写真集
頭蓋骨(ずがいこつ)
★★★★★ 館内倉庫全体で1600万点以上の動物標本を収蔵しておりまっしぇとゆうカリフォリニヤ科学あかでみぃ博物館で開催された、脊椎どうぶつの頭蓋骨ばかりを並べた展覧会『頭蓋骨』開催記念のビューチフルーなオールカラー写真図録本です。おサカナさんもカメやワニなどのハチウ類両生類もトリさんたちもひっくるめて地球の陸上と水中と空中で生活している脊椎動物たちの頭蓋骨これくしょん数千点のうちから、基本的な構造は脊椎動物のひとことで親戚扱いできるほどには似たりよったりななのに、造型的には似ても似つかないようにしかみへなひほどに多種多様なちがいのあるよりすぐりの動物頭蓋骨を平均ほぼ1頁に1コずつ、合計90コ近く収録。ファッション&肖像写真の大名人リチャード‐アベどんのお弟子さんをしていたとゆう経歴を持つ著者で写真家のデビッド‐リッシュウァイジャアさんの繊細な目と手に操られて思いきりくつろいでいるせいなのか、動物の頭蓋骨たちがどれもこれもニコニコと笑顔を浮かべているようにしか見えなくなってくるのが何ともええかんぢ。頭蓋骨の表面にくっきりと刻まれた笑う動物たちの忘れようとしても思い出せない最新最古の記憶をかつお節削り器でこするように堪能させてくれるカルシウム100%配合の骨元気本です。 ★★★★★[記:2004.11.30PM10時20分ごろ]

脊椎どうぶつ骨ホネ写真集 『 頭蓋骨(ずがいこつ)
脊椎どうぶつ写真集『頭蓋骨(ずがいこつ)』
by  でびっど‐りっしゅうぇいじゃぁ
本の大きさ: ヨコ=29.9cm、タテ=23.3cm   重さ=約750ぐらむ
外見: オールカラー写真集。頁数=112頁。
発行: 2002、from かりふぉるにゃ(英語版)
ど特価: ¥5500
お問合せ先: dobunko@infoseek.jp
お問合せ番号: 笑う骨41201

    ♥♥もそっと前の新着もの=こねこね日=2005.2.3♥♥



....お問合せ&ご注文はうはう
 お問合せ&ご注文はうはう
  • 本のお値段
  • 当店「どどいつ文庫」は、大々的なごくごく零細店ですので、本代=本代で、消費税はまったく加算されません。
  • 通信販売
  • まづ電気メイルでdobunko@infoseek.jpあてに在庫状況をご確認くださいませ。通信販売お利用のばあい、本代の他に実費送料(宅配便か郵便代)がかかります。
  • ご来店
  • 日時ご予約の上、当店ショウルウムへお越しくださひ。山手通りと目白通りの交差点から徒歩で2、3分。最寄り駅は都営大江戸線「落合南長崎」、西武新宿線「下落合」「中井」、西武池袋線「椎名町」です。
  • 消費税について
  • ホーム頁での表示特価ぽっきりで、消費税は加算されません。
  • お問合せキウあんどエエ
  • おわかりになりづらい点もたたある毛な当店ホ〜モ頁です。お問合せ‐その他ありましたら電気メイルでいつでもお問合せください。通常おおむね25、6時間以内にはお返事できるかと思います。
    お問合せ係もdobunko@infoseek.jpです。
            |最新のペエヂへ前の前のペエヂへ前の前の前のペエヂへ

2.2005年のどどでもよかった日記&お知らせモロモロ!(*最新こちょこちょ日=2005.5.01*)

4月26
...女装オリンピックをテレビィでみたことありますですか?今年の開催日は4月5日。もう終ってしまったようですねー。女装オリンピックの主催者は本日お案内の世界の女装生活おうえんガイド本の出版元でもあるロンドンの女装専門出版社。わだすが女装五輪(といっても種目は3つ)のことを知ったのもこの本を通じてだったのですて、本&オリンピックのご案内を、開催日にまにあうようにと思わないわけではないどころではなく、当店ホーモ頁本体から、どどくり日記を切り離してどぶろぐ発射オーライしたりゆうのひとつもそれだったような気までするのですが、いつももどどくりどどど忘れ。。 。。
    
4月23
....四月馬鹿プラス月間も残りあと1週間でこぼこな土曜日の夜のこんばんわどどす。きのうは、いわゆる「80年代パンク/ニウウエイブ」方面の懐メロふぁんの元アイドル、TG〜サイキックTVの親方ジェネ=P氏のタレント本のご案内を、ひそかに居眠り&鼻ぼこちょうちんふくらませつつぽこぽこ。説明のたりないところは想像で修繕してやってくださざええ。。 。。
    
4月21
....きのうは、「池袋西口公園古本まつり」とゆう何だか獰猛凶悪そうなエベントの見物にでかけました。宣伝ちらしの案内地図に従ったつもりで、別会場のはずの勤労福祉会館7Fにある豊島区立郷土資料館とゆう場所に行ってみたら、何も行われていなかったのですた。軽くがっかりしつつ、本会場?の西口公園にむかう途中で赤くて長いお鼻の天狗の絵を車体に描いた「天狗ハム」のトラックを目撃。「天狗ハム」って一体。。
    
