2009年 IBMAにて


 ヴィンテージ楽器取扱いで知られるグルーンの、ジョージ・
 グルーン氏(中央)とSUMI工房の鷲見英一氏(右)

 エルダリーの社長Stan Werbin氏。20年来の友人です。

 ビー・オー・エム・サービスの渡辺三郎氏。

 HOSCOの細川氏(左)と斉藤氏(右)。

 サニー・オズボーン氏。

タートルヒル・バンジョーのデイブ・シャンクマン氏(左)と。

 彫刻・彫金の名人、Wayne Holcombe氏。デザートローズ・バンジョー
 にも何度か係わっていただきました。

 秋元慎氏。

 Roland White氏。彼も毎年欠かさずブースに立ち寄ってくれる常連
 さんの1人です。来年、日本へ来るかもしれませんよ。

 奈良の山元氏。

 TVニュースキャスター Doug McElway氏。毎年、デザートローズ・
 バンジョーを試奏しに来てくれる常連さんの1人です。

デザートローズ・バンジョー(ワイルドローズ)を試奏中。
       
 J.P.Mathis氏。国本武春氏のThe Last Frontierのバンジョー・
 プレーヤーで、Zブリッジのエンドーサーでもあります。
        
 彼が弾いているのはレコーディングキング・カスタムバンジョー
 のStudio Kingです。

 エレベーターホールでセッションが始まっちゃいました。
 Mark Delaney氏(左)とDick Smith氏(右)。
 共に、元Country Gentlemenのバンジョー奏者です。

 Markが弾いているのは、Dick所有のレコーディングキング・バン
 ジョーです。以前もお話しましたが、Dickは「1940年以降は良いバ
 ンジョーは作られなくなった」と固く信じていた人なのですが、現在
 作られているレコーディングキング(made in China)を購入し、しか
 も非常に気に入っているんだそうです。
       
 エルダリーのブース。1923年製のギブソン・Loarマンドリンが
 無造作に展示してあります。(時価2,500万だそうです!)


 マーティン・ギターのブース。

 エリック・サリバン氏。
      
 クレイジーマン、Ian Perry氏とピンクのバンジョー!(爆)
 Banjo Newsletterで彼の記事を読んだ方もいらっしゃるはず。
 

 J.P.Mathis氏(左)とLEONA氏(右)
 Kentucky School of Bluegrass & Traditional Musicのブースにて。

 夜は親しい仲間で夕食を。Mark Delaney氏(左)とDave
 Schenkman氏(右)。

 Tony Pass氏(左)、Mark Delaney氏(中央)、Dick Smith氏(右)。
 スコットはこの日の夕飯、Dickのおごりだったんですって。

 Mark Delaney氏(左)、Dick Smith氏(中央)、右端に鷲見氏が
 ちょこっと写ってますね。(笑)

 左から、Tony、Dick、Mark、Dave。
 みんな、すっかりできあがってます。