トニー・パスの“ロストティンバー”バンジョーリム

種類と価格    種類と価格

 
☆☆☆ 種類と価格 ☆☆☆

 


通常タイプ


(従来どおり、金属トーンリングが必要)

 ブルーグラス・ウディー 

(トーンリングは不要)

シンスカートデザイン(特許)タイプ
62,000円



  

ロストティンバーバーチ製
(メイプルも対応可)

 特許のThinSkirtデザイン

ギブソン系だけでなく、
ステリングも換装可。 


★ シンスカートではなく、
通常のリムと同じ形状のリムもあります。
お気軽にご相談ください。



ブルーグラス・ウディー
65,000円



  
アーチトップ


フラットヘッド








★ トニー・パス・バンジョーリムの塗装はオプションとなっておりますが、デザートローズ楽器で販売するリムは、すべて塗装されています。(追加料金は必要ありません)

★ 上記の商品代金の他に、お客様のポットをアメリカへ送るための送料を預からせていただきます。(詳しくは、「ご注文の流れ」をお読みください。

≪重要!≫
  「○○メーカーのリム、××メーカーのトーンリング、△△のフランジ」とお知らせいただいても、お預かりして確認してみると違うことがあります。また、同メーカーの製品でもサイズが異なることもあります。トニー・パス・バンジョーリムは、フィット技術の高さ・正確さでも知られており、リムのパフォーマンスを最大限に引き出すための重要な要素の1つでもあります。お客様のトーンリングやフランジと正しくフィットしない状態での使用、あるいは、ご自分でフィットを直されたリムは、その性能を保証できません。そのため、トニー・パス・バンジョーリムは、お客様のパーツをお預かりして、お客様のリムに合わせたカスタムフィットで製作しています。お客様のパーツをお預かりするというのは、トニー・パスだけでなく、リム製作で評判を得ているメーカー、責任ある仕事をポリシーとしているメーカーは皆、お客様のパーツ提供を求めており、ご提供いただけない場合は、フィットに問題があっってもお客様の自己責任となってしまいます。トーンリングとリムのフィットは、皆様がお考えになる以上にバンジョーの音に重大な影響を与えます。フィットがきちんとしていない場合、他のどこをいじろうと、どのパーツを変えようと、音の大きな改善は望めないくらい重要な要素です。ご不便だとは思いますが、届いてから後悔しないためにも、お客様のパーツをアメリカへ送ることに対してご理解いただければ幸いです。

過去に実際にあったケースなど、問題の具体例をいくつか挙げておきます。
 
【フランジについて】
 ・ギブソンは1930〜1990頃まで同じ金型でフランジを作っていましたが、10〜15年ごとに金型をメンテナンスするたびにフランジのサイズが微妙に変わったそうで、これまでに8種類ほど確認されています。「フランジは入ればOK」と考える方もいると思いますが、ガタガタのフランジを使ってポットを組み立てるときは、斜めにならないように細心の注意が必要になります。

 ・「ファーストクォリティーから購入したもの」という情報をいただくことがありますが、ファースト・クォリティーは過去、フランジの取り扱いメーカーを変更しております。カタログ中の注文ナンバーは変わらないし、メーカー名の記載がないので、ご存知の方は少ないと思いますが、実は年代によってメーカーが異なります。

【リムについて】
 ・某メーカーの場合、同じ年に作られた同モデルのリムでも、コーディネイターロッドを通す穴の位置が微妙に異なることがあります。穴の位置が変わったことに気づかずにバンジョーを組み立てると、ネックの角度が変わり、弦高も変わります。それを無理矢理コーディネイターロッドで調節しようとすると、即座に音を殺してしまいます。(最悪の場合は、バンジョーに損傷を与えます)

【トーンリングについて】
 ・「トーンリングがきつければリムを削ればいい。ゆるければ間にシムを入れればいい」は、口で言うほど簡単な話ではありません。特に、トーンリングとリムの間にシムを入れることはお薦めできません。ガタつきがひどい場合は、トーンリングとのフィット部分に薄いベニアをぐるりと張り合わせ、あらためて削ってフィットし直すというのが最善の方法ですが、お金と時間がかかる上に、最初からトーンリングに合わせて削ったリムには匹敵しないかもしれません。


ページトップへ






 
☆☆☆ ご注文の流れ ☆☆☆

料金のお振込み ・・・・・・ desert_rose_banjo@yahoo.co.jpまでご連絡ください。
  ↓
料金のお振込み ・・・・・・ お話を伺いながら、トニーのリムへの換装が可能か、どのリムにするか、セットアップはどうするかなど、決定していきます。
  ↓
料金のお振込み ・・・・・・
ご自分でセットアップをなさる場合は、ポットだけをお送りください。(ご自身で送っていただくことも可。その場合は、こちらから指定する内容のメモを入れて送っていただきます。)
  ↓
料金のお振込み ・・・・・・ メールでいろいろと情報をいただいていても、実物を拝見すると、伺っていなかった事実が判明することが多々あります。トニーに電話でお客様のパーツの種類や状態をトニーに伝え、製作の打ち合わせをいたします。この時点で何か問題があった場合は、すぐにお客様に連絡し、その後のことを相談させていただきます。(リムの製作ができないというような事態はほとんどありません)
  ↓
料金のお振込み ・・・・・・ 以下の料金などを指定口座へお振込みください。
 ・リム代金
 ・アメリカへお客様のポットを送るための送料
    (6,000円。ウディーの場合はお尋ねください。
     初期の頃の重いステリングのポットの場合は、    割増料金がかかります。)
 ・(ご依頼いただたときはセットアップ料金)
 ・バンジョー返送時の輸送保険料
    (任意。詳しくはクロネコHPへ)
    *ヤマト便(着払い)で返送させていただきます。
  ↓
料金のお振込み ・・・・・・ EMS(保険付)で、お客様のポットをアメリカへ送ります。
  ↓
料金のお振込み ・・・・・・ 届いたリムに損傷がないか、また、お客様の金属パーツとのフィットを確認し、バンジョーを組み立てます。
(ポットだけお預かりした場合は、確認後、すぐにポットとトニーのリムを発送いたします。)
  ↓
料金のお振込み ・・・・・・ 新たに組み立てられたバンジョーは、まだパーツが馴染んでいません。全体が馴染んで落ち着くまで、たっぷり弾き込んでください。

                      
ページトップへ
 
(検索サイトから来た方は)   
「トニー・パス・ロストティンバー・バンジョーリム」のページへ