4月19
.....四月十球日のおばんこです。 昨日の営業日記で第一ブログを氷漬けにしますとお知らせしました直後に、なにがなし侘びしい心もちになり、記事の追加をしてしまいました。 ネツトでひらった世界の蔵書票協会のリストなどとゆう面白くもなんともないメモ。しかも当店死蔵在庫本『ひとしずくの愛の葡萄酒で/ 好色蔵書票‐ワイン篇』の宣伝をちゃっかり兼用するつもりが、うっかり忘れたままだったのですたが、なんともどどでもよかったよかったよ買ったよ。
    
4月18
.....先週は久々に丸一週間ご注文ゼロの交通安全記録を達成! その勢いで小手先だけのペエヂのプチ衣替えをしてみました。 また、単なる思いつきではじめたブログ日記、何のこと だかわからないままにオーピン一週間を待たず早くも 冬眠状態に突入中です。春らんまん、ひきつづき よろしうお願いしまするるん。
    
4月18
.....頁のはしっこの「今日のごあいさつ」でもお知らせしたとおり、先週の火曜日にはじめたばかりにブログ日記、ブログって何の事だかわからずじまいのまま、どっどどどどーと休眠することにしました。ああんど、休眠しつつ、次ぎの新ブログの計画を考えてる中。まったくわけがわかりません、忍忍(by ばいおりん侍)。。
あああんど、きょうは新しいご本の宣伝をのせるつもりだったのですが、成果のうすぅいレイアウトいぢくり作業でくたぶれたため、明日に順延してみました。徐々にですが、ももっと見やすい頁にしていきたいようなつもりです。。...??
    
4月13
.....なんのことだかよくわからにままに当店の押し入れ収納スペースとしてhttp://dobunko.exblog.jpとゆう場所を拝借してブログとゆうのをはじめてみたのですが、それはそれで思うようには使いこなせずで。またまた気がかわって、こちら頁はこれはこれでだらだら続けることにしました。
きのう今日の2日間に、あちゃらの頁は4回ぐらい行進、こちらの頁は1回ぐらい行進。どっちにしても充実度はちょぼちょぼなのですが...??
    
4月11
.....最近まよいにまよっていた、この「日記」のぺえじの切り離しをついに敢行。これからしばらくhttp://dobunko.exblog.jpとゆう場所に、いつもホ〜モ頁からハミだしている当店の甘皮のきれっぱしを、ぺたぺたはりつけて虫干ししよかと思ってます。。...??
    
4月
.....4月4日はオカマの日、と言ってオスギとプー子がさわいでいるのをむかしよく耳にした記憶がどこかにひっかかっているせいか、今年2005年の4月5日にえげれすで行われる「女装オリンピック」の紹介をどこかに書いておきたいような気分でむらむら。その話の出所の、世界女装じょうほう最新版『おでかけ世界』の宣伝を、のせようかと思いつつ、居眠りしたりで...??
    
