最新情報
ブログ作成しました。今後はブログで情報を更新していきます。(メールマガジンは従来どおり発行します)

NEW
カドミウム中毒!
GP資本は労働者に正当な補償をおこなえ!労働者に対する居直りと恫喝を許さない!
GPに抗議文を送ろう!
要請文(英文)
事件の経過 香港資本の中国・広東省恵州市のニッカド電池工場で労働者のカドミウム中毒!適切な治療と補償を求めて労働者がストライキ

Free  CAI !
蔡広業に自由を!



国際共同署名に協力を!

ごあいさつ
メールマガジン

中国・深センで1万6000人の労働者が労組結成・待遇改善を求めてストライキ
  
 『成報』2005年4月21日


▲ 約束履行をもとめストライキに突入したユニデンの労働者

【『成報』記者 深セン】中国国内で立て続けに反日デモが続発するなか、深センの日本企業−−友利電子(UNIDEN)で二万人近くの労働者が日曜日にストライキを行い、労働組合の設立を引き伸ばし、労働者代表をさまざまな理由をつけて工場から追い出すなど、約束を守らないことに抗議した。昨日(20日)の時点でストライキは解決していない。現在、深セン市労働局および市総工会が争議に介入し、この労使紛争の和解を試みている。

友利電子公司は、深セン飛行場の近く、宝安区福永鎮塘尾村にあり、現在は一万六千名の労働者を雇用し、女性労働者が中心である。携帯電話やIP電話やトランシーバなどの通信設備を主要に生産している。

今回のストライキはこの工場が1987年に建設されて以来五回目になり、最初の三回は工場の管理職と現地政府の「協力」のもと抑えられたが、ストライキのたびごとに一部の「いうことを聞かない」労働者を解雇してきた。

昨年12月10日に、またこの工場でストライキが発生した。ストライキの理由は、2000年に会社が約束した労組結成の実現を求めたものだった。会社は労働者の平均賃金を480元/月に引き上げたが、食事と寮の費用を200元徴収した。労働者は待遇改善と2005年7月までに労組を結成すること、7月まではそれを理由に労働者代表を解雇しないことを要求した。労働者の圧力によって、会社はそれまでの11時間労働を10時間半に縮小したが、労組結成についてはこれまで何の音沙汰もなく、一部の労働者代表がつぎつぎに工場から離れることを余儀なくされてきた。

この日曜日(17日)、3000人から4000人を雇用する旧工場でストライキが行われ、新工場の一万名の労働者も火曜日にストライキに突入した。取材した労働者は「旧工場の労働者が出勤しないいんだから、私たちも職場には戻らない」と語った。労働者は、労組結成などの要求だけでなく、全国で鳴り響いた反日の声も、ストライキに突入した理由のひとつだと語った。

昨日、記者は工場のゲート外で、現地政府が今回のストライキに対して非常に警戒している様子を見た。工場のゲートには警官が林立し、約20名の労働者が工場の正門内に座り込んでいた。工場敷地外には桃色の作業着を着た女性労働者たちがあちこちに見られた。いつ職場に戻るのかという問いには、彼女達が提起している要求を、会社側が受け入れるのかどうかだ、と語った。

(以上)



【解説】 反日デモで揺れる中国全土、昨年末に労組結成と待遇改善を約束したにもかかわらず、これまで先送りにしてきただけでなく、争議に関わった労働者を解雇してきたユニデン(深セン市宝安区/本社東京中央区)に対し、新旧工場労働者16000人がストライキで要求実現を訴えている。ストライキは4月17日に旧工場ではじまり、翌々日には新工場に拡大した。21日現在で解決のめどは立っていない。

現地の日本人責任者は「ストは何の予告もなく始まり、具体的な要求も分からない。」(『読売新聞』)としている。しかしユニデンでは1987年の工場設立以来、すくなくとも5回のストライキが打たれており、昨年12月10日に発生したストライキで労働者達は、中国の法律でも保障されている労働組合の結成などをもとめていた。

 【資料】 昨年のストライキの報道

しかしその後も労組結成の約束がまったく履行されないことから今回のストライキに突入したことは明白であり、労働者達も香港メディアに対してそのように訴えている。

また平均賃金が月480元という水準は現地の最低賃金を大きく下回っていることから、労働者は賃金を含む待遇改善を訴えている。

労働者の要求は明確である。ユニデンは労働者の要求に真摯に向き合わなければならないだろう。これまでの経験では争議に参加した労働者達をさまざまな理由で工場から追い出してきた。労働者達の不信と不満は、会社の不誠実で不当な対応によって引き起こされた。もう先延ばしとごまかしは通用しない。

また現地日本人責任者は「地元政府に調停を依頼しており、22日から操業を再開する予定だ」(『読売新聞』)と語っている。昨年のストライキでは大量の警察が労働者のストライキを監視し、争議参加者を執拗に撮影し、労働者に圧力をかけた。「地元政府の調停」? 労働者達の要求を真摯に聞き、約束を履行することなくしてなにが「地元の調停」なのか。ユニデンと深セン市宝安区当局は「調停」にかこつけた労働者に対する恫喝をやめるべきである。

ユニデンは労働者の要求を認めよ!
ユニデンはいますぐ労組結成を認めよ!
ユニデンは労働者の待遇を大幅に改善せよ!
ユニデンは争議に参加した労働者への報復をやめろ!

万国の労働者、団結しよう!

CHINA NOW!編集委員会



【ユニデン株式会社】(東証1部:6815)
 http://www.uniden.co.jp/
 本店所在地 〒104-8512 東京都中央区
 八丁堀2丁目12番7号
 設立 昭和41年(1966)2月7日
 代表者 代表取締役社長 大森 聡
 従業員 395名(単体ベース)
 21,401名(連結ベース)
 (平成16年3月31日現在)
 企業情報 
 会社概要 






CHINA NOW!編集委員会
china_now@amigo.biglobe.ne.jp