4月
.....きのうは四月馬鹿。おもしろ冗談は何ひとつ思いうけべれれれずぢまいで。きょうも四月馬鹿。去年の四月にも、ずずっと四月馬鹿ばか言ってオメデタがっていたような。と、ところで、何をいまさらで、やっぱりどこかのブログ屋さんの電気部屋の手のひらのシワの垢のきれっぱしを借りて、どどぶんころぐ日記をつっころばそーかどーしよかと思いつつ、抵抗感もりもりだったりで...??
3月30
......お風呂屋さんの番台テレビでちらりとみたTBSテレビ50周年すぺしる歌番組の画面に、のちにスキャンダル死することになったザベストテン追っかけアナ‐松宮一彦サンが新幹線ホームで松田聖子にインタビウする姿が。ココよくみて、とゆう演出者の指さし確認合図をかんじつつ、当ホ〜モ頁も次回行進予定の4月1日から、またまた出直し再出発できたらええなーと思いつつ.....??
3月26
......本物の人糞よりも人糞らしい風格を漂わせる人工うんこを製造するアート機械『原始肛門‐最新改良型』の作者としてそこいらぢゅうで知られているWim Delvoyeさんの新作お絵描き展覧会の、きょうは最終日。会場は、にうようく‐そーほーの、すぺろーね‐うえすとうぉおたぁ画廊で、見物に行けなかったのはもろちんでしが、今時点でならば、http://www.speronewestwater.com/cgi-bin/iowa/exhibits/index.htmlで「Wim Delvoye: Drawings and Scale Models 」を探してうろちょろすると展示作品のかげろうのようなものをノゾキみできま.....??
3月某日
......無国籍ニポン版『粗暴病院(HOPITAL BRUT』ヘパリンの親方ヨシカワショウゴさんのバンドZUINOSIN4日連続LIVEのおしらせをいただいたので、とりあへずコピッペしておきまし。
TOKIO狂った街でZUINOSIN4日連続LIVE決定ですよけれ ばぜひ! 3/29(火) 遠藤賢司&カレーライス VS 銀杏BOYZ @新宿LOFT open18:00/start18:30 adv:2500円(not 1D) dor:3000円(not 1D) 前売り開始2005年3月5日(土) act: 遠藤賢司&カレーライス 銀杏BOYZ opn act: ZUINOSIN 3/30(水) 19-t presents "electrophone feat. dDamage" @Ebisu MILK open/start : 23:00 door : 2000yen w/1D w/flyer : 1500yen w/1D dDamage (planet-mu) from France zuinosin shex + ○× utabi cow'p deseptagon kesqsse dj skyfish potato masta 3/31(木)@SuperDeluxe [危ダビ少年A] open19:00??? 0yen!! タダ !! 無料 !! 安い !! ▼ZUINOSIN ▼赤い疑惑 ??? ??? ??? ??? ? ? ちょっと危ない 阿弥陀火 無荼毘電球 -------------------------------- 4月GIG情報 4/1(金) @東京 ラフォーレ原宿前 ●フリーイベント ●ZUINOSIN(16:00〜) w/あふりらんぽ(18:00〜) 東京都渋谷区神宮前1-11-6 TEL:03(3475)0411 ..??
3月某日
......「どどいつ文庫のどは、どどくり、のどでわ?」とゆうお質問をお客ちゃまから頂きました。どどくり、とゆうのは、瀬戸内海沿岸の本州側方面かいわいの土地ことばでドモリのことなのでしっょー?「どもり治療法の歴史」みたいな本をちょうどきのう注文しようかと思いつつ止めたばっかりだったので、どとてもキグー。どどくりラッパー大会があったら飛び入り参加をもうしこんで出演順番待ちの途中で脱走したいでで..??
3月某日
......本屋さんのしごとが、どれぐらいパソコンの前から遠くの離れた場所でみなちゃまにくつろいでもらふかー、てことでもある。としたら、オンライン書店とかってコンポン的にばかみたいなのでわ、と思いつつ、きょうもホーモ頁いぢりのために、本をなでくりまわすための時間をむだ使い。社交熱湯枠でもなく風呂具でもなく今だにホ〜モ頁づくりにはげむことの中途半端な流行おくれさ加減を今ごろようやく書店ビル特設売り場の立ち読みで思い知って、嬉しいでづよお。ほんとにばかみたいななのは圧倒的にわだぐぢ(誰?)のほうなのですた。(このペエジの)レイアウトがいつの間にか崩れていたのに今ごろ気づいたけれど気にしないでくださひ。.....
小鳥さんから借りっ放しの金髪フェチ本、カルロ‐モレノ『ポラロイド』(1985、ぎゃれりあ‐ふるびお‐ふぇらぁり)を、ペラパラ見。早く作業をおへてパソコンの電源をきらなくてわ...??
3月某日
......今月3月30日からはじまる第19回ロンドン‐ゲイ‐レスビアン映画祭のホ〜モ頁http://www.llgff.org.uk/index.phpをのぞき見物中に、テート‐モダン美術館での上映予定のなかに『ゲイポルノに見るきょうさん主義の崩壊(The Fall of Communism as Seen in Gay Pornography)』(1998、米)とゆう超ハードコアーな題名の短編とそーぐー。ちょうど、ますますヒマになる一方の営業時間のあいまにパソンコの画面のすみずみに至るそこらじゅうに容赦なくはびこりコニャニャチワしまくる超無国籍ぐろーばる経済ぐらんぷり主義者の仮想的に隠されたり誇示されたりする性欲の台所と、鍵のかかった扉の中でのプライベートっぽい愛技の全裸政治的肉欲討論会との、くんずほぐれつな肉弾戦を、最前列から2列目ぐらいのところから実況報告している『グローバル‐セックス』byデニス‐アルトマン(訳=河口和也、風間孝、岡島克樹、2005、岩波書店)とゆうご本をながめていたところで、小さなビンゴっぽかったのですた。『グローバル‐セックス』は、5ダールの『映画史』みたいに調子のいいいい本ぽい気がなんとなうしるですが、それは単なる印象.....??
3月13日
......きょうもまたまた晩から晩までホ〜モ頁のいぢくり作業。当店ホ〜モ頁も指おり数えてみるとオーピンから今年で7年めぐらいにもなるかと思うのですが、いまだに、HTMLとスタイルシートがジャンケンポンしたらどっちが強いかとかそんなような、気がついてはまたたくまに忘れる初歩の初歩みたなことが年がら年ぢゅうで、くたびれます。『ビックリ!インド人の頭の中』by宮元啓一&石飛道子(2003、講談社)をもそもそっとよく立ち読みしなくてわ.....??
3月11日
......ホ〜モ頁のリヌウアル作業やりかけ途中で、とりあえず更新してみましたのですが、ど、でしょか.....??
3月9日
......3月9日‐東京大空襲ときくと、数年前、小松崎茂記念「昭和ロマン館」休館前の最後の企画展「日本のロートレック‐おのざわさんいち」でみた、ストリッパー&水商売女性画の大巨匠おのざわさんいち画伯描くの、ピンク色の業火をおもいだすますね。恐怖の黒炎で汚れた戦時下のピンク色の業火につつまれた焼死体と、戦後の暗闇に咲いたストリップ劇場のピンク色のスポットライトで輝く清浄な女体のはちきれそうな生命力との、目もくらむような対比。印刷ではじぇったいに伝わらない、おのざわ先生の原画の素ン晴らしさを、もいちど、どこかでおがみたいので。。...??
3月某日
......昨日、試しにお連絡ヨーヨー紙のようなものをこの頁のなかに取り付けてみたのですが、予想以上にうまく行かなかったので、単なる、お問合せ&ご注文ハウハウの説明に変えました。来月元旦、四月馬鹿の祝日をもくひょ〜に、ホ〜モ頁の全面的模様がえをごしごし続ける予定です。...??
    

3月某日
......おきゃくちゃまからおみやげで『ME-HER』増刊号(1982)のコピーを頂きました。うえる亀と浮き世ぷらすてくすぢゃないですた〜りん。...??

2月某日
......アルコール依存系野外生活のおぢさんたちとのホノボノと血まみれな触れあいを記録した人気実録映像『ばむふぁいつ』のサントラ盤とTしゃつのご注文を頂いたお客ちやまあてに、バムファイト社のプロヂューサー2名の再逮捕&実刑ちょーえき6け月とゆう今月10日づけのニュースを報告。ホームレスつながりで、中村淳彦『名前のない女たち』(2002、宝島社)をとりだし「ホームレス女」結城杏奈の巻をよんでみたり。反動で、家つきホームレスや家庭内ホームレスのことをおもったり。地球博もろもろ...??

2月某日
......今日もヒマすぎのため大型電機店でテレビ見物。銭形金太郎番外編?の「ビンボーテーマパーク」特集を。ビンボーテーマパークときいてわだす(誰?)が思い出すのは、全長2メートルのプール兼アイススケート場が最大の自慢だった(?)とゆう関東きっての伝説的公立ビンボー遊園地、(旧)あらかわ遊園(改装以前の)。先月だったかのニュースで、住基カードに電子マネーの機能をくっつけたものを全国で初めて、よりにもよってもんだいの荒川遊園で実用化される。などてゆう実にどうもバカバカしい話を聞いてのけぞりかえったのを思い出したのですた....??

2月14日
2月某日
......ときどきムズムズする性癖で、ホ〜モ頁レイアウトの全面的な模様替えをしたい気分に。。いぢくっても、いぢくっても、代りばえがしないのは目にみえてもいるのですが、もそっとお気楽っぽくしたいものと........??

2月某日
2月某日
......いつもどおりにどどどでもいいむかしむかし話なのですが、勝新太郎しゅえん、増村保造かんとくの東宝映画『御用牙/かみそり半蔵地獄責め (1973)』のおフランスばあじょんは、タイトルが『Kung Fu Hara Kiri』つまり『空手で切腹』だったんですねー。しかもビデオぱっけいぢのイラストは、黄金色のおすもうさんフンドシを締めた勝新太郎が雄叫び挙げつつ波辺を全力疾走(?)の図。とりあえず超ヒマーなかたはhttp://eastside.free.fr/videos/kung_fu_hara_kiri.htm でも......??

2月14日
2月某日
......飛び出すグラマー美女レトロ写真集『3D立体写真でみるハロルド‐ロイドのハリウッド‐ヌウド』のご案内を、当店ホ〜モ頁の敷地内でことさらにお手入れをほったらかしがちなフェロモン物件の押入れこーなぁ「小鳥さんのお部屋」に挿入。敷地面積およそ2000坪とゆうハリウッドで一番の豪邸に住んだ喜劇王ハロルド‐ロイドが5000人のグラマー美女軍団をモデルにプロ用機材で撮影した10万点ちかいゴーヂャスな立体ヌウド写真を厳選したもので、ビザールぴんなっぷ女王ベティ‐ペイジ、ラス‐メイヤー監督作品で大暴れするはるか以前の駆け出し水着モデル時代のトゥラ・サターナ、映画『女宇宙怪人OX』にも出演したストリッパーのシャーリー・キルパトリックなども。3D立体写真と、立体メガネいらずの普通写真のおヌウドが、ちゃんぽんで収録されているため、フロクとして同封されている、特製ロイド眼鏡型の赤&青メガネを使っても使わなくても愉しめる仕組み。イーストマンカラーふぃるむの温度感がモデルの肌を小麦色に輝かせるほどポカポカなのが、レトロいエロ写真ならではの風流むうどをそそり立てているようで。。ど特価¥3000です........??

2月14日
...... 人形はうす写真集『不可解な死亡現場をめぐる木の実サイズの調査』のご案内ついでとゆうには無理無理ですが、『Yaso #doll● 復刊・夜想』の「第1号/特集#ゴス」「第2号/特集#ドール」と2号連続で大紹介されたの表紙&巻頭ぐらびあ写真を飾った人形人間映像屋フローリア・シジスモンディの最新写真集『免疫(Immune)』が今年3月下旬〜発売の予定です。シジスモンディの第2作品集になるこれは、何しろ現物は未見なのですが、宣伝によると音楽演奏者のため&わたしって素敵なのの写真集らしく、ジスモンディのホ〜ム頁のなかのお写真コーナーhttp://www.floriasigismondi.com/photo.htmlにあるようないつもどおりの左まきの時計とゆうのか現代的時代錯誤の求道者っぽいかんぢと違う要素があるかないかは見てのお楽じみ??フローリア・シジスモンディ写真集『免疫(Immune)』当店ど特価は7000円ぽっきり(消費税無用)あんど、通販ご希望のばあい本書ご予約のかたへは送料無料で発送も痛します。ご予約お申し込み&お問合せは大慌てでなくてもまだまだ間に合いますが、大至急当店あてまでご連絡を..........??


2月某日
............ホーモ頁に恍惚の絵ハガキ集『コンチハお嬢さん!/1970年代雑誌の男性肉体美広告集 』のご案内をのせるための参考にとゆう自分への言い訳をつくり、古本でまとめて購入後ほったらかしにしていた『朝日新聞報道写真集』シリーズのうちの『1971』をぺらぺら。このシリーズ、タイトルになっている年の前の年1年間の主要報道写真を記事から拾っているため、これは1970年の出来事版ですのだ。「世相」コーナーに「男女性籍.不明時代」「ファッションに造反ゲリラ」「マキシとトンボメガネ」など、『コンチハお嬢さん! 』とぴったり符合してるっぽい記事が。そして男性肉体美まにあ三島由起夫氏の「現場」写真やシージャック川藤氏の現場写真も。「1970年のおもなできごと」と題された、元旦から大晦日まで365日間毎日の主な出来事の一覧をながめているうち何故だか世間がますます遠のいていくような.....??

2月某日
............当ホ〜モ頁のなかの「昨日までの頁」のなかの大量の文章が、色合いの加減でほとんど見えない状態になっていたことに気がついて、あわててお色直しをしてみました。こんな色でいいと思っているわけではまったくないのですが、とりあえず王宮処置とゆうことで、時間ができたらまた直すつもりではあります。...??

2月某日
............ヒマにまかせて連日のように巨大電器店店頭でフジテレビ昼下がりの連続てれびドラマ『冬の輪舞』をかんしょー。「原作=吉屋信子「あの道この道」とテロツプがでるのだけれどホントーともおもえないしょーもなさ。呆れては、また次回もみて、また呆れるのくりかえし...??

2月某日
.......入場無料(申込み制)でみれれるつごいバンドの公開録音ライブとゆうので開始しばらく後から好き者の話題になっていたのをめっきり忘れかけていたのをお客しゃまの話で思い出したNHK-FMらじお番組「LIVEBEAT」。今週水曜日2月9日のゲストは、元‐裸のラリーズ‐ヒロシさんのPort Cuss(ポートカス)なんですねー。番組ホームペエヂhttp://www.nhk.or.jp/livebeat/にはPort Cuss(ポートカス)の画像も10点ぐらいあってびっくら。過去にさかのぼると以前の出演者には受信料支払い拒否ソング「NHKに捧げる歌」の早川義夫、最近の出演者にはMAHER SHALAL HASH BAZ(マヘル・シャラル・ハシュ・バズ)の名前もあったり。そして、夜。近所のラーメン屋のテレビでNHKテレビ「フリーター漂流 〜変貌するモノ作りの現場で〜」を最初から最後まで見物しました。工場仕事の請負会社にたぶらかされて最新型ケータイ電話の半導体基盤を製造する現代のタコ部屋に押し込められた若者(20代&30代)の3人への接着取材で、3人のうち、1人は仕事中にくつろいだのをとがめられたのに腹を立てたことがもとで一週間でクビ(くつろいだりサボりながら仕事したからクビ。みたいな、野蛮なリクツって一体全体?)。1人は中途でやめたフリで請負会社を蹴飛ばしておいて工場との直接契約で職場復帰。誰よりも糞マヂメな1人は請負会社のいいなりで極悪な環境の作業をタライまわしにされたあげく実家に戻ってみれば親に怒られるはで、故郷の雪道を踏み締めながら地獄の自動車絶望工場へ死出の旅へでる。とゆうちょっと3匹のコブタちゃんみたい(?)なおはなし。田中邦衛の朗読もあぢはひひとしおで、出演のひとたちの口臭や体臭を感じさせるような記録番組をひさびさにみたーとゆう気分、世の中がぶくぶく沈んでいくヅンドコ感が身近すぎたりで、寝床にはいっても雑念だらけだったのですた。そして......それにしても、「フリーター漂流」も「LIVEBEAT」も、あるいは教育テレビの「ふくし」番組各種にしてもNHK以外の放送局ではじぇったいにありえない番組だってゆうのは一体全体?そして.....??

2月某日
.......当ホ〜モ頁にたてもの爆破解体DVD『何ちう爆発や!』のお案内をのせてみたのですが、爆破解体についての詳しいウンチク各種、このDVDの発売元ホーム頁「内破する世界」http://www.implosionworld.com/にありますです。文章は英語ですが、ばくはつ映像もアレコレ。づるづるたどって行くと、「5才から125才のかたまで楽しめます」とゆう宣伝文句の、おウチで遊ぶ爆破解体用の組立て式おもちゃビルヂングの通信販売広告が.あって、輸入代行したものかしないものかと.....??

2月3日
.......きのう(2005.2.2)にひきつづき当ホ〜モ頁の「絵もくぢ」づくりの途中、きのう新しく完成したつもりだったこの頁内の「絵もくぢ」の、出発点と到着予定ちてんが全然つながっていなかったことに気づいて、あわてて修理しました。毎度どぢつに、どどーも面目ないです。。そして、さらに、2003年分の頁の「絵もくぢ」をつくったつもりなのですが、ど、どどでしょか??......

2月2日
.......きのうまでの当ホ〜モ頁で見にくかった箇所の、レイアウトや文字色の作り直しに励んでみました。コノ頁と最新ぺえぢもそっと前のコレ です。画像が多いためヘベーですがゼヒゼヒよろしうに??......

2月某日
.......2月の元旦。おめでたいので『世界の愚か村話』by編訳=日本民話の会‐外国民話研究会(1995、三弥井書店)をすこし読みました。この本、たしか数年前に1度読んだはずなのに、書名以外は記憶から綺麗に消えていてすがすがししー。前書きには、実在の地名を名指しで笑いものにするのが「愚か村話」と民話けんきゅう家が便宜上でひとくくりにした雑多なお話のモンダイ点ではありまして、、みたいなことが書いてあるですが、ちきうの上のどこどこをフリダシにどっちへヨロケてみても、おろか村のなかでうろちょろするだけのことやんけー、とちちんぷいした途端に愚か村をタネにした愉快な妄想のあれこれはたちどころに記憶から消滅。そして数カ月前に途中まで読んだはずの『明治‐大正‐昭和:華族事件録』by千田稔(2002、新人物往来社)とゆう旅芝居のようにドラマチツクな実話読み物をふたたび....?? 1月某日
.......1905年出版直後に発売禁止、1961年東ドイツで復刻されるまで陽の目をみなかった「奇書」と訳者かいせつにあるマーク‐トウェイン『レオポルド王の独白』(佐藤喬訳、1968、理論社)を読みました。時代劇の悪代官を通り越して、変身ヒーローものの悪の親玉のようにワルぅいベルギー王レオポルド2世は、文中のことばをそのまま借りると「一千万人虐殺王」「大量殺人記録所持者」などの悪名を世界にとどろかせた実在の人物。アフリカコンゴで発見された天然資源を個人的にひとり占めしたいからと、じぶんは母国ベルギーの王宮でぬくぬくしたまま、アフリカ現地採用の兵隊さんたちを子分にしてコンゴ住人に地獄のドレイ労働を強制。むちゃくちゃなノルマが果たせないコンゴ人の大人やこどもたちの手首や足首や性器をかたっぱしから切断するわ、誘拐したおんなこどもには食事もあたえず餓死させるわ、気にくわなければ即座に虐殺するわ。まるで昆虫をいぢめるニンゲンまがいの残虐行為博覧会がひとりの見物人もなくこっそりくりひろげられてたんですねー。。レオポルド王の命令で毎年50万人以上掛ける20年以上にわたって虐殺されたコンゴ住人1500万人のガイコツを積み上げると、長さ56キロめいとるのガイコツ道路40本にとりまかれた底面積56万平方めいとる高さ135メートルの世界一の骸骨ピラミッドが、レオポルド記念碑として建立もできまっせー。とゆう途方もなく怪物っぽい犯罪墓場の巨大規模と、そこいらへんのどエライさんやら町会長さんやらと何の代り映えもないまったく意味のない優越意識や俗物根性でこりかたまった神様きどりのありふれたニンゲンらしいちっぽけさとの、目のくらむようなヂャストふぃっと感。昔ばなしだからこそ時間のながれのなかで色あせることなくいつまでもナマナマしー毛な歴史実話告白どきゅどらまなのですた。ドレイ地獄のどつぼのなかで無念の死を強制されたコンゴのひとたちが作らされていたのはまづ第一にゴムの木だったとゆう事実をしって、当店お取り扱いのゴム装丁本『ゴム/ゴム遊戯、ゴムふぁっしょん、ゴムふぇち』や、虐殺王レオポルドの末裔にあたる現在のコンゴの王様たち出演の、現代あふりかバカ王様写真集『阿弗利加(あふりか)の王様たち』を思い出したりで??.....

1月某日
.......私用ルウムのテレビで芸能人じょーしきクイズ合戦をけんぶつ、ガッツ石松が意外にものしりなのに感心しつつ、感心するほーがおかしいのに気づいたり。最高級のチョウザメの卵はベルーガ‐キャピアとゆうものだと聞いて、哺乳類のはづの白イルカ、ベルーガの卵って、そーいえば一体??と検索ばかモードに突入。結果、キャピアのもとになる卵を搾り取られるチョウザメはサメぢゃなくて巨大なおサカナで、ベルーガ‐キャピアのベルーガは、水族館に監禁されている白イルカのベルーガちゃんとはまったくの別人、別魚。えいごではBeluga sturgeonとかGreat Sturgeonとか呼ばれるオオチョウザメさんのことなのだそーな。(どとてもヒマ〜なかたでコムツカシーく退屈したい方は、http://www.caspianenvironment.org/biodb/eng/fishes/Huso%20huso/main.htmとか。やさしく的には、 http://big_game.at.infoseek.co.jp/catfish/sturgeon.html とかとか。プロっぽいのが好きな方なら、http://page.freett.com/tyouzamekatyou/とかとか。)ほんでもて、最大産地‐カスピ海でのキャピアの密漁や、環境汚染の直撃でいまどきのキャビアがどんなものに成り果てているのかを、とりあえず、ナントカカントカ「カスピ海」http://oilresearch.jogmec.go.jp/papers/2001/200111ikegaya_cazpi.htmなどでぼ〜っと試食したものの、たちどころにすべて丸忘れ。猛毒‐石松まぼろしの右パンチはやっぱりどどでもかったですた??.....

1月某日
.......銀座‐ヴァニラ画廊「黒髪の美学〜伊藤晴雨の系譜」と東京駅ステーションギャラリー「国芳・暁斎 ?なんでもこいッ展だィ」をハシゴ。ヴァニラ画廊では、バースト読者&夜想愛読者にはおなじみおフランスの生体改造ドクトル、ルーカス‐スピラ氏とそーぐー。(といっても、実際には横目で気配をのぞいていただけなのですが。。)会場には六本木なんとかから借りてきたとゆう晴雨作の屏風や天下一本として有名な『論語通解』から山口椿氏による口絵の模写、映画『およう』の撮影に使われたとゆう木村了子氏作の襖と裏ばりなど。純和風ダシのきいた豪華ごちそう料理責めには、さすがのスピラ氏もたぢたぢだったののン??とか、晴雨の血しおに誰よりも激しくぶるぶる震えたにちがいない現代スイスの電波系変態絵師アントワーヌ‐ベルナールさんの絵に明智せんせが感心したのはもっともだったなわ、その他2、3のどどでもいい雑念に没頭。「戦災で消失した河鍋暁斎作‐地獄変相図(*実際には現存)を再現」とゆう謳い文句の粋古堂版の伊藤晴雨.『女人地獄図絵』彩色石版画全8枚揃 解説付の展示もあって、次の目的地「国芳・暁斎 展だィ」の前哨戦にはおとろしいほどぺったりですた。そして、東京駅。化々学校‐校長せんせい狂斎はちのうみのなかで圧倒的にバクハツしてました......

1月21日
.......『当店ホ〜モ頁でご案内中の本のヂャンル別さくいん』にのせた本のうち、去年6月以降12月末ごろまでのぶんが、どれもこれもリンク切れになっているのを発見。あわてて修復作業をしてみましたのですが、いかがでしょか...

1月某日
.......去年11月当ホ〜モ頁で宣伝した変態見世物お写真集『落穂(おちぼ)拾い』ど特価¥4600ご購入済みのお客ちゃまから、雑誌『バースト(BURST)』今月発売号に掲載されたその本の紹介記事をみた、とお電話。「どどいつ価格1500円と書いてあったが」とのお指摘でびっくら仰天。手もとに掲載誌がなく確認のしようもなく、ただ、もしそのようなら、雑誌に印刷されていた値段のほうがまちがいです、と返答。で、そのご雑誌記事の確認は未だできてないのですが、もしそのようなら、雑誌に印刷されていた値段のほうがまちがいです。...

1月某日
....朝ぼーんやり中に「今てれびぃのワイドショウで洞窟オジさん特集をやってるのでみてみよ」とお客ちゃまからの電話。放送中のテロップで、洞窟おじさんの名前カムラさんが、「下村」と間違って書いてあるのをみたような気がしたですが、わだす(誰?)の勘違い?洞窟おじさんとは、もちろん、自伝『洞窟オジさん‐荒野の43年』(2004、小学館)の「著者」加村一馬さんなのですが、この本、インタビウそのまま文章にひきのばしたしたような、スカスカ、薄味本の標本みたいだったでないですか?穴と放浪でぐるぐるするならば、にぽんビートニックスのいきぼとけ高木護の『穴考―穴から生まれて、穴に還る』(1985、未来社)とか山田勝三『馬の骨放浪記/大正生れの孤児が辿った人生ノート』(1976、一光社 )とか,もそっと濃厚な本があったべな。。。とゆう話からコヂつけて、えげれす出身ホーボー系の乞食先生ウィリアム‐H‐デイビスの、色んな奇妙なひとたちやお仕事との出会いをつづったブラブラ半生記『ある放浪詩人の覚え書(THE AUTOBIOGRAPHY OF A SUPER TRAMP)』(訳:社川卓、1996、松柏社)がどんなにおもろ毛な本かとゆうどどでもよさことをだらだら書き散らかしたい欲にむせびつつ、デイビスさんとはお船であめリ力密入国つながりの「何を描いてるつもりなんだかなんて聞かないで」系の現代ゆうめい画家デ‐クーニングさんみたいかも、とゆービミョーな評価がついてまわるのお絵描き100点ほどをむりむり拾い集めて去年発売されたジャック‐ケルアック直筆画集『死へと旅立った天使たち/失われた絵画集(Departed Angels: The Lost Paintings)』(当店取扱いお値段=ど特価¥2300)の宣伝を。とゆう段取りを、ワイドショーの画面をみながら思い浮かべたのですが、ワイドショーが終った途端それっきりで....?? 1月某日
....先週この頁でご案内しますた『リプレィ氏の「信じようが信じまいが」2005年特別編集版』で紹介されていた「ワキのした美人コンテスト」についてのホ〜ム頁周辺をぶらり旅。たどりついたのは、ラスベガス観光案内さいと中の「調子はずれな美人コンテストとっぷ10」とゆう頁(www.digitalcity.com/lasvegas/toptenoffbeatbeautypageants/?page=main&photo=8 )。「ワキのした美人コンテスト」と並んで、ご当地の名物料理「牛のきんたま」を食べてハレンチばか騒ぎをする「きんたま祭り」や、男性のひ弱じまんくらべ「ミスター‐ぴゅにばぁす」、女性のがりがり脚コンテスト「ミズ‐ドラムのばち」ほか、どれもこれも確かにじつにどどでもよかったでした??....

1月某日
...観光ガイドさまの引率のうしろについて大須の古本屋さん猫飛横丁を物色。お店のおぢさんのはなしとおぼろな記憶をつなぎあわせてみると、今回2度めの物色は7年ぶりになるららら。前回、凄いサービス価格のミシェル‐レリス『癲癇(オマール)』(思潮社)をレヂにもっていったら、「誰がこの本を買ってくれるか楽しみにしていた」と語ってくれたおばちゃんは、すでに故人になられていたとのことで2度びっくりだったのですた....

2005年1月某日
.....しばらくぶりで業務日記を再開してみることにしてみましたのですが、ちかごろますます忘れっぽくて、何を書くつもりだったのか??....

2004年10月某日
.....スーパーの棚に、どこから漂着したのか産地不明のやしの実が1コ98円。穴を開けてジュースを飲んで との宣伝文句につられて、缶ヂウスよりも安いしと購入。穴の開け方がよくわからなかったので、検索で調べたところ、イ)買う時は、実を振ってみて、熟す前の汁気が多い若い実を選ぶ。ロ)とんがり頭のところに穴をあける。ハ)容器に注ぎたいときは、空気穴用と注ぎ口用で合計2つの穴をあける。そして、ニ)そのまま飲んだのでは、甘くもなく、おいしくもない。などの先入観に汚染されて、さっそく、ちょっとガッカリ。でもまあ折角なので、ひとばん冷蔵庫で冷やしてから、あたまのところを包丁で少し切断し、力をいれてドライバーでしてみると、意外にかんたんに、ぽっこりと穴は空きました。ストローさしこんでチウチウ啜ってみると、またまた意外なことに、甘味あり。のどごしはアクっぽいびみょうなエグ味を感じつつですが、よっぽどマヅイものと最初から覚悟をきめていたせいもあるのか、まずまずおいちかったのでした。。飲み終ったあと、皮を割ってみるべえと、コンクリの角にがしがし打ち付けてみたのですが、やしの実の皮はびくともせず。今度はストロー用に開けた穴のところを叩いてみると、指1本ぶんほどにひろがった穴から、なかの白い果肉をのぞくことができました。さわってみると、柔らかい。でも、ひっかき削って食べるほどのこともない薄い果肉で。みための印象は、南の島の核シェルター、なんとなく。。まー、ぢつに、どどでもよかったですね??....

2005年10月2日
日野日出志原作映画公開記念怪奇Tしやつ「地獄小僧(白&黒)」限定販売&予約受付開始のお知らせ

..ギニーピッグ以来久かたぶりの日野まんが実写版とゆー話はどどでもよさ毛な映画『日野日出志のザ‐ホラー‐怪奇劇場/第一夜』の今秋、都内レイトショウ封切のどさくさ記念で特製‐怪奇Tしやつの期間限定発売が決定しまちた。図案化もろもろ作業は、裏はらじゅく番長VANDALIZEの一之瀬弘法せんせいと、なぜか当どどいつ文庫のわだぐぢ(誰?)。NWOでざいん事務所内の他のひとの仕事の邪魔にならない小音量で燃焼する1960がれえぢぱんくを背中になびかせながらの共同作戦で昇天してみました。原作も映画も無視して元気よく暴走する地獄小僧は深層海洋汚水の王子様。その勇姿を囲んで日野恐怖工場の住人たちやお仲間のみんながフレーフレーと懸命の声援を浴びせかけるルンルン系の絵柄のおそろしぃ〜さ。そして日野日出志せんせい公認版とゆうのが驚きの火の輪くぐりに拍車をかける悪夢仁王立ちのこの地獄小僧Tしゃつ、寸法はS‐M‐L‐XLの4種類で、色は白(白シャツに黒インキで印刷)のと黒(黒シャツに白インキで印刷)の2ぱたん。どちらか一方にパタンと転ぶのもお好み次第です。お値段はいずれも1枚につき¥5040。2ぱたんを各1枚ずつお買い上げのばあいは正確に2倍のご出費がお楽しみになれます。発売開始は劇場封切初日の10月2日から。お予約は現在すでに受付中で、いちおうの予約締めきりは9月10日です。予約締めきり後のご注文は在庫売り切れ次第終了になります。販売場所が公開映画館内とVANDALIZE取扱い各店および当どどいつ文庫に限定されるうえに制作枚数もごく少量ですので、確実な入手をご希望のかたは当店で大至急にお早めのお予約を。なにはともあれおすすめ致しまっすろ。...... [記:2004.9.1PM6時でこぼこ]
HIDESHI HINO AUTHORIZED OFFICIAL T-SHIRT「HELL BOY(Zigoku-kozoh)」(White or Black)LIMITED PRODUCTS
in-store date: 10.2.2004、from tokyo
price: ¥5040
contact: dobunko@infoseek.jp


2004年9月某日。
.....『駄目人間倶楽部』最新第4号を、作者ゴアゴアガールズ上田さまからご恵贈あり。ヒロシマあんぐら界発の人気手づくり個人雑誌。追悼‐成田をと、アトピー刑事‐井口昇、豊栄町のへそまつり、(秘)色情めす市場、、字も絵も手書きの一本気なふぁんれた攻撃がますます濃密なのですた。「中野タコシエ前のちらし立てにもまだ残っているかもですが、どーしても『駄目人間倶楽部』の現物をみてみたひ方は、ゴアゴアガールズほぉむ頁付近でぐるぐるしてみてください。住所は http://lcm.cool.ne.jp/gore/です??....

            
             もっと古い「どど忘れ日記」へはコチラからどおぞ
            |最新のペエヂへ前の前のペエヂへ前の前の前のペエヂへ